ベッドの世界史

世界のベッドの歴史

多くの人にとって、今日の世界の喜ばしいことの一つは、寝るときに、支えとなる快適なマットレスとパリッとしたシーツの上に寝れるという単純な喜びです。
考えてももごらんなさい、太古の昔、あの頃の人々の寝床は一体どんなだったでしょうか?

ある考古学者の発見です。

最古の既知のマットレス、77、000年前

マットレスの化石

世界で最も古い既知の「ベッド」は南アフリカのクワズールナタールで発見されました。
まあ、正確にはベッドではありませんが、草で作られたマットレスのようなものです。

ウィッツウォータースランド大学の考古学者であるリン・ウェドレイが見つけたのは、南アフリカの洞窟のような岩陰遺跡の床に0.5インチの厚さで積み上げられた草とスゲのマットでした。
これは、今までで最も古い寝具で77、000年前のものとされています。
これは、以前の寝具の記録よりも約40、000年古いものです。シブドゥという場所で発見されました。

世界最古のマットレス発掘調査

この地層にとどめられた発見を検証すると、植物材料の層がマットに集められ、害虫を駆除するために定期的に燃やされていました。
ベッドは約12インチ(30cm)の厚さで、家族を眠らせるために22平方フィート(6.7㎡)を覆っていました。

このように、太古では、お気に入りのグースダウンやラテックスフォームの枕の代わりに、石でできた枕に頭を置いたり、ポケットスプリングやメモリーフォームのマットレスの代わりに、ワラビやシダなど乾燥した草を敷いて寝床にしていたようです。

わたしたちが今、あの過去に住んでいるなら、これは悪夢ではないでしょう。厳しいけれど現実です。
基本は、一晩中暖かく過ごすためのクッション付きの場所ですが、歴史を通して快適に寝たい!という眼差しは同じままですが、ベッドを構成するものの詳細は、時代とともにかなり変化しました。

ここに簡単な歴史があります。

先史時代の狩猟採集民、紀元前8、000年頃

横向きで丸まって寝ていた

先史時代の遊牧民にとって、移動中の生活は、一般的に、地面のくぼみに盛った葉や草の間に潜って休むことを意味していました。
これらの狩猟採集民は、その場所を一時的な家として使用し、夜の間暖かく居心地の良い状態を保つために胎児のように横向きで丸まって寝ていました。

ベッドの発明によるファラオの文字通りの台頭

古代エジプト時代の木製ベッド

ベッドの夜明け前は、どんな空間や形でも、冷たくて硬い地面に横になり、横になっているときと仰向けになっているときに床が快適かどうかを判断する連続でした。

書記言語を含む他の驚くべき発明や技術に加えて、動物の足のような形をした脚を備えた隆起したベッドの発明については、古代エジプト人に感謝することもできます。
これにより、眠る時に冷たい湿気がある地面から離れ、齧歯動物、昆虫、ヘビなどから身を守ることができるようになりました。

紀元前10,000年から5,000年のあいまいな時期に、一部の今日でいう発明者は、最終的に、岩や土はの代わりに身体を安全且つ快適にサポートする寝台の発明に至ったのでした。

当時利用可能なエンジニアリングと材料のレベルを考えると、この革新的な思考の個人主義者たちはそれほど遠くまでは行かず、現代の寝袋をマシュマロから作られた四柱式ベッドのように見せるものを作りました。
何人かの賢い南アフリカ人が水を保つためにしっかりと結合されたヤギの皮のマットレスを作り始めたのは約千年半後のことでした。これこそが最古のウォーターベッドと言えるでしょう。
偶然にも、エジプト人が一種のキャンプマットとして使うためにヤシの葉を積み始めたのは、この時でした。

綿花

青銅器時代。古代エジプト、紀元前3000年頃–紀元前1000年

ファラオのベッド

このとき、ファラオでなく庶民であったならば、それは無地の木で作られたでしょう。
しかしファラオたちのそれは、金、宝石と黒檀で作られていたでしょう。

シンプルなプラットフォームベッドには、ウールのクッションで作られたマットレスをトッピングします。
編まれた(ステッチの一種)ストリングまたはリードが付いた木製のスラットがあります。
リネンのシーツと石または木製のヘッドサポート(枕)がさらに快適さを追加しました。

鉄器時代。古代ローマ、紀元前1000年頃–紀元476年

古代ローマのベッド

これは エトルリア (紀元前8世紀から紀元前1世紀ごろにイタリア半島中部にあった都市国家群)のベッドフレームです。
ローマのベッドフレームはほとんど同じでした。
その上に、羽 や わらを詰めたマットレス と ウールの 毛布があったでしょう。
このフレームは ブロンズ製なので長持ちし、現代でも見ることができます。

しかし、ほとんどのエトルリアとローマのベッドは木でできていて、 羊毛や 麻 のひもで張られていたでしょう。
※私たちは今でも、ローマ人がベッドを作ったのとほぼ同じ方法で作られたベッドを見ることができます。

ローマ時代の編まれたベッド

また、多くの人はおそらくマットレスを持っていませんでした。
彼らはひもの上、またはひもの上に敷かれた藁のマットの上で寝ました。
布は、オール手作業で、糸作りから織り上げるまで相当の時を要しました。ゆえに高価です。ほとんどのローマ人がベッドシーツやマットレスカバーに使用するには高すぎました。

しかし、人類の歴史を通して、ほぼすべての人が何らかの覆いをして眠っています。
素朴なものは草で織ったゴザの類や毛皮などであったでしょう。
古代ローマの人々も何らかのカバーを纏って寝ていました。
彼らは一般的にウールの毛布かリネンのシーツを持っていました。多くの人が夜に屋外のマントやベールを毛布として使いました。
このころはすでに現代と交錯 しています。

しかしこのころは奴隷社会です。戦に勝ったものが敗者を奴隷にしていた時代です。
そのように奴隷にされた人々は、まったくベッドなしで眠らなければなりませんでした。
彼らはおそらく土間に敷いたわらのマットの上で寝ていました。

中世。5世紀から15世紀頃の中世の生活

ベッドは中世および近世の家庭で最も高価なアイテムでした。
ベッド文化の歴史の中で、ベッドは家族を作るのに貢献しました。
そこで結婚し、子供が生まれ、人々は看護され、そして最終的にはその暖かさと保護の中で亡くなっていったのです。

東方の三博士のベッド

東方の三博士の中世のイメージを考えると、ベッド共有の中世と現代の見方の間のギャップはさらに明確になります。
聖マタイの福音書によると、東方の三博士がベツレヘムの幼子イエスを訪ねてきました。

ヘロデは、子供を見つけたら、その所在を彼に告げるべきだと尋ねます。
彼もイエスを崇拝したかったからです。夢の中で、神はヘロデを信頼しないように賢者に警告しました。

中世後期に人気のあった「マギの崇拝」は、詩篇からステンドグラスの窓、彫刻、壁画まで、さまざまな場面で展示されました。
トリオは常にシングルベッドを共有していることがわかります。
一部の画像では、裸に見えることさえあります。

※《マギの崇拝》は、画家のジェロニムス・ボッシュによって制作された作品。制作年は1600年から1650年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

このように中世ヨーロッパでは、ベッドは家の中で最も重要な家具の1つでした。
そして、彼らは裕福になればなるほど、特に中世後期には、それはより精巧で装飾的なベッドを使うことが出来ました。。

中世の貴族の天蓋ベッド

11世紀から、貴族や裕福な商人は、精巧な天蓋とベッドカーテンを備えたベッドを所有し、より高い暖かさとプライバシーを提供していました。
社会的地位が低い庶民の間にもベッドが普及し始めると、ヘッドボード付きの木製のベッドステッドを所有し、それに羽毛マットレス、シート、毛布、掛け布団、枕が追加されていました。

15世紀 ベッドでの社会生活

貴族の天蓋ベッド

最も裕福な家には、装飾された天蓋、豊かに刺繍された吊り下げ、そして上質なリネンのシーツの下に柔らかい羽毛のベッドが付いた、大きくて手の込んだベッドがありました。
それらは大きな家の中で最も素晴らしい家具の1つであり、貴族はしばしば吊り下げにエンブレムを刺しました。

1409年の上のシーンのように、最も裕福な人々がゲストに会い、彼らから会議を行いました。
ステータスの高い訪問者は、共有しなければならない場合でもベッドで寝るように招待されるため、夜も社交の場になる可能性があります。
また当時は寝室という考え方はなく、広い部屋に天蓋を置いて、その中にベッドがある。言わばそこが寝室であったということになります。

間違った寝方?

中世の間違った寝方

1539年、弁護士であり、人文主義者であり、ヘンリー8世の大使であるトマス・エリオット卿は、完璧な睡眠がもたらされたという彼の信念において、非常に現代的に聞こえます。
「体が太くなり、心が安らかになる」
エリオットはこれを彼のベストセラーのヘルスケアガイド「TheCastelofHelth」に書きました。

これは、18世紀によく反映されていました。
ほとんどのヘルスケアガイドは、人々に「十分に強化された」状態で、または枕やボルスターの助けを借りて頭を少し上げて寝るようにアドバイスしました。

この位置が頭と胃の間に作ったなだらかな傾斜は、消化のプロセスをスピードアップし、夜の間に食べ物が逆流するのを防ぐと信じられていました。
枕木は、夜の後半に左側に向きを変える前に、まず体の右側で休むことも同様に重要でした。

体の左側よりも高温であると判断された右側で最初に休むことで、食物は消化の初期段階で加熱された胃の穴に簡単に降りることができました。
数時間後に体のより涼しい左側に目を向けると、右側に蓄積した胃の蒸気が放出され、体全体に熱がより均一に広がりました。

ベッドの右側で起き上がることは、前日の不運な前兆であると考えられました。
1652年の占星術のテキストで、イングランド国教会の聖職者ジョン・ガウルはこの信念を「愚か者!」として批判しました。

16世紀半ば、医師のアンドリュー・ボード は、夜に2回の睡眠を勧めていました。
その間、人々は一時的に起き上がりました。これはおそらく子供を妊娠するのに最適な時間でもありました。

害虫から守られた安全な湿気の無い部屋で、最初にベッドの片側で横になり、次に反対側に横になる必要があります。
すべての窓を閉め、火を燃やし続けて、疫病と眠る人の息を吹き飛ばす必要があります。

アンドリュー・ボードによれば、病気の人や夜はよく眠れない人は、日中は昼寝をする必要があります。
しかし、この昼寝は、壁や食器棚に寄りかかって立って行うのが最善でした。

枕は女性用です

1580年頃、聖職者のウィリアムハリソンは、柔らかな枕について不平を言いました。
「結婚してから7年後に、男性が頭を休めるためにマットレスと籾殻の袋を買うことができれば、彼は自分も領主と同じように眠れると思いました。
当時、枕は病気の女性だけに会うと考えられていました。
枕や非人道的であると見なされ、老若男女や妊婦のため作られていました

18〜19世紀のベッド

18世紀と19世紀の工業化は、社会に大きな変化をもたらし、平均的な人の富と生活水準のレベルをもたらしました。
中産階級はより良い家を買う余裕があり、寝室は家の他の部分から分離されたプライベートスペースになりました。
時間が経つにつれて、良質のマットレスとベッドはますます多くの人々が利用できるようになりました。

精巧なデザイン、大きなベッドヘッド、キャノピーは、より大量に製造できる、よりシンプルで頑丈なデザインに取って代わられました。
マットレスの詰め物に綿を使用し、クッション性のある快適な睡眠プラットフォームを作成しました

コイルマットレスの発明

1870年代にドイツのハインリッヒウェストファールによって発明されたインナースプリングマットレスは、干し草、ウール、ダウンなどの素材を詰めたマットレスに取って代わった、最初のモダンなマットレスタイプでした。
Westphalは、もともと馬車の座席に使用されていた金属コイルを使用していました。

20世紀のベッド

20世紀は、ベッドの革新が著しい時期でした。
マーフィーベッド(またはウォールベッド)、ウォーターベッド、ポケットスプリングマットレス、ラテックスフォームとメモリーフォームの発明、調整可能なベッドなどです。

それらは数十年前に発明されましたが、コイルばねマットレスの人気が急上昇し、群を抜いて最も一般的なタイプのマットレスになったのは1950年代になってからでした。
これは、マットレスを保持するために布張りのソファベースまたはボックススプリングプラットフォームの使用を先導し、以前に使用されていたものよりもはるかに快適でサポート力のあるベッドを作成しました。

21世紀のベッド

水中のベッド

今日、マットレスに関しては、これまで以上に多くの選択肢があります。
ポケットスプリング、オープンコイル、連続コイル、メモリーフォーム、ジェルフォーム、ラテックスフォーム、ハイブリッドは、利用可能なマットレスタイプのほんの一部です。

合成繊維や発泡体から、ウール、綿、絹、髪などの天然のものまで、さまざまな詰め物もあります。

ソファベースは今でも非常に人気がありますが、他にも多くの種類とスタイルがあります。

木や金属で作られたベッドフレーム、革や布で装飾されたもの、床板がすのこ仕様、そり型ベッド、二段ベッド、調節可能なベッド、ソファベッド、エアーベッド、ウォーターベッド、布団、収納オプションは、引き出しまたはリフトアップオットマンを介して含めることができます。

ベッドは初期の草で覆われた時代から長い道のりを歩んできましたが、基本的な概念は変わっていません。
ゆえにわたしたちは、快適で安全で暖かい場所で寝て、明日への活力を取り戻すことができるのです。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川