税込8000円以上のお買い上げで送料無料

腰痛防止には
腰の状態に合った適正なストレッチ運動と
最適な寝姿勢を実現する寝具選びですね。
でも、もし、腰痛を発症してしまったらどうしましょ!


そこでここでは、寝具に関して腰痛対策を考えてみましょう。

《ベッドの高さ》

腰痛になるとベッドの高さが重要になってきます。
お布団では寝起きが苦痛です。腰掛ける高さのベッドを選びましょう。

《マットレスの硬さ》

マットレスの硬さも注意が必要です。
柔らかすぎて腰が沈み込むようなマットレスは腰への負担がかなりなものになります。
また硬すぎるマットレスも、仰向けに寝た場合、身体の自然なU字カーブに隙間ができこれも腰に負担がかかります。
最適な寝姿勢は、自然に立った時の姿勢 が最良だと云われています。

・仰向けの時は軽くS字を描いているような睡眠姿勢 。
・横向きの時は背骨が真っすぐになっているような睡眠姿勢が正しいとされています。

ですから丁度良い硬さの体圧分散型のポケットコイルマットレスが良いでしょう
ちょうどよい硬さとは、各自の体質、体重によって大きく異なるので注意が必要です。
同じ硬さのマットレスでも、体重が軽い方は沈み込みが少なく、体重が重い方は大きく沈み込みます。

そして、ベッドの高さとマットレスが決まったら、ここで腰痛がひどい方は腰痛対策の「ファイテン療法士指圧マットレス」や「玉川岩盤浴スーパーマット」「TEIJIN(テイジン) Tcomfort 3つ折りマットレス」などを併用すると良いでしょう。

《腰痛マットレスを選ぶ時の5つポイント》

1,良い睡眠姿勢を保てる硬さと反発力があること。
2,通気性の良い素材な望ましい。
3,自分に適した硬さであること。
4,日干しなどメンテナンスが容易であること。
5,カビやダニの発生がなく安心であること。


腰痛改善マットレスもコイルマットレスと同じで一番睡眠時に体重分散が上手く出来ているのを選ぶことが大切です。
※ポケットコイルマットレスなどの上に敷いて併用する場合はこの限りではありません。
低反発であまりにも沈み込みが激しいものは、寝返りも容易にできないのであまりおすすめできません。
仰向けでもキレイなS字を描く事が出来て横向きでも背骨がキレイにまっすぐになっていることが理想です。
この条件にあったものが、幅広い腰痛の悩みを持った方におすすめ出来る腰痛マットレスです


TEIJIN(テイジン) Tcomfort 3つ折りマットレス

 玉川岩盤浴スーパーマット

TEIJIN(テイジン) ベルオアシス使用 除湿マット

腰痛ベルト

TEIJIN(テイジン) Tcomfort 3つ折りマットレス

玉川岩盤浴スーパーマット

TEIJIN(テイジン) ベルオアシス使用 除湿マット

腰痛ベルト

¥27.800~

¥69.942

¥3.780~

¥5.665~

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – -

極厚20cm高低マットレス

8cm高低反発マットレス

高級ホテルの寝心地マットレス 【EVA】エヴァ

6つ折りコンパクトルナエアー(超軽量極薄敷布団)

極厚20cm高低マットレス

8cm高低反発マットレス

高級ホテルの寝心地マットレス 【EVA】エヴァ

6つ折りコンパクトルナエアー(超軽量極薄敷布団)

¥25.920~

¥16.200~

¥10.467~

¥15.223

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – -

 超軽量極薄敷布団 ルナエアーマスターピース

超軽量極薄敷布団ルナエアー

最高級!日本ベッド・シルキーポケットマットレス

超軽量極薄敷布団 ルナエアーマスターピース

超軽量極薄敷布団ルナエアー

最高級!日本ベッド・シルキーポケットマットレス

¥26.537

¥13.166~

¥151.200~

《腰痛ストレッチ》ストレッチ/体操を行う際のポイント、注意点

《腰痛ストレッチ》

ずっと同じ姿勢でいると、体の筋肉がこわばってしまいます。
腰痛にもつながりますので、ストレッチを行って、体の筋肉を引っ張って伸ばすストレッチを行いましょう。
仕事の合間にできるもの、自宅でじっくりとできるものなど、様々なストレッチがありますので、腰痛の改善や予防を兼ねて、全身をリラックスさせてあげましょう。

※腰痛の種類によっては、ストレッチによって症状が悪化する場合があります。
現在痛みがある人、腰痛の治療を行っている人は、医師に相談の上、ストレッチを行うようにしてください。

《ストレッチ/体操を行う際のポイント、注意点》
    
☆ストレッチをする場所
安定した平らな場所を選び、リラックスした服装、姿勢で行ってください。
体が沈み込むような柔らかい布団やマットの上では行わず、平らなところで行いましょう
 布団の上やベッドの上では危ない場合があります。

☆無理に行なわない
強い痛みや不快感を感じない範囲でゆっくり伸ばしましょう
体調がすぐれない時や痛みが強い時は無理に行わずに休みましょう
ぎっくり腰のように、急で激しい腰痛が見られる場合には行ってはいけません
ストレッチはあなたの身体の硬さにあわせて行なってください。
 無理に行なうと腰の関節や筋肉に負担をかけてしまい、かえって痛みが悪化してしまう場合がありますので注意してください。

☆動作をゆっくり行なう
ゆっくりとした動作で行いましょう。必要以上に力んだり反動をつけてはいけません
はずみをつけず、力を入れずに身体を動かすことが大切です。
 ゆっくり動き、一番筋肉がストレッチされているポーズのまま10~30秒ほどキープして、またゆっくり戻るようにしてください。

☆動作と呼吸を合わせる
呼吸は止めずに行いましょう。息を吐きながら伸ばし、吸いながら元の姿勢に戻るのが基本です
ストレッチの動作を始めると同時に、ゆっくりと息を吐き、一番ストレッチされるポーズで息を吐ききります。
そのまま2~3回ゆっくりと呼吸し、筋肉が少しずつ延びていくのを感じてください。

☆伸びている感覚に意識を集中する
筋肉が伸びる気持ちよさを感じながら行います。やや痛みも感じる「痛気持ちいい」くらいが最も効果的とされます。
一番ストレッチされるポーズの時に感じる感覚に意識を集中します。
 筋肉が伸びている感覚は、『痛いけど気持ちいい』 『効く~』 という感覚です。 この感覚をしっかり意識して、筋肉が伸びていることを感じましょう。そうするとよりストレッチの効果も高まります。 また余分な雑念が消え、その間仕事や心配事などのストレスから解放されるので、精神的にも楽になれます。

☆ゆっくり味わって戻す
ポーズをゆっくりと元に戻していく時、筋肉がつっぱっている感じから、段々ゆるんでいく感じをゆっくりと味わいながら行なってください。
ゆるんでいく感じをしっかり意識することで筋肉の血行がよくなり、こわばっていた筋肉がゆるんで伸び縮みできるように回復します。
決まったポーズを決まった時間やっても効果はうすい

☆体が温まっている時の行う
ストレッチは体が温まっている時は筋肉が柔らかく関節の動きが良くなります。
温熱効果で痛みも和らぎますので入浴後などに行うのがオススメです

☆服装
服装は体を締めつけない、動きやすいものを着用しましょう

☆毎日続ける
毎日続けることで少しずつ曲げ伸ばしできる範囲が大きくなりますので、焦らずに楽しみながら行いましょう

カートに入れる

ベッドカテゴリー

すのこベッド

フロアベッド

ショート丈ベッド

収納ベッド

チェストベッド

マットレス


マットレス カテゴリー

人気商品

家具インテリア 系列店

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」