居心地の良いベッドルームを演出するカラーコーディネートとウインドウトリートメントの実際

インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】
ベッド通販専門店「ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-」

寝室は、日々の疲れをリセットし明日への活力を生み出すための大切な場所。

私たちが健康で充実した明日を迎えるために、上質な睡眠を得ることは絶対条件です。

そういう意味では、寝室のコンデションを常に維持し継続してゆくことは大変重要ですね。

寝室の環境を整えるには、温度、湿度、通気性、防音、そして視覚から入る要素も疎かにはできません。

なかでも、寝室のカーテンの色選びは非常に重要になってきます。

なぜなら、人は誰も、目に入る色で感情が高ぶったっり、リラックスしたりと大きな影響を受けるからです。

例えば、燃えるような赤の中では、人が誰も興奮を覚えるでしょう。反対にブルーやグリーンの中にいるととてもリラックスします。

ですから、寝室で必ず視野に入る、面積が比較的広いカーテン選びにも気を配らねばなりません。

そこでここでは、寝室のカーテンの色の選び方やセットの仕方、デザインや生地選びなどを徹底解説します。

色・柄・機能性において注目したいポイントや色別のおすすめ商品まで、窓装飾のプロ目線で詳しくご紹介していきます。

寝室に最適なカーテンの選び方

完璧なベッドは寝室を快適な休息の場にしてくれることはすでにご存じのとおりですが、カーテンもまた重要な役割を果たします。

美観的に言えば、カーテンは暖かさと個性を醸し出し、適切なカーテンは空間をより思慮深く居心地の良いものにしてくれます。

寝室のカーテンを選ぶときは、見た目も重要ですが機能性も同様に重要です。

結局のところ、寝室の家具の配置やインテリアコーディネートは睡眠に影響を与える可能性があり、カーテンは大きな役割を果たします。

寝室のカーテンを購入する際には考慮すべき点がたくさんあります。以下にそれらを掲げ検証してみましょう

寝室のカーテンに最適な生地

寝室のカーテンを選ぶときは、まず素材から始めましょう。

通常、寝室のカーテンには厚手の生地が使われるのが一般的です。

これは、薄手の生地よりも光や騒音を遮断する効果があり、よりよい睡眠が得られるからです。

もちろん、これは個人の好みの問題であり、より風通しの良い見た目にするために薄手の生地を好む人もいるでしょう。

その辺は各自の嗜好を優先させます。

コットン

天然繊維で人にやさしい綿は、最も一般的な繊維です。綿は軽くて通気性があり、お手入れも簡単です。

しかし綿は、クリーニングすると縮む物が多いので、利便性とシンプルさを重視するなら、洗濯機で洗える綿を勧めします。

シルク

実際のところカーテン生地の中でシルクはほぼゼロと言っても良いくらい少ないです。

私の勤めていた商社でも、シルク100%は皆無でした。しかしシルク40%、ポリエルテル60%の混紡生地はありました。

それでもシルクが入ると、贅沢な雰囲気は満喫できるものでした。シルクは光を通すので、風通しがよく贅沢な外観になります。

ただし、手入れが難しく価格も高めです。シルクは紫外線や水によるダメージを受けやすいことも事実です。

ゆえに基本的に洗濯はしない方がいいです。この辺は綿ベルベッドと同じです。

ベルベット

もちろん、寝室のカーテンとして最も優れた選択の1つはベルベットです。

先にも述べましたが綿ベルベットは、風合いが非常によく、湿気を調節してくれるので寝室のカーテンには最適ですが、残念ながら洗濯はしない方が良いです。

それに引き換え化繊のベルベッドならばクリーニングできます。化繊は寸法安定性に優れ、綿のように湿気が多い時は若干伸び、少なくなると縮むと言うことはありません。

また、ベルベットは厚手で、冷たい隙間風や暑い夏の日差しから窓を守るのに最適です。

厚手の生地は太陽光をより効果的に遮断するため、夜更かしする子供部屋や子供部屋、直射日光が当たる部屋に最適です。

ただしこれも綿は紫外線で焼けることが多いため、もし綿ベルベットでカーテンを作るなら化繊の薄手の裏地をつけることをお勧めします。

どんなドレープカーテンもそうですが、裏地付きにするとカーテンの重厚感がまし、ドレープ性能も豊かになります。

そして、ベルベットは埃がたまりやすいので、頻繁に掃除機をかける必要がります。

ポリエステル

現在市販されているカーテンの中で圧倒的に多いのが、ポリエステル素材のカーテンです。

ほとんどがこれと言って差支えがありません。

ポリエステルは比較的安価で、財布に優しく、お手入れも簡単なため、初めてカーテンを購入する人にも最適な素材です。

以前は、ポリエステルは燃えやすく、そのため、公共場所には使用不可でしたが、ご家庭でもキッチンには不向きでした。

ところが近年、難燃性のポリエステル生地が開発され今では主流となっています。ですから難燃性のポリエステルでしたら使い場所を選びません。

カーテンの色や柄について

インテリアにおけるカラーコーディネートは、天井や壁、床などの広い面積のカラーをベースカラー。

ベッドやカーテンなど次に大きな面積を有するものをメインカラーとし、クッションなど小物はアクセントカラーと分類しています。

日本の家屋のインテリアの場合、壁面や天井は白系もしくはアイボリー系でまとまっているのではないでしょうか。

床はフローリングの場合、茶系でまとまっているかと思います。

ですから基本的にメインカラーである、カーテンはどんなカラーを使っても他とのバランスが取れていれば何を使ってもよいです。

けれど寝室と言う場所を考慮すると、気持ちが休まるカラーリングが好ましいでしょう。

またメインカラーは基本的に3色までにおさえるのが無難です。 それ以上の色を使うと、まとまりのない雑然とした部屋になってしまいます。

それを踏まえて、実現したいインテリアのイメージカラーを考えてみましょう。

以下に寝室に向いた代表的な色について解説します。

寝室に向いた代表的なカラーとは

グリーン系(みどり)

和やかに過ごす部屋にぴったりな緑がもたらす効果

特 徴

グリーン系は、生命を養う色、再生と回復のシンボルです。

緑はもっとも自然で生命力に満ちた色。寒色でもない中間色で、バランスや調和、誠実、堅実といったイメージがあります。

人は疲れてくると、なぜか緑が欲しくなります。たとえば食事でも肉や魚料理よりもあっさりした緑黄色野菜中心の料理が食べたくなったり、休みをとって温泉旅行やゴルフなど緑の多い場所に出かけたくなるのも同じ理由からです。

緑は毛細血管を拡張して体温を下げたり、高血圧を緩和するなど、精神と肉体のバランス回復や自然回帰に役立ちます。

また神経や筋肉の緊張を解きほぐし、リラックス効果をもたらすため、病院や公共の待合室の椅子や床などに使われることが多い色です。

さらに植物の緑には葉緑素や血色素、鉄分が含まれ、人間の身体を弱アルカリ性に保つのに役立ちます。

ですから寝室のもっとも向いているカラーの一つと言えましょう

インテリアカラーに緑を取り入れる時のコツ

森や自然を連想させる緑は最もリラックスできるやすらぎの色なので、寝室などの緊張をほぐしたい部屋や、みんなで集まって和やかに過ごしたい場所におすすめです。

インテリアの中で、メインカラーに使う場合は他の色味のあるアートを飾ったり、花瓶を赤やピンクにして意識してコントラストをつけるようにします。

まさに自然界の中であちこちに咲いている花のようにです。

自然、調和を象徴する、穏やかさをもたらしてくれる色ですから、家族の結束を高めたいリビングルームの壁紙やバスルームのタイルに使うと協調性が高まります。

ただし、大きな面積に使用する場合は淡いミントグリーンやアボガド、ライムグリーンなど淡い緑の使用がお薦めです。

面白いことに就寝前30分だけグリーンのランプを付けると、その部屋に平和なバイブレーションが満ちて、穏やかな眠りに導く手助けになるそうです。

ベッドリネンやカバー、毛布などにグリーンを使うのも快適な眠りに導くのに効果があるといわれているからです。

ブラウン系(ちゃいろ)

配色の優等生=茶がもたらす効果

特 徴

ブラウン系は、穏やかで落ち着いた気分にさせてくれる色味です。

土や木を連想する茶は、全ての色相の中で最も落ち着いた色です。母なる地球の大地のカラーです。ひとはこの大地に寄り添って生きています。

人の心や身体を暖めて元気にしてくれるオレンジと、その反対に人を落ち着かせてくれる黒が混ざり合ったのが茶色です。

例えばファッションやインテリアなどにオレンジばかりを身の周りのものに使うと、永遠とお喋りが止まらなかったり、笑ったりはしゃいだり…とても陽気になります。

しかし、オレンジを暗くした色である茶色を使うと喋ったり笑ったりはするものの、はしゃぎ過ぎるところが抑えられます。

でも暗くなるのではなく、はしゃぎ過ぎる気分を抑え人を穏やかに落ち着いた気分にしてくれる、それが茶色の特徴といえます。

インテリアカラーに茶を取り入れる時のコツ

茶色はどっしりした大地の色。地に足がついて日々の生活に堅実性が増してくる!

青系の茶、赤系の茶それぞれを混在させず、茶のトーンを統一すると綺麗にまとめることができます。

赤味のある茶のアクセントには、赤、オレンジ、黄色を合わせます。

赤味のある茶+赤、オレンジ、黄色で物足りない時は反対色の青を少量プラスします。

茶にゴールドを合わせるとナチュラルリッチなムードになります。

黒やグレーなどの無彩色も含めて、どんな色とでも調和するので、ベースカラーとしてよく使われ、テーブル、ソファ、カーペットなどメインカラーを茶で統一することもよいですね。

茶色のコーディネートをインテリアなど生活空間の中に上手に取り入れることで、人は常にじっくりと落ち着いて考えた上で行動するようになると言われています。

また木製の家具をリビングや寝室に取り入れると、日々の生活にも堅実性が増してくるので「派手なライフスタイルを改めたい」なんて思っている人にはお薦めです。

時には黄色やピンクなど賑やかで空想的な遊び心をアクセントにコーディネートを楽しんでくださいね。

ブルー系(みずいろ・そらいろ)

集中力を高め、心を落ち着けるブルー系がもたらす効果

特 徴

水色が与える心理効果は「リラックス効果」です。水色が持つ意味・イメージは「冷静」です。

水色には、冷静、繊細、洗練、変化などの意味があります。副交感神経が優位な時、人は落ち着いていて冷静な心理になります。

寒色である水色は、副交感神経を優位にして、リラックスさせる効果があります。

その色味のイメージ通り、水色は冷静さを意味します。他にも、爽やか、清潔、自由など意味はさまざまです。

集中力を高めたり、心を落ち着けたり、解放感を得られたりするなど、効果も多岐にわたります。

インテリアカラーに水色を取り入れる時のコツ

水色は開放感あふれるさわやかカラーです。

ブルーは、澄んだ水のような淡い緑みの青色。すがすがしい秋の空色。

奈良時代の日本最古の歌集「万葉集」に「水縹(みずはなだ)」として登場し、平安時代に「水色」と呼び名を変えた古くから親しまれている色です。

心も身体も落ち着くので、寝室に使えば穏やかな気持ちでぐっすり睡眠できます。

興奮を鎮めて集中力が高まるので、書斎や勉強部屋に使えば効率アップ!

ちなみに、書斎や勉強部屋には水色のカーテンが相性抜群!

視覚や心理的なものだけじゃなく、風水の運気的にも水色の効果が生かせる場所です。

パープル系(むらさき)

お洒落で洗練された空間にぴったりな紫がもたらす効果

特 徴

パープル系は豊かな感受性、高い精神性を表すカラーリング。

紫はレッド(エネルギーの色)とブルー(鎮静の色)という正反対の色が交じり合ってできた色です。

レッドの活動的なエネルギーと、ブルーの平和と鎮静のエネルギーが備わっています。

その昔、クレオパトラが最も愛した色とされ、貝紫と呼ばれる貝からごく少量しか抽出されない紫色の染料で、船の帆を染めたという逸話も残っています。

古くから高貴な色とされてきた紫には、祈りや瞑想など、精神を集中させる目的がある場合に、この色は効果を発揮します。

紫は、隠れ家のような部屋や音楽鑑賞の部屋、ヨガ、瞑想、占いなどをする場所にぴったりの色です。

荘厳さや格調、気品、優雅、個性といった性質がありますが、赤味がかった紫なのか、青味がかった紫なのかといった色味の違いや、トーン、濃淡によって与える印象は異なります。

インテリアカラーに紫を取り入れる時のコツ

感受性を高め、日常を情緒豊かなものへ!

この色が多くのアーティストやクリエイターに好まれるのは、こうした感受性が備わっているからです。

淡いバイオレットのシーツを敷いて眠ると、心地よく深い眠りに導かれると言われています。

寝室に使う場合には、眠りを妨げない落ち着いたトーンにしましょう。これならメインカラーに選ぶことができます。

ビビッドな紫は個性が強いのでアクセントカラーとして使用します。

紫を多めに使いたい場合は、補色の黄色でバランスをとるようにします。

紫ばかり強調しすぎたようなら茶色などのコーディネートでバランスを取り一度大ざぱに見回してみましょう。

ジャストフィットすれば、その高い精神性を日常生活の中で開花させることができるでしょう。

灰色・グレー

インテリアに自然に溶け込むと万能カラー、グレーがもたらす効果

特 徴

グレーはファッションやインテリアで常に人気のカラーです。

理由は主に4つあります。

  • 角度や明度によって、様々な印象を与えるから。
  • 主張が強くない分、素材や色を選ばずコーディネイトしやすいから。
  • 彩色と組み合わせると、多種多様な色になり、個性を出しやすいから。
  • 汚れやキズが目立ちにくいから。

など、光の当たり具合や明度によって、様々な表情を見せてくれます。

インテリアカラーに水色を取り入れる時のコツ

黒と白を混ぜた色である灰色・グレーの意味は、どちらともとれない不安や曖昧、迷いなどです。

主張の少ない色でもあるので、気持ちを落ち着かせたり、シンプルで洗練されたイメージを与えたりするなどの効果があります。

「上品」「上質」「おしゃれ」など、洗練された印象をもたらすのがグレーインテリアです。

グレーは「配色に迷ったらグレーを使うのがおすすめ」とよく紹介される万能カラーで、インテリアコーディネートをワンランクアップさせたい時にも使いたい色です。

しかしながら、グレーには、黒っぽいグレーから白っぽいグレーまであり、黒寄りのグレーは落ち着きや重厚感、白寄りのグレーは明るさや上品な印象を演出します。

また、黒寄りのグレーは白寄りのグレーと比較すると、狭く見える特徴があります。

ブラック系(くろ)

モダンで刺激的なイメージにもできる黒がもたらす効果

特 徴

悲しみ、静寂を表現しながら気品も漂わせる神秘の色。

黒はどんな色とも合いますが、どの色と組み合わせるかで大きくイメージが変わります。

光を吸い込む色なので、AV鑑賞ルームなどの特殊な環境でない限り、壁紙や大きな面積のカーテンなどベースカラーにしない方が無難です。

悲しみや暗闇を表現することにも使われ、ヨーロッパでは1400年頃から黒が喪服色となったようです。

日本においては古くは喪服は白だったものが、明治30年に崩御した明治天皇の御生母の国葬から、西洋にならい政府が黒を喪服と定めたことから黒に変わったそうです。

またシスターや修業僧、戒律の厳しいイスラム教国の女性は、個人の色を出さず自らの欲望を断つシンボルとして黒を身に付けています。

しかし、一方で黒は悲しみを象徴するばかりではなく、華麗で重厚なイメージを表現する色としてパーティードレスなどにもよく使われます。

日本や中国の水墨画に通じる静寂感、気品といったものも感じさせる色でもあります。

インテリアカラーに黒を取り入れる時のコツ

生活臭のない洗練された空間を演出。黒は一番目立つ色でもあります。

家具やカーテンの材質を自然素材(ナチュラル、ベージュ、ブラウン系)にすれば、黒をアクセントにおいても無機質で冷たい感じにはなりにくいです。

黒の家具を選ぶ際は曲線的なフォルムを選ぶと多少柔らかな雰囲気にできます。

ビビッドな色と組み合わせると鮮やかなコントラストでその色を引き立て、モダンで刺激的なイメージにできます。

しかし、部屋が狭い場合は大きな面積で黒を使い過ぎると圧迫感が高まり、部屋全体をより一層狭い印象にしてしまいます。

さらに狭い部屋に黒を多用すると、心理的にも圧迫感や閉鎖感を強く感じるので、キャビネットや棚、クッションカバーなどのファブリックの模様などにポイント的に取り入れることをお薦めします。

さらに、AV(オーディオ/ビジュアル)ルームやパソコンルーム、バーコーナーなどマニアックな楽しみを追求する部屋には、外からの音や光の刺激、雑念に邪魔されることなく没頭することができるので効果的です。

ホワイト系(しろ)

清潔さ、優雅さを演出する白がもたらす効果

特 徴

純粋で無垢。真面目さや誠実さを表す色。

光、清潔さ、優雅さをイメージさせる軽快な白は、どんな色にも合い、家具や絵画、装飾品を引き立てるベースカラーとして最適です。

さらにメインに使えば、エレガントな雰囲気や清潔感などを演出することもできます。

虹の7色のスポットライトを一局に集中させると白色光ができます。白色光はすべての色彩光の集合として出来上がる色です。

そうしたことから無彩色でありながら、実は多くの色を経て新たな光に向かうスタート地点、前進性や刷新性をも表す色だと言われています。

またウエディングドレスなど花嫁衣裳に使われるように、純粋で無垢、また真面目さや誠実さを表わす色でもあります。

インテリアカラーに白を取り入れる時のコツ

生活臭のない洗練された空間を演出。

アクセントカラーに有彩色を取り入れれば、殺風景でよそよそしい雰囲気を回避することができます。

白を用いてくつろぎ感を出したい時は家具のデザインや素材を柔らかい印象のものにします

白は光を反射することで空間に広がりをもたらす効果を持っています。その効果を利用して白を壁紙などの広い面積に仕様すると、部屋をより広く感じさせたり、

閉塞感を軽減するのに役立ちます。また窓のない浴室や洗面室、トイレなどでは照明を反射して明るさや開放感を醸し出してくれます。

しかし、例えば浴室でタオルやバスマットなど小物類まで白一色にしてしまうと、少し冷たすぎる印象になってしまいます。

そのような場合は、目に優しいグリンの観葉植物を置いたり、小物類に他の色を使うことで解消しましょう。

特定の情緒性を伝達しない白のニュートラルな特性を活かせば、様々に表情の異なる、それでいて清潔感溢れる明るいイメージ、洗練された空気感を演出することができます。

しかし、あまりに白一色という空間は雪原のような冷たい感情、孤立感を生み出してしまうことがあるのでご注意が必要です。

白はキャンバスです。あな好みのカラーをバランスよくコーディネートしてあなたらしさを演出しましょう。

寝室のインテリアの基本

家全体に一般的な装飾スタイルを施すこともできますが 、全体的なスタイルの中でも、各部屋には各部屋の独自の目的とスタイルがあります。

各部屋を配置し、素材、アクセサリー、アクセントを選択する際には、部屋の使用方法と使用者を考慮する必要があります。

モダンなベッドルームを装飾するには、安らぎを潤いをもたらすカラーリングが必要な場所です。

寝室は、わたしたちが人生の3分の1を過ごすので、インテリアを安らかな場所にするための戦略じっくり練って慎重に検討しましょう。

ベッドとリビングの寝室の家具を選ぶことから始めます。

他の部屋とのバランスをとれば移動したときに大きくかけ離れた違和感がない方が良いからです。

寝室は眠ることによって、今日の疲れを癒し、明日への活力を生み出すための大切な場所。

質の良い眠りが得られれば得られるほど良い環境となります。

良質のマットレスと枕を充実させることはもっとも価値ある健全な投資です。

寝室 では、色の選択 も重要です。

朝起きの人の場合は明るい色を選択し、反対のライフワークの人はやや暗い色を選択します。

寝室の照明は、適切なムードを設定するためだけでなく、時には手元明かりで本を読んで、あるいは服を着せるためにも重要です。

ベッドとカーテンとカーぺット、ラグなど大きな基礎的な組み合させは、出来るだけ統一感を出すのがコツです。

最後に、ラグマット、アート、アクセサリーの選択は時間をかけてじっくりと選びましょう。どなたにとっても夢が広がる一時となります。

寝室のウインドウトリートメントの色々

カーテンやブラインドなどの窓周りの装飾は、プライバシーを確​​保し、照明の調整を容易にし、一定の温度を保つために寝室に欠かせません。

しかし、窓周りの装飾にはさまざまな種類があり、選択肢を検討するのは結構迷うことも多く、混乱を招く可能性があります。

カーテンの中には、自然光を遮りすぎずにプライバシーを確​​保できる薄手のカーテンもあれば、部屋を暗くして安らかな眠りを妨げないように構築されたものもあります。

人気のカーテンやドレープのスタイルに加えて、シェード、ブラインド、シャッターなどで寝室の窓を覆う方法はいくつかあり、機能性とファッション性を同時に提供するスタイリッシュな組み合わせもあります。

以下では、寝室の空間を日陰にする 4種類の異なる窓処理について簡単に解説します。

ドレープカーテン

ドレープカーテン

ドレープカーテン

ドレープカーテンは、家庭で使われる最も一般的な窓装飾の 1 つです。

ドレープカーテンは通常、やや厚手の生地で作られ、カーテンレールで吊り下げられます。

その時、窓ガラス側にレースカーテンを二重吊りにするのがポピュラーです。

その中で安価で買いやすい規制カーテンは、通常、2 枚入ったパッケージで販売されており、ロッドに取り付けるフックが付いているものが普通です。

カーテンはどの部屋にも導入しやすく人気がありますが、寝室でもよく見かけます。

カーテンにはさまざまなスタイル、色、パターンがあり、販売も多く、部屋にお好みの色やパターンを簡単に加えることができます。

二重吊りになるレースカーテンは、昔でいえば和室の障子の役目をします。外の明かりを取り入れ、外部からの視覚を防ぎます。

オーダーカーテンは基本的な窓の寸法に合わせてさまざまな形態にカスタマイズできるため、お好みで取り付けましょう。

シェード

シェード

シェード

シェードとは、窓の幅に合わせてカットされた布地または類似の素材で、棒またはフレームに取り付けられ、滑車またはローラー システムでシェードを上下に動かすことができます。

シェードは、スタイル、色、パターンが沢山あります。

また、ほぼすべての装飾スタイルによく合うことから、家庭全体で最も人気のある窓装飾の1つです。

シェードには、ローマンシェード、バルーンシェード、プレーンシェード、シャープシェード、ダブルシェード、オーストリアンシェード など、さまざまな種類があります。

シェードは、素材や上げ下げのシステムによって価格や耐久性が異なります。

高級で豪華なデザインには電動シェードが利用でき、ローマンシェードや竹シェードの多くは長持ちし、低予算にも適しています。

遮光シェードは、寝室で日光を遮るのでとても人気があります。

ブラインド

ブラインド

人気があるウッドブラインド

ブラインドにはスラットまたはルーバーがあり、長さに沿って上下に走るコードで開閉できます。

また、完全に上げ下げして日光を取り入れることもできます。

ブラインドはシンプルでモダンな窓装飾で、プライバシーを確​​保し、日光をうまく遮断するため寝室に最適です。

これらの窓装飾は、通常、木材、金属、ビニールなどの硬い素材で作られています。

ブラインドは、内側に取り付けて小さな窓に水平に吊るしたり、ガラスの引き戸や非常に大きな窓に垂直に吊るしたりできます。

ブラインドにはさまざまなスタイルと色があり、さまざまな予算に合わせることができますが、高品質のブラインドは耐久性が高く、価格帯も中程度から高くなる傾向があります。

ロールスクリーン

ロールスクリーン

ロールスクリーン

ロールスクリーンはシンプルなデザインで人気があります。

さまざまな色とパターンのオプションがあるため、選択肢が広がります。

オーダーメイドのは電動式で、ぴったりとフィットするように測定と取り付けがなされます。

ロールスクリーンの唯一の欠点は、使っているうちに撒きずれが起こることです。

左右のバランスがちょっとでもずれると巻き上げる時タケノコのように飛び出て作動しなくなります。

そのような場合、左右のバランスをとるため、巻き芯にセロテープなどを貼り付けて調整します。

まとめ

インテリアを考える上で、色がわたしたちにもたらす効果は、わたしたちが思う以上に大きなものです。

ベースカラーはあくまでもナチュラルに、ベッドや家具、カーテンやラグなどはメインカラーにあたり主役です。

なので、統一感の中にも存在感を、アクセントカラーは大胆に、時にはビビッドな色使いもアリかと。

安らぎのあるインテリアに、潤いの花やアートを飾る、いろいろ挑戦して、暮らしの中に潤いをもたらしましょう。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川
Sponsored Links