失敗しないベッドのサイズ選び

ベッドサイズを決定する時固定観念にとらわれていませんか?

例えばダブルはカップル用だとかは結構勘違いしている方が多いです。

確かにカップルで使えないことはないですが、サイズ的に言えば横幅が140cmしかないためものすごく窮屈です。一人分僅70cmしかありません。

それは一人用のシングルがおよそ100cm幅であることを考慮するとはっきりします。

つまり二人で使うならば幅が160cm程あるクイーンサイズ以上が望ましいのです。

ベッドサイズと最適な使い方

ベッドサイズは自分の体型や一緒に寝る人の数などを考慮し、快適に寝れる大きさを選ぶことが大切です。

寝る人に対して小さすぎるベッドを選んでしまうと、寝にくくなったり、寝返りをうった時に落ちてしまったりするので注意しましょう。

一方でベッドサイズが大きすぎると、部屋のスペースが足りなくて設置できなくなる可能性があります。

よって、ベッドサイズは使いやすさと設置スペースのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

種類 サイズ 適正人数
セミシングル 約80cm~90cm × 195cm 1人
シングル  約97cm × 195cm 1人
セミダブル  約120cm × 約195cm 1人
ダブル 約140cm × 約195cm 1人~2人
クイーン  約160cm × 約195cm 2人
キング 約180cm × 約195cm 2人

セミシングル約80cm~90cm × 195cm

セミシングルはシングルより横幅が狭く、最もコンパクトなベッドです。
※ただし例外的に、ショート丈ベッドと云って丈が180cmのベッドもあります。

小さい子供用ベッドや女性の一人暮らし向け用ベッドなどにぴったりですね。

セミシングルのベッドを2台並べてクイーンサイズやキングサイズのベッドとして使うこともできます。

その場合二台並べて隙間のできないベッドを選びかしょう。

サイズが小さいため寝室が狭かったり、一人暮らしのワンルームで省スペースに設置したいときに便利です。

また、一人でも手軽に組み立てやすくなっているので、引越しなどで移動させる際に重宝します。

しかし、体が大きい人だと寝返りがしにくく感じることがあるため注意します。

シングル:約97cm × 約195cm

シングルベッドは最も一般的なサイズです。日本人の平均的な体格の方すべて支障ないサイズと思います。
また、ワンルームに住んでいる人や一人暮らしの人など、比較的狭い環境での利用にも使い勝手が良いです。
最も普及しているベッドサイズなので商品ラインナップが多く、デザイン機能など選択の幅が広い所も有利です。

セミシングルと同様、コンパクトなサイズなので搬入や組み立てが簡単なのも嬉しいですね。
引越しや模様替えの際に重宝するでしょう。

ただ、体格の大きい人が使うには圧迫感があるかもしれないので、部屋のスペースに余裕があればセミダブルベッドの購入をお勧めします。

セミダブル:約120cm × 約195cm

セミダブルベッドはシングルベッドより横幅が20cmほど大きくなったベッドです。
シングルベッドに比べると必要な設置スペースが広くなってしまいますが、横幅に余裕があるため圧迫感が少なく、寝返りを心配せずにゆったりと眠ることができます。
この寝心地はシングルでも大丈夫な人が寝ても実感できます。
より快適に睡眠をとりたい一人暮らしの人などにおすすめなベッドサイズです。

また、セミダブルも一般的なサイズになるので、商品ラインナップが豊富です。
おしゃれなものからかわいいものまで好みのデザインを選びやすいところもメリットになります。
ただし寝具もセミダブルサイズになるので若干高くつきます。

ダブル:約140cm × 約195cm

ダブルベッドはカップルや新婚夫婦など2人用のベッドとして一般的なベッドサイズよ思いがちですが、実は一人用なんです。
高級ホテルのツインルームではダブルが採用されているところも多いです。
1人用としてセミダブルでは物足りない場合は、ダブルサイズのベッドを検討してみましょう。

もっとも体格が小さめのカップルでしたらお二人でも使えます。
そうしている方も多いのも事実です。ところが実際に二人で寝てみるとシングルで一人よりほとんど余裕がないことに気づきます。
ですからカップル用に使うなら、本当に安まるのはのはクイーンサイズ以上のベッドになるかと思います。
寝室のスペースに余裕があればセミシングル・シングルを2台並べて使ってみるのが最もおすすめです。

クイーン:約160cm × 約195cm

クイーンベッドはダブルベッドより広々と寝れます。
カップルや新婚夫婦などで使う際に、圧迫感なくゆったりと眠りたい人にぴったりです。

ベッドサイズがクイーン以上のものは大きくて搬入しにくいため、メーカーによってはマットレスが2枚に分かれているタイプもあります。
マットレスが2枚に分かれていて隙間が気になる場合は、隙間スペーサーを利用するといいでしょう。
ですがシングルサイズ二台並べて使うより狭いです。
カップルで使う場合ここはやはりシングルの二台並べがワイド200cmになるので贅沢に使えます。

キング:約180cm × 約195cm

キングサイズは横幅がクイーンベッドより20cm大きいベッドです。
最も大きなベッドサイズになっており、カップル用として使われています。
クイーンベッドと同じようにマットレスが2枚に分けられるため、隙間スペーサーの活用をおすすめします。

クイーンの説明項に書いた通りシングル二台より10cmも狭いです。
キングはカップル用なので、キングは子供と三人で使えるという方もいますがちょっと狭いです。
三人以上の家族で使う場合はファミリーベッドがお勧めです。
こちらは最大幅300cm位まであります。

しかし、キングサイズは一台の大きいことから搬入が難しいというデメリットがあり、メーカーも沢山作っていません。
キングサイズ以上のベッドを使いたい方は、シングルやセミダブルのベッドを2台並べる方法も検討してみるといいでしょう。

ベッドの使い方と適合サイズ

シングル・セミダブルを1人で使う場合

一人で使うにはシングル、それともセミダブルもあり?
条件が許すなら、シングルよりもセミダブルのほうがゆったり寝れます。

シングルサイズでも一人で寝ることは一般的です。
お一人の場合これが普通と言っても良いでしょう。

が・・・

寝相の悪い方が寝返りを打ったりすると、うっかり落ちてしまうこともあります。
何と言っても左右に15cmほどしかスペースが余らないので、身体が大きい方ならもっとキリキリです。

ということで一回り大きいセミダブルサイズを使うこともありではないでしょうか。
セミダブルサイズにすることで、よりゆったり快適に休むことができます。

ダブル・クイーンを2人で使う場合

ダブルベッドは新婚さん用?いいえダブルは二人で寝ると、ほとんど余裕がありません。
お二人でも、ゆったり眠りたいなら、クイーンサイズやキングサイズがおすすめ。

二人用ならダブル…、そうお考えの方が多いですが、
実際二人で寝てみると余裕はほとんどなくなってしまいます。(※体の大きさによります)

お二人でもゆとりをもって寝るならクイーンorキングがオススメです。

もっとおすすめなのはシングルとセミダブルを二台並べる使い方です。
これなら将来離してツインとしても使えるのでとっても便利です。

シングル×2とセミダブル×2を3人で使う場合

究極の情操教育はスキンシップ!と云われています。
川の字に眠ると親子の絆が深まり、幸せホルモンが分泌されるそうです。

幼児期に親子で眠るスキンシップの効果は凄いのです!!
それにはゆったり眠れる、シングルベッド×2台、セミダブルベッド×2台使いがお勧めです。
あるいはファミリーベッドが安全で安心です。

ファミリーベッド、連結ベッドとは

ファミリーベッドは連結ベッドとも呼ばれ人気のベッドです。は
最大幅300cmくらいまでののスーパーワイドキングサイズベッドがつくれます。

組み合わせ自由自在だから、使用環境にもっとも合わせやすいベッドです。
近頃話題になっている情操教育、スキンシップにもっとも適したベッドなんです。

親子のスキンシップが幸せホルモン、オキシトシンの分泌量を増やす♪
幼児期のスキンシップはその子の将来を幸福に導く要素だと云われています。

それは子どもの中に”幸せの根っこ”をつくってくれるからです。
子どもに優しく触れ事によって「人に対する安心感が刷り込まれます」人への信頼感が育つのです。

皆様は「オキシトシン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「オキシトシン」は脳内物質の一種で愛情ホルモンとも呼ばれ、主に人と親密な関係を深める、 愛情や絆を深める、安らぎや幸福感を高めるなどの働きがあります。

この「オキシトシン」がもっともよく出るのが、好きな人との愛情のこもったコミュニケーション。
親子のスキンシップは一番の方法です。

幼児期にお風呂やベッドをともにする。これこそが大切なんです。
これは親子ばかりでなく、ペットとのスキンシップ、夫婦、恋人とのスキンシップも同じことです。
ふれあうことによって幸福感に満たされるのはこのためです。

オキシトシンは大人にも作用しているのです。

連結ベッドはこちら

まとめ

わたしたちが健康で過ごすには、バランスの取れた食事と、程度な運動、そして満ち足りた睡眠が必要です。
その大切な睡眠は、寝室環境やベッド、寝具によってもたらされます。
ベッドサイズは、余裕がある大きさで無ければ十分な休息は得られません。
なぜなら、わたしたちは睡眠中20回から30回もの寝返りを打つと言われています。
そのときベッドに余裕がなければ、寝返りのたびに落ちそうになり目を覚ますという事になります。
一人寝でもベッドを一回り大きくして、セミダブルを使うと、睡眠の質が上がるのはそのためです。
部屋に余裕があるのでしたら、是非試してみてくださいね。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川