収納ベッドはBOX構造をお勧めします。頑丈さ、ホコリ知らず、組み立て簡単など良いことずくめなんです♪

収納ベッド・BOX構造とは?

収納部が箪笥のように箱に覆われた構造を云います。
今までの収納ベッドでお客さま組み立て商品は、どうしても収納部にデッドスペースが出来ていました。

しかしBOX構造は箪笥のように一体型で、ベッドの下に丸ごと収まるので、スペースを最大限に活用することができます。
しかも気密性が高いのでホコリが入りにくいというメリットもあります。

さらにBOX構造部分は、工場で完全組み立て済みでの出荷になりませので、お客様の組み立てはものすごく簡単!
大収納量、快適収納、組み立て簡単!と三拍子そろったご機嫌な収納ベッドなんです。

 

収納ベッドには引き出しの部分の構造がBOX構造になっているものとそうでないものがあります。

ご購入の際にBOX構造を見分ける方法は、ベッドの説明写真を見ると、引き出された引き出しのサイド下方にスライドレールが見えるのがBOX構造のタイプです。
このスライドレ―ルによって、引き出しの出し入れがものすごくスムースに行うことができます。

ボックス構造は、箪笥のように上部と左右、後部を板で囲った気密性が高い構造なので、引き出しの中にホコリが入りにくくなっています。

また、収納ベッドの引き出しのBOX自体がフレーム代わりとなっているので、BOX構造の収納ベッドは、BOX構造でないベッドより遥かに頑丈です。
そして、何より嬉しいのは、工場での完成品(引き出し部分のみ)の引き渡しとなるため、ベッドの組立てもものすごく簡単です。

さらにサイドフレームがないため、Box構造でない収納ベッドと比べてフレームの厚み分収納量が多くなっています。
大切な衣料などをきっちり収納して、いつまでもきれいに保管します。

まさにBOX構造の収納ベッドは良いことだらけのベッドなのです。

ですから収納ベッド(チェストベッドを)をお求めになる場合は「BOX構造」と表示のあるベッドをお勧めしています。

BOX構造5つのメリット

BOX構造は引出しが箪笥のようにしっかりと板で囲われているのが特徴です。
完成品で工場から出荷されるので、頑丈な上、組立も非常に簡単です。

  1. 高い収納効率
  2. ホコリ対策も万全
  3. 強度が増しています
  4. 引き出しの出し入れがスムース
  5. 3ステップで簡単組立

1.高い収納効率

BOX構造チェストベッド(収納ベッド)は一般的なベッドと違い、サイドフレームが不要です。
その為、フレームの厚さ部分がなく構造に無駄がなくなり、同じサイズのベッドに比べ収納力が増しています。

2.ホコリ対策も万全

引出しの上部と裏側が板で密閉されているので、ホコリの侵入を防ぎます。
だからこそ、大事な荷物も安心して収納できます。

3.強度が増しています

Box構造でない収納ベッドは、フレームと筋交いだけで底板をさ支えていますが
Box構造は一体構造の引き出し部分が面でベッドの底板を支えているのでかなり丈夫です。

4.引き出しの出し入れがスムース


引き出しはスライドレールを滑って動くので出し入れがものすごくスムースです。
物を収納するとかなり重くなるのでこの機能は嬉しいですね。

5.3ステップで簡単組立

実は収納ベッドの組み立ては引き出し部分がかなり面倒くさいのです。
BOX構造は、引き出し部分が完成品なので、ベッドの組立はものすごく簡単!
組立時間はたったの10分です!

上記のように収納ベッドのBox構造は良いことだらけなのです。
ですから収納ベッドやチェストベッドを選ぶときは「BOX構造」と表記のあるものをお勧めします。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川