賢い介護用ベッド(電動ベッド)の選び方

インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】
ベッド通販専門店「ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-」

寝たきり患者のための介護用ベッド

寝たきりの患者に適した介護用ベッドを見つけるのは難しい場合が多々あります。

愛する家族の健康と幸福に関しては、私たちは可能な限り最高のケアをして差し上げたいものです。

介護用ベッドを選択するとき考慮すべき重要な要素の1つは、必要な介護用ベッドの種類です。

選択肢が非常に多い中で、患者に最も適したものをどのように選択すればよいでしょうか?

適切な介護用ベッドを選ぶことは、質の高いケアを提供し、患者の健康を促進するために不可欠な要素です。

患者個人のニーズを理解し、利用可能なオプションを慎重に検討する必要があります。

もっとも患者が他の家族が手に負えない症状上ある時や、介護者の都合がどうしてもつかない場合は病院や施設への入居を勧めることになります。

そのような場合を除いて、患者の面倒を家族が診れる場合は、患者にとってもその方が幸せかもしれません。

この記事では、介護用ベッドを選択する際に考慮すべきいくつかの重要な要素を概説し、ご紹介しましょう。

介護ベッドとは何ですか?

介護用ベッドは、寝たきりの患者や病気や怪我で長期間の休息が必要な患者に快適さとサポートを提供するように設計されています。

このタイプのベッドには通常、ユーザーが簡単に便利に体位を調整できる調節機能が備わっています。

また、ベッドから落ちるリスクを軽減するサイドレールなどのさまざまな安全機能も装備されています。

寝たきり患者のための介護用ベッドの種類

寝たきりの患者用の病院用ベッドを選ぶ際に、最初に考慮すべき要素はベッドの種類です。

ベッドにはさまざまな種類があり、それぞれに独自の機能と利点があります。

最も一般的な介護用ベッドは、手動ベッド、半電動ベッド、全電動ベッドになります。

手動ベッド

手動ベッドは介護用ベッドの最も簡素なタイプで、高さ、頭、足の角度、患者の位置を調整するための手動クランクを備えています。

これらのベッドは、居住施設や在宅介護の環境での短期使用に最適です。

半電動ベッド

半電動病院用ベッドは、手動で調節できる機能と、電動機能を組み合わせたものです。

これらのベッドは、頻繁に体位を調整する必要のある患者にとってより便利ですが、長期間の使用は推奨されません。

全電動ベッド

完全電動ベッドには、背上げ機能、脚上げ機能、脚上げ機能、ベッドの上下昇降機能を調節するための電動コントロールが備わっています。

これらのベッドは、患者にとってより便利で快適なため、長期ケアに最適です。

完全電動ベッドには、床ずれのリスクを軽減するエアマットレスなどの追加機能が装備されている場合もあります。

さらに、電動ベッドには利点があり、耐荷重が大きいため肥満患者にも適しています。

太りすぎや肥満の患者の場合、安全と快適さを確保するために肥満者用ベッドが必要になる場合があります。

このタイプの介護用ベッドは耐荷重定格が高く、300kg以上まで支えるタイプも販売されています。

通常、非常に広い寝床面と、特別に補強されたサイド レールなどの追加の安全機能が備わっています。

介護用ベッドを選択する際には、患者個人のニーズと患者が必要とする長期ケアを考慮することが重要です。

これらの要素を理解し、利用可能なオプションを選択することで、質の高いケアを提供し、患者の健康と回復を促進することができます。

寝たきりの患者用の介護用ベッドを選ぶ際に考慮すべき重要な点は何ですか?

寝たきりの患者用の介護用ベッドを選択する際には、留意すべき重要な点がいくつかあります。

安全性

高齢者介護患者の介護用ベッドを選ぶ際は、安全性を第一に考慮する必要があります。

転倒のリスクを軽減するために、サイドレールや強化フレームなどの安全機能を備えたベッドを探してください。

さらに、電動ベッドには事故防止に役立つ緊急ブレーキが装備されている必要があります。

快適性

介護用ベッドは、快適さを考慮して選ぶ必要があります。

床ずれのリスクを軽減するために、調節可能なヘッドとフットのセクション、エアマットレス、または圧力を緩和するマットレスを備えたベッドを選びましょう。

さらに、患者がベッドから落ちるのを防ぐのに役立つサイドレール付きのベッドを探しましょう。

使用者の身長

寝たきり患者の介護用ベッドを選ぶ際には、ベッドの高さも重要な考慮事項です。

必要に応じて患者が介助なしで自分で物に手が届くように、簡単に調節できるベッドを選びましょう。

耐荷重

介護用ベッドが使用中に患者の体重を支えられることを確認することが重要です。

これには短期的および長期的な体重の両方が含まれます。

したがって、患者の現在の体重と将来の体重に対応できるベッドを選択するようにしましょう。

耐久性

寝たきり患者用の介護用ベッドを選ぶときは、ベッドの製造に使用されている材料を考慮してください。

ベッドが長期の使用に耐えられることを確認するために、スチールやその他の金属合金などの耐久性のある材料で作られたベッドを選びましょう。

可動性

移動が困難な場合は、手動または半電動のコントロールを備えたベッドを探しましょう。

これにより、患者は介助なしでベッド内を移動しやすくなります。

完全電動ベッドには、オプションの追加機能が付いている場合もあります。

たとえば、患者がベッドから出入りするのを補助するために使用できる電動ベッドなどです。

追記:電動ベッドは健勝者が使っても快適です♪

電動ベッドは被介護者ばかりではなく健勝者が使っても便利なものが沢山販売されています。

電動ベッドのメリットは沢山あります。

ベッドから立ち上がる時やベッドに寝転ぶ時に床面を少し高くすれば動作がラクになり、体への負担を減らすことができるので腰や膝を痛めている人には特におすすめです。

また、背中部分の角度を変えたり、脚上げをしたりできるものもあるので、読書や動画を視聴する時には好きな姿勢にリクライニング、脚が疲れた時には脚上げで浮腫み対策といった使い方もできます。

電動なので小柄で力のない方でも操作しやすく、寝たままで好みの姿勢に調整することが可能な電動ベッドは、ベッドでゆったりくつろぎたい方にもピッタリです。

また人気のパラマウントベッドには、センサーで把握した睡眠状態にあわせてベッドの背角度を自動で調節する機能「眠りの自動運転」を搭載。

睡眠時には静かにゆっくりベッドの背を下げ、フラットになって寝返りがしやすくなり快眠をサポートします。

朝は起床のタイミングで背をゆっくり上げて心地よい目覚めを促す業界初の機能まで付いた、まさに眠りの自動運転機能を備えています。

まとめ

結局のところ、介護用ベッドを選ぶ際には、患者の具体的なニーズを考慮することが最も重要です。

慎重に調査し、検討することで、質の高いケアを提供し、患者の健康と回復を促進することができます。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川
Sponsored Links