完璧な枕を選ぶにはどうすればよいですか?寝姿勢と枕との関係を知る。

最良の枕に出会うために

テレビの番組で「ためしてガッテン」で枕関係の番組を見た方はいますか?

しっかり寝ているはずなのに身体の不調を感じる。どうもすっきりしない。
このような場合、ジツは枕がその人に合っていないことがあるそうです。

でもそう云われても、ジッサイのところ自分に合った枕なんてどうやって選んだら良いのでしょうか?

そこでここではぐっすり睡眠出来て快適な枕選びについて検証して見たいと思います。

ところで枕ですが、ホントのところ枕っているんでしょうか?
まずそこのところを検証してみましょう。

枕っているの?なくてもいいんじゃない?

人間も動物です。太古の昔、まだ物の作り方も何もかもなくて、そんな時代は、人間はどのようにして寝ていたのでしょうか?
想像するに、枯れ葉や獣毛など温かいものの中に身を入れて、手枕なんかしてたんじゃないかとわたしは思います。
まさかそこら辺にある手ごろな石かなんかを枕にしてた?まっ、想像して見ても資料がないから詮無いことですけど。

そういえば、生まれたばかりの赤ちゃんは枕無しで眠りますよね。あれなんか見ても人間は枕無しでも眠れそうです。
昔のことですけどわたしの亡くなった父も、昼寝で良く手枕で寝ていましたね。夜は普通に枕をして寝てたような記憶があります。

枕なしで寝ることは健康に良いですか悪いですか?

大きなふわふわの枕で寝るのが好きな人もいれば、不快な人もいます。
首や背中の痛みで目を覚ますことが多い場合は、枕を抱き締めて眠りたくなるかもしれません。

ジツは、枕なしで寝ることにはいくつかの利点があるそうです。

ただし、これらの利点は万能ではありません。
枕なしで寝ることに合う人は、特定の寝姿勢で寝ている場合にのみ有効とのことです。

枕なしで寝ることの利点

寝方によっては、平らな面で寝た方が気分が良くなる場合があります。
枕は背骨を中立位置に保つためのものです。

首から伸びた脊椎を体の残りの中心部分に合わせます。
そしてそれが良い姿勢をサポートしている時に有効です。

しかし、今のところ、枕なしで寝ることが脊椎にどのように影響するかは特に研究されていません。
ところがわたしたちの中から誰ともなく経験則で、うつぶせ寝で眠る人は枕無しでもいんじゃない?っていう方もおられます。

それはそうです。確かにそうです。うつぶせ寝では枕を使えませんから。
もし顔や、顎の下に枕を持ってくれば、それこそ苦しくて睡眠どころではありません。

ではそれで寝たとして、どのような利点が生まれるのでしょうか?

ロチェスター大学メディカルセンターによると、腹ばいで寝ると背骨が不自然な位置になるそうです。

それは人間の体重の大部分が体の真ん中にあるからです。

うつぶせ寝は、背中と首にストレスを加え、背骨がその自然な曲線を維持するのを難しくします。

これでは利点どころか欠点ではありませんか!

続きます。ただしうつぶせ寝が枕なしで寝ると頭を平らに保つことができます。

これは首へのいくらかのストレスを減らして、より良い脊椎の整列を促進するかもしれません。

僅かな利点ですね、ジツに。

そして、枕無しで寝ることは、は他の睡眠姿勢には適しません。
仰向けや横向きで寝る場合、枕を使わずに寝ると、良いことよりも害が出ることが多くあります。
ですから背骨をニュートラル(自然)に保つためには、枕を使用するのが最善です。

枕なしで寝ることで首の痛みを和らげることができますか?

うつぶせ寝で眠る人なら、枕なしで寝ると首の痛みも軽減されるかもしれません。
うつぶせ寝のときは、頭を横に向けます。首も後ろに伸びています。
その時枕をあてがうと首を厄介な角度に置き、痛みと不快感を引き起こします。

ですからうつぶせ寝では、枕を使用すると首のぎこちない角度が増えるだけです。
しかし、なにもない状態で寝ることで、脊椎への負担を減らしながら、不自然な姿勢を最小限に抑えることができます。

この潜在的な利益にもかかわらず、この手の研究は不足しています。

枕と首の痛みに関するほとんどの研究は、痛みに最適なタイプの枕に焦点を当てています。
寝た後に首が痛い場合は、枕を止める前に医師に相談してください。

枕なしで寝ることは髪に良いですか?

枕の使用と髪の健康との間に既知の関連性はありません。
したがって、研究者は枕なしで寝ることが髪にどのように影響するかを研究していません。

しかし、睡眠面の状態が髪にどのように影響するかについての話がいくつかあります。
綿の枕カバーが天然油を吸収し、それが髪を縮毛させる可能性があるという考えです。
その点シルクは髪に良いと言われています。

信じる信じないという程度のお話です。

枕なしで寝ることの欠点

枕なしで寝ることの潜在的な利点より、欠点のほうがよりあります。

姿勢が悪い

うつぶせ寝で寝るときは、枕を廃棄すると背骨の位置を合わせることができます。
ただし、不自然な位置を完全に相殺することはできません。
体重の大部分が体の中心にあるため、脊椎がニュートラルになるのは依然として困難です。

うつぶせ寝で寝ているときの姿勢を良くするために、お腹と骨盤の下に枕を置きます。
これにより、頭に枕を使用しなくても、体の中央が持ち上げられ、脊椎への圧力が軽減できます。

他の寝姿勢では、枕なしで寝ることは理想的ではありません。
脊椎が不自然な姿勢になり、関節や筋肉に負担がかかります。仰向けや横向きで寝る場合は枕を使うのが一番です。

首の痛み

同様に、枕なしで寝ることと首の痛みとの間には相関関連がたしかにあります。

うつぶせ寝で眠る人なら、枕を捨てることで首をより自然な位置に保つことができます。
しかし、それは頭を背ける必要性を排除するものではありません。それこそそれをしないと呼吸がしずらいです。
頭を背けると首の関節や筋肉に負担をかけ、痛みを引き起こす可能性があります。

他の睡眠姿勢の場合、枕をスキップすると首痛が悪化したり更に痛みが増す可能性があります。
それは、仰向けや横向きで寝ると首が伸びすぎるためです。

枕がないと、首は一晩中この位置に留まります。

さらに、枕を使用しない場合、首の筋肉への圧力が不均一に分散されます。
首の痛み、こわばり、頭痛を経験する可能性が高くなります。

枕なしで眠り始めるための方法

いつも枕を持って寝ていると、枕なしで寝るのに慣れるのに時間がかかります。
枕なしの睡眠を試したい場合は、次のやり方を検討してください。

頭のサポートを徐々に減らします。

すぐに枕を外す代わりに、折りたたんだ毛布やタオルから始めましょう。
タオルなしで寝る準備ができるまで、時間をかけてタオルを広げます。

枕で体の残りの部分を支えます。

うつ伏せで寝るときは、お腹と骨盤の下に枕を置いて、背骨がニュートラルになるようにします。
仰向けのときは膝の下に、横になっているときは膝の間に枕を置きます。

適切なマットレスを選択します。これってものすごく重要です。

枕を使わない場合、十分なサポートのあるマットレスを使えば寝やすくなります。
柔らかすぎるマットレスは背骨がたるみ、腰痛を引き起こします。

枕なしで寝ることはうつ伏せで眠る人を助けるかもしれませんが、特別の研究はありません。

仰向けや横向きで寝る場合は、一般的に枕を使用することをお勧めします。
ただし、最も重要なことは、寝ている時快適で痛みを発症しないことです。

首や背中の痛みがある場合、または脊柱側弯症のような脊椎の状態がある場合は、枕なしで寝ることは安全ではない可能性が大きいです。
枕を廃棄する前に必ず医師に相談してください。

ぐっすり眠るための最高の睡眠姿勢と枕の関係

枕の役割は、頭と首と肩を支え、血流をなるべく阻害しないようにすることです。穏やかに呼吸ができるように気道を極端に曲げないことです。

そしてそれは脊椎をニュートラルに保つことです。
人が直立しているときは、背骨と首の骨が頭を支えています。

頭も首もだいだいまっすぐになるように、脊椎(せきつい;背骨のこと)を構成している骨や、すぐそばの筋肉や腱(けん)が複雑に協力しあって、首の上にだいたいまっすぐ頭が来るようにバランスしています。

まっすぐと言ってもこれはやや穏やかにS字カーブを描いています。
仰向け寝の時横から見て穏やかなS字を描きます。

ただし横向き寝の時は横から見て脊椎が真っすぐになるようにします。

たとえ私たちが8時間寝ていなくても、睡眠は、私たちの健康を維持するための大きな要素の一つです。

そして睡眠時の姿勢は睡眠の質に大きな影響を与えています。
このことは、寝た気がしないとか、疲れが取れないなどの場合、今までの寝姿勢を切り替える必要があるかもしれないことを意味します。

寝姿勢が異なれば、利点も異なります。

身体に痛みや他の悪い健康状態である場合は、それを改善するために寝姿勢を変える必要があるかもしれません。
だからと言って、それは一晩ではできないことです。ですが徐々にでも寝姿勢を変更することは間違いなく試してみる価値があります。

時間をかけて徐々に新しい姿勢で眠るように訓練することが、睡眠の質を改善する秘訣かもしれません。
ただし、それが気に入らない場合は、ストレスを感じるまではやらないことです。身体が拒否している可能性があるからです。

枕を選択する際は、寝姿勢を考慮するのが重要なポイントです。
ただし、寝姿勢は、寝初めと寝てる最中、起きる時と、刻々と変わっています。

ですからここでいう処の寝姿勢は、寝初めの姿勢という事で話を進めて参ります。

先ず枕の大きさです。大きさは寝返りを打った際に頭部が枕から外れてしまわない大きさにします。
ですから寝相によっても個人個人によっても違ってくるという事になります。

  • 仰向けで眠る方は、首の骨が横から見たときに「S字カーブ」を描く高さが丁度いいです。
  • 横向きで眠る方は、首の骨がまっすぐになるように肩幅の高さに合わせた製品がおすすめです。
  • うつ伏せでの場合は、圧迫感を感じにくい柔らかな素材を使用したやや低めの枕を使用しましょう。

この三つが基本になります。

それではここから6つの睡眠位置について検証して見ます。

1.胎児のような横向き寝姿勢

この研究では、多数の被験者が胎児の位置で眠っていることがわかりました。
正確には、研究グループの41%です。
胎児の睡眠姿勢は、通常、妊娠中の母親の子宮内の胎児のように、丸まって寝ることを伴います。
胎児の枕木は通常、有病率が2倍高く、特に妊娠中の場合はさらに好ましい女性です。
(これは妊娠中の女性にとって理想的な睡眠姿勢でもあります)。
胎児のような横向き寝姿勢は、タフな外見を持っていると宣伝されていますが、柔らかく、非常に敏感で、恥ずかしがり屋ですらあります。
しかし、とても人懐っこく、他の人と良好な人間関係が気づけます。

胎児の睡眠位置のバリエーションはいくつかあります。
それは以下のとおりです。

深く折り曲げた胎児のような寝姿勢

この寝姿勢は、子宮の中で丸まった胎児のように完全に丸まって寝ています。
完全なる胎児のような寝姿勢では、頭を前に傾けながら、膝を胸に非常に近づけて、横向きに寝ています。

この寝姿勢の性格判断

完全なる胎児のような寝姿勢では、非常に感情的で敏感な存在であると言われているため、個人的で独占欲が強く強度な関係を求めます。
行われた別の興味深い観察は、完全な胎児の睡眠姿勢で眠る傾向がある女性は、夜の営みも良好である可能性を持っているということです。

浅い胎児のような寝姿勢

浅い胎児のような寝姿勢は、すべての中で最も一般的な睡眠位置である可能性があり、この位置にいる間、大多数の人々は自然に眠りに落ちます。
睡眠の専門家はまた、理想的で最適な位置として、浅い胎児のような寝姿勢の睡眠姿勢を推奨します。
自分の膝が腹に向かってわずかに引っ張られている状態で寝ます。
また、片方の腕を頭上に伸ばし、もう一方の腕をもう一方の腕の上に快適に置き、適切な角度で頭を支えます。

浅い胎児のような寝姿勢の性格判断

浅い胎児のような寝姿勢は非常に妥協しているように見え、和解的な性質さえ持っています。
ゆえに人間関係はいたって良好です。
とても平和的であり、脅威をもたらさず、また普段から平常心を持っているように見えます。

適正な枕

横向きで眠る方は、首の骨がまっすぐになるように肩幅の高さに合わせた製品がおすすめです。
横向きの場合マットレスの硬さにより枕の高さが変わります。
柔らかいマットレスだと肩が沈みこむ量が大きくなり、沈んだ分枕が低くなります。
硬いマットレスはその反対に高くなります。と言っても最大で15cm以下に抑えます。
要は首から伸びた脊椎が自然な感じになるイメージです。
横向きの場合はほぼ真っすぐになります。
人によって好みも違いますから、高さが5mm刻みにアレンジできる枕で自分で丁度いい高さを見つけましょう。

2.仰向けで気を付けの寝姿勢

仰向けで気を付けの寝姿勢は、研究対象者の約8%がこの姿勢で寝ていることがわかりました。
また、この姿勢はいびきをかく可能性が高くなる傾向があり、これは仰臥位(仰臥位)によるものであることに注意してください。
いびきは必ずしも睡眠不足や睡眠不足を引き起こすとは限りませんが、睡眠の質を低下させ、仰向けで気を付けの寝姿勢ではが目覚めたときに十分に完全に休むことができない場合があります。

仰向けで気を付けの寝姿勢の性格判断

仰向けで気を付けの寝姿勢は、外見が少なく、内面に秘めたキャラクターであると考えられており、大騒ぎすることなく、冷静に行動する性格を持っています。

適正な枕

仰向けで眠る方は、首の骨が横から見たときに「S字カーブ」を描く高さが丁度いいです。
大きさは寝返りがしやすく、寝返っても枕が外れない大きさを選びましょう。
素材やデザイン、硬さはお好みという事になります。

3.横向き気を付けの寝姿勢

横向き気を付けの寝姿勢のように眠ることは、単なる比喩的な表現ではないことがわかります。
実際、横向き気を付けの寝姿勢は被験者の15%を占めました。図のように両腕を下に向けて横になります。

横向き気を付けの寝姿勢の性格判断

横向き気を付けの寝姿勢で寝ているということは、気さくで社交的な人であり、だまされやすい傾向で他人を信頼している人であることを意味します。

適正な枕

横向きで眠る方は、首の骨がまっすぐになるように肩幅の高さに合わせた製品がおすすめです。
横向きの場合マットレスの硬さにより枕の高さが変わります。
柔らかいマットレスだと肩が沈みこむ量が大きくなり、沈んだ分枕が低くなります。
硬いマットレスはその反対に高くなります。と言っても最大で15cm以下に抑えます。
要は首から伸びた脊椎が自然な感じになるイメージです。
横向きの場合はほぼ真っすぐになります。
人によって好みも違いますから、高さが5mm刻みにアレンジできる枕で自分で丁度いい高さを見つけましょう。

4.仰向け寝大の字の寝姿勢

仰向け星形の寝姿勢は、単に仰臥位(仰向け)ですが、枕の周りまたは頭の近くで腕が「跳ね上がる」状態です。
被験者の約5%がこのように眠っていることがわかりました。
仰向けで気を付けの寝姿勢の寝姿勢と同じように、仰向け星形の寝姿勢の姿勢も、仰向けになっているときの傾きのために、寝ている間にいびきをかく危険性があります。
これはさらに、仰向け星形の寝姿勢の睡眠が十分な休息をとらない可能性があることを意味します。
したがって、落ち着きのなさのために、ぐっすりと眠ることが常に望むようになる可能性があります。

仰向け星形の寝姿勢の性格判断

ヒトデの寝台車は聞き上手なので、話をするのはいいことです。
人々は常に助けてくれるので、会話を始めたり、助けを求めたりするのに何の問題もないはずです。

適正な枕

仰向けで眠る方は、首の骨が横から見たときに「S字カーブ」を描く高さが丁度いいです。
大きさは寝返りがしやすく、寝返っても枕が外れない大きさを選びましょう。
素材やデザイン、硬さはお好みという事になります。

5.うつ伏せ寝の姿勢

うつぶせ寝の姿勢は、単に腹臥位の形です。
つまり、うつ伏せで腹ばいになり、頭をどちらかの側に傾けて返、腕を下に押し込むか、枕をぴったりと抱きしめます。
参加者の約7%がうつ伏せ寝の姿勢で寝ていることがわかりました。

うつ伏せ寝の姿勢の性格判断

うつ伏せ寝は外向的な性格を持っており、外向的で無茶なことがあります。
また、批判をあまり上手く受け止めず、それに神経質になるかもしれません。

適正な枕

うつぶせ寝は枕がいらないことも考えられます。
使うとしても高い枕は絶対ダメです。
うつ伏せでの場合は、圧迫感を感じにくい柔らかな素材を使用したやや低めの枕を使用しましょう。

6.腰をかがめた横向き寝姿勢

腰をかがめた横向き寝姿勢は、腕を伸ばした状態で横になります(腕を手招きするように)。
この位置で眠った被験者は、テストグループの13%でした。

腰をかがめた横向き寝姿勢の性格判断

腰をかがめた横向き寝姿勢は、オープンマインドでありながら冷笑的である傾向があります。
そして頑固である可能性があり、疑惑を抱く可能性があります。
決定が下されると、かなり堅固になり、考えを変えることはできません。

適正な枕

横向きで眠る方は、首の骨がまっすぐになるように肩幅の高さに合わせた製品がおすすめです。
横向きの場合マットレスの硬さにより枕の高さが変わります。
柔らかいマットレスだと肩が沈みこむ量が大きくなり、沈んだ分枕が低くなります。
硬いマットレスはその反対に高くなります。と言っても最大で15cm以下に抑えます。
要は首から伸びた脊椎が自然な感じになるイメージです。
横向きの場合はほぼ真っすぐになります。
人によって好みも違いますから、高さが5mm刻みにアレンジできる枕で自分で丁度いい高さを見つけましょう。

仰向けの寝姿勢に適した枕の選択

非常に抽象的ですが、仰向けの寝姿勢の方は、枕は中程度の高さと中程度の硬さが良いです。
使う方にとって最適の高さと硬さの枕は、首とマットレスの間に最適な緩衝材を使った枕により、首と肩の圧力を和らげるのに役立ちます。
枕が高すぎると、頭が上向きになります。喉が浅いVj字形に曲がった状態です。これでは呼吸がしずらくなります。

また逆に、低すぎる場合、マットレスの上にほとんど平らに横たわることになります。これもまた快適ではありません。

中程度の硬さ—中程度の硬さは、頭を背骨に合わせるのに十分な支持を維持し、枕が一晩中平らにならないようにします。
つまり使っているうちに変形する枕は良くないという事になります。枕が柔らかすぎると、頭の重さで形が崩れる可能性があります。

圧力に厳密に準拠するように設計された素材は、頭を快適に受け止め、首とニュートラルな位置に保つのに役立ちます。
さらに、房状のトップを備えた変形枕(ハイブリッド枕に見られるに)は、こめかみを休めることができる追加のクッションを提供します
多くの仰向けの寝の方は頭をやや片側に傾けて寝ます。

カスタマイズ可能な枕は特定のニーズに合わせてカスタマイズできるので自分にあった枕に仕上げることができます。
暑い季節には、冷却特性のある枕を使用すると熟睡できます。
たとえば枕の片側に冷却ジェルパッドを充填しており、そちら側を使えば一晩中涼しく保ちます。
このクール枕はいろいろなタイプがありますので、試して見ることも良いでしょう。

わたしが使った枕で印象が良かったのは、片側に小豆状の小石がチューブ状に使った枕です。

もう1つ考えるべきことは、枕に必要なサポートの種類です。
一部の人々は低反発枕のような沈み込む感じが嫌いな方もいます。頭がどこまでも沈んでいくように感じるかもしれません。
したがって、圧力に対する軽い感触と弾力のある反応を好む場合は、ラテックスなどの素材が向いています。
これらの材料は、浮力のある弾力性のあるサポートを提供します。

横向き寝に適した枕の選択

背骨が中立で健康的な姿勢を保つために、横向き寝には高さがやや高い枕としっかりとしたサポートが必要です。
横向き寝は、綿毛のような素材、またはダウンのような形の良い素材が、横方向の位置に特に役立つことに気付くかもしれません。

理由は次のとおりです。

最も重要なのは、背の高い形態の枕が頭を上に支えて、背骨とニュートラルに整列するようにすることです。
さらに、高質な枕は肩の圧力を和らげ、それが体の重さのプレッシャーに晒されていないことを確認します。
肩がマットレスに深く沈み込んでいるいるように感じる場合は、枕の高さが十分でない可能性があります。

中程度のしっかりしたレベルのサポートを備えた枕は、一晩中頭と首を脊椎と一致させるのに役立ちます。
枕が柔らかすぎると、40回の寝返りの過程で頭が徐々に沈み、背骨がニュートラルな位置から外れます。
これだと肩こりが出ることになります。

固い枕は慣れるのに少し時間がかかることがあるので、ポリエステルわた、パンヤ、羽毛、低反発ウレタン、極小ビーズ、ウールなどのふわふわの素材を探すことをお勧めします。
これらの素材はそれ自体がかなり柔らかいので、枕が十分に詰められていて、ロフトが高いことを確認してください。
しかし、より高い傾斜に毛羽立たせることができる枕を見つけることは、より広い肩を持つ横向き寝の型にとってとても有益です。

また、簡単に形作ることができる枕は、居心地の良い抱擁で枕の下の片方の腕を差し込むことができます。
これは、多くの横向き寝の方にとって頼りになる動きです。

枕が冷えるように設計されているからといって、必ずしも吸湿発散性があるように設計されているとは限りません。
したがって、更年期を経験している場合や寝汗が発生しやすい場合は、自然に吸収性のある生地を目指すのが最善です。

ポリエステル、テンセル、竹はすべて、触ると涼しくなるように設計されていない素材の優れた例ですが、睡眠中に湿気を逃がします。
敏感肌の方やブレイクアウトが発生しやすい方は、天然素材で作られた枕を使い続けるのがよいでしょう。
オーガニックコットン、セルロース繊維、天然ラテックスはすべて、オーガニックで低アレルギー性の抑制素材を探している方に適しています。

うつ伏せ寝眠に適した枕の選択

うつ伏せ寝眠の睡眠に関しては、完璧な枕を見つけるのは少し難しいかもしれません。
実際、一部の専門家は、腹臥位を完全に回避することを提案しています。
これは、頸椎上部を極限までねじりまたは伸展する傾向があるためです。
基本的に、これは首に負担をかけ、腰や腹部に圧力をかけるリスクが高いことを意味します。

そうは言っても、肩や脊椎の関節痛によるうつ伏せ寝のリスクを軽減するには、適切な枕サポートを利用するのが最善の選択肢もあります。

そして、正確には、うつ伏せ寝の人のための適切な枕のサポートもいくつか存在します。
中立的な脊椎の位置合わせを維持するために、うつ伏せ寝には5cm以下の低い枕が必要です。
枕が少しでも高すぎると、頭が上向きになり、姿勢全体が逆海老反り傾向になります。

枕は常に背骨の自然なSカーブをサポートするべきです。
ソフトサポートフィリングの枕は、マットレスとの間に心地よい緩衝を提供しますが、頭が支えられすぎないようにします。
枕が固いほど、首が背骨との位置がずれて持ち上げられる可能性が高くなります。
そしてそれが痛みを引き起こします。

羽毛またはダウンの代替品で満たされた枕は、うつぶせ寝の人に最適です。
それらの材料は簡単に超低枕に圧縮されます。
それらはまた非常に形が良く、腕を横に置くのではなく枕の下側を抱きしめるのが好きなうつ伏せ寝んの人に適しています。

特定の寝姿勢または体型をサポートするために、枕は多くの場合、鈍い形状または深い輪郭を備えています。
残念ながら、これは枕カバーで枕をドレスアップしたい人には理想的ではありません。
使いたい絹のような装飾的なカバーがある場合は、「伝統的な」枕の形を選んでください。
逆に、枕カバーを気にしない場合は、滑らかで低アレルギー性で知られているテンセルやオーガニックコットンなどを使用してください。
ダウンは形が良く、非常に低い枕に簡単に圧縮できるため、うつ伏せ寝の人にとって理想的です。

アレルギーのある方は、ポリゲルファイバーやマイクロデニールのようなダウンの代替品が向いています。

まとめ

枕を選択するときは、次の点に注意します。
適切な枕は、頭、首、脊椎をすべてニュートラルに配置し、脊椎の自然な湾曲をサポートする必要があります。

仰向け寝の場合に最適なタイプの枕は、中程度の高さと中程度の硬さが合っています。
メモリーフォームなど、圧力に適合する素材で作られた枕が最適です。

横向き寝に最適な枕は枕の高さがやや高く、しっかりと支えられる枕が必要です。
羽毛のように毛羽立たせる素材で作った枕もおすすめです。

うつ伏せで眠る人に最適な枕は、一部の専門家は、上部頸椎を極限までねじれまたは伸展に誘導する傾向があるため、うつ伏せ寝での睡眠を完全に回避することを提案しています。
ただし、他の方法で眠ることができないうつ伏せ寝の人には、高さが低く、サポートが柔らかく、羽毛や羽毛のような圧縮可能な枕を見つけることをお勧めします

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川