ベッド選びの際に知っておくと便利♪ベッド用語集

ベッドにはいろいろなタイプのフレームがあります。

ベッドの名前を聞いて、どんなベッドかを知ることは購入の際には結構役に立つ場合が多いです。

しかも基本的な構造はそんなに複雑ではありません。簡単ですから、それらを頭に入れておくとよいでしょう。

そこでここでは、ベッドの構造やフレームの種類、マットレスの種類などを簡単に説明します。

ベッドの基本構造と機能など

ベッドフレームの構造

ヘッドボード

頭部に取り付ける飾り板であり、まくら止めの役割を持つと共に室内調度品としてのインテリア要素の強いパーツ。

一般的ベッドはベッドと一体化しているが、ホテルなどではヘッド―ボードを壁に作りつけ、そこにベッドをくっつけて一体化に見せている。

これはヘッドを移動して掃除をするためである。そのためヘッドボード側にはキャスターがついている。

フットボード

脚部に取り付けられたパーツで、ヘッドボードのように立ちあげマットレスのズレ止めやふとんの落下防止の役割を持ちます。

が、一般的ベッドには、フットボードは立ち上げないでサイドフレームと同じ高さに設定している。

このほうがデザイン的にはスマートです。

フレーム

ヘッドボードとフットボードを繋いでいるパーツです。

サイドフレームと呼ぶ。

ボトム(床板)

マットレスを支える床座の役割を持つパーツです。

床板という場合もある。総板張りのものや、すのこ状のもの、ウッドスプリングなどがある。

サイズ(cm)

サイズはマットレスサイズとベッド本体サイズがありますが、ベッド本体はヘッドボード付きなど仕様が異なるためここではマットレスサイズを表示します。

サイズ(横幅)cm

  • セミシングル:幅80
  • シングル:幅97
  • セミダブル:幅120
  • ダブル:幅140
  • クイーン:幅160
  • キング:幅180
  • ※その他ワイドファミリーサイズ、 WK200、 WK220、 WK240、 WK260、 WK280など連結して作るベッドもあります。

サイズ(長さ)cm

  • ショートサイズ:丈185
  • レギュラーサイズ:丈195
  • ロングサイズ:丈215

フレーム機能

ベッドの機能には、ベッドライフを充実させるため様々なものがあります。

棚付き(宮付き)、 コンセント付き、 照明付き(ライト付き)、 収納付き、 すのこ付き、 布団が敷ける、 畳タイプ、

高さを調整できる、 隠し収納、 LED照明、 ヘッドボード内収納

ベッドフレームの種類と特徴

ベッドフレーム

ベッドフレームのないマットレスは、皮のないパイのような頼りないものです。

正しく造作されたフレームなければ、スタイルは言うまでもなく、マットレスのサポート、安定性、寝起きのしやすさが失われます。

適切なマットレスのは、よくできたベッドフレームを選択することが、ぐっすり眠るために重要な要素です。

しかし、いざ購入しようとする場合、あまりの多くの種類の圧倒されます。フレームとマットレスを揃えるとコストの面でも結構な値段になります。

ベッドフレームの選び方に迷ったら、下記のベッドフレームのタイプを参考にしていただければ幸いです。

ベッドの種類には以下のものがあります。

すのこベッド・ローベッド・フロアベッド・収納ベッド(引き出し付)
チェストベッド・ショート丈ベッド・ガス圧跳ね上げ式収納ベッド
脚付きベッド(ステーションベッド)・アイアンベッド(パイプベッド)
マットレスベッド・天蓋付きベッド・ロフトベッド・システムベッド
2段ベッド・ヘッドレスベッド・連結ベッド・折り畳みベッド
ソファベッド・介護ベッド・電動ベッド・ウォーターベッド
エアーベッド・レザーベッド・ファブリックベッド・アバカベッド
バンブー(竹)ベッド・ラタン(籐)ベッド・吊ベッド・ハンモッグ

すのこベッド

すのこベッドベッドの床板に「すのこ」の機能を生かして作られたベッドを”すのこベッド”と呼んでいます。通気性に優れるので高温多湿な夏が巡る日本に、最も適したベッド仕様です。

ローベッド

ローベッドローベッドのスペルは、lowですから、意味は、低い低置などを差しこの事からローベッドは低いベッドになります。短い脚でも床下空間が空いているので、通気性も幾分良いベッドになります。

フロアベッド

フロアベッドフロアベッドはフレームがピッタリ床に設置しているべっどです。通気性はかなり悪いです。その分とても低いです。また、ベッドの高さをできるだけ低く抑えるため、フレームの中にマットレスを落とし込む工夫がなされています。

収納ベッド(引き出し付)

収納ベッド(引き出し付)ベッド下に二杯の引出しを装備した最もオーソドックスな収納ベッドです。
(Box構造の収納ベッドはホコリが入らずお掃除も不要、ベッドの組立も簡単です)

チェストベッド

チェストベッド引出しが多段で5杯程度装備し反対側に収納エリアを設えた収納ベッドで、総収納量は押し入れ一個分にも相当します。
(Box構造の収納ベッドはホコリが入らずお掃除も不要、ベッドの組立も簡単です)

ガス圧跳ね上げ式収納ベッド

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドお布団など大きな物も収納したい人向きな収納ベッドがこのリフトアップ式収納ベッドです。
ガスシリンダーで、マットレスごと閉開できるるので女性でも楽に使え、収納力も押し入れ一個分と巨大で長尺物も収納できます。
縦開き、横開きが選べます。

脚付きベッド(ステーションベッド)

脚付きベッド(ステーションベッド)ステーションタイプとも言い、もっとも一般的なスタンダードな脚付きベッドです。底板はすのこ仕様、総板張り等色々あります。

アイアンベッド(パイプベッド)

アイアンベッド(パイプベッド)アイアンベッドとは、ベッドフレームがアイアン(鉄)製のベッドのことを言います。軽く扱いやすいべっです、比較的安価であるため若い方に人気です。

ショート丈ベッド


マットレスの丈を185cmに設定したコンパクトなベッドで、身長165cm未満の方やニッチな狭い部屋にお勧めです。丈が短いだけで、殆どのモデルがあります。

マットレスベッド

マットレスベッドベッドのフレームにマットレスを一体型にしたベッドです。届いたらすぐに使えるベッドとして人気があります。一人住まいの方や、古保喪部屋のもお勧めです。

天蓋付きベッド

天蓋付きベッド中世ヨーロッパにみられるスタイルです。ベッドをカーテンで囲って寝る場所を区分化しています。中世には寝室が無かったため貴族の間で使われました。今日の寝室の原型のようなものです。

ロフトベッド

ロフトベッドベッド部分が高い位置にあり、梯子や階段などがついています。その下に勉強机やソファ、ハンガースペースなどに活用できます。高い位置に寝るので6歳以下の子供は使用禁止です。

システムベッド

システムベッドロフトベッドの亜種で、ベッドの下に机やシェルフを組み込んだベッドです。必要なものがトータルで揃うので恰好が良く子供部屋に人気です。

2段ベッド

二段ベッドベッドを重ねて使う様式です。スペースを二倍の効率で使うため、狭い部屋や子供部屋などに最適です。大人用として会社の寮や学生寮などにも利用されています。

ヘッドレスベッド

ヘッドレスベッドヘッドボードを取り去ってシンプルなスタイルです。狭い部屋やシンプルが好きな方には人気です。市販のヘッドボードを購入しても使えます。

連結ベッド

連結ベッド連結して大きなスペースを確保するべっどです。ファミリ―ベッドに最適です。将来は分割して個別に使うことができるのでコストバリューに優れます。

折り畳みベッド

折りたたみベッド折りたたんで片づけられるので狭い部屋や、短期的の赴任、学生向き。エマージェンシー用にも活用できます。このタイプは非常にモデルも多く、用途に応じて選ぶことが出来ます。

ソファベッド

ソファベッドソファとベッドに使い分けれるので非常に便利です。狭い部屋を多目的に使用することが出来ます。フランスベッドの黎明期に、ソファとベッドという触れ込みで販売され、一世を風靡したベッドです。

 

デイベッド

デイベッドデイベッドとはベッドとしてもソファーとしても使えるベッドのことで、別名「寝椅子(寝たり座ったりできる家具)」とも呼ばれます。

介護ベッド

介護ベッド介護ベッドとは、とも称されるベッドです。 介護される人と介護する人の負担を軽くしてくれるベッド は、自ら体を起こせない人や起き上がりに難がある人の手助けをしてくれます。

電動ベッド

電動ベッド電動ベッドとは、モーターの力で日々の動作をサポートするベッドのことです。リクライニング機能は、寝る前のひと時を、テレビを見たり、本を読んだりが楽にできリラックスできます。

ウォーターベッド

ウォーターベッドウォーターベッドとは、ベッドマットレス部分に水を入れたベッドのことです。非常に重くなり、水の補給設備や水漏れの問題もあり一般的ではありません。集合住宅では使用禁止のところもあります。

エアーベッド

エアーベッドエアーベッドとは、名前の通り空気を入れることでベッドになる商品です。 空気で固さを調整できるため、自分好みの固さに変えられる のがポイントです。安価の者もあり、簡易ベッドとして人気があります。

レザーベッド

レザーベッドレザーベッドとは、木製のフレームにレザーを貼ったベッドです。 ヘッドボードが高級ソファのようにふっくらしているのが特徴です。本革を使った物は高価で、市販されているもののほとんどは合成皮革が使用されています。

ファブリックベッド

ファブリックベッドファブリックベッドは、木製フレームに椅子バリ時のような柔らかい織物を使用して布張りされたベッドフレームです。柔らかいタッチが優しい雰囲気を醸しています。汚すとなかなか取れないので、ベッドでも飲み食いは止めましょう。

アバカベッド

アバカベッドアバカベッドはベッドのヘッドボードやフレームの装飾にアバカの織物を張ったものです。アバカはフィリッピンなど南国で栽培されロープの材料となります。。

バンブー(竹)ベッド

竹ベッド竹をフレームに用いたベッドです。竹がカラダに合わせてしなる心地よいベッドです。また底板にすのこを用いる場合もあります。竹は中が空洞なのでとても軽いベッドとなります。インドネシアなどで多くつかわれています。日本製もあります

ラタン(籐)ベッド

籐ベッド籐のベッドは軽量で移動も楽々、十分な強度もある一本物で作られたの籐のベッドがお勧めです。かなり嗜好性が強いですが、インテリアとして、チェストやチェアと揃えて使用する愛好家もいます。

吊ベッド


吊ベッド吊りベッドはブランコのように吊った寝台です。遊び心満点ですが、安定性に欠け一般的ではありません。

ハンモッグ

ハンモッグハンモッグはキャンプなどに利用されます。安定性に欠け下手をすると落下の危険があります。が、アマゾンの奥地にはハンモッグを使って寝ている部族もあります。虫の侵入を防ぎ涼しく寝るためと思われます。

マットレスの種類と特徴

マットレス

どんなベッドでも、ベッドの本質は快適な睡眠を得るものです。

そういう意味では一番大切なパーツはマットレスということもできます。

いかに市販されている主流のマットレスの種類と特徴を述べます

マットレスにはコイルマットレスとノンコイルマットレスがあります。

以下にコイルマットスの主なものを紹介します

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 連続コイル

コイルマットレス

マットレスの種類は、コイルを使っているか、使っていないかという構造と素材の違いによって大きく分けられます。

コイルを使ったマットレスは、体全体を受け止め耐久性もあります。

適度な硬さは寝返りもしやすく通気性にも優れています。種類と特徴は以下の通りです。

ボンネルコイル

適度な硬さと弾力

ホテルのベッドに多く採用されているのがボンネルコイルです。

コイルを上下左右に連結した構造で、体重がかかるとゆったりと沈み込んでいきます。

面で支えるため、適度な硬さと弾力が感じられます。

寝返りが打ちやすい

仰向けに寝ているとき、腰回りが体重の44%を支えています。

ボンネルコイルマットレスで寝るとその硬さゆえに、腰回りが沈み込むことがありません。

そのため腰への負担が少なく、寝返りが打ちやすいのです。腰痛持ちの方にはボンネルコイルがおすすめです。

ポケットコイル

体圧分散性が高い

1個1個独立したコイルがたくさん敷き詰められた構造となっています。

体を点で支えるので腰や頭など体の重い部分は沈み込み、体圧が分散されます。

それにより体が自然なS字カーブを描く寝姿勢を保つことができます。

体に沿って形を変えるため、横向き寝の方におすすめ。横向きの際に圧迫される肩や腰の部分が沈み、負担を減らしてくれます。

振動が伝わりにくい

また、コイルが独立していることから、寝返りなどの振動が伝わりにくく、2人で使用しても快適です。

簡単なメンテナンスで清潔に

通気性はボンネルコイルと比べるとやや劣りますが、定期的に乾燥させることができていれば、カビの発生を抑えられるほどの通気性はあります。

高密度コイル

コイルの密度が高い

ボンネルコイルマットの約1.5倍のコイルを使用し、密度の高い構造となっている高密度スプリングです。

その為、体の沈みも少なく、硬いマットレスが好みの方にはお勧めです。

耐久性に優れている

体重を面全体で支えるため、耐久性が高い点も特徴の一つ。へたりにくく長く使えるマットレスと言えます。

高密度コイルマットレスは、ボンネルコイルとポケットコイルのいいとこどりをしたマットレスということになります。

ノンコイルマットレス

ノンコイルマットレスの種類には下記があります。

  • ウレタンマットレス
  • ラテックスマットレス
  • ファイバーマットレス

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスとはスポンジや断熱材としても使われる「ウレタン」を素材として作られているマットレスを指します。

ウレタン素材の中には「高反発ウレタン」と「低反発ウレタン」があり、ウレタンフォームの半発弾力が15%未満だと低反発、50%以上だと高反発とされています。

高反発ウレタンマットレスは弾力性によって体圧(体重による負荷)を押し戻す反発力がある点が特徴的です。

一方で、低反発ウレタンマットレスは反発力が低く、包み込むような寝心地が特徴的です。

ラテックスマットレス

ラテックスとはボムを原料として作られた素材を指し、ラテックスマットレスはゴム特有の柔らかさと弾力性を兼ね備えた寝心地が特徴的なマットレスです。

100%天然ラテックスと合成ラテックスがありますが、昨今はほぼ合成のもので、品質によって性能が異なるため購入の際は品質の確認が大切です。

ファイバーマットレス

ファイバーマットレスとは、「ポリエチレン」と呼ばれるプラスチックの一種である素材を繊維状に編み込んで作られているマットレスを指します。

ファイバーマットレスは水洗いできる反面、熱に弱い特徴があるため、布団乾燥機などでのお手入れには注意が必要です。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川