最適なベッドの高さの選び方、一押し!頑丈耐荷重500kg,ステーションベッド

ベッドの高さは低床から、2m以上高い位置に寝るロフトベッドまで多様です。

若く健康的で柔軟な年齢なら、多少ベッドの高さが高くても低くても何ら問題は生じないでしょう。
中学生、高校生の年代でしたら、1mくらい高いところから飛び降りたって平気な方がほとんどです。

ですか経年して柔軟性が失われ体が硬くなりますと、へたをしたら捻挫したり骨折することもあります。

ベッドの高さも、そのような体の変化や体調にはものすごく影響するものです。

日本人は古来から布団を敷いて寝ていました。
明治以前はおそらく100%の国民がそうだったでしょう。

夜寝る時に布団を敷いて、朝起きると布団を畳んで押し入れに収納する。
こうすることで、お部屋が寝室になったりお茶の間になったり多目的に使えて、これは世界的に見ても素晴らしい寝具と言えます。

そしてこの作業(運動)こそが健康に寄与したという研究もあります。
腰が強靭になったというのです。もっともこれには、和式トイレや正座も含まれており、今や現代人には遠い世界になった感はあります。
確かに立ったり座ったりしゃがんだりは、やってみると分かりますがかなり苦痛です。
これを毎日繰り返すのですから、筋肉の運動には十二分になったと思われます。

ところがこんな日本人の生活も、明治以降、欧米化が進みますとがらりと変わって参ります。
テーブルに椅子やベッドの急速な広がりです。
これによって、住居までもが和洋折衷ともうしますか一変してしまいます。

さてベッドです。
ベッドを最初に採用したのは、おそらくは病院や軍隊であったしょう。
軍隊のことは良く知らないですが、たぶん、狭い環境に多人数を収容するため、多段式ベッドの導入と思われます。

病院の方は、私たちは望めば、いつでも見ることができます。
不慮のことが起これば、そこに何日か寝ることだって可能です。

実はわたしも、3日間ばかりお世話になった経験があります。
がっしりした鉄パイプ製のベッドでしたが、使用感はそんなに悪くはなかったと記憶しています。
枕元に操作ボタンのケーブルが下がっていましたが、キット背もたれがリクライニングしたり、ベッドの高さも変えられたんでしょう。
私は使うことがありませんでしたが、今考えると、リクライニングくらいは試してみても良かったかな?なんて思うこの頃です。

さてベッドの高さについてです。
適切なベッドの高さの選択方法なんてことを考えますと、ベッドの高さなんて、一緒くたんで良いはずなんですが、ジッサイは、お布団に近い低床ベッドから、天井近くに寝る高床のロフトベッドまで夥しい種類の高さが存在しています。

そのわけは、ベッドは寝ることが主目的ですが、そればかりではないからです。
和室に布団を敷くように、毎朝片づけることができませんから、ベッドを採用することによって、部屋の使い方やインテリアを考える必要があるからです。

収納が少なければ、ベッド下を収納スペースにする。そうするとベッドの高さは必然的に高くなります。
子供達兄弟がワンルームで暮らすためには、二段ベッドなど多段式ベッドが欲しくなります。上段は150cmも上で寝ることになります。
ロフトベッドになると、高いものでは2m近く上で寝ることになり、その分ベッドの下が有効的に活用できるようになります。

このようにベッドの高さは、使う人のライフワークや好みによって選択することになるのです。
あらゆるニーズに沿うように設計されると、ベッドは、高さや大きさ機能までが多様になります。

理想的なベッドの高さはどれくらいですか?

理想的なベッドの高さ

それでもここでは、理想的なベッドの高さはどれくらいですか?という設問に答えなければなりません。
以下でそのことを検証して見たいと思います。

個人に適したベッドの高さを見つけることは、腰かけたとき足の裏を地面に付けて90度くらいの角度に近づけることができる態勢をとることです。
日本人の平均的な体格の人の場合、その高さは、地面から35~45cmの間です。

35~45cmは一般的に適切なベッドの高さですが、自分に適した高さを正確に見つけるのは非常に簡単です。
基本的には、ベッドの端に座り、足が90度の角度に近いことを確認します。
それは90度より少し小さいか大きいかもしれません、ところがそれが一番使いやすい高さです。

しかし理想的なベッドの高さは人によって異なり、身長や人生のどの段階にいるかによって大きく異なります。
ただし、標準的なベッドの高さはやはり約35~45cmです。
これはマットレスの上から床まで高さであって、平均的な体格の持ち主でしたら、だれでも支障なく使える高さです。

当然背の低い子供には高いでしょうし、背が高い人にとってはやや低くなるかもしれません。
ベッドの高さが高すぎるか低すぎるかを確認するには、ベッドに座って、足がどこに落ちるか、または膝の角度がどのように見えるかを確認します。
足が床に届かない場合は、ベッドが高すぎるのでマットレスを薄くしたり踏み台を用いて調節します。

膝が床に足を置いても90度の角度にならず、顎に近くなる場合はおそらく低すぎます。

では誰にとっても理想的なベッドの高さはどれくらいでしょうか?

理想的なベッドの高さを決定するときは、身長、年齢、睡眠パートナー、および個人的なスタイルも考慮に入れる必要があります。
ただし一定期間それが適正であっても、次第に合わなくなる可能性があります。
子供は成長しだんだん背が高くなり、子供の頃に設定したベッドの高さでは低くなってしまいます。
問題はカップルが同じベッドを使う場合です。片方が極端に小さく、片方が極端に大きければ、高さの設定自体が困難になります。

最適なベッドの高さを選択する方法

ベッドが高すぎたり低すぎたりしないことを確認することが最も重要です。
ベッドが床面から高すぎると、足が地面からぶら下がってしまいます。

これは、踏み台などのプラットフォームなしでベッドに入るのを難しくします。
多少な高さなら、どんな無理な態勢でもベッドに入ることを気にしない人もいるかもしれませんが、これは高齢者や運動機能障害のある人にとって、危険で困難な場合が多くあります。

ベッドが床面に対して低すぎる場合、足を前に伸ばすのは簡単です。
足を後ろに押し込むと、膝が腰より上になります。これは、実際の努力なしにベッドから出ることをより難しくします。
繰り返しになりますが、これは一部の人にとってはそれほど問題ではないかもしれませんが、身体的障害を抱えている人にとっては誰でもこれが課題であることに気付くでしょう。

適切なベッドの高さの主な決定要因は、個人の身長です。
背の高い人は、背の高いベッドが乗り降りしやすいと感じるでしょう。
一方、背の低い人は、より低いものが必要になる可能性があります。マットレスをできるだけ低く保つために床に置く人もいます。

ベッドフレームとマットレスの組み合わせを選択するときは、誰にも最適な高さの他に考慮すべきいくつかの要因があります。
考慮すべき1つの要素は、個人的な好みです。

誰かは部屋が広く見えるロースタイルのベッドを好むかもしれません、
あるいは若者が好む冒険的なロフトスタイルをもっとも望むかもしれません。
その範疇に当てはまる年齢や体格そして体調の場合は、その好みを優先して選んでもかまいません。

1.身長

完璧なベッドの高さを決定するとき、使用者がどれくらいの身長であるかを考慮する必要があります。
背が低く、毎晩ベッドによじ登り、朝に飛び降りる傾向であったならより低いベッドが良いでしょう。

同様に、背の高い人は、朝にベッドからどっこいしょ!と起き上がる必要がないように、より高いものを選ぶことがお勧めです。
ベッドが低すぎると感じた場合は、マットレスを厚くするか、脚の高いベッドフレームを購入することで、ベッドを高くすることができます。

2.年齢

使用者の現在の年齢を考慮したいと思います。
ベッドは一度買うと10年以上は使ってしまいます。
壮年期ではさほど考慮する必要は少ないですが、更年期になると10年はものすごい変化を生み出します。
実例です。私の母ですが、75歳くらいまでは布団を敷いて上げ下げした居ましたが、ある日転倒して大腿骨を骨折してかベッドになりました。
起き上がること自体が出来なくなったのです。高齢者の10年は人によるでしょうが体調が大きく変わります。
なので、ベッドの高さはとても重要になります。

子供用(幼児)のマットレスを選ぶときは、より低いベッドが必要であることを考慮してください。
子供がベッドから落ちた場合、ケガの恐れが生じますし、背の高いベッドは一人でベッドに入りにくくなります。

同様に、身体の不自由な方や高齢者は、適切な高さのベッドを用意することで大きなメリットが得られます。
ベッドが低すぎると、しゃがむかゆっくり座ってベッドにたどり着く必要があります。
これは、関節が弱い人、特に膝と腰や腕の悪い人にとっては難しい場合があります。
ベッドから出るのも難儀する場合が多くあります。
腕の力も弱まっているだけでなく、腰、膝、足首をコントロールして転倒しないようにすること自体ができにくくなるからです。

3.マットレス

理想的なベッドの高さを実現したい場合、マットレスの厚さは、どのようなベッドフレームが適正かという点で大きな役割を果たします。
マットレスの厚さは7cmから30cmの範囲です。7cmはウレタン系で寝心地は良い方ではありません。
厚さが30cm付近になりますとハイブリッド系でかなり高級な寝心地のマットレスになります。

このような厚いマットレスにはロータイプのフレームが適正です。
たとえば、ベッドフレームの高さが15cmの場合、平均的な45cmのベッドの高さに達するには、30cmのマットレスが必要になります。

また、どうしてもフレームとマットレスで低く調節できない場合は踏み台などで調節することになります。

4.パートナー

完璧なベッドの高さを見つけるのが簡単な場合は、あなたとパートナーが同じ体格である場合です。
しかしパートナーとの体格差があることの方が多いのも事実です。

その場合、どちらかが再発性の筋肉や関節の痛み、またはベッドへの出入りを困難にする他の状態を持っている場合は、その人のニーズに適応させます。
どちらかにとってベッドが高すぎる場合は、朝と夜に出入りしやすくするために踏み台ツールを使用しましょう。

ベッドの高さとベッドの種類

高さ 目安 ベッドのタイプ
低い ~30cm フロアベッド・ローベッド
標準 35~45cm 脚付きベッド ・ソファベッド 折りたたみベッド・ 脚付きマットレスベッド・ 電動ベッド…
高め  50~60cm 引き出し付きベッド・ 跳ね上げ式ベッド・チェストベッド…
高い 90cm~ ロフトベッド ・二段ベッド・システムベッド…

モダンデザイン、頑丈!耐荷重500kg,宮付きステーションすのこベッド

モダンデザイン、頑丈!耐荷重500kg,宮付きステーションすのこベッド

デザインと耐久性に拘ったコンセプトベッド

  • 安心の耐荷重
  • モダンデザイン
  • すのこタイプ

安心の耐荷重

耐荷重500kgのすのこベッド

ベッドは軋みが合ったら落ち付かない…
普通のベッドは体格に合わない…
そんな不安をまとめて解消。
規格外の頑丈さで身体をしっかりサポート。

圧巻の耐荷重500kg!!

一般的な耐荷重は100kg~150kgのところ、この商品は圧巻の耐荷重。
他にはない圧倒的な頑丈だからしっかりしてて長く使えます。

最高品質の極厚フレーム

フレームには最高品質の板材を使用。
突板を直角に重ねることで強度を出し、さらに表面材に塗装を施して高級感をプラスしました。

布団も使える頑丈すのこ

すのこ裏には25mmの極太の桟が12本、
上からの重量をしっかりと分散し、床板を裏面からがっちり支えます。

極太のスチール脚

脚は幅70mmの丈夫なスチール製。
ベッドの上で動いても揺れることなく、寝返りを打ってもぐっすり。

耐荷重500kgの頑丈設計

国内の検査機関にて、JIS規格に応じた床面中央部への30分間の垂直荷重試験を実施。
10.000N(約1.000kg)以上に試験に合格した頑丈設計です。

ベッドの耐久性試験概要

耐荷重500kgのベッド

BOKENは、繊維製品の輸出振興と品質向上を目的として1948年(昭和23年)に商工省(現在の経済産業省)の許可を得て設立。
繊維を中心とした試験・研究を行う日本を代表する中立、且つ公正な総合的試験機関です。

メーカーは此処に依頼しベッドの耐久試験をしているところも多いようです。

脚部の強度試験 (JIS S 1102)

ベッド、脚部の耐久試験

目的

ベッドの脚がぐらついていたら、安心して寝ていられません。
そこでボーケンでは、脚部の強度試験により、脚部及びヘッドボード・フットボードの取り付け強度を確認する試験を行っています。

試験方法

ベッドの形式の種類によって試験方法が異なります。

画像のタイプ(ヘッドボード及びフットボードが床面に接する形式)
床面から600㎜の高さの位置(高さが不足の時は最上端)で、ヘッドまたはフットボードの中央部に長さ方向に沿って441Nの水平荷重を反対方向に交互に5秒間10回繰り返します。

【判定基準】

脚及び脚の取付部又はヘッドボード・フットボードの取付部に緩み、ぐらつき、変形など、構造体に実用上支障のある欠点が生じないこと。

マットレスの耐久性試験 (JIS S 1102)

マットレスの耐久試験

目的

マットレスを使用するうちに段々へたってくると、クレームにつながる恐れがあります。
そこでボーケンでは、マットレスの耐久性試験により、マットレスのへたりの程度を確認する試験を行っています。

試験方法

加圧板の長径をマットレスの幅方向と平行にして測定位置に置き、5Nの荷重を加えた位置を起点として1000Nの荷重をかけたときまでの距離を往復するように試験機を調整後、160±10回/minの速度で80000回繰り返し加圧します。200回、10000回、80 000回におけるへたり量を測定ます。

【判定基準】

繰り返し200回、10000回、80000回でのへたり量がいずれも40㎜以下であり、また、表地のずれ、ほつれ、破れ、詰物の移動、落ち込み、ばねの折れ、外れ等のないこと。

床板桟強度

床板桟強度試験

目的

ベッドで寝ている時、突然床板の桟が壊れてそのまま床板が落下すると大変危険です。
そこでボーケンでは、床板の桟の強度を確認する試験を行っています。

試験方法

床板桟中央部に足型当て板(250×100㎜)を置き、その上から規定の垂直荷重(折り畳み・パイプベッド:1500N、その他:2000N)を1分間加えた後、各部の異常の有無を調べます。
試験は桟に対して平行及び直角の二方向で行います。

【判定基準】

使用上支障のある破損、変形、外れのないこと。

サイドフレームの強度試験 (JIS S 1102)

サイドフレーム強度試験

目的

就寝時にサイドフレームの強度不足によって破損事故が起こった場合、重大な事故につながってしまいます。
そこでボーケンでは、サイドフレームの強度試験により、サイドフレームの強度を確認する試験を行っています。

試験方法

サイドフレーム両端から50㎜の箇所に支点を置き、中央部に長さ200㎜の当て板を当てて3000Nまで静かに加圧し、1分間、加圧したまま保持します。

【判定基準】

部品の緩み、外れ、材料の割れ、き裂など、実用上支障のある欠点が生じないこと。

 

モダンデザイン

モダンデザインすのこベッド

ヘッドボードの曲線が美しいスマートなデザイン。
スチール脚とフレームの異素材ミックスが高級感を醸します。

ヘッドボード

ヘッドボードは薄型でお部屋に圧迫感が出にくいデザイン。
緩い曲線を描いて仕上げの良さが窺えます。

スチール脚

強度のある脚は見た目もクール。
安定感があるスチール脚と、フレームとの異素材の対比が部屋をステークスアップします。

2台並べても使えます

2台並べて隙間が出ないベッド

2台並べてもフレーム同士が隙間なくぴったりとくっつくので2台並べて使用できます。
カップルやファミリー用としてお勧めです。

便利な機能

ベッドは毎日使うものだから、使いやすさもポイント。
デザイン性だけでなく機能性も兼ね備えた形です。

キャビネットタイプ

小さなキャビネットは、眼鏡やスマホなどのちょい置きに丁度良いサイズ。
お気に入りの小物を置いてディスプレイシェルフとして使用できます。

ウレタン塗装仕上げ

ウレタン塗装 ベッド

安価なベッドでよく使われているプリント紙とは決定的に違います。
この商品はきちんとしたウレタン塗装仕上げでお手入れ楽々。
少し艶のある表情で高級感があります。
また安いベッドのプリント仕上げは、ガムテープを剥がすとき一緒に塗装面が剥がれますが、ウレタン塗装仕上げなので塗装面が剥がれることはありません。

すのこのタイプ

快適な睡眠のためには通気性が欠かせません。
ひとは人生の3分の1程度もベッドで過ごすとも言われ、一晩にコップ1杯もの汗をかくと言われています。
また日本は、高温多湿の夏が巡る気候風土なので、通気性に優れるすのこ仕様がベッドに一番向いています。
すのこ仕様なら、マットレスや寝具の湿気を上手に蒸散してくれるので、布団の中は何時もさらさらで気持ち良いです。

またすのこは天然木桐材を使っています。
桐材は古来より箪笥などの材料として親しまれてきました。
湿気や放湿作用があり、防虫効果も高いのでベッドに最適な材料です。

布団でも寝られます

布団が使えるすのこベッド

普通はすのこ部分が弱く、布団が使えないことも多いすのこベッド。
この商品のすのこは頑丈設計で耐久性に優れた作りなので、布団も安心して使えます。

ベッド下お掃除も楽々

ベッドの下は15cmも空いているので、ロボットクリーナーもスイスイ通り抜けられます。
お部屋のお掃除も楽々できるので清潔で過ごせるのが良いですね。

選べるマットレス比較表

マットレスの種類 硬さレベル アイボリー ブラック 保証

ボンネルコイル レギュラー 4 1
ポケットコイル レギュラー 3 1
ボンネルコイル ハード 5 1
ポケとコイル ハード 4 1
国産ポケットコイル 7 1
マルチラススーパー フランスベッド 8 2
デュラテクノ フランスベッド 6 2
羊毛入りデュラテクノ フランスベッド 3 2

■ 頑丈なすのこベッドはこちら

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川