狭い寝室をより広く見せるための20のアイディア

「錯視」を効果的に利用する

私たちの視覚は確かなようで、実はとても不確かです。
同じ体型でもコーディネートによって細く見える「着やせ」テクニックなども、そうした錯覚を利用した一般的な方法です。

私たちの日常の中では、「錯視」が効果的に利用されている場面もあれば、「錯視」によって問題が生じていることが以外に沢山あります。

錯視が起きる理由は、目の構造と脳内での画像処理に大きな理由があるそうです。
目はカメラの構造と同じで、外界を上下左右反転して網膜上に写し、網膜上の視覚細胞が光の強弱と色を脳内に伝えて脳内で立体的な画像にしています。

この時、球面上の網膜に写った画像をゆがみのない上下左右に変換して、目の位置の差を利用して立体画像に処理するとともに、動画として見えるように処理しています。
そのため、私たちは意識せずに、右にある物は右に見え、止まっている物は止まって見え、遠くにあるものは遠くに、近くにあるものは近くにみえます。

これは、副産物を生み出しました。

それは平面に書かれた絵や写真を立体的に見ることができることです。
そのため、私たちは平面上に写っているテレビの画像を立体的に見ることができます。

これも錯視と言えば言えるかも知れません。
なお、錯視を使った代表格はだまし絵といわれるもので、いろいろなものがあります。

私たちの視覚は、動きの無い景色をボーっと眺めていても、そのなかで微かに動きのある部分や色の変化に敏感に反応するようにできています。
そこから、その変化のあった部分を注視するようになります。

また、経験的に遠くにあるものは小さく近くにあるものは大きく見えることを認識します。
だまし絵の中には、全く同じ大きさのものを遠近法で描いたトンネルの手前と奥に配置することで、遠くの絵を実際よりも大きく見せる手法もあります。

暗い夜道をドライブしていると、カーブなどで遠くの街路灯などの光の位置が変化することで動いていると錯覚することもあります。
錯視の中には、色の違いを背景色と比較して見分ける視覚の特徴から同じ色を全く違う色として認識してしまうこともあります。

交通系では、夜間に一瞬、警官に見える立て看板などは、昼間見ると人とは全く違う造作物になっています。
私たちの脳の動画像処理は機械と比べるとはるかに劣っているということになります。

以下の騙し絵は、直線なのに中央部が絶対に歪んで見える錯視画像です。如何でしょうか?少しづつ目を細めながら見つめると、次第に直線であることが認識できます。

目の錯覚

直線なのに中央部が絶対に歪んで見える錯視画像

また色彩に関心がある方は、膨張色と収縮色を普段から気にしてインテリアや服装のコーディネートに取り入れている方も多いと思います。
少し専門的なお話ですが、これらは進出色・後退色ともいい、私たちの視覚に大きく関わっているのです。

膨張色と収縮色

膨張色と収縮色=進出色・後退色

狭いベッドルームを広く見せる方法

小さな狭いベッドルームは、大きな家具の1つであるベッドのため、デザインや装飾が非常に困難です。

しかし、小さな部屋に大きなベッドがあるからといって、それが自分のスタイルの感覚や空間の感覚を犠牲にしなければならないという意味ではありません。

家具に於いて、シンプルなスタイルや、カラーリング、室内のカラーコーディネートを工夫することで、部屋がどれほど変化するかに驚かれることでしょう。

以下に狭い寝室をどのように広く見せるか、簡単なコーディネートから、より完全な設計まで検証して見ましょう。

1)壁を明るい色にする

壁を明るい色にする

もしも壁の色がダーク調であったら、ホワイト系や明るいベージュ系の膨張色の壁紙に替えましょう。
これが広さに機能する理由は、明るい色が光を反射し、明るく広々としたように見えるからです。
暗い壁紙は光を吸収し、それはより小さく、より収縮しているように感じます。
この寝室では、壁が明るく鮮やかな白色の壁紙が貼られて、この小さな部屋は遥かに広く感じられます。
狭い部屋を少しでも広く感じたいなら暗い壁紙は避けましょう。

2)単色無地系の壁紙

単色無地系の壁紙

コーディネートはどんな部屋のデザインでも重要な特徴であり、始めるのに最適な場所は壁から始めることです。
部屋全体に単色で無地系の壁紙を使用して、流動性とシンプルな空間を作り出します。
部屋を異なる色または反対色でコーディネートすると、部屋の一部が分割され部屋が狭く感じられます。
しかしこれも明るめの同系色でコーディネートするとさほど後退しません。
写真の狭い部屋は、色の流れを調整するために青の色合いを使用しています。

3)トリムで奥行(高さ)を出す

トリムで奥行を出す

もう1つの単純な目の錯覚は、壁紙の上部を明るい壁紙でトリムすることにより、目が奥行きを知覚します。
このシンプルなトリックを狭い寝室のデザインに取り入れることで、壁が高く遠くにあるように感じさせ、より広々とした寝室を演出します。
画像の天井付近の周りの白いトリムが、ベージュをより明るく相殺していることに注目してください。

4)天井に大胆な星空の壁紙を貼る

天井に大胆な星空の壁紙を貼る

寝室では本質的に目を上向きにしているので、これは興味深いテクニックです。
ポップな色やパターンを使用すると、目を上向きに描画します。
これにより、必ずしも高い天井でなくても、高さの錯覚が生じます。
この楽しい寝室の天井は、紺碧の星空を模倣するように描かれています。
蓄光壁紙ならば、ブラックライトを当てると満点の星空になります。

5)収納ベッドで家具を減らす

収納ベッドで家具を減らす

すべての小さな寝室のデザインのアイデアが目の錯覚であるわけではありません。
明らかに、寝室にある家具が少なければ少ないほど、見た目は広くなります。
簡単な解決策は、ベッドを収納付きのベッドにします。
その分収納家具を置かなくて済むので、家具を置かなければ必然的に部屋が広くなります。
また、折りたたみ式の机や椅子を活用し、使わないときは仕舞えば更に部屋を広く見せます。

6)過度の家具を避ける

過度の家具を避ける

特に小さな部屋では、必ずしも2つのベッドサイドテーブルが必要なわけではありません。
このアイディアは机上では比較的簡単ですが、実際にはやや難しいです。
生活をエンジョイするために、余分なものを持っていることは素晴らしいことだからです。
しかしスペースに問題である場合は、家具は出来るだけ少ない方が部屋をはるかに広く見せます。
ベッドを置き、小さなサイドテーブルを1つだけ使用することで、この小さなベッドルームははるかに広く見えます。

7)クリエイティブに

クリエイティブに

フルサイズのベッドの代わりに、日中はソファを兼ねるをソファベッドを採用しましょう。
これらは眠っていないときに床面積を最大に拡張します。床面積をとりません。
くつろぎのための素敵な小さな寝室のデザインのアイデアを探しているなら、一度試してみてください。
ここに示されているものには、リクライニング機能が組み込まれています。

8)ヘッドレスベッド

床に低く・マットレスベッド

狭い寝室のコーディネートでは、背の高い椅子やテーブルを低く、ベッドのヘッドボードは取り除きます。
家具を低く保つことによって、より多くの空間スペースをつくります。
壁際をよりシンプルに保ち、天井をより高く見せます。
狭い寝室は天井も狭いですが、低いベッドを置くと、寝室の見た目も雰囲気も格段に広くなります。

9)透明な家具

透明な家具

木製の机をガラスのテーブルトップに交換してみましょう。
これは同じスペースを占有しますが、視覚的にはそうではないように感じさせます。
デスクとアクリルまたはルーサイトの椅子やテーブルを組み合わせると、視覚的な影響を最小限に抑えて、寝室全体を広く見せることができます。
このルーサイトの組み合わせは、小さな部屋を広く効果があります。

10)脚付き家具で床を見せる

脚付き家具で床を見せる

脚付き家具で床を露出させることで、空間の錯覚を作り出し、寝室を大きく見せることになります。
ただし、これの秘訣は、家具の下を徹底的に清潔に保つことです。
この場合ベッドスカートを捨てて、ベッド下も見えるようにします。
ベッドサイドテーブルの長い脚はまた、空間の感覚を誇張するのに役立ちます。

11)ベッドの後ろのビルトイン棚

ベッドの後ろのビルトイン棚

ベッドの後ろに棚を作り、ベッドを少し引っ込めることは素晴らしい小さな寝室のデザインのアイデアです。
棚板はベッドサイドテーブルを兼ねており、スペースを節約できますが、ベッドを凹ませることで壁に奥行きのある錯覚を与え、小さな部屋をより広く感じさせます。
奥行を感じるアートを飾って寝室を広く見せてください。

12)鏡は究極の幻想です

鏡は究極の幻想です

寝室にむき出しの壁やドアがある場合は、鏡をいくつか置いて広く見せます。
鏡は光を反射するだけでなく、巧妙な角度の鏡も奥行きや高さを生み出します。
最適には、ミラーを床から天井まで移動する必要があります。
これの最も一般的な使用法は鏡付きのクローゼットドアです。
写真の部屋の鏡は窓際に配置されており、狭い部屋でもより広い空間を演出します。

13)マウントシェルフ

マウントシェルフ

物を床から遠ざけ、歩行スペースを解放する簡単な方法は、棚を取り付けることです。
本、額縁、さらには衣服を保管するためにそれらを利用します。
ただし、棚の色は部屋全体でトータルで調整してください。
棚のアイテムも、可能であれば整理して色分けする必要があります。
子供部屋の机の上に構築されたこれらのユニークな棚は、スペースを大幅に節約し、暗い壁の色と完全にバランスしています。

14)空きスペース

空きスペース

究極の狭い部屋を広く見せる方法はミニマリストに行きつきます。
わたしたちは、無自覚ですが、ほとんど使われていない物の中で暮らしていて、ミニマリストの本当の美徳に気づいていません。
すべてのシェルフや棚をいっぱいにする必要はありません。
空のスペースは、部屋を生き返らせるのに役立つため、小さな部屋には不可欠です。
部屋を小さなピースで飾る必要がある場合は、如何にそれを少なくできるかです。
何も置かない部屋は何にもまして広く見えます。

15)小さいランプ

 

天井の真ん中に1つの光源を置く代わりに、部屋の周りにいくつかの小さなランプを使用してみてください。
これは部屋の周りに目を引き、あなたの空間感覚を誇張します。
これを寝室のデザインに組み込むための簡単な方法は、ベッドサイドテーブルにランプを置くことです。

 

16)大胆なウォールアート

大胆なウォールアート

部屋に小さな写真を飾る代わりに、1つの大胆なウォールアートを使用して見てください。
これにより、部屋に焦点を作成し、構造と奥行きを与えることができます。
ウォールアートは素晴らしい選択です。
ウォールアートのサイズは、部屋の雰囲気に大きく影響します。
ベッドの奥に張られた山岳写真の壁紙はサンゲツのデジタルプリントです。
この豪華な写真プリントは、部屋の1つのポイントにすべての目を引きつける良い例です。

17)縦または横にコーディネートする

縦または横にコーディネートする

これは寝室をより広く感じさせるための非常に重要なルールです。
部屋を大きな絵と考えます。動きの線が全体にわたって調整されるようにレイアウトします。
どこにでも縦の線や模様があり、ここに突然、横があると、流れが崩れて部屋が細かくなり、部屋が狭く感じられます。
縦型でも横型でも素晴らしいですが、どちらかに統一することです。決して混ぜ合わせないでください。

18)ドレープを床に引きずらない

ドレープを床に引きずらない

これは、家具の脚を露出させておくのと同じ原則に従います。
ドレープを床まで垂らすことで、部屋の流れを遮断します。
ベッドカバーなどはできるだけ使わないことです。床面をせかくすると部屋が狭くなります。
もしカーテンが長すぎるなら、この写真のようにバルーンタイプのシェードに替えると良いでしょう。

19)暗いカーテンやシェードは避けます

暗いシェードは避けます

早朝の明るい日差しを避けたいと思うかもしれませんが、自然光が寝室の空間感覚を広げます。
鏡や明るい色の壁と組み合わせると、小さな違いにすぐに気付きます。
ただし、本当にドレープが必要な場合は、暗い色にしないでください。
部屋を広く感じさせる最良の方法は、この画像に描かれているような白いプレーンなシェードがお勧めです。

20)シンプル is ベスト

シンプル is ベスト

これはすべてのデザインで最良の方法ですが、特に小さな寝室を大きく見せたい場合は当てはまります。
不要な装飾やディテールを追加するという罠にはまると、しばらくすると、窮屈で雑然とした部屋になってしまいます。
狭い部屋に必要なのは、数枚の写真、素敵なランプ、そして隅に置かれた美しい植物だけです。

全体として、常に部屋を清潔に整理しておくと、部屋は広く感じられます。
経済的余裕と時間があれば、納得するまで、さまざまな種類の家具、ベッド、寝具を試してみてください。
部屋のスペースを最大化するために、レイアウトを見直し、色や柄を適正に用いてコーディネートしたシンプルなデザインが、見た目にも魅力的であるだけでなく、小さな寝室をより広く見せてくれます。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川