寝室のカラーコーディネートにおける色の心理的効果、代表的な10カラーについて考える

寝室のカラーコーディネート

寝室のカラーコーディネート

インテリアカラーコーディネートは、人の個性と色の好みを組み合わせて、内面の自己を表現するアートです。
それは私たちが白いキャンパスに様々な色を乗せて、個性的な絵を描くことに似ています。

そのやり方をシンプルに、しかも大胆にインテリアに上手に融合させるのがインテリアカラーコーディネートの妙という訳です。

インテリアデザインは主に、創造性に焦点を当てていますが、私たちが使用する配色の意味も調べる必要があります。

わたしたちは通常、インテリアの中で一番安らぎを必要とし、健康的にすごしたい場所は寝室という事になります。

なぜなら人生のうちで3分の1もの長い時間を過ごす場所になるからです。

インテリアに於ける家具やカーテンやカーペットなど、色について考える要素は沢山あります。

そして色はそれぞれ、わたしたちに様々な精神的作用を及ぼしています。
ですからその色の特性を良く理解して、バランスよく配置することがとても重要になってきます。

インテリアカラーコーディネートの配色時の黄金比率

カラーの配色で基本となる黄金比率は70:25:5と言われています。
配色で最も大きい色を「ベースカラー(基調色」、次に面積を占めるメインの色を「メインカラー(従属色」と言います。

インテリアのカラーコーディネートでは、まずこの二つのカラー決めることが重要です。

最後にアクセントカラー(強調色)を決めて色を組み合わせることでバランスの良いお部屋が生まれます。

色彩心理学

色についての心理学は、各色が人の気分、認知機能、創造性、生産性にどのように影響するかについての理論です。

青や緑などの落ち着いた色合いに囲まれていると、リラックスした気分になります。

一方、人が赤、栗色、オレンジなどの鮮やかなトーンに囲まれている場合、わたしたちはエネルギッシュで情熱的な気分になります。

同様に、白やグレーなどの中間色は、落ち着いた感じになります。

色についての心理学は、人間の脳に対する、各色のさまざまな色相の科学的作用に基づいています。

色の作用はどなたも似ているように見えるかもしれませんが、研究によると、各個人は標準的な配色に対して異なる反応を示します。

つまり受け取る側の個性によるところも大きく影響しているという事になります。

配色はインテリアデザインの重要な要素です。

壁の色、家具、自然の要素、装飾品、照明、備品はすべて、住民の精神に重要な役割を果たしています。

たとえば、わたしたちが選んだ色の組み合わせに囲まれて何時間も過ごしたとします。
それは配色によっては快適でリラックスした気分にさせ、職場での生産性を高めます。
あるいは沈んだ気持ちになり、生産性が上がりません。

色の心理学に関する複数の研究の結果に基づいて、各人は各色に対して異なる反応を示します。

たとえば、一部の人々は、黒は気の滅入るようで意欲をそがれる色だと感じています。
ただし、他の何人かは、黒によって元気を得て活発になります。

赤を避ける人もいれば、赤で刺激を得る人もいるのです。

したがって、どのような配色が最も魅力的であるかは、そこに住まう個人の個性によるという事です。

とはいえ、色の効果について詳しく知り、その知識をアイデアに生かし実装することは決して無駄ではありません。

色の分類と効果

色の分類は、一般的には暖色系、寒色系の2種類があり、それぞれ効果を持っています。

暖色系

交感神経を刺激し、血圧や脈拍、呼吸数を高めるという体を活動的にさせる色です。
心理的にもアクティブな状態。この色の波長はパワーと気力を引き出してくれる。
特に赤は活性のイメージを与え、エネルギーの発散を促す。
また、実際の滞在時間よりも長居したと感じます。

寒色系

副交感神経を刺激し、生理機能を沈静させ、身体をリラックスさせる色です。
筋肉組織を弛緩させます。また、実際の滞在時間よりも短くいたと感じます

一般的にインテリアに使用される10カラーと神理的効果

赤の特徴とカラーイメージ

赤を使った寝室

赤は、燃える炎の色です。感情全体を高揚させる鮮やかな色です。
あずき色のような暗い色合いでも、鮮やかなレッドの明るい色合いでも、愛と友情の雰囲気を作り出すことは出来ます。

デザインプランに赤を実装すると、部屋全体に興奮と活力が加わります

赤は、オフィスビルやホームオフィス、居間、寝室で使用できます。
オフィスでは、赤はリーダーシップ、意志力、高いエネルギーレベル、そして友情を刺激します。
リビングルームで使用すると、すべての色合いの赤い色が友情を刺激し、会話を刺激します。

しかし、赤の色の最高のユーティリティは、それが愛、欲望、そして情熱の気持ちを燃やす寝室にあります。

赤はまた、怒りと復讐の感情を刺激します。

そのため、赤は、人間の感情のバランスをとるために、白やベージュなどの落ち着いた色調と組み合わせるのが最適です。

生産性を刺激するために赤のニュアンスを高くすることができますが、それを等しく補完するようにしてください。

赤は気分を高揚させて活発にする作用や空間に使うと温もりを感じる効果もでます。
やる気が出て時間経過が早く感じるでしょう。

たとえば、寝室の1つまたは反対側の壁に赤を使用し、部屋全体には落ち着いた落ち着いた色調を使用します。
これは、黄色、薄緑の自然な色調、または無地の白いタッチなどの補色の助けを借りて、血圧レベルを抑えながら情熱を刺激します。

赤の深層心理

喜び、愛、情熱、欲望、セクシュアリティ、感度。
エネルギー、パワー、活力、強さ。
決意、リーダーシップ、勇気、意志力。
怒り、怒り、悪意、怒り。
危険、戦争。
飢え。

赤がもたらす効果

アドレナリンの分泌をよくする
心拍数を上げる
新陳代謝を促進する
自律神経を刺激し、緊張状態にする
食欲増進
人を元気づけ、より活発にさせる

茶色の特徴とカラーイメージ

「茶色(ブラウン)」は「土、樹木の幹」など自然をイメージさせる色。
アースカラーと云われ私たちに「安心感・温もり」を感じさせてくれます。

木の文化を持つ日本では「茶色」は、障子の枠・床・家具などインテリア配色の中心ともなることも多い色です。

自然な色合いと柔らかく安心感のあるエッセンスを備えたブラウンは、広大な空間で驚異的な働きをし、モダニズムとクラシックのさまざまな要素を同期させることができます。

ブラウンは感覚をリラックスさせる傾向がありますが、多少周りに多すぎて、無活動と目標の定まらない緩さににつながります。

一方、鮮やかな色合いや他の自然な色合いと組み合わせて、茶色は弾力性と安全性を象徴することができます。

インテリアデザインでは、素朴な印象と落ち着いた雰囲気を演出するためにブラウンを多用しています。

エレガントですが、うつ病を引き起こす傾向があるので、黄色、白、赤、緑、オレンジなどの幸せな色と組み合わせるようにすると良いでしょう。

茶色の深層心理

安全性、セキュリティ、信頼性、暖かさ、快適さ。
レジリエンス、スピリット、決意、リジディティ。
悲しみ、孤独、うつ病、孤立、無関心。
広大さ、開放性、厳しさ、連帯。
強さ、力、洗練。

茶色がもたらす効果

心身をリラックスさせる
安心感と安定感を覚える
赤の情熱、黄色の明るさを兼ねそろえた色(イメージ)

オレンジの特徴とカラーイメージ

オレンジを使った寝室

もう1つの際立って鮮やかな色はオレンジです。
それは太陽の光と自然を象徴しています。

オレンジとそのすべての色合いは、精神にプラスの効果をもたらします。
ゴールドなどのオレンジ色ではあるがやや遠い色調は、富と繁栄を表しています。
それは、使う方の個性や成功、名声に対する彼らの願望を反映することができます。

オレンジは、赤と同じように、欲望、愛、セクシュアリティ、食欲を刺激します。
この色は、人々がビーチに横になって飲む熱帯のジュースを思い出させ、主に食欲を上げる効果があります。

オレンジは通常、色の極端な影響を和らげる無料の色合いのある寝室で最もよく使用されます。
また、運動場で人々を刺激するためにそれを使用することができます。

オレンジは食欲を増進させることができるため、屋内および屋外のキッチンエリアに最適です。

たとえば、落ち着いた効果を出すためには、壁に自然でニュートラルな色合いを使用します。
オレンジ色のパターンのランプを導入するか、オレンジ色の椅子とクッションを使用して部屋に変化を与えます。

オレンジの深層心理

幸福、落ち着き、喜び、リラクゼーション、暖かさ。
愛、魅力、情熱、セクシュアリティ、喜び、欲望、愛着。
励まし、決意、熱意、刺激。
成功、富、名声、卓越性、繁栄、知恵。
欺瞞、裏切り、攻撃性、支配、不信。
癒し、エネルギー、振動。
創造性、魅力、冒険。

オレンジがもたらす効果

食欲不振を治す
前向きな気持ちにさせる
筋肉痛、しびれ、胃潰瘍の症状を和らげる
内分泌を活性化
健康的で躍動感、賑やかさを感じさせる(イメージ)

黄色の特徴とカラーイメージ

黄色を使った寝室

黄色は太陽の光の代名詞であり、それによって光と幸福の効果を広げます。
黄色は、金色と密接に関連しているため、知性と繁栄にも関連しています。

インテリアデザインでは、キッチン、ダイニングエリア、廊下、バスルームに黄色をお勧めします。
色は自動的に人々の精神を高め、部屋を明るく晴れた感じにします。

黄色のほとんどの色合いは精神にプラスの効果をもたらしますが、鈍い黄色は運命、衰退、病気の感覚を引き起こします。
家の周りの明るい色合いに黄色を使用するのが最善です。

ただし、黄色は制御できない感情を刺激する傾向があるため、慎重に使用する必要があります。
非常に楽観的昂揚的な効果があるため、完全に黄色い部屋は血圧を上昇させる可能性があります。

黄色はまた、特に灰色または白と組み合わせると、インテリアデザインに洗練されたレベルを追加します。

灰色のベースに模様のある黄色の漆喰壁は、90年代にかなりの人気を博しましたが、現在より高品質の素材で復活しています。

黄色の深層心理

喜び、幸福、ケア、誠実さ。
インテリジェンス、エクセレンス、服従、生産性。
エネルギー、鮮度、自然。
注意、病気、運命、衰退、嫉妬。
楽観主義、励まし。

黄色がもたらす効果

神経を興奮させ、うつや精神の衰弱に効果がある
リンパ系を刺激し、機能を高める
消化器系の働きを促進して消化不良、胃炎、糖尿病などによい
見かけより軽く感じさせる

緑の特徴とカラーイメージ

緑を使った寝室

人々が緑色を見るとき、わたしたちは自然落ち着きます。
実際には、自然は残酷である可能性がありますが、こと緑に関しては人間の心は自然を新鮮さ、平和、そして信頼と結びつけます。

したがって、緑はインテリアデザインの強力な武器です。
緑は感覚をリラックスさせ、高血圧と血圧のレベルを下げるのに役立ちます。

緑は非常に用途の広い色です。緑のさまざまな色合いは、さまざまな感情を促進します。
ライトグリーンとアクアグリーンには心を落ち着かせる効果がありますが、ダークグリーンは主に貪欲と嫉妬に関連しています。
一方、オリーブグリーンは平和と調和で世界的に認められています。

緑は家中のさまざまな色合いで使用できます。
壁に明るい色合いを使用して、植物のある暗い緑の色合いとのコントラストを作成できます。

植物が自動的に人々に自然を思い出させるので、暗い色合いの効果は中和されます。
緑は落ち着きのある安心感があり、インテリアデザインに最適な色です。

緑の深層心理

自然、調和、成長、出産。
平和、セキュリティ、安全、保護。
鮮度、喜び、癒し。
貪欲、嫉妬、野心。
臆病、病気、葛藤。
落ち着き、誠実さ、快適さ。

緑がもたらす効果

神経系統の鎮静作用、鎮痛作用、緊張緩和、催眠作用
ストレスの減少
解毒、殺菌作用(フィトンチッドの効果=森林浴)
目を休める(アイレストグリーン)

青の特徴とカラーイメージ

青を使った寝室

青は、インテリアデザインのカラーで最も落ち着いた色の1つです。
色の心理的影響に関しては、青は心をリラックスさせ、心拍数、代謝、血圧、高血圧を遅くします。

特にスカイブルーやライトブルーなどの水色の青は、心に癒しの効果をもたらします。
それは海やプール白い雲が浮かんだ青い空を連想させます。
青は、一連のプラスの効果があり、精神にほとんどまたはまったくマイナスの効果がない唯一の色です。

誰でも家のすべてのエリアで青系の色合いを使うことができます。
ロイヤルブルーなどの濃い色を原色として使用し、黄色と組み合わせてキッチンやプレイルームなどに使用できます。

また、寝室やダイニングルームで明るい青と濃い青の色を組み合わせて使用​​することもできます。

スペースの狭い暗い部屋で青を使用すると、氷に閉じ込められたような不気味な感じがしますが、温かみのある色を加えることで効果を中和することができます。

青のほとんどの暗い色合いは、優雅さ、豪華さ、そして王族に関連していますが、サファイアの色はデザインプランを際立たせます。

ブルーライトは目にも優しいので、不快感を軽減します。
全体として、青はすべてのモダンおよびコンテンポラリーなインテリアデザインのトレンドにうまく対応する優れた配色です。

青の深層心理

落ち着き、静けさ、コントロール、至福、柔らかさ。
知識、知恵、知性、力、真剣さ。
信仰、信頼、忠誠、誠実さ、勇気、誠実さ。
癒し、健康。
エレガンス、ラグジュアリー、繁栄。

青がもたらす効果

精神を沈静化させ、安定させる
集中力を促進させます
解毒、殺菌作用があります
催眠効果があるといわれています
内分泌系の働きを鎮静させます
発汗を押さえる作用もあります

紫の特徴とカラーイメージ

紫を使った寝室

紫色は通常、優雅さと王族に関連しています。日本では高貴な色とされています。
紫色の配色は、創造性とデザインを刺激する領域でうまく機能します。

バイオレットやプラムなどの明るい紫の色合いは、デザインスキームにセンスを加えます。
一方、ラベンダーやモーブなどの明るい紫の色合いは、落ち着いた、しかし堂々とした効果をデザインにもたらします。

紫は創造性を刺激するので、更衣室、ウォークインクローゼット、社内のアートスタジオ、さらにはキッチンに追加することができます。
この色は、創造的で舞台芸術への刺激を与えるのに役立つため、思春期の10代の若者に特に人気があります。

が、30代の女性が最も好む色ともされていて、資生堂の「花椿マーク」は紫が使われています。
紫はミステリアスなカラーでもあるのです。

紫の規則性は、ゲストが時間を過ごすホワイエやリビングルームでもうまく機能します。
それは落ち着き、優雅さ、そして贅沢の本質を与えます。

紫の深層心理

エレガンス、ラグジュアリー、リッチネス、洗練。
ドラマ、深さ、興奮。
創造性、ミステリー。
静けさ、静けさ、リラクゼーション。

紫がもたらす効果

血圧、脈拍を低下させる
想像力、創造力を促進させる
治癒効果をもっている。
不安、ストレスを蓄積させる

ピンクの特徴とカラーイメージ

ピンクを使った寝室

ピンクには柔らかい優しい印象をもつ女性的なイメージが強くあります。
心や体に満ち足りた気分をもたらしてくれます。

ピンクは美しくなるためには必要な色です。
幸せな気分を作り女性ホルモンの分泌を助けます。
血行をよくし肌の潤いを保つピンクは積極的に取り入れたい色です。

適切に使用すると、ピンクとそのすべての色合いが愛と思いやりの雰囲気を作り出します。

ピンクは主にフェミニズムに関連していますが、男性的な効果のためにこの色を使用することもできます。

実は男性だって好きな方は多いです。ただ社会的制約を持ってして派手には使っていないだけです。
誰だってピンクのセーターを纏った女性を悪くは思わないでしょう?

シンプルなパターンと洗練されたデザインは、現代のインテリアデザインのトレンドにおいてピンクをまったく新しいレベルに引き上げることができます。
それは慰めと愛の気持ちを扇動します。
マゼンタ、フクシアなどの鮮やかなピンクの色合いは、水色などの二次色と組み合わせると、ステートメントを作成するのに役立ちます。
それらを使って、壁の模様の遊び心を引き出すことができます。

ピンクの色を自然な色合いまたは赤と白の鮮やかな色調で補完して、形と機能を高めます。
喪失感や過度の甘さを防ぐのに役立ちます。

ピンクは、10代の女の子の部屋の色や、リビングルームやバスルームで喜びと至福の雰囲気を作り出すのに最適です。

ピンクの深層心理

甘さ、暖かさ、快適さ。
愛、思いやり、育成。
コンプライアンス、喪失(特にロマンチックな愛着の)。
ロマンス。
清潔さ、機能性、洗練。
グラマー、フェミニズム。

ピンクがもたらす効果

幸福感 安心感が得られる
興奮や攻撃性を弱める

黒の特徴とカラーイメージ

黒を使った寝室

黒色は、闇や死をイメージさせる色であるため、不安や恐怖などマイナスのイメージを与える一方で、洗練されてた威厳のあるプラスイメージも合わせもっています。

また、高級感を与える効果もあるので、高級感を出すために商品や宣伝広告のテーマカラーとしてよく使用されています。
黒塗りのセダンは 高級車のイメージがします。

インテリアでは、黒色をどれ位の割合でどんな使い方にすかによって印象が大きく変わってきます。

黒はシンプルさと機能性を意味します。この色は、モダンなインテリアデザインと建築に最適です。

心理的な面では、真っ黒な部屋は圧倒的で暗いものになる可能性があります。
ただし、色を赤、白、青、またはその他のほとんどのものと組み合わせると、優れたコントラストが得られます。

一般に信じられていることとは反対に、特にキッチン、リビングルーム、ダイニングエリア、バスルームでは、黒がインテリアデザインに最適です。
この配色により、フォルムは機能に従い、シンプルなデザイントレンドに対応します。

黒の深層心理

機能性、シンプルさ。
欲望、保護。
不機嫌、うつ病、乱雑さ、恐怖。
エレガンス、モダニズム、洗練。
効率、制御、美しさ。

黒がもたらす効果

重量を重く感じさせる
モノが締まって見える
相手に強い意志を伝える
自信を与える
見た目が疲れにくい(イメージ)

グレーの特徴とカラーイメージ

グレーを使った寝室

グレーは、エレガンスとスタイルに関連性の高いもう1つのニュートラルカラーです。
グレーが人間の心に与える影響についてはいくつかの論争がありますが、正しく使用すれば、かなり良い効果をもたらす可能性があります。

一部の人々はこの色が気の滅入るように感じます。
ただし、グレーは鮮やかな配色の中和剤として使用できます。

壁に明るい灰色を使用することは避けるのが最善ですが、1つの壁に暗い灰色を使用して、白、黄色、ピンクなどの幸せな色で囲むことができます。
明るい部屋の家具にグレーカラーを実装することもできます。それはデザインプランに優雅さと洗練を加えます。

実際には、グレーはさまざまな人々にさまざまな感情を呼び起こします。
グレーのさまざまな色合いは、一部の人を落ち着かせる効果がありますが、他の人をうつ病に追い込みます。

壁の色よりもテキスタイルにグレーを使う方が安全です。
部屋の主な色として使用する場合は、自然光をたっぷりと取り入れて、部屋をより快適で暖かく感じさましょう。

グレーの深層心理

フォーム、機能性、生産性、シンプルさ。
憂鬱、うつ病、スティーリー。
強さ、力、剛性、決意、意志力。
スタイル、エレガンス、洗練。

グレーがもたらす効果

脳機能を低下させる
エネルギーを低下させる
対人ストレスを和らげる
見た目が地味に感じてしまう(イメージ)

白の特徴とカラーイメージ

白を使った寝室

白の 清らかでけがれのない無垢なイメージは、白の語源とされる隠すところのない明白な様子を指した「著(しる)」と結びつけられます。
インテリアデザインでは、白が強力な配色として機能します。

アイボリーなど、さまざまな白の色合いがあります。
壁や天井などの標準色として広く使われています。
ベージュはコンビネーションカラースキームを採用していますが、それでも白とうまくバランスします。

白は平和と静けさを連想させます。

そのため、日本の建築やスカンジナビアの文化が白を豊富に取り入れています。
清潔さを表しており、表面の跡や汚れを簡単に見つけることができます。

白は、すべてのデザインアイデアを実装するための空白のキャンバスとしても機能します。

心理的なレベルでは、白い配色は閉所恐怖症に苦しむ人々に最適です。

白の実装により、部屋はより広く、よりきれいに見えます。
配色は不安や高血圧の人にも適しています。
ニュートラルカラーの落ち着いた効果は、心拍数と血圧を制御するのに役立ちます。

白はシンプルな生活を象徴しています。

したがって、住民が四肢や興奮に邪魔されることはめったにありません。
ベッドルーム、バスルーム、キッチン、リビングルーム、ダイニングエリアなど、家のどの部分でも白を使用できます。
または、プロパティ全体で白を使用することもできます。一見、視覚空間を増やし、緊張を和らげます。

白を他の色と組み合わせて、鮮やかな効果を出すことができます。
豪華なデザインのためには、白と金、灰色、または黄色を組み合わせると良いです。

より活気を与えるためには、赤、オレンジ、または緑と組み合わせることができます。
白と青を組み合わせて落ち着きとリラックスを楽しむこともできます。

白の深層心理

静けさ、平和、調和
清潔さ、衛生
開放性、信頼、友愛
創造性、挑戦、生産性、効率
制御、有効性、機能性
エレガンス、ラグジュアリー、繁栄

白がもたらす効果

長時間見ると眼球が疲労する
重量を軽く感じさせる
爽やかで清潔というイメージがあります
緊張感、警戒心の象徴となります

まとめ

色彩心理学は、インテリアデザインと密接に関連している大規模な研究分野です。
それが家であろうと狭い一室であろうと、正しい配色は住む人の生活に大きな違いをもたらすことができます。

インテリアデザインは住む人の個性を効果的に反映しているので、住まう方が快適に感じるように配色を使用するのが最善です。

働き盛りの方にとっては、赤、白、黒の色合いが、個人のパフォーマンスを向上させるのに最適です。
同様に、高血圧、不安、喪失、またはうつ病に苦しむ人にとっては、青や緑などの涼しい色が理想的です。

白を使って彼らの精神を高揚させることもできます。
黒、灰色、赤などの色は強い否定的な感情を引き起こす可能性があるため、避けましょう。

元気が欲しい人には、黄色、ピンク、赤、オレンジ、白が最適です。

ラグジュアリーとスタイルを好む人のために、サファイアブルー、アクアグリーン、グレー、ゴールド、レッドの配色が彼らの内面を表しています。
これらの色はインテリアデザインにアクセントを加え、芸術と歴史のイメージが得られるでしょう。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川