親子ベッドの選び方 2022年,人気親子ベッド7選

親子ベッドとはなんですか?

親子ベッドとは、ベッドの下にキャスター付きベッドが収まるタイプのベッドです。スライド式ベッドとも言います。

ホテル業界では、高いベッドの下に押し込める低いベッドのことを、英語でtruckle bed(トランドルベッド)と呼んいます。

エキストラベッドと呼ぶことが多い簡易ベッドの名称です。
キャスターが付いた簡易ベッドですが、ベッドの下に収納できる設計でこのセットを日本では親子ベッドと呼んでいます。

子ベッドはキャスター付きなので、出し入れが軽々行える仕様です。
子ベッドをスライドさせて、親ベッドとはやや段差があるものの、横並びで寝られるので、親子で使う場合どちらも安心感があります。

親子ベッドの最大の利点は、使わない時は親ベッドの下に収納しますから、場所を取らずに部屋を広く使う事ができます。

使用時レイアウトはさまざまで、並行して配置してもL字型に配置してもそれぞれ単体で使っても自由自在です。
兄弟で仲良く使って頂くのはもちろん、親子で使うのもおすすめです。使い方はアイディア次第、ゲスト用としても使うことができます。
子ベッドを就寝用に使わなくなったら、収納としても利用できます。

「親子ベッド」と「二段ベッド」の違い

親子ベッドは比較的新しいアイテムなので、2段ベッドとどこが違うの?と思ってしまう人も少なくないです。
親子ベッドは元々収納ベッドの収納部にベッドをもう1台収めた形であり、多分収納ベッドからの派生商品であると思います。

ところが二段ベッドにも子ベッドを下段ベッドの下に収めた、いわば三段ベッドというべきものもありますから、二段ベッドからの派生商品と言えなくもありません。

そのような二段ベッドと親子ベッドの大きな違いがいは親ベッドの高さです。
二段ベッドは、親子ベッドと違って、同じ大きさのベッドが下段と上段に重なっており階段がついています。
この高さになりますと万人に向いたベッドとは言えません。
お年寄りや足腰を痛めた方には冗談を使うことは出来ません。

ところが親子ベッドでしたら親ベッドがやや高いと言っても。腰掛た状態から寝起きができるので万人向けです。
ただ二段ベッドは下段を引き出して使うということはないので、高さの圧迫感があるものの横に引き出すスペースを必要視しません。

親子ベッド二段ベッドのように階段を上り下りしなくても使えるので安心感はあります。
一般的なベッドと2段ベッドの良いところを兼ね備えている優れものといって良いでしょう。

お子様が一人で寝られるようになるまでの見守りにも最適で、通常のベッドを2台並べるよりも省スペースで設置でき、成長後にはベッド+収納のように使うこともできるので、シングルベッドを2台買うよりも効率的で、無駄がありません。
お子様が自分でベッドを引き出して寝る準備をすることができ、自立を促したい時にもおすすめです。
お子様の成長後は収納スペースとして活用

親子ベッドのメリット

親子ベッドに関しては多くのメリットがあります。
ベッドが1つではなく2つあるため、兄弟、親子、客室用に最適です。親子ベッドのメリットを詳しく見てみましょう。

1つのベッド価格で2つのベッドが買えます

親子ベッドを所有する最大のメリットの1つは、およそ1台の価格で2台のベッドを使用できることです。
おやこべっどの価格は驚くほど安価です!
つまり一台のベッド価格で二人が使えるメリットは大きいでです!

お部屋を広く使える

ベッドの下を引き出せば容易にセッティング出来、使わない時は親ベッドの下に収納出来ます。
親子ベッドベッドは、子供用に別々のベッドを用意しながら、より多くのスペースを確保できることを意味します。
この仕様はお部屋を広く使えるというメリットに繋がります。

親子ベッド機能が重要であるもう1つの理由は、子供達兄弟が寝室を共有している場合です。
特にアパートなど比較的狭い部屋にいる場合、シングルベッドを2台置くのは非常に厳しい場合があります。
さりとて二段ベッドは嵩があり圧迫感があります。お値段だって親子ベッドの2倍以上はします。

収納場所としても使える

親子ベッドのもう1つの大きなメリットは、子ベッドを使わなくなったら、収納スペースとして活用できることです。
キャスターがついているので、かなりの重いものでも容易に出し入れすることができます。
ただし箱型にはなっていないので、クリアケースや衣装ケースに入れて収納すると物がこぼれなくて済みます。
もちろん、毛布や大きなアイテムを保管する場合は、これは必要ありません。

二段ベッドより安全

多くの親は二段ベッドを選びます。
なぜなら、彼らは1つの部屋に複数の子供を収容する必要があり、親子ベッドは2つのベッドが並ぶスペースが必要だからです。

ただし、二段ベッドの大きなデメリットは、かなり安全ではないことです。
二段ベッド上段あるいは梯子使用中の落下により、毎年相当数の負傷者が報告されています。

親子ベッドは使用人数が同じで二段ベッドよりも安全な代替手段です。
誰かが二段ベッドから落ちることを心配する必要はありません。

子ベッドを引き出すスペースは必要ですが、かなりの安全メリットが得られます。
これは、特に親が子供を心配する必要がないため、かなりリラックスできる精神的メリットです。

親子ベッドのデメリット

他のベッドと同じように、親子ベッドにもデメリットがあります。
幸いなことに、ほとんどの場合、過度に深刻なものはないため、これらのデメリットは見過ごすことができます。
しかし、それは考えておくべき事項ではあるため詳しく見てみましょう。

親子ベッドは他のシングルベッドよりスペースを使います

親子ベッドは魔法のミニチュア家具ではありません。
複数のベッドが収納時は重なっているため、一台のベッド分の場所で済みますが、子ベッドを引き出すスペースは予め確保しておかねばなりません。

子ベッドには特別なサイズが必要です

子ベッドを実際のベッドとして利用することを考えている場合、覚えておく必要のある重要なことが1つあります。
それは、子ベッドには特別なサイズのマットレスが必要なことです。
これらは基本的なマットレスのサイズではありません。上部のベッドよりもわずかに小さくする必要があるためです。
最もお布団を敷いて使う場合は融通が利くため何ら問題はないでしょう。

出し入れ作業が面倒

疲れ果ててベッドに入りたいとき、「ベッドを引き出し布団を用意しないと…」と考えなければならないことほど面倒なことはありません。
下に収まっているベッドを引き出すくにそれほど力と時間はかかりませんが、それでも厄介なことです。
子供部屋に親子ベッドがある場合は、毎晩引き出して、毎朝押し戻す必要があります。
親が厄介に感じるなら、そのベッドを使う子供は余計面倒臭く感じることでしょう。

親ベッドからの寝起きがやや難しい

親子ベッドに関して最大​​の問題の1つは、上で寝ている人がベッドから出るのが難しいことです。
子ベッドが横に張り付いているので、上にいる人がベッドから飛び降りるようなことはできません。
その場合スペースが許すならL字型に配置すると解決します。

兄弟喧嘩の種

親子どちらを使用するかで揉めることが多いようです。
だれだって子ベッドのセッティングを考えると親ベッドを使いたいもの。
この解決方法は一か月交代とか交互に使うことを約束させることだと言います。
はたして子供たちがそれを納得するでしょうか?二段ベッドでも同じことが起こるそうです。

親子ベッドを使うシーン

まずは、親子ベッドをどのようなシーンで使うのかご紹介します。

親子ベッドに適した部屋には、客室、子供部屋、居間、アパートがあります。

親子ベッドは、子供二人が同じ部屋で寝やすくなるだけでなく、子供が親子ベッドのような異質なベッドに興味を示すため子供部屋に最適です。
子供たちはベッドが大好きです。なぜなら、親子ベッドは互いが異なっていて、子供達にとって楽しい要素を持っているからです。
子ベッドを引き出して押し込むのは子供にとって楽しいようで、場所さえ許せばさまざまなレイアウトで寝ていうという報告もあります。

そして、まさに親子ベッドですからお母さんとお子さんで使うことができます。
子後もが病気で看病の時などはものすごく使い勝手が良いです。
当然お父さんとお子さまが一緒に寝ることだってできます。
もとろん兄弟で仲良く使うこともできます。

ジツは子供のうちは、1人で寝るよりも兄弟がいると安心して寝られるお子さまも多いのですね。
どちらかのお子さんが成長したら下段を収納スペースに変換できるので無駄がありません。
キャスター付きだから出し入れ軽々、取り出しも容易にできます。

親子ベッドを選びかた

ベッドの高さを確認しましょう

ベッドの高さが高すぎないか確認しておきましょう。
小さなお子さまには低めのものを選ぶとより安心です。お子さまの寝顔が確認できる高さだと親としてもうれしいですよね。

ベッドの広さは?

ベッドの幅や広さを確認しましょう。お子さまだけで使うのか、親子で使うのかによっても必要な広さは異なります。
大人の方が使用する場合は、ベッドの幅が100㎝あるシングルサイズ以上のものを選ぶことをおすすめします。

長く使えるか?

ベッドの配置のパターンがいろいろあると使用しやすいです。
商品によっては、親ベッドと子ベッドの高さを揃えられるものもあるので、お子さまがまだ小さいときから一緒に添い寝することもできます。
さらに、将来的にシングルベッド2台として使えるもの、ベッド下を収納スペースとして使えるものだと長く使うことができます。

安全性

安全性は強度によって賄えます。強度は耐荷重で表示しています。
耐荷重は、そのベッドが何キロまでの重さに耐えることができるのかという数値のことです。
ですがこの場合は静止耐荷重といってそっと重量を掛けた値となっています。
使用する人の体重と寝具の重さの合計値の限度を示します。

飛び降りたりの衝撃荷重になると、体重の何倍にもなりますから耐荷重と使い方には注意が必要です。

2022年,親子ベッド7選

  • 親子ベッド シングル 木製 ベッドフレームのみ 宮付き シェルフ
  • 親子ベッド 2段ベッド シングル 木製 すのこ 棚付き
  • エディス 親子ベッド シングル ハイベッド (シングル) と 子ベッド
  • 北欧パイン すのこベッド 親子ベッド
  • お部屋の圧迫感なく、子供たちに親子ベッド
  • ライフスタイルの変化にも柔軟に対応 親子すのこベッド
  • 親子ベッド セミシングル 木製 ベッドフレームのみ パネル型

親子ベッド シングル 木製 ベッドフレームのみ 宮付き シェルフ

親子ベッド シングル 木製 ベッドフレームのみ 宮付き シェルフ

使わない時はお部屋広々。子供部屋に最適な、親子ベッド。
ベッド下から、もう一つのベッドになる、親子ベッド。お子様が小さい時は上は親御さんが使い、下のベッドはお子様がご利用でき、お子様が成長したら、専用ベッドに。
ベッド床面はスノコ使用で、湿気をこもらせず、衛生的。
マットレスの下面は、スノコになっており、気になる湿気を逃がしてくれ、サイドベッドも同様スノコになっており、ベッド時も、収納庫利用時にしても、スノコで衛生的です。
シェルフは使うとき引き出せ、ヘッドボードには照明、コンセント付で便利。
ヘッドボードには長く使えるLED照明と、2口コンセントが付いて、見た目もモダン。サイドのシェルフが有効に活用幅を広げてくれます。

親子ベッド 2段ベッド シングル 木製 すのこ 棚付き

親子ベッド 2段ベッド シングル 木製 すのこ 棚付き

1人用でも機能的に使えるのも親子ベッドの魅力です。
子供と一緒に使わなくなったりしたら、子ベッドを収納スペースとして活用できて便利です。
宮棚には仕切り付きとコンセント付き便利な宮棚付きの親子ベッドです。
小物を置くのにちょうどいいスリムな奥行きの宮棚には仕切りが付いており、小物を分けて置いておけます。
また、スライドコンセントが2口付きでスマホ等の充電もバッチリできます。
サイドガード付き、サイドガードは5段階の可動式サイドガード付きの親子ベッドです。
親子ベッドの親ベッドは床面が高いため、サイドガードが付いていると落下のリスクが低くなり、安心できます。
本製品のサイドガードは取り付け位置が5段階あるので、ベッドの設置場所やベッドへ上がる位置の都合に合わせてお好きな個所に付けられます。

エディス 親子ベッド シングル ハイベッド (シングル) と 子ベッド

エディス 親子ベッド シングル ハイベッド (シングル) と 子ベッド

Edithエディス 親子ベッド シングル 「天然木」と「アイアン」異なるマテリアルを組み合わせたスタイリッシュなデザイン、棚コンセント付きのハイベッド (シングル) と キャスター付き子ベッド(シングルショート) の組み合わせ
キャ子ベッドは、ベッド下収納スペースや、エキストラベッドとしても活躍しますスター付きなので出し入れもラクラク。Rollaway
シンプルでスタイリッシュなデザインアイアンツインベッド。  マットレスは別売です。

北欧パイン すのこベッド 親子ベッド

北欧パイン すのこベッド 親子ベッド

パイン材ベッドフレーム すのこジュニアベッド 中段+下段セット すのこベッド
ナチュラルな北欧デザイン親子ベッド
快適に眠れる通気性抜群のすのこ床板を採用
安心して使える58mm角の頑丈支柱
高めのサイドフレームで寝相が悪くても安心です。
耐荷重150kg!お子様から大人まで使えます!
シリーズの組み合わせで自由自在のベッドスタイルを実現

お部屋の圧迫感なく、子供たちに親子ベッド

お部屋の圧迫感なく、子供たちに親子ベッド

こちらの商品は高さがないので圧迫感がなく、窓を隠すこともない。
そしてヘッドレスでコンパクトなお部屋の間取りに合わせてレイアウトが変えられるとても便利な親子ベッドです。
小さなご兄弟ですと2段ベッドの様な高さが心配になることも。
こちらのベッドは親ベッドも高さがないですし、L字で使用すれば乗り降りスペースもしっかり確保できます。
使用しない時には親ベッドに収納してお部屋を広く使うことができます。
また成長に合わせて将来別々に使うこともできますので、買い替え不要です。
また子ベッドは使わなくなった後も、キャスター付きの収納スペースとしても有効活用できるのは嬉しいですね。

ライフスタイルの変化にも柔軟に対応 親子すのこベッド

ライフスタイルの変化にも柔軟に対応 親子すのこベッド

1台はハイベットとして、もう1台はローベッドとしてお使いいただけるこちらの親子ベッドは、下段のローベッドを上段のハイベッド下にすっきりと収納できるデザインで、1台のスペースで2台分のベッドを確保することができます。
ベッドを使わない時には広々としたスペースでゆったりと過ごすことができます。

フレームカラーはシンプルなホワイトとブラックの2色をご用意しておりますので、お好みのテイストでお部屋を飾ることができます。
嬉しいサイドガード付きや、耐荷重約100kgの頑丈設計でお子さまが安心してお使いいただけるベッドで、床板には通気性に優れたすのこ板を採用。
湿気の多い季節もカラッと快適にお休みいただけるベッド環境を整えます。

下段のローベッドにはキャスターが付いておりますので、移動がスムーズにできてお子さまの成長に合わせて別々のお部屋に移動する際にもそのままお使いいただけます。
お好みの寝心地でお選びいただけるマットレスセットもご用意しております。

親子ベッド セミシングル 木製 ベッドフレームのみ パネル型

親子ベッド セミシングル 木製 ベッドフレームのみ パネル型

スリムで省スペースなパネル型ヘッドボード&キャスター式ベッドの付いたすのこ床面の親子ベッドフレームの組み合わせ。
本ページはセミシングルサイズのベッドフレームのみの販売です。

-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川