始めてベッドを購入する時注意したいこと

ベッド設置とお部屋との関係

多くの人にとって、初めてベッドを購入するときはいろいろ思い悩むものです。

どんなタイプのベッドにしたいとか、マッとレスはどんなものが良いとか?

このようにベッド購入に際し、検討すべき点が多々あります。

またソファやダイニングテーブルなど家具全般に言えることですが、家具屋さんで見たときは大した大きさじゃなかったけど、いざ購入して部屋に入れたら思いのほかの大きさでびっくりした、なんていうことも時々起こります。

家具屋さんのショールームは結構広いですから、大きい家具でも相対的に小さく見えるからです。

ここでは初めてベッドを購入する場合や、引っ越しなどで、初めてのお部屋にベッドを入れる場合に気を付けたいことなどを検証してみたいと思います。

失敗しないベッドフレームの選び方

お部屋の広さを把握する

いくらベッドを購入したいと云っても、ベッドを置いたら歩くスペースが取れなかったでは生活ができません。

部屋の広さが充分であれば、どんなベッドを選んでも問題ありませんが、ワンルームでしかも比較的狭ければ正確に確かめる必要があります。

というのは、おそらく家具はベッドだけではないからです。

ソファやテーブル、チェストなどがあれば、そのことも考慮しなければなりません。

そして肝心なことは、生活するときは、部屋の出入りや、ベッドからそれぞれの家具を使うために移動する動線が必要だという事です。

この動線の取り方は重要で、動線を塞ぐようなレイアウトや家具が塞いでいたら、生活がとてもしずらくなります。

このことが良くわかるのが、極端な例では、良く言われるゴミ屋敷です。

玄関を開けたら足の踏み場もなく、奥に入るにはゴミの山を踏み越えていく、ではとても生活はおぼつかなくなります。

さてこんなことは、普通の方に於いては先ずないでしょうが、クローゼットのドアの開け閉めにベッドが干渉してとても使いにくいとう方は時々おられます。

ではこんなことが無いように家具やベッドを選ぶ方法は何でしょうか?

次にそれを考えて見ましょう。

レイアウト図を作成する

寝室のレイアウト図

寝室のレイアウト図

先ずお部屋の正確な縮尺図を書きます。

このとき入り口のドアや、クローゼットの位置、窓の位置なども正確に記入します

そして次に置くべき家具の平面図を同縮尺で書き、少し厚いい紙に書き移して切り抜きます。

それを部屋の図面の中に置いてみます。

この時注意したいのは動線、つまり歩く方向とスペースです。

空スペースが20cmや30cmでは歩くことがおぼつきません。

最低でも50cm、欲を言えば椅子などを置く場合は、70cmは欲しいところです。

このように家具を紙で切りぬいてレイアウトすれば、何度でも簡単にやり直せるのでとても便利です。

ベッドは一回り大きくなると考える

ホテルのベッド

ベッドは布団を掛けると一回り大きくなる

レイアウト段階では入ったのに、いざベッドを入れたら置けなかった、ということが起こる場合があります。

それはベッドは布団とセットで使うことが多いからです。

掛け布団を掛けると、布団の端が垂れ下がることになります。

片方を壁にくっつけても、片方には布団が垂れ下がります。

つまり布団の厚さ分だけ専有面積が広くなるわけです。

そして気を付けてほしいのは、出来るだけベッドは壁にくっつけて使わない方がいいのです。

その理由は通気性が悪くなるからです。フランスベッドでは壁から10cm程度離して設置することを推奨しています。

以上のように、レイアウト図を作成してからベッドサイズを決定しましょう。

購入するベッドサイズが決まったら、ベッドの種類やマットレスのタイプなどはゆっくり考えても良いでしょう。

 

ベッドサイズの考え方

寝相が悪い人

寝相が悪くベッドから落ちる人

人によって体格が変わります。

なので、一人で使うからシングルサイズでいいとは限りません。

お相撲さんのような巨漢では、ダブルサイズのベッドやキングサイズが必要かもしれません。

普通の体格の方でも、寝方や寝相によってもベッドサイズを選ぶ基準が変わってきます。

例えば寝相が悪く、自由に動き回れるサイズのほうがしっくり眠れる、という方はセミダブルのほうが向いています。

とは言っても、ベッドは専有面積がとても大きい家具なのでお部屋との関係は大切です。

そしてお部屋は8帖の広さがあっても、他の家具も置かねばならない場合が多くあります。

そこのところをよくよく検討してベッド選びをしなくてはなりません。

ベッドのサイズと適合サイズ

ベッドのサイズと適合サイズ

サイズ

幅 (約)cm

概要

セミシングル

(約)85cm

お子様・小柄な方・寝相の良い方などでしたら特に問題ないサイズです。お部屋が狭い方にもよろしいですね。

シングル

(約)97cm

最も一般的なサイズで、平均的な体格の方なら十分に使えます。お部屋が狭い方にもよろしいですね。

セミダブル

(約)120cm

お一人でお休みになる際に余裕のあるサイズです。体格の大きい方・寝相に自信のない方はこちらをどうぞ。

ダブル

(約)140cm

一般的にお二人でお休みになれるサイズということを思われていますが、実はダブルは一人用です。二人使いは小柄なカップルということで、

クイーン

(約)160cm

お二人でお休みになるのに十分余裕のあるサイズです。
お部屋自体も8畳以上の広めの寝室に向いています。

キング

(約)180cm

お二人でも余裕をもってお休みになられる大きなサイズです。マットレスが2本仕様であればお互いの寝動きも気になりません。お子様で三人でという方にも人気です。

 

前述したとおり、ベッドは専有面積がとても大きい家具です。

広いと思っていたお部屋が、ベッドを置くと歩くスペースが無くなるということだってありえます。

下記にお部屋とベッドの関係を簡単に記します。
どうぞべッド選びの参考にしてくださいませ。

ベッド設置とお部屋の関係

4.5帖(江戸間)261×261 6帖(江戸間)261×352
シングルベッドとサイドテーブルが置けます シングルベッドとサイドテーブルが置けます
8帖(江戸間)352×352 10帖(江戸間)352×455
左右スペースがギリギリですが、シングル2台+サイドテーブルも設置可能です。幅85cmのセミシングルサイズならもっと左右に余裕ができます。 シングル2台+サイドテーブル2台設置可能です。1人1台サイドテーブルが使えるので便利です。
-neruco-

欲しいベッドが必ず見つかる、国内最大級のベッド通販専門店。ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-
インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】おしゃれなベッド・寝具多数掲載! 取り扱いメーカー/フランスベッド/ サータ ドリームベッド/ 東京ベッド/ パラマウントベッド/日本ベッド/ウォーターワールド /Platz(プラッツ介護ベッド)/ /Sealy(シーリー)/ 東京スプリング工業 /東京西川 昭和西川