ショート丈ベッドはニッチな狭い部屋にも置けるコンパクトベッドです。

ショート丈ベッド

身長が160cm未満ならショート丈ベッドがお勧めです

ショート丈ベッドとは、マットレスの幅85cm✕長さ180cmほどで出来ている小型ベッドをいいいます。

一般的なマットレスは、全長が195cm程ありますので15センチほど短くできています。
主に 小柄な女性、お子様向けに、そして狭いお部屋に置けるようにとショートベッドが登場しました。

ベッドは家具の中で一番平面積を専有する家具です。
3畳や4.5畳のお部屋とか変形で狭いニッチなお部屋にベッドを置いたら、おそらく歩くスペースなんて殆どなくなってしまいます。

あと10cm丈が短かったら、この部屋にもベッドが置けたのに…
あと10cm幅が狭かったら、このドアが開いたのに…

こんな悩みがあって、身長が160cm未満の方ならショート丈ベッドは如何でしょうか?

ベッドを置けたら、もうお布団の出し入れは必要ありません。
狭いお部屋でもベッドが置けて、今日から快適なベッドライフを送ることができます♪

身長とベッドサイズ(縦方向)の関係

ショート丈ベッド

ベッドを選ぶ時に気になるのがサイズですね。
大概の方ならシングルサイズでことは足りますが、これが極端に大きな方だとシングルでは心もとなくなります。
なかには一人でも、セミダブルベッドやダブルベッドを使う方も大勢いらっしゃいます。

ところがこれは、こと身長が高い方だと、このような選択をしても横幅は余裕が出ますが、縦のほうが収まらない場合があります。昔風に言うならば布団の裾から足が出ている。という具合です。

ですから身長が高い方はロング丈のベッドがおすすめです。
では、身長何cmぐらいがロングベッドの対象になるのでしょうか?
ちょっと計算をしてみましょう。

今売られているレギュラーサイズのベッドのマットレスは、長さがほとんど195cmくらいです。
これは日本人の男性の平均身長から割り出されたものです。
日本人の男性の平均身長は、171.5cmくらい(1016年統計)です。

マットレスの長さ195cmから171.5cmを引くと23.5cmとなります。
つまり、身長171.5cmの方がレギュラーサイズのベッドを使って何ら問題がないということになります。

やはりベッドの縦方向の余裕は20cmは欲しいものです。
ということで、レギュラーサイズのベッドは、身長175cmくらいまでの方に向いているという計算が成り立ちます。
これと同じように、この計算をショート丈ベッドに当てはめますと、ショート丈ベッドのマットレスは180cmですから、180cmマイナス20cmは160cmとなります。

つまり、ショート丈ベッドは身長160cmまでの方なら充分に余裕を思って使えるサイズなんです。

大は小を兼ねるけど・・・

大は小を兼ねるは真理ですすが、ことベッドに限って言えば、使う方にとって必要以上の大きいベッドは場所ばかり取って大変もったいないことです。
身長が160cm以下の方でしたらショート丈ベッドがオススメです。

ショート丈ベッドでも十二分に快適なベッドライフをおくることが出来ます。
狭いお部屋では最悪の場合、ベッドを入れることさえおぼつかないばかりか、もし置けたとしても、狭いお部屋が更に狭くなって歩くことさえ難儀してしまいます。

・あと10cm小さいベッドならこのお部屋にもベッドが置けるのに・・・
・身体が小さいからもう一回り小さいベッドでも良い・・・
・子供用に小さいベッドを探している・・・
・単身赴任でワンルーム暮らし。引っ越しに楽な一回り小ぶりなベッドを探している・・・
などなど。
普通ベッドより丈が短いショートベッドをお探しの方って結構多いんです。

またショート丈ベッドは、ヘッドボードレスで180cm。
ヘッドボード付きでも奥行きが浅い省スペースデザインを採用して190cm位の長さに収まっています。

普通サイズのベッドはヘッドボードレスのもので195cm、ヘッドボードをつければ215cm程になってしまいます。

ベッドが一回り小さければ使える環境がものすごく広がります!
ですから身長が160cm以下の方ならなら断然ショート丈ベッドがおすすめです。

ショート丈ベッドのメリットは?

では実際にショートベッドを置くメリットを考えてみます。主に次の4点が考えられます。

  • 省スペース
  • 移動がしやすい
  • 圧迫感がない
  • 身長によっては全く違和感がない
  • 可愛い

最大の利点が省スペースであることです。
仮に30cm違えば相当な差になります。ショート丈ベッドなら

・ドアが当たって開かない
・部屋の柱が当たって置けない
・ワンルームだから狭い…。

こんなお悩みを一挙に解決してしまいます。
ですから身長が165cm未満の方なら断然ショート丈ベッドがおすすめです。

ショー丈トベッドは見た目にも大きく影響します。
小さなベッドはそれだけで圧迫感がなく、お部屋が広くなります。
さらにヘッドレスなら高さも抑えることができるので、より空間が空き開放感が生まれます。

ショート丈のデメリットは?

  •  身長が微妙なときは寝にくくなる
  • 種類が少ない
  • マットレスの種類が少ない

普段は適正身長の方が使っていても、大きな体の人が寝ることになると寝にくい。
ここで注意しなければならないことはお子様用に使っていて、成長したら身長が伸びて使い勝手が悪くなるということはあります。
ですから、身長が165cmを超えるような感じのお子様はやめるべきですし、160cm以下なら全く問題ありません。
マットレスは確かに専用設計ですので種類は少ないです。

でも一番汎用のボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスはご用意していますから殆どの方に満足して使っていただけるでしょう。

それにショート丈ベッドに適正の方は体重が比較的軽い方が多いので、マットレスに不満を持つ方は少ないでしょう。

ショート丈ベッドはこんな方におすすめ

  • 狭いお部屋でもベッドがほしい。
  • 身長が160cm以下である。
  • 頻繁に引っ越しをするので移動が楽なベッドを探している。
  • もっと省スペースのベッドって無いの?

こんなご要望があって、身長が160cm以下の方でしたら迷わずショート丈ベッドです。

小さな体の方が大き過ぎるベッドは無駄です。
確かに大は小を兼ねるので、極端な話、一人でキングサイズにも眠れますが
それは際限なくお部屋が広い邸宅に暮らす超セレブに任せましょう。

ショート丈ベッド通販では、様々なタイプのショート丈ベッドを満載していますが
きょうは、天然木の良質なパイン材を使った北欧デザインが魅力な、ショート丈北欧デザインベッドを紹介しましょう。
木の温もりを感じさせてくれるベッドです。

長さが短いベッドはこちら

まとめ

ショートベッドとはショート丈ベッドは丈が短いベッド・長さが短い小型ベッドの事です。
ベッドの「サイズ」と言えば、多くは「幅」を指します。シングルとかダブルとか。でも長さはほとんど210cm位が多いです。
ここで言うショート丈ベッドとは「長さ=丈」でありマットレスの長さです。
ベッドの形状は色々ですが「マットレスの長さ+ヘッドボード」が全長になり、ショート丈ベッドは「マットレスが短いベッド」と言い換えることができます。

一般的な感じでは「マットレス195cm+ヘッドボード10~15cm=205~210cm」という感じになりますが、ショート丈ベッドのマットレスは「180cm」が多いです。
なおかつヘッドレスなベッドの場合、ベッドの全長が約180cmというコンパクトなサイズになり、一般的なベッドよりも30cmも短くなります。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川