ベッドフレームとマットレスの選び方:究極の購入ガイド

ベッドフレームとマットレスの選び方

ベッドフレームのないマットレスは、皮のないパイのような味気ないものです。

マットレスは、正しく構築されたがっしりしたベッドフレームと床板の上になければ、見かけ上のスタイルは言うまでもなく、寝起きのしやすさ、安定感、サポート性、安定性、クッション性などマットレスの性能が100%発揮されることはありません。

適切なマットレス基盤を備えたよくできたベッドフレームを選択することが、ぐっすり眠るために重要な要素である理由は容易に想像できます。

しかし、初めてのベッドの検討始めたばかりの場合、ベッドフレームの種類やマットレスの種類の多さに圧倒され翻弄されてしまいます。

ですからベッド購入の際、そのようなベッドフレームの選び方に迷ったら、ぜひこの記事を参考にしていただけたら幸いです。

失敗しないベッド選びのための6つのステップ

  • ステップ 1: 予算を決定する
  • ステップ 2: 必要なサイズを決定する
  • ステップ 3: ベッドの高さの好みを選択する
  • ステップ 4: ベッドボトムを使っていますか?
  • ステップ 5: どんな寝室を望んでいるのか?
  • ステップ 6: さまざまな種類のフレームを頭に入れる

ステップ 1: 予算を決定する

際限なく予算があるなら、このステップは不要です。

しかしそのような方はほとんどいません。どなたにもデッドの使える予算の上限はあるものです。

大まかでも予算を設定すると、ベッド フレームの検索時に即座に絞り込むことができます。

ベッドフレームの価格は、2万円未満から10万円以上までさまざまです。

利用可能なより安価なフレームの数を考えると、特にマットレス部門 ですでに散財している場合は、最も安価なベッドフレームの中から選択するしか手はありません。

ただし、それらを慎重に検討し、コストに対してどのような品質が得られるかを理解することがとても重要です。

ここに一つの考え方があります。ある寝具メーカーの方の発言です。

みなさんは布団一枚が10万円と云うと、ものすごく高く感じてしまいますが、布団というのは最低でも10年は軽く持ってしまいます。

「10万を10年で割ると一年で1万円で、月に8333円です。一日にしたら274円です。食べモノのほうがよっぽど高いです。」

睡眠はわたしたちが健康で一生を送るための大切な用紙の一つです。わたしたちは人生のおよそ3分の一を寝ていると言われます。

これがおろそかになるとどこかに支障をきたし、健康を維持できなくなります。

結局のところ、睡眠は私たちの全体的な幸福にとって非常に重要であり、私たちの心身共に多大な影響を与えます。

ベッド選びはかくも大切という結論になるという事です。

なので、少しくらいの予算オーバーは横において、もっとも重要なマットレス選びに予算を傾けてください。

では、ベッドフレームがコストに見合うかどうかをどのように判断するか、探すべきいくつかのことを次に示します。

良いベッドフレームとは
構造

ベッドフレームはどのように組み立てられているか?

自分で組み立てる必要があるか? もしそうなら、どのくらい難しいのか?

特別なツールが必要か?

素材

頑丈で​​耐久性のある素材で作られているか?

ベッドを長持ちさせるためには、パイプやプラスチックではなく、木製のベッドフレームなど、主に長持ちする構造で作られたフレームを見つけるのが最善です。

極太の木製フレームは、破損する可能性が低く、時間の経過に関わらず初期の性能を維持し続けます。

安定性

ベッドフレームは、床に置いたときに十分な牽引力とサポートを備えているか?

理想的には、ベッドフレームは、強く押したり寄りかかったりしてもきしんだり左右に動いたりせず、どっしりと安定したものを選びましょう。

サポート

ベッドフレームはマットレスを上から下まで十分にサポートしているか?

マットレスの下を安定させるためには、ベッドの床板の構造がしっかりしたものでなくてはいけません。

フレームがたわんだり、床板が湾曲する用ではベストな熱度フレーム河添ではありません。

売り場ではマットレスを少しずらして床板も確認しましょう。

適切なサポートがないと、マットレスは時間の経過とともにたるんだり、形が崩れたりする可能性があります。

ヘッドボード

ヘッドボードが必要かどうかも必ず決定する必要があります。

ヘッドボードは、背中と首をさらにサポートし、壁の損傷を防ぎ、部屋の装飾を向上させる効果があります。

しかし、それは必須ではありません。ヘッドボードをなくすことで、部屋のスペースを少し節約できます。

ベッド フレームには、ヘッドボードが取り付けられているものが大半で、後で取り外し出来ないものが多いです。

ヘッドボードにはフラットなものと、宮付き(棚付き)と云ってこのの於くスペースや、照明、コンセントを装備したタイプがあります。

こちらの良い所は、必要な小物を枕元に置けるのでサイドテーブルが必要なくなります。

コンセントがあれば、スマホの充電もできますし、スモールスピーカーなどを置いて音楽を聞いたりさまざまなことが出来ます。

これらの考慮事項を念頭に置いて、予算と好みの両方に合ったベッドフレームを選択します。

ステップ 2: 必要なサイズを決定する

すでにマットレスを購入している場合は、マットレスに合った適切なサイズのベッド フレームを選択することが重要です。

ただし、新しいマットレスを購入しようとしている場合は、ベッドフレームを自由に選択できます。

この場合、ベッドを置く部屋のサイズと、その周りに必要なスペースを考慮する必要があります。

さまざまなベッドのサイズと、それらの特徴と使い方を見てみましょう

ベッドサイズと最適な使い方

ベッドサイズは自分の体型や一緒に寝る人の数などを考慮し、快適に寝れる大きさを選ぶことが大切です。

寝る人に対して小さすぎるベッドを選んでしまうと、寝にくくなったり、寝返りをうった時に落ちてしまったりするので注意しましょう。

一方でベッドサイズが大きすぎると、部屋のスペースが足りなくて設置できなくなる可能性があります。

よって、ベッドサイズは使いやすさと設置スペースのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

種類 サイズ 適正人数
セミシングル 約80cm~90cm × 195cm 1人
シングル  約97cm × 195cm 1人
セミダブル  約120cm × 約195cm 1人
ダブル 約140cm × 約195cm 1人~2人
クイーン  約160cm × 約195cm 2人
キング 約180cm × 約195cm 2人
セミシングル約80cm~90cm × 195cm

セミシングルはシングルより横幅が狭く、最もコンパクトなベッドです。
※ただし例外的に、ショート丈ベッドと云って丈が180cmのベッドもあります。

小さい子供用ベッドや女性の一人暮らし向け用ベッドなどにぴったりですね。

セミシングルのベッドを2台並べてクイーンサイズやキングサイズのベッドとして使うこともできます。

その場合二台並べて隙間のできないベッドを選びかしょう。

サイズが小さいため寝室が狭かったり、一人暮らしのワンルームで省スペースに設置したいときに便利です。

また、一人でも手軽に組み立てやすくなっているので、引越しなどで移動させる際に重宝します。

しかし、体が大きい人だと寝返りがしにくく感じることがあるため注意します。

シングル:約97cm × 約195cm

シングルベッドは最も一般的なサイズです。日本人の平均的な体格の方すべて支障ないサイズと思います。

また、ワンルームに住んでいる人や一人暮らしの人など、比較的狭い環境での利用にも使い勝手が良いです。

最も普及しているベッドサイズなので商品ラインナップが多く、デザイン機能など選択の幅が広い所も有利です。

セミシングルと同様、コンパクトなサイズなので搬入や組み立てが簡単なのも嬉しいですね。
引越しや模様替えの際に重宝するでしょう。

ただ、体格の大きい人が使うには圧迫感があるかもしれないので、部屋のスペースに余裕があればセミダブルベッドの購入をお勧めします。

セミダブル:約120cm × 約195cm

セミダブルベッドはシングルベッドより横幅が20cmほど大きくなったベッドです。

シングルベッドに比べると必要な設置スペースが広くなってしまいますが、横幅に余裕があるため圧迫感が少なく、寝返りを心配せずにゆったりと眠ることができます。

この寝心地はシングルでも大丈夫な人が寝ても実感できます。

より快適に睡眠をとりたい一人暮らしの人などにおすすめなベッドサイズです。

また、セミダブルも一般的なサイズになるので、商品ラインナップが豊富です。

おしゃれなものからかわいいものまで好みのデザインを選びやすいところもメリットになります。

ただし寝具もセミダブルサイズになるので若干高くつきます。

ダブル:約140cm × 約195cm

ダブルベッドはカップルや新婚夫婦など2人用のベッドとして一般的なベッドサイズよ思いがちですが、実は一人用なんです。

高級ホテルのツインルームではダブルが採用されているところも多いです。

1人用としてセミダブルでは物足りない場合は、ダブルサイズのベッドを検討してみましょう。

もっとも体格が小さめのカップルでしたらお二人でも使えます。

そうしている方も多いのも事実です。ところが実際に二人で寝てみるとシングルで一人よりほとんど余裕がないことに気づきます。

ですからカップル用に使うなら、本当に安まるのはのはクイーンサイズ以上のベッドになるかと思います。

寝室のスペースに余裕があればセミシングル・シングルを2台並べて使ってみるのが最もおすすめです。

クイーン:約160cm × 約195cm

クイーンベッドはダブルベッドより広々と寝れます。

カップルや新婚夫婦などで使う際に、圧迫感なくゆったりと眠りたい人にぴったりです。

ベッドサイズがクイーン以上のものは大きくて搬入しにくいため、メーカーによってはマットレスが2枚に分かれているタイプもあります。

マットレスが2枚に分かれていて隙間が気になる場合は、隙間スペーサーを利用するといいでしょう。

ですがシングルサイズ二台並べて使うより狭いです。

カップルで使う場合ここはやはりシングルの二台並べがワイド200cmになるので贅沢に使えます。

キング:約180cm × 約195cm

キングサイズは横幅がクイーンベッドより20cm大きいベッドです。

最も大きなベッドサイズになっており、カップル用として使われています。

クイーンベッドと同じようにマットレスが2枚に分けられるため、隙間スペーサーの活用をおすすめします。

クイーンの説明項に書いた通りシングル二台より10cmも狭いです。

キングはカップル用なので、キングは子供と三人で使えるという方もいますがちょっと狭いです。

三人以上の家族で使う場合はファミリーベッドがお勧めです。こちらは最大幅300cm位まであります。

しかし、キングサイズは一台の大きいことから搬入が難しいというデメリットがあり、メーカーも沢山作っていません。

キングサイズ以上のベッドを使いたい方は、シングルやセミダブルのベッドを2台並べる方法も検討してみるといいでしょう。

ベッドの使い方と適合サイズ

シングル・セミダブルを1人で使う場合

一人で使うにはシングル、それともセミダブルもあり?

条件が許すなら、シングルよりもセミダブルのほうがゆったり寝れます。

シングルサイズでも一人で寝ることは一般的です。お一人の場合これが普通と言っても良いでしょう。

が…寝相の悪い方が寝返りを打ったりすると、うっかり落ちてしまうこともあります。

何と言っても左右に15cmほどしかスペースが余らないので、身体が大きい方ならもっとキリキリです。

ということで一回り大きいセミダブルサイズを使うこともありではないでしょうか。

セミダブルサイズにすることで、よりゆったり快適に休むことができます。

ダブル・クイーンを2人で使う場合

ダブルベッドは新婚さん用?いいえダブルは二人で寝ると、ほとんど余裕がありません。

お二人でも、ゆったり眠りたいなら、クイーンサイズやキングサイズがおすすめ。

二人用ならダブル…、そうお考えの方が多いですが、実際二人で寝てみると余裕はほとんどなくなってしまいます。(※体の大きさによります)

お二人でもゆとりをもって寝るならクイーンorキングがオススメです。

もっとおすすめなのはシングルとセミダブルを二台並べる使い方です。

これなら将来離してツインとしても使えるのでとっても便利です。

シングル×2とセミダブル×2を3人で使う場合

究極の情操教育はスキンシップ!と云われています。

川の字に眠ると親子の絆が深まり、幸せホルモンが分泌されるそうです。

幼児期に親子で眠るスキンシップの効果は凄いのです!!

それにはゆったり眠れる、シングルベッド×2台、セミダブルベッド×2台使いがお勧めです。

あるいはファミリーベッドが安全で安心です。

ファミリーベッド、連結ベッドとは

ファミリーベッドは連結ベッドとも呼ばれ人気のベッドです。

最大幅300cmくらいまでののスーパーワイドキングサイズベッドがつくれます。

組み合わせ自由自在だから、使用環境にもっとも合わせやすいベッドです。

近頃話題になっている情操教育、スキンシップにもっとも適したベッドなんです。

親子のスキンシップが幸せホルモン、オキシトシンの分泌量を増やす♪

幼児期のスキンシップはその子の将来を幸福に導く要素だと云われています。

それは子どもの中に”幸せの根っこ”をつくってくれるからです。

子どもに優しく触れ事によって「人に対する安心感が刷り込まれます」人への信頼感が育つのです。

皆様は「オキシトシン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「オキシトシン」は脳内物質の一種で愛情ホルモンとも呼ばれ、主に人と親密な関係を深める、 愛情や絆を深める、安らぎや幸福感を高めるなどの働きがあります。

この「オキシトシン」がもっともよく出るのが、好きな人との愛情のこもったコミュニケーション。親子のスキンシップは一番の方法です。

幼児期にお風呂やベッドをともにする。これこそが大切なんです。

これは親子ばかりでなく、ペットとのスキンシップ、夫婦、恋人とのスキンシップも同じことです。

ふれあうことによって幸福感に満たされるのはこのためです。

オキシトシンは大人にも作用しているのです。

ステップ 3: ベッドの高さの好みを選択する

ベッドフレームのサイズに関連するもう 1 つの側面は、その高さです。

多くのベッドフレームは使がっ手が良い膝の高さ(35~45cm)にありますが、生活の特定の側面が、ベッドの高さに影響を与える可能性があります。

たとえば、ベッド下を有効活用するためにロフトベッドを選ぶ場合などです。反対に部屋を広く見せるために最も低いフロアベッドを選ぶ場合もあります。

最適なベッドの高さを選択する方法

ベッドが高すぎたり低すぎたりしないことを確認することが最も重要です。

ベッドが床面から高すぎると、足が地面からぶら下がってしまいます。

これは、踏み台などのプラットフォームなしでベッドに入るのを難しくします。

多少な高さなら、どんな無理な態勢でもベッドに入ることを気にしない人もいるかもしれませんが、これは高齢者や運動機能障害のある人にとって、危険で困難な場合が多くあります。

ベッドが床面に対して低すぎる場合、足を前に伸ばすのは簡単です。

足を後ろに押し込むと、膝が腰より上になります。これは、実際の努力なしにベッドから出ることをより難しくします。

繰り返しになりますが、これは一部の人にとってはそれほど問題ではないかもしれませんが、身体的障害を抱えている人にとっては誰でもこれが課題であることに気付くでしょう。

適切なベッドの高さの主な決定要因は、個人の身長です。

背の高い人は、背の高いベッドが乗り降りしやすいと感じるでしょう。

一方、背の低い人は、より低いものが必要になる可能性があります。マットレスをできるだけ低く保つために床に置く人もいます。

ベッドフレームとマットレスの組み合わせを選択するときは、誰にも最適な高さの他に考慮すべきいくつかの要因があります。

考慮すべき1つの要素は、個人的な好みです。

誰かは部屋が広く見えるロースタイルのベッドを好むかもしれません。

あるいは若者が好む冒険的なロフトスタイルをもっとも望むかもしれません。

その範疇に当てはまる年齢や体格そして体調の場合は、その好みを優先して選んでもかまいません。

1.身長

完璧なベッドの高さを決定するとき、使用者がどれくらいの身長であるかを考慮する必要があります。

背が低く、毎晩ベッドによじ登り、朝に飛び降りる傾向であったならより低いベッドが良いでしょう。

同様に、背の高い人は、朝にベッドからどっこいしょ!と起き上がる必要がないように、より高いものを選ぶことがお勧めです。

ベッドが低すぎると感じた場合は、マットレスを厚くするか、脚の高いベッドフレームを購入することで、ベッドを高くすることができます。

2.年齢

使用者の現在の年齢を考慮したいと思います。

ベッドは一度買うと10年以上は使ってしまいます。

壮年期ではさほど考慮する必要は少ないですが、更年期になると10年はものすごい変化を生み出します。

実例です。私の母ですが、75歳くらいまでは布団を敷いて上げ下げした居ましたが、ある日転倒して大腿骨を骨折してかベッドになりました。

起き上がること自体が出来なくなったのです。高齢者の10年は人によるでしょうが体調が大きく変わります。なので、ベッドの高さはとても重要になります。

子供用(幼児)のマットレスを選ぶときは、より低いベッドが必要であることを考慮してください。

子供がベッドから落ちた場合、ケガの恐れが生じますし、背の高いベッドは一人でベッドに入りにくくなります。

同様に、身体の不自由な方や高齢者は、適切な高さのベッドを用意することで大きなメリットが得られます。

ベッドが低すぎると、しゃがむかゆっくり座ってベッドにたどり着く必要があります。

これは、関節が弱い人、特に膝と腰や腕の悪い人にとっては難しい場合があります。

ベッドから出るのも難儀する場合が多くあります。

腕の力も弱まっているだけでなく、腰、膝、足首をコントロールして転倒しないようにすること自体ができにくくなるからです。

ステップ 4: ベッドボトムを使っていますか?

高級ホテルのダブルクッションに憧れる方もいます。

ホテルの寝心地に感激しダブルクッションを望むなら、ベッドボトム一択になります。

ベッドボトムはそれほど多くの種類が出回っていないので選択の幅は狭いです。

ただし、ベッドボトムをまだ所有していない場合は、現代的なマットレスと組み合わせると、それらがさほど必要ないことを知るかもしれません.

日本で販売されているコイルマットレスは、ベッドボトム無しで充分に機能します。

ステップ 5: どんな寝室を望んでいるのか?

ベッドフレームの基準を絞り込んだら、現在の寝室をどのように演出するかそのスタイルを検討しましょう。

寝室は寝るところだから、どんなベッドでも良い、と思うのは早計です。寝室に入ったら、バタンキューで、すぐに寝てしまうと言うような方は殆どいないでしょう。

誰にでも眠る間のベッドライフがあります。寝る前のひと時を 読書したり、映画を鑑賞したり、あるいちょっぴりお酒を嗜む方だっています。

その時々に応じて、わたしたち誰もが、居心地が良く、寝る前の行動に沿ったベッドフレームが必要になる場合があります。

お部屋に優雅な雰囲気を望んでいるなら、ゴージャスなレザーべッドやファブリックベッドがぴったりです。

読書や映画鑑賞がしたいなら、リクライニング機能付きを、至れり作れりの使い勝手で極楽の気分に浸れます。

また、より洗練された都会風でモダンなベッド フレーム スタイルを演出したければ、シンプルなブラック塗装のベッドの外観を好むかもしれません。

その様々な寝室を作り上げるためにベッドデザインは大きな要素になります。

寝室に何を求めるのか、どんな寝室を作りたいのかなどアイデアを書き留めておくと、適切なベッドフレームを見つけるのに役立ちます。

ステップ 6: さまざまな種類のフレームを頭に入れる

ベッドフレームのタイプごとに機能も違ってきます。

それぞれのタイプを細かく記憶することはなかなか困難です。

なのでごく簡単で良いので記憶しておくと、ベッド選びの最終段階に大分集約されてくるでしょう。

すのこベッド

すのこベッドベッドの床板に「すのこ」の機能を生かして作られたベッドを”すのこベッド”と呼んでいます。通気性に優れるので高温多湿な夏が巡る日本に、最も適したベッド仕様です。

ローベッド

ローベッドローベッドのスペルは、lowですから、意味は、低い低置などを差しこの事からローベッドは低いベッドになります。短い脚でも床下空間が空いているので、通気性も幾分良いベッドになります。

フロアベッド

フロアベッドフロアベッドはフレームがピッタリ床に設置しているべっどです。通気性はかなり悪いです。その分とても低いです。また、ベッドの高さをできるだけ低く抑えるため、フレームの中にマットレスを落とし込む工夫がなされています。

収納ベッド(引き出し付)

収納ベッド(引き出し付)ベッド下に二杯の引出しを装備した最もオーソドックスな収納ベッドです。
(Box構造の収納ベッドはホコリが入らずお掃除も不要、ベッドの組立も簡単です)

チェストベッド

チェストベッド引出しが多段で5杯程度装備し反対側に収納エリアを設えた収納ベッドで、総収納量は押し入れ一個分にも相当します。
(Box構造の収納ベッドはホコリが入らずお掃除も不要、ベッドの組立も簡単です)

ガス圧跳ね上げ式収納ベッド

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドお布団など大きな物も収納したい人向きな収納ベッドがこのリフトアップ式収納ベッドです。
ガスシリンダーで、マットレスごと閉開できるるので女性でも楽に使え、収納力も押し入れ一個分と巨大で長尺物も収納できます。
縦開き、横開きが選べます。

脚付きベッド(ステーションベッド)

脚付きベッド(ステーションベッド)ステーションタイプとも言い、もっとも一般的なスタンダードな脚付きベッドです。底板はすのこ仕様、総板張り等色々あります。

アイアンベッド(パイプベッド)

アイアンベッド(パイプベッド)アイアンベッドとは、ベッドフレームがアイアン(鉄)製のベッドのことを言います。軽く扱いやすいべっです、比較的安価であるため若い方に人気です。

ショート丈ベッド


マットレスの丈を185cmに設定したコンパクトなベッドで、身長165cm未満の方やニッチな狭い部屋にお勧めです。丈が短いだけで、殆どのモデルがあります。

マットレスベッド

マットレスベッドベッドのフレームにマットレスを一体型にしたベッドです。届いたらすぐに使えるベッドとして人気があります。一人住まいの方や、古保喪部屋のもお勧めです。

天蓋付きベッド

天蓋付きベッド中世ヨーロッパにみられるスタイルです。ベッドをカーテンで囲って寝る場所を区分化しています。中世には寝室が無かったため貴族の間で使われました。今日の寝室の原型のようなものです。

ロフトベッド

ロフトベッドベッド部分が高い位置にあり、梯子や階段などがついています。その下に勉強机やソファ、ハンガースペースなどに活用できます。高い位置に寝るので6歳以下の子供は使用禁止です。

システムベッド

システムベッドロフトベッドの亜種で、ベッドの下に机やシェルフを組み込んだベッドです。必要なものがトータルで揃うので恰好が良く子供部屋に人気です。

2段ベッド

二段ベッドベッドを重ねて使う様式です。スペースを二倍の効率で使うため、狭い部屋や子供部屋などに最適です。大人用として会社の寮や学生寮などにも利用されています。

ヘッドレスベッド

ヘッドレスベッドヘッドボードを取り去ってシンプルなスタイルです。狭い部屋やシンプルが好きな方には人気です。市販のヘッドボードを購入しても使えます。

連結ベッド

連結ベッド連結して大きなスペースを確保するべっどです。ファミリ―ベッドに最適です。将来は分割して個別に使うことができるのでコストバリューに優れます。

折り畳みベッド

折りたたみベッド折りたたんで片づけられるので狭い部屋や、短期的の赴任、学生向き。エマージェンシー用にも活用できます。このタイプは非常にモデルも多く、用途に応じて選ぶことが出来ます。

ソファベッド

ソファベッドソファとベッドに使い分けれるので非常に便利です。狭い部屋を多目的に使用することが出来ます。フランスベッドの黎明期に、ソファとベッドという触れ込みで販売され、一世を風靡したベッドです。

 

デイベッド

デイベッドデイベッドとはベッドとしてもソファーとしても使えるベッドのことで、別名「寝椅子(寝たり座ったりできる家具)」とも呼ばれます。

介護ベッド

介護ベッド介護ベッドとは、とも称されるベッドです。 介護される人と介護する人の負担を軽くしてくれるベッド は、自ら体を起こせない人や起き上がりに難がある人の手助けをしてくれます。

電動ベッド

電動ベッド電動ベッドとは、モーターの力で日々の動作をサポートするベッドのことです。リクライニング機能は、寝る前のひと時を、テレビを見たり、本を読んだりが楽にできリラックスできます。

ウォーターベッド

ウォーターベッドウォーターベッドとは、ベッドマットレス部分に水を入れたベッドのことです。非常に重くなり、水の補給設備や水漏れの問題もあり一般的ではありません。集合住宅では使用禁止のところもあります。

エアーベッド

エアーベッドエアーベッドとは、名前の通り空気を入れることでベッドになる商品です。 空気で固さを調整できるため、自分好みの固さに変えられる のがポイントです。安価の者もあり、簡易ベッドとして人気があります。

レザーベッド

レザーベッドレザーベッドとは、木製のフレームにレザーを貼ったベッドです。 ヘッドボードが高級ソファのようにふっくらしているのが特徴です。本革を使った物は高価で、市販されているもののほとんどは合成皮革が使用されています。

ファブリックベッド

ファブリックベッドファブリックベッドは、木製フレームに椅子バリ時のような柔らかい織物を使用して布張りされたベッドフレームです。柔らかいタッチが優しい雰囲気を醸しています。汚すとなかなか取れないので、ベッドでも飲み食いは止めましょう。

アバカベッド

アバカベッドアバカベッドはベッドのヘッドボードやフレームの装飾にアバカの織物を張ったものです。アバカはフィリッピンなど南国で栽培されロープの材料となります。。

バンブー(竹)ベッド

竹ベッド竹をフレームに用いたベッドです。竹がカラダに合わせてしなる心地よいベッドです。また底板にすのこを用いる場合もあります。竹は中が空洞なのでとても軽いベッドとなります。インドネシアなどで多くつかわれています。日本製もあります

ラタン(籐)ベッド

籐ベッド籐のベッドは軽量で移動も楽々、十分な強度もある一本物で作られたの籐のベッドがお勧めです。かなり嗜好性が強いですが、インテリアとして、チェストやチェアと揃えて使用する愛好家もいます。

吊ベッド


吊ベッド吊りベッドはブランコのように吊った寝台です。遊び心満点ですが、安定性に欠け一般的ではありません。

ハンモッグ

ハンモッグハンモッグはキャンプなどに利用されます。安定性に欠け下手をすると落下の危険があります。が、アマゾンの奥地にはハンモッグを使って寝ている部族もあります。虫の侵入を防ぎ涼しく寝るためと思われます。

マットレス

良いマットレスの条件

  1. 楽に寝返りが打てること
  2. 適切な温度調整が出来る
  3. 適正な寝姿勢が取れること

1.楽に寝返りが打てること

ベッドにかぎらず寝具全般に言えることですが、私たちは就寝中に20回~30回もの寝返りを打っていると云われています。

眠れない時間にロゴロ寝返るのは、この寝返りの数には入りません。私たちはむやみに寝がえりをしているわけではありません。

よく寝たきりの人が寝だこが出来たなんてことをお聞きします。

ひどい時にはそこが壊死するなんてこともまれにあるようです。そうなんです。就寝中の寝返りは、この寝だこの原因であるうっ血状態を防いでいるんですね。

寝だこは体圧によって圧迫された血行不良(うっ血)が原因です。私たちは無意識に寝返りをうち、血行を促進しているのですね。

※(余談)昔ムートンマットを商っていた事がありこの時ムートンシーツも販売していました。謳い文句は寝たきりの人の寝だこ予防には良いとのことでした。

ワタシも持っていますが冬場だけ使用しています。夏場は暑くてとても寝ていられません。寝心地もよく具合いいですよ。

でもワタシは寝たきりじゃないので寝だこのことはわかりませんが、フワフワしてるので血行促進効果は少しはあるかもしれません。

良いベッド(マットレス、お布団)とは、この寝返りを楽にできることが必要なんです。

不必要にやわらかすぎるマットレスや反対にベニヤ板のように硬い寝具では適正な寝返りを打てず、あるいは硬すぎるために身体が反応し過ぎて寝返り数が増え良い睡眠を得ることは出来ません

2.適切な温度調整が出来る

通気性が悪いと蒸れて汗をかきます。結構寝苦しいですね。

そればかりでなく、その汗は寝具へ吸収されやがて蒸散してゆきます。

しかし例えば床に直にお布団を敷いて寝たような場合。長い間の万年床ではやがて敷き布団にカビが生えてしまいます。

昔、寝たきり病人の畳が腐るなんて話を聞いたことがありますが本当です。

ですからお布団は毎日上げ下げする方が良いのです。それでも湿気の完全除去には至らないので布団干しをするのです。

ではベッドはどうなんでしょうか?基本的には汗の発汗は同じでもベッドは少し床高がありベッドの下に通気性があります。

またコイルマットはスプリング効果で寝返りのたびに圧縮と伸縮を繰り返しています。この時マットレス側に浸透した水気はかなり蒸散してしまいます。

お布団を、畳や床に直に敷いた場合とは大分違うのです。また上掛けお布団は最近は羽毛布団が多いとは思いますが羽毛はかなりこの蒸散作用が強いので湿気がこもることはありません。

羽毛布団は天日干ししなくても良いと言われているのはそのためです。

またベッドの風通しが良いのは床板がすのこ仕様になっている「すのこベッド」が高温多湿な日本の風土に一番合ったベッドと言えます。

でもお布団派はどうするのか?ということになると、今では「すのこマット」も売られているのでそれを使用しましょう。

これなら少々不精をして布団お上げ下げをサボってもかなり湿気を蒸散させることが出来ます。といっても何週間も敷きっぱなしというのはお薦めできません。適度に布団干しをしましょう。

3.適正な寝姿勢が取れること

良いベッドはのびのびとした寝姿勢が取れることが第一条件です。車中泊や、キャンプでのシュラフの睡眠は快適とは言い難いです。

適正な寝姿勢、これにはベッド本体よりマットレスや上掛けや毛布等が大きな影響を及ぼしています。

上掛けは身体が動きやすいできるだけ軽く保温性の高いものがいいです。この場合も沈みすぎるマットレスはよくありません。

体圧を上手に分散し背骨の湾曲ができるだけ少ないマットレスを選ぶことが重要です。

プレッシャが少ない寝姿勢で眠ることができれば、レム睡眠とノンレム睡眠をスムーズに切り替えることが出来、眠りのリズムを整えているといわれているからです。

マットレスの種類

新しいマットレスを探し始めるとおそらく、種類が多くて目がく​​らむかもしれません。

その中から自分にとって、最良の寝心地を選び取ることは容易ではありません。

ですから、まず最初に、マットレスのタイプについて知ることから始めることです。

マットレスの種類は、フォーム、インナースプリング、ハイブリッド、ラテックス、エアベッドの5つのタイプに分類できます。

インナースプリングは最もよく知られており、伝統的にベッドのマトレッスとして主力でした。

しかし、近年、他のタイプのマットレスの人気が急上昇しています。

これらの他のマットレスタイプは、従来にはない寝心地を、ダイナミックなパフォーマンスで提供することにより、人気を拡大しています。

また、オンライン販売の成長に伴い、輸送コストを下げるためにロール状に圧縮して届け、より手頃な価格でアクセスしやすくなっています。

これらのタイプのそれぞれについての基本的スペックを知ることは、あなたが最高のマットレスを探し出すことができる基として役立ちます。

  1. フォームマットレス
  2. インナースプリング
  3. ハイブリッド
  4. ラテックス
  5. エアベッド

1.フォームマットレス

これらのマットレスは完全にフォームで作られ、コイルはありません。

それらは、体に平均以上の輪郭を与え、圧力を逃がし、動きを遮断する傾向があり、横向き寝の方やカップルに最適です。

これらのマットレスに使用されているフォームの中では、メモリーフォームが最もよく知られています。

2.インナースプリング

インナースプリングマットレスには、コイルベースのサポートシステムと他のいくつかの層があります。

コイルはある程度のサポートを提供しますが、インナースプリングはしばしば圧力解放に欠けています。

マットレスの睡眠面は弾力性があり、動きの分離が制限されています。

低価格で、これらは予算の少ない方の間でより人気があります。

3.ハイブリッド

ハイブリッドには、2つの中心的な要素があります。インナースプリングサポートコアと、実質的なフォームコンフォートシステムです。

快適層にはフォームまたはラテックスを使用し、コイルの短い層(マイクロコイルと呼ばれる)を含めることもあります。

4.ラテックス

マットレスのすべての層がラテックスゴムで作られている場合、それをオールラテックスと云います。

これらは、適度な反発力でトップレベルのクッションと耐久性を提供します。

天然および有機ラテックスで作られている場合、それらは環境に配慮したアイテムです。

5.エアベッド

エアベッドは、サポートコアとしてエアチャンバーを使用して成り立っています。

ポンプがマットレスに組み込まれており、ボタンを押すだけで空気を追加または排気し、ベッドに最大限の硬さの柔軟性をバランスさせます。

高級品はそれぞれの側が異なる硬さのレベルに設定できるので、カップルの間では大人気です。

硬さ

快適さはとても主観的です。つまり、すべての人に共通するものではないという事です。

ですから硬さは、自分の体格や体重、寝姿勢などに合ったマットレスを見つけることが重要です。

マットレスの硬さは、平均的な体重、体格の方が使うと想定して、ソフト、レギュラー、ハードと分類しています。

それは完全に科学的ではなく、感覚的なものですが、一つの目安とはなります。

どの硬さレベルが自分に適しているかわからない場合は、おおよその特定をする方法があります。

自宅で現在のマットレスを使用しているときに、より硬いマットレスまたは柔らかいマットレスを希望しているのか考えてみてください。

あるいはホテルのベッドを利用した時の感覚を思い出してください。

参考までに、ほとんどのホテルのマットレスの硬さは、レギュラーからややハードよりが最も多く使われています。

ベッド販売のキャッチに、「ホテル仕様」と云うものがありますが、こちらはやや硬めという事になります。

またベッド売り場などで、快適さを実際に確かめるためには、少なくとも10〜15分間程度マットレスに横たわるようにするとベストです。

腰痛用マットレスの選び方

腰痛には無数の潜在的な原因がありますが、支えのないマットレスは腰痛持ちには適さない場合が多いです。

もし医師や整体にかかっている場合は、医師や整体師の指導に従ってください。

一部の腰痛は短期的であり、突然起こります。これは急性腰痛として知られています。

また、痛みは長期間持続し、慢性腰痛としても知られています。

背中の問題は、怪我などから急性に始まり、慢性的になる可能性があります。

急性腰痛のある人は、現在お使いのマットレスから、一時的に使い方を変えるだけでよい結果に至る場合があります。

これは、追加の枕を使用するか、寝る位置を調整することです。

慢性的な腰痛の場合、より硬いまたはより柔らかいマットレスを選択するなど、より重要な手順が必要になる場合があります。

ベストなサポートと硬さを見つけることは、睡眠中に脊椎を適切な方向に保つのに役立ちます。

最適なマットレスは、人が腰痛を経験する場所によっても異なります。なので専門家の診断とアドバイスを受け入れましょう。

睡眠位置とマットレスの関係

普段の睡眠姿勢はどんな姿勢ですか?

そして、目を覚ましたとき、どの位置にいますか?

これらの質問への回答は、マットレスを選択するのに役立つ重要な手がかりがあります。

脊椎のアライメントを維持するために、さらにサポートが必要な体の部分は、睡眠姿勢によって異なります。

そのため、睡眠の姿勢に合わせてマットレスを選ぶと、快適さが増し、痛みや痛みを避けることができます。

  1. 仰向け寝
  2. 横向き寝
  3. うつ伏せ寝

1.仰向け寝

仰向け寝は腰に最大の圧力をかけます。マットレスが柔らかすぎると、臀部が背中の上部や下半身よりも深く沈みこみ、このU字型は腰部に緊張を生み出す可能性があります。

マットレスが固すぎると、腰のわずかなカーブに対応できなくなります。

その結果、仰向け寝は、レギュラー程度のサポートあるいはフォームマットレスならば100N~140Nが最もよく機能します。(一般的平均体重)

2.横向き寝

横向き寝は、体が最も広く、特に肩と腰に鋭い当たりがあります。

柔らかすぎるマットレスでは、これらのポイントは背骨の残りの部分と一致しなくなります。

また固すぎるマットレスでは、それらのポイントで衝撃を感じ、ずれが発生しやすくなります。

したがって、横向き寝はレギュラーからフォームマットレスならば100N~140Nが最適です。

3.うつ伏せ寝

うつ伏せ寝は腰椎に最も大きな圧力をかけます。

マットレスの上に伏せて横たわっているときに、窒息することを感じないしっかりしたマットレスで最もうまくいきます。

体型とマットレス

睡眠の位置と同様に、体型と体重は、脊椎のサポート、快適さに大きな影響を与えます。

より軽い体型で、60kg未満の体重の方々は、どのマットレスでもそれほど沈みません。

十分なサポートを得るには、特に横向きで寝ている場合や当たりがはっきりしている場合は、マットレスを柔らかくすることでメリットが得られることがよくあります。

インナースプリングマットレスは、フィット感が悪い傾向があり、フォームまたはハイブリッドは魅力的なマットレスです。

60〜100kgの方は、通常、前のセクションの睡眠位置に基づいたマットレスの硬さに関する提案に従うことができます。

フォーム、ハイブリッド、およびラテックスマットレスはすべて堅実なオプションであり、特定の機能とデザインに基づいて選択できます。

100kgを超える方は、特に体の重い部分(臀部)の近くでマットレスがさらに沈み、脊椎のアライメントが崩れる危険性があります。

これらのベッドは通常、そのリスクを回避するために少し固めのマットレスを使用すると、より良い結果が得られます。

100kg以上の方々にとっては、ラテックスとハイブリッドのマットレスが最も反応が良い傾向があります。

100kg以上を超える方はマットレスの最上層でより多くの摩耗を引き起こす可能性があります。

このため、体重の多い方は、高密度の素材を使用した、より厚い快適システムを備えたマットレスを選ぶことが良いです。

適切なマットレスの選び方に影響を与えるのは体重だけではありません。

肩や腰の幅が広い人は、特に横向き寝の場合は、よりサポートのある柔らかいマットレスが必要になることがあります。

身長が180cmを超える人は、ロングサイズのマットレスを選択したほうが無難です。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川