マットレスと腰痛の関係を理解して、快適なマットレスを手に入れましょう!

Contents
  1. 日本全国の腰痛経験者は3,000万人
  2. 腰痛の主な原因
  3. その腰痛、マットレスが原因かも?
  4. マットレスと腰痛の関係を理解する

日本全国の腰痛経験者は3,000万人

腰痛の原因は様々であり、原因を特定することはとても難しいことです。
腰痛は病名ではなく体に表れる症状の名前です。

腰そのものに問題がある場合だけでなく、職業、スポーツ、生活習慣、ストレス、疾病などの要因が複雑に絡んでいるため、自分の生活をかえりみることが腰痛の原因を知るための第一歩となります。
病気やけがによる自覚症状の調査では男性1位、女性の2位が腰痛となっており誰もが経験しうる身近な症状です。

日本整形外科学会の調査では、日本全国に腰痛のある人は3,000万人いると推計されています!

腰痛は人類が二足歩行してから始まった!

直立二足歩行

直立二足歩行が腰痛をもたらした

四足で歩く動物とは異なり、直立二足歩行をするように進化したヒトでは、背骨に垂直方向の力が強くかかります。
中でも腰には大きな力がかかるため、腰痛は人間特有の症状といえます。

身体の脊椎

S字カーブを描く背骨

垂直方向の力を分散するために、ヒトの背骨はゆるやかなS字カーブを描くように並んでいて、さらに腹圧(腹腔内の圧力)が腰椎(背骨を構成する腰の部分)を支えています。
また、背骨と背骨の間のクッションとなる椎間板や腰を支える筋肉が、姿勢をサポートしています。
このような姿勢を保つメカニズムが疲労したりダメージを受けたりすると、腰痛を発症するのです。

以下に示したものは、厚生労働省 平成28年国民生活基礎調査の概況です。

腰痛の主な原因

  • 特異的腰痛=神経を圧迫する脊椎の病気などが主な原因
  • 非特異的腰痛=日ごろの生活習慣などが要因
  • 女性特有の腰痛=生理や妊娠など
  • 酷い腰痛が起こったら先ず医師の診断を!

特異的腰痛=神経を圧迫する脊椎の病気などが主な原因

腰痛が起こる原因はさまざまで、複数の要因が絡んでいる場合が多くあります。
多くは原因不明ですが、15%程度は原因を特定できる「特異的腰痛」です。
ということはおよそ85%は不明ということにもなります。

原因となる代表的な病気としては椎間板ヘルニア、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症が挙げられます。
これらはいずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されて痛みが起こり、圧迫がひどいときには、脚の筋力低下やしびれを伴います。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にはクッションの役割をする「椎間板」という構造があります。
椎間板は、外側が硬い「線維輪」、内部は軟らかいゼリー状の「髄核」でできています。
加齢などにより外側の線維輪が変性・断裂して髄核の一部が飛び出してしまい、脊髄神経根を圧迫することで痛みが起こります。
腰やお尻から下肢にしびれや痛みが広がり、力が入りにくくなります(座骨神経痛)。
痛みは、長い距離を歩いたり、重いものを持つと強くなることがあります。
椎間板ヘルニアは、悪い姿勢での動作や作業、喫煙などにより起こりやすくなることが知られています。

腰部脊柱管狭窄症

椎骨や椎間板が加齢によって変性したり、異常な骨の突起(骨棘)が形成されたりして、神経が通っている脊柱管が狭くなり、脊髄神経根を圧迫する病気です。
少し歩くと痛み、前かがみになって休むとまた歩ける(間欠跛行)症状が特徴です。
お尻や足にしびれや痛みを感じることもあります。

骨粗しょう症

主に加齢により骨密度が減って骨折しやすくなる病気です。
椎骨は特に影響を受けやすく、圧迫骨折が起こると脊髄神経根が圧迫されて、背中に慢性の痛みが生じます。

激しい運動後の腰痛(筋筋膜性腰痛)

急激に重いものを持ったり、無理な姿勢によって繰り返し筋肉に負荷をかけたりすると、筋膜性疼痛症候群(筋筋膜性腰痛)という病気になることがあります。
筋膜とは、筋肉などさまざまな臓器を包んでいる膜のことですが、運動によってこれが傷ついてしまうことがあります。
通常は数日で回復しますが、負荷がかかる状況が続いたり寒さで血行が悪くなったりすると回復が追いつかず、強い痛みやしびれを生じるまで悪化してしまう可能性があるのです。
肩や脚など全身で起こる可能性がありますが、腰で発症し腰痛の原因となりうる病気です。

他の病気が隠れている場合も

腰痛は、ここまでに紹介した病気のほかにも、神経、内臓、血管、心因性の病気などが原因で起こることがあります。
特に内臓の病気や脊椎の腫瘍・感染・炎症・外傷などが原因になっている場合は、早めに見つけて治療する必要があります。

腰の周辺が痛む症状があるその他の病気

腰に由来

腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、馬尾腫瘍など)
脊椎感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエスなど)
外傷(腰椎骨折、脱臼など)

腰以外に由来

変形性股関節症など整形外科の病気
尿路結石など泌尿器の病気
子宮内膜症など婦人科の病気
胆嚢、十二指腸、膵臓など消化器の病気
解離性大動脈瘤など血管の病気
統合失調など心因性の病気

などがあります。

非特異的腰痛=日ごろの生活習慣などが要因

腰痛の約85%は原因不明です!

腰痛の約85%は、神経症状(しびれやまひなど)や重い基礎疾患などがなく、エックス線やMRIなどの画像検査をしても、どこが痛みの原因なのか特定しきれない「非特異的腰痛」です。
いわゆる腰痛症と呼ばれるものはこれにあたります。

長時間中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、運動不足で腰を支える筋力が弱っているときなどに起こります。
寒さで筋肉が硬直する冬も神経が刺激されて痛みが起こりやすくなります。通
常は、セルフケアをしていれば短期間で軽くなりますが、休養が十分とれなかったり、ストレスなどの心理的要因があると長期化することもあります。

急性の腰痛であるいわゆるぎっくり腰も非特異的腰痛に含まれます。
急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織のけがで、ねんざや、椎間板、腱、靭帯などの損傷が多いと考えられていますが、厳密にどの部分が傷んでいるのかを断定するのは難しいためです。

筋肉疲労を招く労働環境や生活習慣

職場環境によって腰痛を発症する人は非常に多く、労働災害全体の6割以上を占めています。
体に負荷のかかる重労働、特に重たいものを持ち上げる作業や体幹を曲げたりひねったりする作業には気をつける必要があり、介護や看護の職場で多いとされています。
逆に同じ姿勢をとり続けるような職場でも多く、デスクワークをしている人や長距離輸送のドライバーにも腰痛は多く発生します。
これは股関節やその周辺の筋肉の柔軟性が失われてしまうことにも一因があると考えられています。

職場でのメンタルヘルスとの関連も指摘されていて、仕事に対する満足度や人間関係なども腰痛の発症や長期化と関連があるため、ストレスを溜めない環境作りも大切です。
また、生活習慣の中でも特に「運動不足」と「喫煙」は腰痛と関連していることがわかっています。

女性特有の腰痛=生理、妊娠など

妊娠や生理など女性特有の原因で起こる腰痛もあります。
生理痛が強いと下腹部痛だけでなく腰痛を伴うことがあります。
妊娠中は大きくなったおなかを支えるために体の重心が変わり、上体を反らせる姿勢になることが多いため、腰痛が起こりやすくなります。
子宮が大きくなり、骨盤の周りの筋肉(体幹支持筋群)が引っ張られることも、腰痛の原因になることがあります。
産後も授乳や夜泣きの対応などの育児、家事に追われると、身体的・精神的な負担から腰痛が慢性化することもあります。
更年期になると体内のホルモンバランスが変わり腰痛が起こりやすくなることがあります。

酷い腰痛が起こったら先ず医師の診断を!

すべての場合において、進行中の腰痛を経験している場合は、医師(整形外科医)に相談し、専門家のアドバイスを受ける必要があります。
腰痛にはさまざまな原因があるため、潜在的な根本原因を特定する際には特に注意が必要です。

病院に行くタイミング

  • 腰の痛みがだんだん強くなっている
  • 2~3日と様子を見ているが一向に良くならない
  • 痛みやしびれを感じる範囲が広がってきた
  • 痛みがひどくて仕事に行けない

という場合は、すみやかに医療機関を受診する必要があります。

下半身全体に痛みやしびれが広がることもあるため、放置せず治療を受けましょう。
「腰椎椎間板ヘルニア」が原因の場合、悪化すると排尿障害・歩行障害が生じる恐れもあります。

腰痛の応急処置方法

痛みの出始めは、冷湿布などで冷やしましょう。
多くの腰痛は、筋肉や筋膜の炎症で痛みが起こっているため、冷やすと症状が和らぎやすいです。
ただし、慢性的の場合は温めましょう。

痛みが出始めてから2~3日間(痛みや炎症が強いとき)は、患部を温めないでください。
入浴はシャワーに留め、マッサージも避けましょう。

この時期は、血流がよくなると、痛みが悪化することが多いです。

整形外科医を受診する

腰が痛むときは、整形外科を受診しましょう。
腰痛をきちんと治すには、診察・レントゲン検査・MRI検査などによる正しい診断が必要だからです。

接骨院・整骨院に通うだけでは、腰痛を根本的に治すことはできません。
接骨院・整骨院は、あくまで「治療をフォローする場所」として相談しましょう。

その腰痛、マットレスが原因かも?

腰痛とマットレス

腰痛に良いマットレスは、体幹を歪めず背骨を正しい位置にサポートする

約3000万人もの日本人が一度は腰痛に苦しんでいます。

労働災害から姿勢の悪さや体重増加、内臓疾患まで、腰痛の原因はたくさんあります。
あなたが考慮を忘れているかしれない1つの犯人は、あなたが使用中のマットレスです。

結局のところ、夜に横になって休むと、普通は腰や背中が悪くなるのではなく、疲れが癒され元気が出るはずです。

ところが実態は、朝起きるたびに腰痛が起きている。
そして日中に動き回ることによってだんだんほぐれ、夜になってまた寝て朝になると腰痛ならば、これは明らかにマットレスに起因しています。

寝姿勢や枕などの他の要因も少なからず、腰痛を和らげる代わりに悪化させている可能性があります。
では、マットレスが腰痛を引き起こしている可能性に気が付いたならば、一体どのような行動をとったらよ良いのでしょうか?

1.朝に腰痛を発症していたら

腰痛

朝起きたとき腰痛をは称していたら…

朝起きて背中や腰が痛くて、それが日中は和らぐような痛みを経験した場合は、マットレスが原因である可能性があります。

不快感は寝起きが最悪で、それでも我慢して仕事や学校に行き、労働やスポーツをすることによってだんだん身体がほぐれる。

すると何時しか腰痛が和らぎほっとして、また就寝する。翌日の朝また腰が痛い…このように繰り返す症状は、典型的なマットレスが原因の腰痛である可能性を示しているかもしれません。

腰痛の専門家によると、筋肉が動きすぎて脊椎の位置を揃えられない場合、「筋肉が疲れから回復する時間がなく、関節に一定のストレスがかかり、痛みとなって現れる、とコメントしています。

マットレスのせいであるもう1つの兆候を確かめるには、目覚めた後15分から30分ストレッチすると、痛みが和らぐかどうかです。
就寝中、快適な寝心地を探すために寝返りを絶えずシフトすることは、マットレスが背中と腰を痛めていることの指標でもあります。

2.マットレスが硬すぎるか柔らかすぎる

マットレスの硬さ

横向きに寝たとき、脊椎がまっすぐになるマットレスが良い

居心地の良いマットレスは、ハードな一日の終わりには魅力的に見えるかもしれませんが、柔らかすぎるとしっかりサポートできず、背骨がずれてしまう可能性があります。
反対に、マットレスが体重やフレームに対して硬すぎる場合にも、まったく同じことが起こる可能性があります。

身体に適合するマットレスは、背骨に快適なニュートラルな睡眠姿勢を見つけるため、体を適切にサポートします。
理想的なマットレスは硬軟どちらにも偏らない中庸でなければなりません。
マットレスが硬すぎると、肩と腰がずれて背中が痛くなります。

あるヘルスサービスリサーチによると「腰痛のある268人を対象にしたある調査では、非常に硬いマットレスで寝た人の睡眠の質が最も悪いことがわかりました」と報告しています。

また、マットレスが柔らかすぎると、適切なサポートなしで背骨がマットレスに落ちてしまい、アライメントが悪くなり、体の痛みにつながります。
ヘルスサービスリサーチはまた、「柔らかすぎるマットレスは、腰が深く沈み、関節がねじれて夜中に痛みを伴うようになるかもしれません」と述べています。

3.へたったマットレス

長期間にもわたる使用でへたったマットレスは、それがいかに優れたメモリーフォームマットレス、インナースプリング、または豪華なハイブリッドマットレスであるかどうかに関係なく、初期の性能を失っています。
マットレスがへたると、すぐに元に戻らなくなるので、健康的な睡眠に必要な適切なサポートを脊椎に与えることができなくなります。

寝ている間にクッション性を失い臀部が沈み込み過ぎたなら、これは通常、ベッド内の素材が何年にもわたって劣化しヘたり、クッション性を失ったことを告げています。
膝や腰の下に枕を置いて一時的に調整したり、高品質のマットレストッパーを使用して表面を水平に保つこともできますが、これらは新しいマットレスの性能を代替えしたことにはなりません。

マットレスの性能を維持し長持ちさせるには、購入初期からのマットレスのローテーションが欠かせません。

マットレスのメンテナンス方法(ローテーション)は以下の通りです。

マットレスのローテーション

マットレスのローテーション順序

普段、ホテルに泊まって、あまり目にする機会は少ないですが、ベッドのシーツ等をはぐると、マットレスの角にこんなラベルが貼ってあることがあります。

ローテーションの為のラベル

ローテーションの為のラベル

これは一体何でしょう?※製造表示のラベルとはちがいます。
実は、これは、マットレスのローテーションの為のラベルです。
このラベルを目安にして3か月に一度ずつ180度回したり、ひっくり返したりを繰り返します。
ラベルの位置を、例えばAを春とすればBは夏、Cは秋、Dは冬と決めておけば、ローテーションのし忘れとかが起こりにくくなります。

マットレスは毎日少しづつ劣化していきます。
少しづつですから体が慣れてしまい劣化に気づきにくいのも事実です。

モノは総じて使えば劣化するのが世の常ですから、ある程度使ったら交換しましょう。(7~10年程度)
マットレスも初期の性能を失っていますから、クッション性やサポート性が劣化し、充分になされていない可能性があります。

一つの目安として、マットレスの耐用年数が過ぎたら交換の時期です。
またコイルマットレスなどは、きしみ音が生じて来た時も交換です。

もうひとつ、ホテルのマットレスなど、他のマットレスでよく眠れることに気づいたときも、今使っているマットレスのアップグレードの時期であることを示すもう1つの確かな兆候です。

良いマットレスの選び方

古いマットレスを買い替える時が来たら、購入する前に注意しなければならないことがいくつかあります。
まず、売り場で試し寝をしてみることがお勧めです。最低でも5分以上は、寝転んで寝返りを打ったりしてみることをお勧めします。

どのような硬さを目指すべきかわからないときは、中程度の硬さのあるものを選択します。
また、ランバーサポートやゾーンサポートなどの機能にも注意してください。

ランバーサポートとは、座ったり横になったりしているときに腰をサポートするように特別に設計されたマットレスです。
これは、マットレス全体で硬さが変化し、肩などの圧力ポイントに沿って中央でよりサポート的で居心地の良いものになります。

米カイロプラクターのブレントウェルズ博士によると、従来のインナースプリングベッドについて「スプリングが硬いと、体が表面に不均一に横たわり、腰がほとんどまたはまったく支えられなくなる可能性がある」
とコメントしています。腰痛のある場合、博士は硬すぎるコイルマットレスは有害であり、メモリーフォームまたはラテックスフォームを推奨しています。

しっかりしたした硬めのマットレス

何年もの間、腰痛には硬いマットレスが最適であると考えられていました。
人々は、サポートが多ければ多いほど良いと思い込んでいました。
これは一部の人には当てはまるかもしれませんが、あてはならない人にとっては、硬いマットレスは更に腰痛を悪化させる可能性があります。

長所

しっかりしたマットレスは、背骨を中立位置に保つのに役立ちます。
これはあなたの体を一晩中まっすぐに保ちます。
しっかりしたマットレスはまた、循環器系への圧力を減らすことにより、より良い血流を可能にします。

しっかりとしたマットレスの安定性により、腰部が崩れるのを防ぎ、より深く呼吸できるようになります。
より柔らかいものから切り替える場合は、より硬いマットレスに適応するためには数日間の慣れるための猶予が必要です。

短所

背中の痛みの原因によっては、硬いマットレスが問題を悪化させる可能性があります。
関節炎や脊柱側弯症などの特定の状態によって引き起こされる腰痛は、硬いマットレスにうまく反応しない場合があります。

マットレスを選ぶときは、体重も考慮する必要があります。
太りすぎの人は、硬い表示でも実際は柔らかくなってしまいます。
体重を支え切れずに臀部が沈み込み、背中や腰のすでに痛みを伴う部分に不必要な圧力を加え悪化させる可能性があります。

ソフトで柔らかいマットレス

雲の上で寝ることは(文字通り)夢のように聞こえるかもしれませんが、柔らかいマットレスを選ぶことにも利点と欠点の両方があります。

長所

柔らかいマットレスは、極度の関節痛のある人には快適さを提供できます。
柔らかいマットレスは背中や痛みのポイントにかかる圧力を軽減します。

柔らかいマットレスは、体重が軽い人に最適です。
マットレスにかかる圧力と重量が少ないほど、より多くの脊椎サポートを受けることができます。

マットレストッパーやその他のピロートップオプションは、固いマットレスに簡単に追加でき、相対的に柔らかくなって硬軟両方の長所を提供します。

短所

柔らかいマットレスで寝ることの主な欠点は、不十分なサポートです。

柔らかいマットレスは背骨を自然にサポートすることができません。

代わりに、変形した脊椎、沈み込みすぎる腰部等で、痛みを防ぐのではなく、更なる背中の痛みを引き起こします。
これはまた、質の高い睡眠を得る可能性は減少し、疲れをとることは出来ません。

マットレスの交換時期についてはさまざまな意見がありますが、ほとんどの人が同意することの1つは、柔らかいマットレスは固いマットレスよりもはるかに早く劣化するということです。
雲の上の寝心地の豪華なマットレスは、一般的に高価であるだけでなく、より頻繁に交換する必要があります。

さまざまな種類のマットレスを検討する

あなたが使っていた唯一のマットレスの基準が、固いまたは柔らかいだけなら、マットレスの分野は相当単純で選びやすい分野ではないでしょうか?
しかし真実は、利用可能なマットレスの種類が無数にあり、どなたも選択に迷うことになります。

しかし、マットレスと腰痛に関しては、最も一般的な選択肢のいくつかについて知っておく必要があることがあります。

メモリーフォーム

最も人気のあるマットレスの選択肢の1つである メモリーフォーム は、腰痛のある人にバランスの取れた睡眠体験を提供します。
マットレスのベースはしっかりしていて、フォームトップは柔らかくクッション性のあるサポートを提供します。

ほとんどのメモリーフォームマットレスはいくつかの層で作られ、その名前が示すように、あなたの体に適合し、毎晩一貫したパーソナライズされた休息を可能にします。

インナースプリング

コイルマットレスとしても知られているインナースプリングマットレスは、一般的でより伝統的なオプションです。
メモリーフォーム、ラッテクス、さらにはウォーターベッドなどができる前は、ほとんどの人がスプリングマットレスで寝ていました。

しかし、この伝統的なコイルマットレスも、睡眠を改善し、腰痛を軽減するために何年にもわたって進化し続けています。
インナースプリングマットレスが、適切なサポートを提供するかどうかを判断する最良の方法は、コイルの数とそれらがどのように分散されているかを確認することです。

インナースプリングマットレスには、さまざまな形状とゲージのコイルスプリングがあります。
異なる構成のコイルマットレスの選択は、もしかしたら、あなたの体に素晴らしくフィットして適合します。

コイルマットレスの最大の素晴らしい点は、すべての寝姿勢の人がこのマットレスのメリットを感じることができるという点です。
コイルマットレスには以下の3タイプがあります。

ボンネルコイルマットレス

コイルマットレスで最も歴史があるマットレスです。
構造は個々のコイルスプリングを連結させ、一つのベースになっているのが「ボンネルコイル」です。
コイル全体が身体を「面」で支えるので、緩やかに沈むという特徴があり、寝心地は硬めです。

ポケットコイルマットレス

一つのスプリングを不織布の小さな袋に入れ、マットレス全体に敷き詰めたものがポケットコイルマットレスです。
コイル一つ一つが独立し、身体を「点」で支えるので、身体の凹凸に沿ってフィットする柔らかめのマットレスです。

連続高密度スプリングマットレス

フランスベッドが採用している代表的なスプリングマットレスです。
一本の鋼線で一台のマットレスを作り、「面」で身体を支えます。
ボンネルコイルと違うところは、カップルで使っても振動が伝わりにくいことです。
部分的な落ち込みがなく、かつ通気性が良いのが特徴です。

ウォーターベッド

ウォーターベッドがかつてほど人気が​​ない主な理由の1つは、サポートの欠如と全体的な不快感によるものです。
多くの人は、絶えず動いている表面の上で寝ている間、快適な位置を見つけることができません。

もう1つの欠点は、ベッドを共有しているパートナーは、寝返りを打つたびに睡眠障害に悩まされることです。

ウォーターベッドには、フリーフローとウェーブレスの両方の種類があり、後者はわずかに多くのサポートを提供します。
腰痛に苦しんでいる場合は、ウォーターベッドが提供できる以上のサポートが必要になる可能性があります。
つまり腰痛持ちには向いてないということになります。

フリーフロータイプ=ウォーターバッグの中にジェルやファイバーの入ってない水のみのものもなので、専門業者でなくても水を入れたり抜いたり運搬できます。
ウェーブレス=フォームなどのサンドイッチ構造により水量を減らし軽くし、揺れを押さえた構造。

電動ベッド

あなたは最高の寝姿勢を見つけるために一晩中寝返りを繰り返していますか?

抱き枕や複数の枕を使用しても効果がない場合は、電動ベッドが腰痛を和らげ、快適な睡眠姿勢を見つけるのに最適な方法かもしれません。
電動ベッドには、ベースと一緒に動き、曲がる柔軟なマットレスが付属しています。

特定のモーターを作動させて、最もサポート力のある位置が見つかるまで、頭または足を別々に、または一緒に持ち上げることができます。

電動ベッドは、慢性的な腰痛、睡眠時無呼吸、筋肉痛、またはRLS(むずむず脚症候群)を扱う人に最適です。

マットレスと腰痛の関係を理解する

腰痛の治療

整体は腰痛治療にも行われています

マッサージを受けたりカイロプラクターにかかったりするなと、運動療法を強化することまで、腰痛を和らげる方法は無数にあります。
しかし、マットレスと腰痛の関係を理解して、症状改善に寄与する性能のマットレスを手に入れたならこれこそが最強です!

あなたが一晩中寝返りをし続けたり、熟睡できずに、朝起きたら腰痛や背中の痛みを感じたなら、それはおそらく新しいマットレスに替える時期です。

腰痛と寝方についてのQ&A

Q:腰痛が酷いときの寝方ですが
仰向けと横向けどちらが良いのですか?

A:どちらも寝方で軽減されます。

横向きで少し丸まる寝方も良いですし,仰向けで膝を立てる寝方もあります。
骨盤を引っ張ることなく、楽に寝ることの出来る姿勢です。

横向きに寝て少し丸まるだけでも楽なのですが、膝の間に硬い枕などを挟むとさらに効果的だと言われています。

Q:腰痛があるときの寝方は どうするのが負担がないでしょうか?

疲れが溜まったり体調によって 腰にきます
固めのマットレスで寝るのですが 起きた時に鈍痛がある日があって辛いです
腰が沈まないように バスタオルを挟むこともあるのですが 改善まではいかず……
経験談やアドバイスがあればお願いしたいです

A:ストレッチ効果がある寝方がお勧め

寝る向きや体姿勢を固定したり、硬過ぎるマットで寝てはダメですよ!
人間は就寝中に無意識に寝返りや体姿勢をコロコロ変えながら寝るものです。
その繰り返しにはストレッチ効果があるのです。
無限に寝返りストレッチできるような平均的な柔らかさのマットと寝冷えしない掛け布団が超お薦めです。
ストレッチは腰への血行も促進するし、筋肉の疲労回復や神経系の治癒も助けます。
バスタオルを腰に挟んでも体が回転すれば、わき腹がバスタオルに載ってしまい痛みが出ることもありますよ。

Q:腰痛に良い寝方とかってありますか?

ここ数週間、腰痛があります。。。結構つらいです・・・(;ー;)

A:太いゴムベルトで腰骨を締める。

結構続いているようですので温シップを張るがいいと思いますが。
それと、薬局などで売っている太いゴムベルトで腰骨を締めると楽になりますよ。

寝方ですが、柔らかい布団ではなく固めの布団で寝てください。
起きるときは腰に負担がかからないようにゆっくり起きる事。
時間があったらマッサージに行ってください。患部を良くほぐしてもらうことをお勧めします。
素人さんには押してもらわない事。必ずプロにやってもらってください。
ご自分では患部を冷やさない、負担をかけない事を心がけてください。

Q:腰痛が酷いママですf^_^;

毎日の生活においてつらいので座り方や寝方など腰痛持ちに負担の少ない姿勢を教えて下さい。

A:リラックスできていてかつ良い姿勢のとり方です。

立位;腰をあまり前後させず爪先立ちを数回繰り返し静かにかかとを下ろします(少し前傾に感じるかも知れません)
そのまま手首を素早く振るか、肩を上下させます。
恥骨周辺に意識をおきます(首肩をはじめ上体の緊張がぬけます。
常に意識しているのも緊張につながるので一度意識したらほっておきます)

座位:上記の状態で椅子に座ります。または正座、胡坐
肩が一番上げ下げしやすい位置に上体の角度を微調整します。
横からみてやや前傾、3角形です
参考書籍「心を静める」 お勧めです。

Q:腰痛のときの寝方。

自分は中学なのですが腰痛になってしまいました。
寝るときに 腰にタオルをたたんで、厚くしたのを下に敷いて、腰を少し高くして寝ています。

この寝方は結構楽なんですが、腰に悪いんでしょうか?
もし悪かったら、良い寝方も教えてくださればうれしいです!

A:脇腹の空いた部分にタオル等を詰め込む

基本的に横向きに寝ます。脇腹の空いた部分にタオル等を詰め込みます。テンピュールロゴみたいなのが良いです。

Q:腰痛持ちの方へ質問です。

寝るときはどのような寝方ですか?向きや寝具にこだわりありますか?
またおすすめのグッズとか教えて下さい。膝裏マクラとかが、良いと聞きました!!

A:椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニアで約2年間車椅子だった者です。

現在も治療中の身ですが、寝るときは必ず横向きです。
海老のようにまるまるような姿勢が1番負担がないからです。
そして真横に寝て膝を曲げてその曲げた膝の間にクッションを挟むととても楽です。

仰向けに普通に寝ると、カーブが出ることにより痛むので、体勢を変えたい時(仰向け)は必ず膝の高さほどある枕を膝の下に入れています。
どの治療院や病院でも教わる寝方がこの方法だと思います。

枕は高すぎても低すぎても首に負担がかかりますし、寝具は絶対低反発はダメです。
腰が沈むので、悪化します。低反発よりは高反発のマットレスが良いです。
枕は自分にあった枕をオーダーするのが1番良いです。
家具屋さんで枕オーダー出来るところも増えましたし、専門で作るお店も最近は多いのでチェックしてみてはいかがでしょうか?
?少しお高いですが良いと思いますよ。

Q:腰痛時の寝方について。

慢性的な腰痛持ち(軽度の椎間板ヘルニアと診断されたことがあります)で、睡眠時も腰の痛みが気になってあまり熟睡できません。
特に仰向けで寝ると痛みが強いので横向きで膝を曲げて寝るようにしていますが、寝返りもあまりうてません。ただ時と場合によるのですが、うつぶせだと楽なことがあります。
しかしうつぶせで寝るのはあまりよくないとも聞きました。実際、寝違えて首が痛くなる場合もあります。
そこで腰痛に良い寝方をご存知の方、何かアドバイスよろしくお願いしたいと思います。
また寝る前に行うと痛みがやわらぐようなストレッチなどあれば、教えていただきたいです。

補足

布団やマットレスの硬さもどんな感じがいいか教えて下さい

A:問題のある緊張した筋をたるませる姿勢をとる

下記が参考になれば幸いです。
ヘルニアなどの構造異常も含め、筋骨格系の痛みは筋の問題だといわれはじめています。
国際疼痛学会でも従来されてきた前述の痛みの診断の多くが実は筋由来であるとも。
また痛みを脳が記憶してしまいちょっとした刺激も強い痛みと捉えてしまうこともあるそうです。

学会でも言われていますが、痛みが治まる、もしくは軽くなる姿勢があります。
(問題のある緊張した筋をたるませる姿勢)。

うつぶせ寝はその1つで有効です。。私も腰痛がありよく用いています。
また寝ないで(寝る前に)痛みを治める姿勢として休息に用いるのも1つです。

悪いイメージは心身に左右するのでうつぶせ寝も大丈夫と思ってみては?
以前知人に下記のような相談を受けたことがあります。

仰向け寝がいいと聞いてなるべく動かないようにあお向け寝を心がけているが辛いのが治らないと。
私は逆にそういう意識を持つことが身体に悪いと伝え、寝ている間に動くことが筋をほぐすことにもなると伝えたところ、楽になったそうです。

痛みを和らげるのは中国武術の基礎訓練の1つで健康法としても取り上げられているスワイショウ(デンデン太鼓のように左右にねじるものと、前後に手を振るもの2種)を行っていました(最近は痛みも少ないのでやっていません)。リラックスして立ち肩幅に足を広げはじめは軽く徐々に振りを大きくしていきまただんだん振りを小さくして終了。しばらく数分リラックスを感じます。
布団やマットレスはご自身が心地よいと感じるものがベストです(脳が心地よいと感じた瞬間から反射により全身がリラックスします)

Q:腰が割れそうな位痛いです。

腰にあまり負担をかけない寝方(仰向け、うつ伏せ等)などあれば教えてください。

A:腰に負担がかからない寝方はうつぶせです。

仰向けだと内臓の重みがかかるから、とテレビで以前やっていました。
ただ、割れるように痛むのは心配ですね。

病院にかかるのも手だと思います。

寝具でいえば、私は割高ですが、西川のムアツ布団がお勧めです。
腰痛、消えましたし、疲れもとれます。

Q:腰痛の時の寝方について。

普段はあまり腰が痛くはならないのですが、生理の時に、万が一横もれとかしたり嫌で何と無くいつもの体勢で寝られず仰向けで寝ていて、そのせいかたまに腰が辛くて痛
くて起きてしまいます。

最近は腰の辺りにバスタオルを丸めたものをおいて寝ていますが、何もしないよりはマシという程度でやっぱり辛いです。
何か仰向けでも楽に寝られる方法は無いでしょうか??
ちなみにベッドは苦手で和式のごく一般的な普通の布団に寝ています。

もともといつもは横向きだったり寝返りしたりしてますが、生理の時は寝ている時も何と無く緊張してるのかあまり仰向けのままから動いてないと思います。

A:睡眠中の無意識の寝返りって大事

本当は夜中の無意識の寝返りって大事な事の様ですね。
頑張って同じ姿勢でいるってことは底がこわばってしまいますから腰に痛みを感じることもあると思います。
仰向けで休まれるなら膝の下に座布団弥丸めた布団など(寝袋の様な物)を置き底に太ももから膝の裏に当たるようにして(膝を少し上げる感じ)寝ると楽だと思います。
これがどうして楽かと言うと仰向けで寝ると腰が浮いてしまいますがこうして膝をやや立てて休むと腰がうかないのでかなり楽になりますから。
又膝の下に置く枕?があっても身体をごろごろ向きも変えられますし膝の位置を左右に移動できます。
(少しは動かした方が良いです)

Q:腰痛時の寝姿勢は?

腰痛がひどいときは、横向き、仰向け、うつ伏せ、どの寝方がいいのでしょうか。
よろしくお願いします。

A:痛い方を上にして寝てください。

筋肉の緊張ですと圧迫を受けると、ダメージが広がります。
いわゆる血管を圧迫するので、血液を少しでも流れをよくしてあげてください。
急性なら冷温シップを、長く続いているようであれば暖かいタオルを乗せて、結構を良くしながら寝てください。

寝るときに、少しでも腰痛が和らぐ寝方というものはありますか?

Q:寝るときに、少しでも腰痛が和らぐ寝方というものはありますか?

もともと腰痛持ちなのですが、最近特に痛みや違和感があり、
寝るときも仰向けうつ伏せ横になっても腰が痛く、すっきり寝れません。
しまいには腰が痛すぎてお腹までひどく壊す始末です。
小さい頃から猫背で、それも腰痛の原因の一つであると分かっているので仕事中は背筋を伸ばしているのですが、背筋を伸ばし続けることで背中と腰の筋が疲れ、肩もひどく凝ります。
しかしたまに力を抜いて猫背になると腰に悪いし、どうしたらいいのか分からない気持ちです。

寝て、翌朝すっきりすればいいのですが、最近寝ると体中の凝りと疲れ、腰痛しか残りません。
重い布団をかぶっているわけでもありません。
固く、あわない枕を使い続けているのが原因なのでしょうか……。

寝るときくらいはすっきり寝たいです。
腰痛が和らぐ寝方とかあったらどうか教えて頂きたいです、よろしくお願いいたしますo(_ _*)o

A:現職・鍼灸マッサージ師の見解

>最近特に痛みや違和感があり、寝るときも仰向けうつ伏せ横になっても腰が痛く、すっきり寝れません。
内臓性の関連痛の可能性があります。内科(女性なら婦人科も)の受診を薦めます。

慢性腰痛(8割強は原因不明とも言われていますが)でも、筋骨系の問題であれば痛むのは動作時に限られ、安静時や腰に負担のかからない姿勢をすれば痛まないものです。
それが、楽になる姿勢がなく、動作に関係なく常時シクシクと痛んだり、就寝時に痛みで寝付けないとか、痛みで目が覚めるなどという場合は内臓の病気による関連痛が疑われるのです。
決して脅かすつもりはありませんが、内臓性の場合は命に関わるということもなくはないので、何事もなければそれで良しと考え、早急に医療機関を受診すべきです。

Q:腰痛持ちです。年に1〜2回ぎっくり腰になります。15年前からです。50歳です。

朝起きたときが一番痛く、体を動かすに連れて、徐々にマシになっていきます。
マットレスは腰の事を考え、硬めのいいのを使ってます。
寝ているときはほぼ寝返りをしないで、同じ体勢のままです。
朝一腰痛体操をしてから起き上がります。整骨院にも通っていますが、よくもならないです。
仕事でも時々腰に負担のかかる体勢をします。寝方に問題があるのでしょうか?

A:同じ体勢のままなのは腰に負担がかかる

寝ているときに寝返りをしないで、同じ体勢のままなのは腰に負担がかかります。
寝返りをするような寝方のほうがいいと思います。
腰に負担のかかる体勢をするなら筋トレで腰回りの筋肉を付けたほうがいいでしょう。
腰痛や肩こりの原因は姿勢が悪いことです。
長時間の座った姿勢や長時間睡眠は腰に良くないので椅子に座る時間や寝る時間を短くしてください。

マッサージなどで多少血行を良くしても根本的な解決にはなりません。
原因に対処しないと、いくらマッサージをやっても腰痛が治ることはありません。
何回通っても高額な費用がかかるだけで暫くしたら痛みが出てきます。

痛みが強いなら、とりあえず肩、背中の姿勢サポーターや腰のコルセットを使うといいです。

腰痛とマットレスの関係Q&A

Q:腰痛に良いマットレスはポケットコイルでしょうか?宜しくお願い致します!

補足

ご返答お待ちしております。

A:水平に近い姿勢で寝るのが理想と言われています。

ポケットコイルマットレスは、コイルが独立しているので、体の凹凸に沿ってコイルが縮んで体を支えます。
そのため、お尻が下がった姿勢になり易く、腰痛には良くないと言われています。
これに対して、ボンネルコイルマットレスは、コイルが連結されており、一部が極端に沈むことが無いので、水平に近い寝姿になります。
こちらの方が、腰痛緩和に向いているでしょう。
但し、硬すぎるクッションの場合には、お尻や肩の血行不良が起きて痛みが出る事があります。
そのような場合には、エアウイーブやメディカルコンフォートのような高反発マットレスパッドで、クッション性を調節することができます。
また、通気性が良いので、カビ防止にも効果があります。

Q:腰痛持ちは低反発マットレスか高反発マットレスどっちがいいのですか?

A:一般にお尻、腰が下がる姿勢で寝るのは、腰痛に良くないと言われています。

柔らかすぎるマットレス、特に体が沈み込む低反発マットレスは、お勧めできません。
但し、横向けに寝ることが多い方は、腰の下がりはありませんので、低反発マットレスでも良いでしょう。

したがって、体が沈み込まず、適度なクッションの寝具が良いことになります。
私のお勧めは、薄手の敷布団か硬めのマットレスの上に、高反発マットレスパッドを敷くことです。
体の沈み具合は、高反発マットレスの下に毛布などを敷くことで調整できます。
なお、横向けに寝る場合は、高めの枕を使うと良いでしょう。

高反発マットレスパッドは、エアウイーブやメディカルコンフォートなどが代表的なものです。
通気性が良く、軽く、丸洗いができ、寝心地が良い、長持ちのするものが理想です。

大手の通販サイトのレビューを参考になさると良いでしょう。

Q:腰痛の軽減はどっち?

腰痛持ちなんですが、フローリングにマットレスを敷いて寝るのと、ベッドに寝るのとでは腰痛の軽減という意味では効果はどっちがいいのでしょうか?
マットレスは薄いやつです、トゥルースリーパーみたいなやつです。

A:薄いマットレスならフローリングの上がいい

薄いマットレスならフローリングの上に敷いて寝たほうがいいと思います。
けど15センチくらいののマットレスならベッドと同じですよね。
横向きは楽ですけど腰に良くないらしいので仰向けに寝てください。

Q:腰痛に悩んでいます。

ベット用のマットレスでオススメを教えてください。
トゥルースリーパーを使いはや10年。
既にヘタレてきて腰痛も酷くなり買い替える事にしましたが、色々調べてもメリットもデメリットもあって決められません。
是非よろしくお願いします。

A:今の腰痛は、トゥルースリーパーが原因かもしれませんね。

腰痛の方には、エアウイーブやメディカルコンフォートのような高反発マットレスパッドが適していると言われています。
マットレスのクッションの程度にもよりますが、仰向けに寝た時、お尻が沈み込みにくいからです。

エアウイーブやメディカルコンフォートは、マットレスパッドですので、腰痛の方の場合には、硬めのマットレス(安価な物でOK)か、薄手の敷布団の上に敷いて使うのがお勧めです。
通販サイトのレビューがある程度参考になりますが、悪い評判が実態を現わしていることが多いようですので注意が必要です。

Q:腰痛対策 マットレス

かなり腰痛に悩まされていまして、今高いマットレスを下記のどれにしようか迷っています。

①エアウィーブ
②マニフレックス
③コアラマットレス

もし腰痛持ちの方で(ヘルニア気味)上記の3つのどれかを使っている方がいたら感想など教えて頂きたいです。
腰痛じゃない方も感想を教えていただけたら有り難いです。
よろしくお願い致します。

A:寝具メーカーの物を購入

腰痛で悩んでるならそこらのメーカーはどうかと思います。
ちゃんとした寝具メーカーの物を購入しましょう。
メジャーで安心なら西川の整圧、エアー、フィットラボあたりのマットレスですね。
長年の信頼と実績が他のメーカー以上にある老舗メーカーです。
あとは昭和西川のムアツマットレス。
こちらは名前は似てますが上記の西川とは別会社です。

他にはシモンズ、フランスベッドのスプリングタイプのマットレスですが、腰痛でお悩みならば上記のウレタン性のマットレスの方が寝やすいですね。
病院等でもいい部屋だと採用してる所もあります。
体圧分散に優れてるので老人の床ずれ腰の痛みの緩和対策にもなりますからね。

後はマットレスを選ぶにあたり体格によっても通常の固さか硬めなのか別れてくるのでマットレスは実店舗で店員と相談しながら購入された方が良いです。

Q:腰痛に効くベッドマットレスについて質問です。

冬は、低反発なモットンやトゥルースリーパー夏は、高反発なエアウィーヴがいいというのが答えでしょうか?

補足

エアウィーヴの良さは寝返りしやすく腰痛に効く点です。
しかし冬は寝返りが難しいため、寝返りしなくてもそれなりに腰痛に効く低反発がいいと思っています。
これは間違っていますでしょうか。

A:エアウィーブをもうかれこれ6年くらい使っています。

お客様に勧められて使い始めました。腰痛が酷すぎて湿布が切れたら医者に行くのを繰り返していました。
20歳の時にぎっくり腰をしてから、慢性腰痛もありましたし、いつ変な腰痛が来るかに怯えてましたが、使い始めてから慢性の腰痛は本当に良くなりましたよ。
たまに色々無理をすると腰痛になりやすいですが、使う前に比べたら嘘の様です。(●´ω`●)

モットンはわかりません。
トゥルースリーパーは、10年以上前にしょっちゅう親戚の家に泊まりに行ってた時にそれで寝ていましたが、すごく体のあちこちが痛くなったり腰痛も酷くなりました。
私には低反発は合わない様です。

人それぞれでしょうから、なんとも言えませんが。

Q:モットンorトゥルースリーパーで迷ってる

腰痛が酷いのでモットンというマットレスを購入しようかトゥルースリーパーを購入しようか迷っています。
教えて下さい。

A:モットンの170Nを使ってました。

自分の体重だと170Nなんですが、自分にはもの足りなかったです。
もう少し固くても良かった感じです。
一枚物なので、ヘタって来た時は逆に腰が痛くなりました。現在は西川のボナノッテの三つ折りを使ってます。

定期的にマットの位置を変えてるので、2年使ってますがヘタってません。

トゥルースリーパーのような低反発も使いましたが、最初は寝心地も良く腰痛も改善した気がしました。
ですが、低反発のマットレスは寿命が短くヘタって来た時の寝心地は最悪でした。
トゥルースリーパーの寿命はわからないので何とも言えないんですが・・・

Q:腰痛の原因がベットのマットレスである可能性はありますか?

私は三十代ですが
なにも思い当たる節はないのに数年前から時々腰が痛くなります。
ベットのマットレスは20年は使っててかなり古いです。
ただあからさまな故障はなく
寝苦しいとかもありません。
マットレスのせいかどうか確認する方法はありますか?

補足
時々というか日常的にです。
三日くらい痛くなり二日ほど平気になりまた痛くなりの繰り返しみたいな感じです。

A:運動不足が原因ではないかな?

マットレスの厚さにもよります。柔らかくて20㎝以上ある厚さの場合だと、それが原因と言うことにもなる。
確かめる方法はマットレスを外してしばらく寝てみればよい。柔らかすぎるマットレスは基本的に体に良くないです。
使うなら硬めとか、薄いものにする事。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川