失敗しないベッドサイズの選び方

ベッドサイズは、ショートベッド、セミシングル、シングル、セミダブル、ダブルからクイーン、キングサイズ、そしてワイドキングサイズまでいろいろあります。

皆さんがベッドを選ぶ時、どのベッドサイズが自分に合ってるのかわからない?と迷う方もおられるんじゃないでしょうか?

今寝ているベッドのサイズが適正なのか?

引っ越し先の部屋にベッドが入るのか?

端的に言えば、ベッドは大きいほど快適に使えます。

もちろん一人用としてキングサイズを選ぶなんてことはまずないでしょう。

が、例えば、シングルより、セミダブル、セミダブルよりダブルと云うように、一回り大きいものにする場合はありです。

ともあれ、ベッドのサイズ選びに迷ったら、ベッドの大きさとお部屋に置いた時のサイズ感を確認してくださいね。

ベッドのサイズとお薦めサイズ

適合サイズの目安

サイズ お勧めの方
 ショート丈 82cm~
98cm
 180cm お子様・身長160cm位までの小柄な方
セミシングル 85cm~90cm  195cm お子様・小柄な方
シングル 97cm  〃 平均的身長の方
セミダブル 120cm  〃 お一人でゆったり寝たい方
ダブル 140cm  〃 大柄な方、小柄なお二人
クイーン 160cm  〃 お二人で寝たい方。8畳以上の広めの寝室に向いています。
キング 180cm  〃 お二人でも余裕をもって寝たい方。8畳以上の広めの寝室に向いています。
 ロング丈 90~
140cm
  206cm  身長が高い方

ベッドサイズ別特徴と使い勝手など

 

■ショート丈ベッド(約、幅88×180cm)

通常より長さや幅の小さなベッドを探している方に向けてはショート丈ベッドがお勧めです。

こちらはマットレスサイズが一まわりコンパクトです。

ショート丈というのは、マットレスサイズが通常サイズのベッドと比べて短いベッドの事を言います。

レギュラー丈より15cm程度短くなっていて、ベッドボード部分を入れても全長200cm以下であることがほとんどです。

通常のベッドより一回りコンパクトなので、狭いニッチなお部屋でも、この差でドアや物入れの扉が開け閉めできる可能性が広がります。

ヘッドボードの棚の大きさは商品により異なりますが、棚もスリムタイプやヘッドレスを選べば、よりベッドの設置スペースを削減することができます。

ショート丈ベッドは、マットレスやベッドパッド、ボックスシーツなどリネンも専用なので、リネン類とセットのショート丈ベッドもご提案しています。

洗い替え用や模様替え用に単品販売もあるのでご利用することが出来ます。

ショート丈ベッドがおすすめの方。

  • 小柄(身長が160cm未満)なので長さのあるベッドは必要ない方。
  • ワンルームなどであまり大きなベッドが置けない方。
  • 子供部屋にベッドを置きたいけどレギュラー丈だと扉が閉まらない方。

このような方はショート丈のベッドをご検討ください。

■セミシングルベッド:(約 80-90cm×195cm)

また長さは普通サイズ(195cm)で、幅を詰めたセミシングルサイズもあります。

一人暮らしのワンルームや子供用ベッド、2台を並べて使うのに最適なサイズです。2台並べるとクイーンサイズやキングサイズになります。

省スペースな為、お部屋に対してのベッドの占める範囲は少なくなるというメリットはありますが、横幅が狭い為、大柄な方は寝返りがしづらいかもしれません。

中央に寝た場合は、横に15cm程度の幅しかありません。
体が大きな方はこの幅で足りるかご確認くださいね。

セミシングルサイズのベッドは、商品により幅80cmの物と幅90cmの物がありますのでご注意ください。

セミシングルベッドがおすすめの方。

  • 体の小さな方や華奢な女性の方におすすめのサイズです。
  • セミシングルサイズは、2台並べての使用が主流になっています。

2台並べての使用イメージは、幅80cmの場合はクイーンサイズ(160cm)になります。

幅90cmの場合はキングサイズ(幅180cm)になりますのでご確認ください。

■シングルベッド:<約 100cm×195cm>

シングルベッドの適合サイズ

シングル/セミダブルサイズに一人で寝る場合の余裕

シングルサイズは最も一般的なサイズのベッドです。

日本人の平均的な体格の方なら充分に快適に使えるサイズです。

大は小を兼ねるということは真理で、小学生位の子供さんでも違和感がありません。

子供はすぐに成長するので、お部屋が極端に狭くなければ、とりあえずシングルサイズを買っておけば末永くお使いただけます。

6畳のお部屋の4分の1から3分の1を占めるサイズとなっています。

ただし、引き出し付きの収納ベッドの場合は、引き出すスペースも必要となるため、他の家具とのバランスはよく検討してくださいね。

収納付きがご希望で、引き出すスペースが確保できないような場合は、上下に開け閉めする跳ね上げ式ベッドをご検討ください。

シングルベッドがおすすめの方

  • 平均的な体格までの方にベスト街のサイズです。
  • 日本の住居で最も一般的な6畳のお部屋にぴったり。
  • 2台置きしてワイドキングサイズベッドとして使いたい方。

(※2台置きの場合、8畳以上のお部屋でないと扉やクローゼットの開け閉めが厳しいでしょう。)

■セミダブルベッド:(約 120cm×195cm)

ゆとりをもって就寝したい方におすすめのサイズがセミダブル。

シングルとセミダブルを合わせて、スーパーワイドキングサイズとしてカップルで使う方にもおすすめです。

シングルサイズよりちょっと大きくなったこのサイズは、左右に30cmずつの空きスペースができます。

大柄な方でも余裕で寝返りが打てるので快適な睡眠が得られます。

高級なビジネスホテルなどはシングルサイズではなくセミダブルサイズが採用されています。

もっとも、ホテルは不特定多数の方が利用されるので、大きな体格の方にも対応しているのですね。

セミダブルベッドがおすすめの方。

  • ゆったり眠れて、寝室に贅沢を求める方、寝相が悪い方。
  • シングルとセミダブルを合わせてカップリングベッドとしても人気です。
  • お子様ができて家族で使いたいかた。

■ダブルベッド:(約 140cm×195cm)

ダブルベッド/クイーンベッド

ダブルベッド/クイーンベッドに二人で寝た場合の余裕

ダブルベッドは、カップリングベッドと勘違いしやすいサイズです。

しかしダブルベッドは、お二人で使った場合、空きスペース がほとんどなくなりお互いの脇に10cmしかありません。

寝返りはしずらいし、お互いが干渉しあって熟睡するには向いてないです。

ですからダブルベッドは、二人用で寝ることはできるベッドですが、二人で寝るには若干狭いサイズです。(平均的な体格のカップル)

シングルベッドに一人で寝る時と比べても狭く、どうしてもという方以外はお二人用としてはお勧めできません。

その場合は、振動がお隣に伝わりにくい、体圧分散型のポケットコイルマットレスのご使用をお勧めします。

ダブルベッドがおすすめの方。

  • 大柄な方。
  • 高級ホテルのような贅沢な寝心地を得たい方。
  • お部屋が広く余裕がある方。

海外のホテルなどではダブルベッドは一人用になっていて、部屋に二台入れてツインルームという形が一般的です。

もっとも西洋人は、日本人よりかなり体格が大きいことも原因していますが…

■クイーンベッド:(約 160cm×195cm)

カップルでゆったり寝るためのベッドサイズです。

新婚さんやカップルはもちろん、親子でのご使用もおすすめです。

ゆとりとサイズのバランスが取れたサイズがこのクイーンサイズですが、それでも、一人でシングルで寝るよりは空きスペースは狭く窮屈になっています。が、空きスペースが15から20cmあれば許容範囲です。

日本住居のスペースから、これ以上の大きさのベッドを置くと結構大変ですよね。

通販においてはクイーンサイズ以上のマットレスは2枚タイプの物が多くなっています。

※中には一枚タイプを販売してる場合もありますので商品スペックを確認してくださいね。

また最近の主流は、セミシングル×2台の2フレームを連結してクイーンサイズを実現してる連結ベッドも人気となっています。

連結タイプの良いところは、ベッドを使うシチュエーションが変わった場合、離してシングルとして使えるのでとても便利で、経済的です。

クイーンベッドがおすすめの方。

  • お二人で休まれる方
  • 親子3人で川の字で休みたい方

■キングベッド:<約 180cm×195cm>

その大きさがお部屋の雰囲気を高めます。

ホテルのスイートルームなどにも使用されているサイズです。

これほど大きなものですと搬入できる部屋も少なく、需要もあまりないといったところが現実です。

ですから最近は、通販においては、セミシングル2台を連結してキングサイズとしているのが一般的です。

が、クイーンサイズと同様にマットレス2枚となるため、間の隙間が気になる方は、ベッドの隙間スペーサーや厚めのベッドパット、後乗せピロートップなどをお使いいただくことをお勧めします。

でもこのサイズでもシングルで一人寝より窮屈です。

だから、シングルベッドを一人で使うことがどれほど快適かがお分かりいただけることと思います。

キングベッドがおすすめの方。

  • お二人で休まれる方
  • 親子3人で川の字で休みたい方

■スーパーワイドサイズベッド(最大280cm×195cm)

シングルベッド×2セミダブルベッド×2

シングルベッド×2・セミダブルベッド×2で親子で寝た場合の余裕

ご家族で就寝することを前提に開発されたベッドです。

お子様と添い寝することが一般的な日本の文化に合っているベッドです。

親子、夫婦のスキンシップは、幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を促進することが証明されており、特に幼児期のスキンシップは、その子の将来に渡って影響すると言われていますから、親子で入浴したり就寝して、スキンシップを多くとることが、幼児教育、情操教育には最も良いと奨励されています。

そのためこのスーパーワイドサイズベッドは、小さなお子さまが落ちてもケガのないようにフロアタイプが最も多く使用されています。

連結ベッドは、ジョイントパーツでしっかり固定して安全に使え、将来は分割してシングルとしても使えるので、末永くお使いいただけます。

スーパーワイドサイズベッドがおすすめの方。

  • お二人で休まれる方
  • ご家族休みたい方
  • 将来は分割して使いたい方
  • 親子でスキンシップをしたい方

まとめ

いかがだったでしょうか?

ベッドは、選ぶとき、サイズ、デザイン、機能、マットレス、そして価格など選択することの要素が大変多いものです。

ベッドサイズと使い方の関係は人それぞれですが、ベッドはサイズが大きい分お部屋との関係も生まれます。

ですが、私たちは、人生の3分の1ほどはベッドで過ごすといわれ、適正なベッドサイズを選ぶことは大切な要素です。

どうかよくよく検討して、あなたのベッドライフがさらに豊かになりますように、ベッド選びは慎重にしてくださいね。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川