お部屋の広さとベッドの関係・ベッドサイズの選び方

ベッド設置とお部屋の関係

人によって体格が変わります。一人で使うからシングルサイズでいいとは限りません。
お相撲さんのように巨大な体格では、ダブルサイズやキングサイズが必要になります。
普通の体格の方でも、寝方によってはベッドサイズを選ぶ基準が変わってきます。
例えば寝相が悪く、自由に動き回れるサイズのほうがしっくり眠れる、という方はセミダブルのほうが向いています。

とは言っても、ベッドは専有面積がとても大きい家具なので、お部屋との関係もあります。
そしてお部屋は、たとえ8帖の広さがあっても、他の家具も置かねばならない場合が多くあります。
大は小を兼ねるからと言って、無暗にサイズアップすると、部屋は狭くなるし、寝具も高コストになります。そこらへんのところをよくよく検討してベッド選びをしなくてはなりません。

ベッドのサイズとお薦めサイズ

ベッドのサイズとお薦めサイズ
サイズ 幅cm 概要
セミシングル (約)85cm お子様・小柄な方・寝相の良い方などでしたら特に問題ないサイズです。お部屋が狭い方にもよろしいですね。
シングル (約)97cm シングルベッドは最も一般的なサイズです。日本人の平均的な体格の方すべて支障ないサイズと思います。
セミダブル (約)120cm お一人でお休みになる際に余裕のあるサイズです。格の体格の大きい方・寝相に自信のない方はこちらをどうぞ。
ダブル (約)140cm 小柄なカップルならば、お二人でお休みになれるサイズです。贅沢にお一人でご使用になるのもいいですね。
クイーン (約)160cm お二人でお休みになるのに十分余裕のあるサイズです。
お部屋自体も8畳以上の広めの寝室に向いています。
キング (約)180cm お二人でも余裕をもってお休みになられる大きなサイズです。2本仕様であればお互いの寝動きも気になりません。お子様で三人でという方にも人気です。

先に申し上げたとおり、ベッドは専有面積がとても大きい家具です。
広いと思っていたお部屋が、ベッドを置くと、歩くスペースが無くなるということだってありえます。

寝室のレイアウト

寝室のレイアウトズ

ベッドや家具を紙で切り抜いて、寝室の図面上にレイアウトしてみましょう

始めてのお部屋にベッドをく場合、失敗しないでレイアウトする方法があります。それはお部屋の縮尺平面図を書いて、ベッドやその他の家具の平面図を、お部屋の縮尺でそれぞれ紙で切り抜き、お部屋の図面上に置いて見ましょう。

切型ですから、いろいろ置き換えてレイアウトが決められます。

空きスペースを測って、縮尺を戻すと、ジッサイの空きスペースの値が求められます。

この時、動線スペースは最低70cm程はないと動きずらいです。

お部屋の広さとベッドの関係例

〇〇畳のお部屋にベッドを置くとこんな感じ
ベッドと部屋の適応サイズ・4.5帖 ベッドと部屋の適応サイズ・6帖
4.5帖(江戸間)261×261 6帖(江戸間)261×352
シングルベッドとサイドテーブルが置けます シングルベッドとサイドテーブルが置けます。
ベッドと部屋の適応サイズ・8帖 ベッドと部屋の適応サイズ・10帖
8帖(江戸間)352×352 10帖(江戸間)352×455
左右スペースがギリギリですが、シングル2台+サイドテーブルも設置可能です。幅85cmのセミシングルサイズならもっと左右に余裕ができます。 シングル2台+サイドテーブル2台設置可能です。1人1台サイドテーブルが使えるので便利です。

ベッドのサイズと使い勝手

一人で使うにはシングル、それともセミダブルもあり?
条件が許すなら、シングルよりもセミダブルのほうがゆったり寝れる♪

シングルベッドとセミダブルベッド

シングルサイズでも一人で寝ることは充分可能です。

お一人の場合これが普通と言っても良いでしょう。

が・・・

寝相の悪い方が寝返りを打ったりすると、うっかり落ちてしまうこともあります。

何と言っても左右に15cmほどしかスペースが余らないので、身体が大きい方ならもっとキリキリです。

ということで一回り大きいセミダブルサイズを使うこともありではないでしょうか。

セミダブルサイズにすることで、よりゆったり快適に休むことができます。

ダブルベッドとクイーンベッド

ダブルベッドは新婚さん用?
お二人でも、ゆったり眠りたいなら、
クイーンサイズやキングサイズがおすすめ。

二人用ならダブル…、そうお考えの方が多いですが、

実際二人で寝てみると余裕はほとんどなくなってしまいます。(※体の大きさによります)

 

お二人でもゆとりをもって寝るならクイーンやキングがオススメです。

もっともおすすめなのは、シングルとセミダブルを二台並べる、これなら離してツインとしても使えるのでとっても便利です。シングル2台を使っても良いですし、シングルとセミダブルの組み合わせもお勧めです。

ベッドサイズの選び方

ベッドサイズは、ショートベッド、セミシングル、シングル、セミダブル、ダブルからスーパーキングサイズまでといろいろあります。

ベッドサイズの関しては、一人ならほとんどの方がシングルで間に合います。
ですが小柄な方でしたらショートベッドが使えます。
ショートベッドは、マットレスの長さが180cmで、普通のサイズと比べて15cmも短いので、今までベッドが入らなかったようなニッチな狭いお部屋にもベッドが置けるかもしれません。

また背が高い方はロングサイズが向いていますし、大柄な方はセミダブルやダブルが使い勝手が良いです。

また、彼氏や彼女と恋愛中な方は、シングルよりセミダブルやダブルぐらいを置いている方が気が利いています。

そして、こんど引っ越すお部屋にベッドが入るのか?
なんて気になる方は、前項で申し上げたレイアウト図を書いてみましょう。

ショート丈ベッド(約、幅88×180cm)

通常より長さや幅の小さなベッドを探している方に向けてはショート丈ベッドがあります。
こちらはマットレスサイズが一まわりコンパクトです。

ショート丈というのはマットレスサイズが通常サイズのベッドと比べて短いベッドの事を言います。
レギュラー丈より15cm程度短くなっていて、ベッドボード部分を入れても全長200cm以下であることがほとんどです。
通常のベッドより一回りコンパクトなので、この差でドアや物入れの扉が開け閉めできるかが変わる場合があります。

ヘッドボードの棚の大きさは商品により異なりますが、棚もスリムタイプやヘッドレスを選べばよりベッドの設置スペースを削減することができます。
ショート丈ベッドはマットレスやそれにあったリネンも専用なので、専用のリネン類とセットのショート丈ベッドもご提案しています。
洗い替え用や模様替え用に単品販売もありますので合わせてご利用ください。

ショート丈ベッドがおすすめの方。

・小柄(身長が160cm未満)なので長さのあるベッドは必要ない方。
・ワンルームなどであまり大きなベッドが置けない方。
・子供部屋にベッドを置きたいけどレギュラー丈だと扉が閉まらない方。
このような方はショート丈のベッドをご検討ください。

セミシングルベッド:(約 80-90cm×195cm)

また長さは普通サイズ(195cm)で、幅を詰めたセミシングルサイズもあります。

一人暮らしのワンルームや子供用ベッド・2台を並べて使うのに最適なサイズです。
省スペースな為、お部屋に対してのベッドの占める範囲は少なくなるというメリットはありますが、横幅が狭い為、大柄な方は寝返りがしづらいかもしれません。
中央に寝た場合は。横に15cm程度の幅しかありません。体が大きな方はこの幅で足りるかご確認くださいね。
セミシングルサイズのベッドは。商品により幅80cmの物と幅90cmの物がありますのでご注意ください。

セミシングルベッドがおすすめの方。

・体の小さな方や華奢な女性の方におすすめのサイズです。
・セミシングルサイズは、2台並べての使用が主流になっています。
2台並べての使用イメージは、幅80cmの場合はクイーンサイズ(160cm)になります。
幅90cmの場合はキングサイズ(幅180cm)になりますのでご確認ください。

シングルベッド:<約 100cm×195cm>

スングルサイズは最も一般的なサイズです。
日本人の平均的な体格の方なら充分に快適なサイズです。

大は小を兼ねるということは真理で、小学生位の子供さんでも違和感がありません。
子供はすぐに成長するので、お部屋が極端に狭くなければとりあえずシングルサイズを買っておけば末永くお使いただけます。
6畳のお部屋の4分の1から3分の1を占めるサイズとなっています。

ただし、引き出し付きの収納ベッドの場合は、引き出すスペースも必要となるため、他の家具とのバランスはよく検討してくださいね。
収納付きがご希望で、引き出すスペースが確保できないような場合は、上下に開け閉めするガス圧式跳ね上げベッドをご検討ください。

シングルベッドは最も標準的な使い方ができます。

・初めてのベッド購入や一人暮らし用のベッドからお子様部屋のベッドまで幅広くお使いいただけます。
・日本の住居で最も一般的な6畳のお部屋にぴったりのサイズがこのシングルサイズベッドです。
・2台置きしてワイドキングサイズベッドとして使いたい方。(※8畳以上のお部屋でないと扉やクローゼットの開け閉めが厳しいでしょう。)

セミダブルベッド:(約 120cm×195cm)

ゆとりをもって就寝したい方におすすめのサイズがセミダブル。
シングルとセミダブルを合わせて、スーパーワイドキングサイズとしてカップルで使う方にもおすすめです。

シングルサイズよりちょっと大きくなったこのサイズは、左右に30cmずつの空きスペースができます。
大柄な方でも余裕で寝返りが打てるので快適な睡眠が得られます。

高級なビジネスホテルなどはシングルサイズではなくセミダブルサイズが採用されています。
もっとも、ホテルは不特定多数の方が利用されるので、大きなガタイの方にも対応しているのですね。

セミダブルベッドがおすすめの方。

・ゆったり眠れて、寝室に贅沢を求める方、寝相が悪い方におすすめのベストサイズです。
・シングルとセミダブルを合わせてカップリングベッドとしても人気です。
・シングルとセミダブルは、お子様ができて家族で使い、時には別々にして寝たい時など離して使えるので便利です。

ダブルベッド:(約 140cm×195cm)

カップリングベッドといったらダブルベッドと勘違いしやすいサイズです。
お二人で使った場合、空きスペース がほとんどなくなり、お互いの脇に10cmしか余裕がありません。
寝返りはしずらいし、お互いが干渉しあって熟睡するには向いてないです。

ですからダブルベッドは、二人用で寝ることはできるベッドですが、二人で寝るには若干狭いサイズです。(平均的な体格のカップル)
シングルベッドに一人で寝る時と比べても狭く、どうしてもという方以外はお二人用としてはお勧めできません。
その場合は、耐圧分散型のポケットコイルマットレスのご使用をお勧めします。お隣の振動が伝わりにくいです。

ダブルベッドがおすすめの方。

・大柄な方。
・高級ホテルのような贅沢な寝心地を得たい方。
・お部屋が広く余裕がある方。
・小柄なカップル

海外のホテルなどではダブルベッドは一人用になっていて、部屋に二台入れてツインルームという形が一般的です。
もっとも西洋人は、日本人よりかなり体格が大きいことも原因していますが・・・

クイーンベッド:(約 160cm×195cm)

カップルでゆったり寝るためのベッドサイズです。
新婚さんやカップルはもちろん親子でのご使用もおすすめです。

ゆとりとサイズのバランスが取れたサイズがこのクイーンベッドサイズですが
それでも、一人でシングルで寝るよりは空きスペースは狭く窮屈になっていますが、空きスペースが15から20cmあれば許容範囲です。

日本住居のスペースから、これ以上の大きさのベッドを置くと結構大変ですよね。
通販においてはクイーンサイズ以上のマットレスは2枚タイプの物が多くなっています。
※中には一枚タイプを販売してる場合もありますので商品スペックを確認してくださいね。

また最近の主流は、セミシングル×2台の2フレームを連結してクイーンサイズを実現してる連結ベッドも人気となっています。
このベッドは使うシチュエーションが変わった場合、離してシングルとして使えるのでとても便利です。

クイーンベッドがおすすめの方。

・お二人で休まれる方
・親子3人で川の字で休みたい方

キングベッド:<約 180cm×195cm>

その大きさがお部屋の雰囲気を高めます。
ホテルのスイートルームなどにも使用されているサイズです。

これほど大きなものですと搬入できる部屋も少なく、需要もあまりないといったところが現実です。
ですから最近は、通販においては、セミシングル2台を連結してキングサイズとしているのが一般的です。
が、クイーンサイズと同様にマットレス2枚となるため、間の隙間が気になる方は厚めのベッドパットや後乗せピロートップなどをお使いいただくことをお勧めします。
でもこのサイズでもシングルで一人寝より窮屈です。
だから、シングルベッドを一人で使うことがどれほど快適かがお分かりいただけることと思います。

クイーンベッドがおすすめの方。

・お二人で休まれる方
・親子3人で川の字で休みたい方

スーパーワイドサイズベッド(最大280cm×195cm)

ご家族で就寝することを前提に開発されたベッドです。
お子様と添い寝することが一般的な日本の文化に合っているベッドです。

親子、夫婦のスキンシップは、幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を促進することが証明されており
特に幼児期のスキンシップはその子の一生に渡って影響するといいますから
親子で入浴したり就寝して、スキンシップを多くとることが、幼児教育、情操教育には最も良いと奨励されています。

そのためこのスーパーワイドサイズベッドは、小さなお子さまが落ちてもケガのないようにフロアタイプが多いです。
ジョイントパーツで連結して安全に使え、将来は分割してシングルとしても使えるので、末永くお使いいただけます。

スーパーワイドサイズベッドがおすすめの方。

・お二人で休まれる方
・ご家族休みたい方
・将来は分割して使いたい方
・親子でスキンシップをしたい方

まとめ

大は小を兼ねるは真理ですが、必要以上に大きなベッドはお部屋が狭くなりますし、無駄でもあります。

けれど少し余裕があったほうが寝返りも楽にうてて程よいという方もけっこう多いです。

身体が大きい方はシングルよりセミダブルのほうが絶対休まります。

ダブルはお二人用と思っている方は結構多いのですが、ダブルはシングル2台を並べたよりかなり狭いので、お二人にはものすごく狭く休まりません。お二人で使うにはクイーン以上が休まるでしょう。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川