8畳間にベッドを置くとこうなる、サイズ別事例7選

寝室が8畳間の場合、ほとんどのベッドがバランスよく配置できます。

部屋にゆとりがあるためクィーンベッドもキングベッドも配置しやすくなります。

また、ベッド以外の家具も置くスペースが生まれるため、ベッドライフにゆとりが生まれます。

寝室はただ眠るためだけではありません。

眠るまでの過ごし方もあわせて考えることが必要です。

6畳よりもゆとりある空間なので、他の家具とのバランスを考えて快適な寝室のレイアウトを組んでみるのも楽しいですね。

さてその前に、ここに掲げたレイアウト図について少し説明させていただきます。

事例のレイアウト図では、ベッドはヌードのサイズで展開しています。
壁との隙間を取らず、壁にくっつけた形を表しています。

ゆえに空きスペースが実際より広く感じるかと思います。

ベッドに布団をセットすると、一回り大きくなります。

下の図のように、部屋の内側にやや張りだしてくるので、部屋の入口のドアやクローゼットのドアが干渉しないか確認してくださいね。

また空きスペースは、動線を意識するといいです。
歩くスペースという事ですが、物と物の間が、最低50cm、欲を言えば70cmあるとスムースに移動することができます。

布団をセットしたベッド

ベッドは布団をセットして使います。なので大きさは一回り大きくなります。
その分部屋の内側に貼りだしますので、ドアなどが干渉しないか確認しましょう。

ベッドを置いたとき、6畳間と8畳間ではこんなにも違います。

8畳と6畳の寝室比較

8畳間は、6畳と比べて僅か2畳しか違わないのに、寝室としての使い勝手はものすごく向上しています。
ベッドをツインで置いてもかなりゆったり感じるでしょう。

 

8畳間のベッドレイアウト7事例

 

1.シングルベッドを置いてみる

8畳間にシングルベッド

8畳間にシンブルベッド一台は、広々として贅沢な寝室になります。

シングルベッドは比較的コンパクトなサイズであるため、部屋のインテリアを考える際に、あまり困ることなくインテリアに組み込むことができます。

一方、眠るときに横幅が物足りなく感じる方もいらっしゃいます。
特に成人男性の方は、やや狭く感じることが多いです。

一般的に、狭さを感じないために必要なベッドの横幅は「肩幅の両側25cmずつを足した長さ」と言われています。
ゆったりと睡眠をとりたい方はセミダブル以上のベッドがお勧めです。。

2.セミダブルベッドを置いてみる

8畳間にセミダブルベッド

セミダブルも余裕で置けます。
セミダブルベッドは、長さが195cm程度、横幅120cm程度の大きさです。
「ダブル」といっても本来は1人用のベッドで、欧米では子ども用とされています。

2人で寝る場合は、ダブルサイズ以上のベッドがおすすめです。
横幅97cm前後のシングルサイズと比べるとスペースにゆとりがあり、寝相が悪い人ものびのびと安心して眠れます。

3.ダブルベッドを置いてみる

8畳間にダブルベッド

ダブルベッドはカップル用と思っている方が多いですが、あまりお勧めしません。
小柄なカップルが無理すれば寝ることも可能ですますが、手狭に感じる人も多いでしょう。
小さい子と2人で寝るとしても、寝返りのときに気を使うくらいの広さです。
ですからダブルベッドは、大柄な方やゆったり寝たい方が1人で寝るのに最適です。

二人で使う場合、小柄なカップル以外の方はクイーンサイズ以上をお勧めします。

4、クイーンサイズベッドを置いてみる

8畳間にクイーンサイズベッド

クイーンサイズも問題なく置くことができます。

クイーンベッドは、大人二人がゆったりと眠ることのできるベッドです。メーカーによりサイズに若干の誤差はありますが、通販で販売されているベッドの主流サイズは160cmとなります。
カップルでの使用に適したベッドで、シングルサイズのベッドと比較すると、その大きさは1.5倍を超えます。が、二人で使うとなると、シングルで一人で寝るよりはかなり狭いです。

5.キングサイズベッドを置いてみる

8畳間にキングサイズベッド

8畳間以上の部屋には、キングサイズベッドも問題なく置くことができます。

キングサイズのベッドはベッドの中でも1番大きいサイズでシングルベッド2つ分ほどの広さがあります。(幅が180cm)

横幅が広いので、大人2人でも寝返りを自由に打つことができ、ゆったりと眠ることができるのが最大のメリットです。
お子さんが小さい場合、親子3人一緒に眠ることもできるので「家族3人で川の字で眠りたい」という方にもおすすめです。

6.シングルベッドをツインで置いてみる

8畳間にシングル2台のツインベッド

カップルで使うにしてもゆったりしてて一番休まる使い方です。

2台並べて隙間はないタイプを選べば、贅沢なワイドキングとして使えます。ツインで使う事の最大のメリットは、くっつけても離しても使えることです。

7.シングルベッドとセミダブルベッドをツインで置いてみる。

8畳間にシングルとセミダブルのツインベッド

こちらはシングル2台使いよりさらに贅沢な使い方です。

新婚さんが夫婦生活を充実させるのに最も適したアンサンブルと云えます。

こちらもくっつけてワンピースとして使ったり、離してツインとして使えるので、使い勝手はものすごく良いです。

まとめ

8畳間は正方形が多いので、その場合ベッドの向きが変わってもレイアウトの違和感が起きにくいです。
入口ドアやクローゼットドアの干渉が無いように気を配りレイアウトしましょう。

カップルの寝室としてのベッドは、シングルやセミダブルベッドのツイン使いが長い目で見たら使い勝手が良いです。

新婚時代は2台くっつけてワンピースで使い、やがてご主人の社会的責任も重くなり、帰宅時間が遅くなったりすると奥さまの方が休まりません。
そのときベッドがツインになれば、夜遅く帰宅しても奥さまの睡眠を邪魔することがありません。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川