寝室にベッドを配置するのに最適な場所はどこ?風水で考える。

風水でみるドアとベッドの位置関係

ベッドは風水に照らし合わせれば最も重要な家具です。

風水は私たちの幸福を導くために、私たちの寝室空間の気の流れを見る哲学です。
私たちはおそらく、家のどこよりもベッドで過ごす時間が最も多いので、最適な風水指針に従ってベッドを用意することが重要です。

私たちは、眠る時は常に受動的な状態で、私たちが眠っている間、気の中にあります。
私たちが眠っているとき、私たちは自分の周りのエネルギーに対してかなり無防備なのです。

ベッドの風水位置が非常に影響力があるもう1つの理由は、それが家の中の最も私的な場所だからです。
寝室が他人の目に晒されないことを誰だって願っています。

したがって、私たちはそこで最もプライベートな時間を過ごしています。
これが、風水で私たちのベッドが、私たちに最も深く影響を与える理由です。

風水にはこうすればよいという事がかなりあります。

しかしわたしたちが住む住環境、ライフスタイルは、それになじまない場合がとても多いのです。

風水での基本は「掃除」と「換気」をすることです。
もっとも、こんなことは、風水でなくとも常識です。

掃除が行き届かない空気がよどんだ寝室では、気分だって良くなないですし、身体にだって良くありません。

ベッドがドア正面にくる位置は避ける
ベッドが窓際に来る配置は避ける
ベッドと壁は隙間がないようにつける
ベッドは梁の下に置かない
ベースはシンプルで温かみのある「アイボリー」

そして北側には何色が良いとかキリがなく出てきます。

ですからかえって、事細やかに風水に凝りだすと身動きが取れなくなります。
それでは風水を考えること自体がストレスになり、精神的に良くありません。

そこはほどほどにと言うことで、取り入れたければ採用すると良いでしょう。

棺桶の位置

風水の教えのほとんどは、可能な限り、ベッドをドアと直線に揃えるべきではないとしています。
古典的な風水学には「棺桶の位置」と呼ばれるものがあります。
これは私たちのベッドがドアと一直線になることを不吉なこととしています。
つまり棺桶を運ぶ出す形だからです。
ですから、ベッドを設置するとき足をドアに向けることが避けたほうが良いです。

指揮位置

寝室はある種の聖域なので、寝室は風水で特に重要です。
風水は私たちが他の何かをするかどうかにかかわらず、私たちの寝室全体の気(正のエネルギーまたは生命力)に影響を与えるベッドについての指針があります。
ベッドをレイアウトするとき、できるだけドアからベッドを離して設置することです。
風水では、これをベッドの「指揮位置」と呼んでいます。

私たちのベッドがドアと一直線に並んでいるとき、それは「指揮位置」から外れています。

理想的には、私たちは自分のベッドを指揮下に置くことです。
つまり、「指揮位置」は私たちが自分の人生を指揮しているということです。

「指揮位置」は私たちをポジティブなエネルギーを受け取るのに最適な位置に置き、世界での私たちの成功を導きます。
「指揮位置」にあるためには、ベッドにいるときにドアと一列に並んでいなくてもドアが見えるように、ベッドを配置する必要があります。

また、風水に拘らなくともベッドをドアから離離して設置すると、それは私たちを外の喧騒から遠ざけます。
しかしそれより重要なことは、「指揮位置」にかなったベッドの配置は、生存メカニズムの休息を助けることになるからです。

気の流れ

ベッドをドアに合わせるのが理想的ではないもう1つの理由は、ベッドがこの配置にあるとき、気(生命力エネルギー)がドアから直接ベッドに入るからです。
ベッドがドアに合っているかどうかを確認しましょう。
寝室のドアをまっすぐ歩き、まっすぐ歩き続けると 、ベッドはドアと一直線になり、ベッドにぶつかります。
これはまさに気がベッドに直接流れる方法です。

部屋のドアに正体するように足を向けて寝ている場合、いつも慌ただしく、寝て起きてが繰り返される…
というような現象が起こることが多く報告されます。

それはドアから流れ出る早いエネルギーをダイレクトに受けてしまうからだと考えられます。
出入り口付近は落ち着かない場所です。人の出入りで風や異物(ホコリや花粉など)入ることも有ります。
できるだけドアの影響をうけないところに眠るほうがより安眠できます。
これは風水に関わらず道理です。

気の流れを考えてベッドをレイアウトするためのヒント

ベッドを動かす

ベッドの配置が風水にかなっていまいと分かった時、最初のそして最良の選択はベッドを動かすことです。
繰り返しになりますが、可能であれば、ドアと一直線に並んでいるベッドを修正する最も理想的な方法は、ベッドを動かすことです。

多くの人がこれに抵抗しています。長い間そうして馴染んできたからと云うのがその理由です。

風水水晶玉を吊るす

ドアに足を向けたベッドを調整するもう1つの方法は、風水水晶玉を吊るすことです。
この方法を採用する場合は、必ず新しいファセット風水水晶玉を購入し、赤い紐で吊るすことです。

ファセットクリスタルボールは、ドアから入ってくる気をそらして分散させるので、ベッドであなたに向かって強すぎることはありません。

ベッドとドアの中間の天井から新しい水晶玉を吊るします。
長さはドアフレームの上部と一致している必要があります。

ドアが水晶玉に当たらないように注意します。
推奨される場所については、トップの図を参照してくださいね。

家具を使用して調整する

ベッドルームが十分に広い 場合は、ベッドとドアの中間に、スクリーンや自立型の本棚などの家具を置くことができます。
これはまた、ドアから入ってくる気をそらして分散させます。
それはかなり良い選択です。

このオプションを使用する場合は、部屋がまだ広々としていて、窮屈でないことを確認してください。
ベッドに出入りしたり、ドアから出入りしたりするのに十分なスペースが必要です。
基本的に、家具がドアやベッドの邪魔になる場合は、この調整方法は実行できません。
代わりに、上記のクリスタルオプションの使用をお勧めします。

まとめ

さぁいかがでしょうか?
当たる当たらないも八卦、信心もイワシの頭から、信じる者は救われる。
などと、わたしも適当なことをいいますが、風水に関わらず、わたしたちは寝室のドアに直線になるようにはベッドを置くことは、なぜか自然に避けているように思います。
だっていきなり家族の誰かに寝室のドアを開けられてもねぇ。
それに、ドアと直線にベッドを置くと、開け放しにしたいとき(季節的に少し風を入れたいときなど)丸見えです。
ということで、わたしたちは風水を知らなくとも自然に、風水にかなった置き方をしていることが多いのではないかと思います。
そういう意味では、風水は、全くの当たらない八卦の類ではないとも言えるようですね。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川