2021,すのこベッド(桐材すのこ)の特徴とお勧めの桐材すのこベッド5選

    

すのこベッドとは


すのこベッドとは、ベッドの床板が「すのこ」状になっていて通気性がよい仕様のベッドを指します。
すのこは、太い木の角材(梁)に薄い木の板を、間隔を開けて直角に打ち付けたものです。
すのこは、お風呂場の床へ水切り目的で置くものや、押入れの収納物の「カビ防止」のために使用します。

また営業倉庫への保管のパレットも多くはすのこ仕様です。
通気性がよく長期保管には欠かせないものです。

この「すのこ」の上にコイルマットレスや、お布団を敷いて使います。
すのこは通気性に優れるため、湿気や汗などを空気中へ蒸散してくれるため、ベッドはいつもさらさらの状態で気持ちよく寝ることができるのです。

「すのこベッド」は、通気性に優れるので、高温多湿な夏がある日本で使うには最も適したベッドと言えるのではないでしょうか。

気になる強度も。あらゆる使い方を想定して荷重計算がなされ設計されているので、通常の使用では全く問題がありません。

なので安心して末永くご使用いただけることと思います。

メリットだらけのすのこベッド

  • 通気性が良くカビが生えにくい
  • すのこの素材によってはリラクゼーション効果が期待できる
  • 夏涼しくすごせる

ベッドの底板の仕様は「すのこ」「総板」「穴空きパネル」「メッシュ」などがあります。
また「底板」を「床板」「敷板」などと呼ぶことも多いです。

この底板を「すのこ状」に、板と板に隙間を設けて使用したベッドをすのこベッドと呼んでいます。
なぜすのこ状にするかというと、湿気の問題があるからです。

日本の気候は、高温多湿の夏が巡るため、ベッドも通気性が悪いとカビの問題が発生します。
よく押し入れにすのこを用いるのも、通気性を確保してカビの発生を防ぐためです。

ベッドの底板をすのこにすると、底板が割れるんじゃない?
なんて、心配をされる方がいますが、確かにすのこ板の仕様が薄かったり、使う板の枚数が少なかったりするとその心配があるでしょう。
でも、その心配はマットレスを載せるとかなり軽減します。

ただし、マットレスを載せないで、すのこ板の支えがない場所に直に乗ることは厳禁です。この場合破損します。
また、ベッドの上で飛び跳ねたりすることも、このような薄いすのこの底板の場合は厳禁です。

ようは、すのこベッドのすのこにも、様々な形状、仕様があるということです。
高耐久性のすのこベッドを選ぶには耐荷重に注目しましょう。
静止耐荷重500kgを達成している頑丈なものもあります。

ベッドの耐荷重とは?

ベッドには耐荷重という指標があります。
読んで字のごとく、どれ位の荷重に耐えられるかということですね。

ベッドメーカーが設定した、ベッドフレームに載せることができる重量の目安のことなんです。
さらに、耐荷重とは「静止耐荷重」のことですから、寝返りや起き上がりの際に加わる衝撃荷重が加わることについては十分に考慮する必要があります。

例えば耐荷重100kgのベッドなら、フレーム上に置いた荷重が100kgまでは耐えられるということです。
体重100kgまでの人が使えるという意味ではありません。

耐荷重100kgのベッドは、使う人の体重+マットレスや布団の重さ+衝撃荷重ですね。

この衝撃荷重には注目しなくてはなりません。

ちなみに硬いフローリングの床に、質量60kgの鉄球が、高さ1メートルから落下すると1.5トンにもなるそうです。
衝撃荷重は、単純計算で25倍にも相当するのですね。
もっとも人間にはクッション性もあり、ベッドも衝撃を吸収しますから、一概にそうはならないのですけれど、それでも体重の何割か増しになります。

例えばの話ですけど、机の上に載ってベッドの上に飛び降りたりすると、体重が25Kgのお子さんであっても最大600Kg以上にもなるということです。
そうなると、ベッドの破損と云うことにもなりかねないということですね。

ベッドのフレームや底板はもちろんですが、マットレスに強烈な衝撃荷重を加えると、中のコイルが一挙に変形し、マットレスの寿命を著しく縮めるので厳に慎みましょう。

とはいっても、耐荷重は比較的余裕をもって設計されているケースがほとんどで、普通に使う分には耐荷重を超えたからといって、すぐにベッドが破損するようなケースはおそらく稀でしょう。
ですが毎日欠かさず使用するベッドだからこそ、日々の負担の積み重ねが、深刻なダメージにつながることも考えられます。

ゆえにベッドを選ぶときには、自身の体重に対して、比較的余裕のある耐荷重のベッドを選択することが大切です。
ベッドの耐荷重は、大きいほど安心できるということは言えるでしょう。

また耐荷重の大きなベッドは、それなりに頑丈な作りになっていますから長持ちすることにもつながります。

すのこの材質には、桐、檜(ヒノキ)、杉、などがあるわけですか、ここでは桐材に空いて掘り下げて考察してみましょう。パイン

桐材の特徴

 

桐は、日本の気候風土にあった木材で、昔から様々な家具に使用されてきました。
岩手県の南部桐、福島県の会津桐などが有名ですが、もともとの原産地は中国と言われています。
昔から桐のタンスは有名です。会津では娘を嫁に出す時タンスをモ持たせるため、娘が生まれると桐を植えたそうです。
桐は生育は早いからそういうことが出来たのです。およそ20年ほどでタンス材になるまで成長するのですからまさに人間と同じなんですね。

近年、国内での生産量は減少し、国産の桐材は超高級品でタンスを作るとなると200万円以上もします。
故に今は桐製の家具のほとんどが輸入された桐を使用しています。
中国を筆頭に台湾やアメリカ、ブラジル、パラグアイなどからも輸入されていますが、やはり中国産が多いです。

桐には、特筆すべき性質が多数あります。

「桐」の特性は、調湿作用がある、虫がつきにくい、耐朽性が強い、冬暖かく、夏涼しい。
燃えにくい、音の響きが良い、加工しやすい、非常に軽い、軽い割合に強度がある。
衝撃に対する安全性が高いなどがあります。

その主なものを下記に詳しく掲載します。

  1. とても軽い
  2. 熱伝導率が低い
  3. 虫を寄せ付けない
  4. 湿気に強い

特徴(1)「とても軽い」ことです。

木材の中では一番軽い木が桐です。
世界的に見ても、バルサ材に次いで2番目に軽いとされています。
軽いと弱いイメージが強いですが、たしかに桜や楢などと比べると柔らかいです。
けれど、そうは言ってもスギの2/3の強度は保っているのですね。
抗曲度だって70%程度の強さを持ちます。
この強さは決してあなどれません。
しかも、美しいのに、軽く、摩滅に強い。
昔から、下駄に好んで用いられていたのも納得できますよね。
その軽さは特筆で、力のない女性でも組み立てや移動がしやすくて使い勝手に優れます。

特徴(2)「熱伝導率が低い」こと。

熱伝導率が低いというのは、要するに熱が伝わりづらいということです。
昔から火事のときに桐タンスは黒焦げになったが、中の着物は無事だったという話が語り継がれています。
外側が炭化しても中間で熱が伝わりづらいからです。
金庫の内部を桐材を使うのは熱伝導率が低いためもしもの時に生身を守るためと湿気結露を防ぐためです。
高級美術品を治める箱もこのような理由で用いれられています。
熱が伝わりづらいということは、冬は冷たくならず、夏は熱くならないということなので桐材は人に優しい木材なのです。

特徴(3)虫を寄せ付けない。

また桐材はタンニンを多く含むため防虫効果もあります。
タンスや掛け軸など高級美術品の箱に用いられるのはそのためです。
桐材はお布団やマットレスが接触するベッドのすのこには適した木材なのです。

特徴(4)最大の特徴が「湿気に強い」こと。

湿度が高くなると膨張して湿気の侵入を防ぎ、乾燥すると収縮して通気性を良くします。
吸湿性が高いため、衣類の保管には最適とされる木材ですから昔から和タンスや洋服ダンスに利用されてきました。
桐は自然の調湿機能をもっているので結露をしません。触ってもサラサラし接触するものに優しい木材なのです。
(ベッドにした場合、マットレスやお布団に湿気がこもりません)

2021,桐材すのこベッド5選

  • 丸めてコンパクトに収納できる ロール桐すのこベッド
  • みんなで川の字になって眠れる 総桐すのこベッド (連結タイプ)
  • こだわり設計でさらに幸せな目覚め ふとんで使える繊細桐すのこベッド
  • ラグジュアリーに演出 モダンライト・コンセント付きすのこベッド
  • 通気性抜群 モダンライト・コンセント付きすのこベッド

丸めてコンパクトに収納できる ロール桐すのこベッド

もっとも簡単に使えるすのこベッドドです。
和室やフローリングの部屋で布団の下に敷くのも良し、マットレスをのっせてち用も良し!

使わないときには丸めてコンパクトに収納ができる優れたアイテムです。

日中はお部屋を広々と使うことができますので、スペースが限られている一人暮らしのワンルームなどにも最高。

桐材だから軽くて持ち運び自由自在、これって重要ですね。
時には片づけて使うなら軽い方が良いに決まっています!

さらに、丸めて片付けられるロールタイプのすのこベッドはその構造上、床下空間がどうしても狭くなってしまいがち。
しかしこちらは通気性を向上させるために工夫を重ねた商品で、高さも従来品の約2倍と空気の通り道をしっかりと確保、通気性が抜群です。
太い支点で体を支えてくれる頑丈設計だからお布団でもマットレスでも快適に使えるんです。

すのこ裏面には床への傷付きを防止するフェルトも付いて安心。
大切な畳やフローリングを痛めることもありません。
入学や転勤などでお引越しの多い方にも超オススメのすのこベッドです。

みんなで川の字になって眠れる 総桐すのこベッド (連結タイプ)

桐すのこを使用した、一年中快適な寝心地を感じられるすのこファミリーベッド。
ご家族が増えても使えるこのベッドはみんなで川の字になって眠れます。

でもお子さんは新陳代謝が高いせいで体温が高く寝汗もびっしょりかきます。
湿気が心配ですよね。だけど安心です、このベッド総桐材すのこベッドだから湿気に強く、防虫効果も万全。人にやさしい天然素材です。

湿気がこもった布団やマットレスは1年中湿気の多い環境にさらされています。
快適な睡眠には、いつもお布団がさらっとしていることが重要です。
毎日の睡眠を快適に過ごすためにも通気性は重要です。
通気性のよいすのこベッドなら、一年中快適な寝心地です。
連結タイプは、ご家族の人数に合わせた様々な組み合わせをご用意しています。

もちろん耐久性もばっちり。厚手のすのこと裏の補強材で、ベッド1台当たり耐荷重120kg。
太めの脚がしっかり支えます。さらに小さいお子様がいても安心の低ホルムアルデヒド。
また、布団をそのまま敷いていただけますので、お布団派にもおすすめ。ベッドを別々にしても、お布団がそのまま利用できて便利です!

こだわり設計でさらに幸せな目覚め ふとんで使える繊細桐すのこベッド


この桐すのこベッドはすのこ板を最大限まで細くしたこだわりの設計なので、お布団での寝心地をアップして快適な目覚めを実現。
高級木材として昔から日本人に親しまれてきた上質な桐材を贅沢に使用したベッドで、湿気やカビ対策にも万全のデザインです。
通気性に優れたすのこ板と、調湿性に優れた桐材を使用した他にはない抜群の通気性です。

通常のすのこ板よりも細いすのこ板は、角あたりが少なく敷布団を敷いてもゴツゴツ感を軽減して目覚めも変わるデザインです。
寝返りをする際などに起こりやすい軋みも軽減できるため、快適な睡眠も邪魔せずに朝までぐっすりお休みいただけます。

お布団でもマットレスでもお好きな寝心地を実現します。
カラーは明るく清潔感もあるナチュラルと、落ち着いた色合いでどんなテイストのお部屋にも合わせやすいブラウンの2色からお選びいただけます。
※合わせてお使いいただける別売りの敷布団は、ベッドの外寸から長さが出てしまいますのでご注意くださいませ。

ラグジュアリーに演出 モダンライト・コンセント付きすのこベッド

オーソドックスなステーションタイプのベッドは、どんなお部屋においても嫌味がありませんね。
脚付きですからベッド下のお掃除もも思いのまま。ロボットクリーナーもスイスイです。

また、ベッド下空間があ空きいので、どうしてもベッド下収納をしたい方にだって優しいです。
衣装ケースや収納ボックスを使えば収納スペースとしておしゃれにお使いいただけます。

そしてヘッドボー付きですから、狭いい部屋ではサイドテーブルも不要なんです。
良くお使いになる小物や、時計、スマホの置き場所も枕元へ、、枕元を優しく照らしてくれるライトが付いているので、夜中に目覚めてしまった時などにも安心です。
そして、背面化粧もきちんと施されているので、置く場所を選ばずさまざまなレイアウトでお楽しみいただけます。

床板には、吸放湿に優れた桐すのこを使用しており、通気性も抜群で、湿気の多い夏場も快適にお過ごしいただけます。
さらにとても頑丈なつくりになっているので、マットレスだけでなくお手持ちも布団もそのまま使用することができるので、マットレスの寝心地が苦手な方やお子様にもおすすめです。

通気性抜群 モダンライト・コンセント付きすのこベッド

ベッドを長く使うならしっかりした作りと、飽きが来ないシンプルなデザインが決めてですね。

スタイリッシュな印象でお部屋の雰囲気を引き締めてくれます。

ベッドルームは奇をてらう必要は全くありません。
一日の疲れを癒し、明日への活力を生み出すための大切な場所です。

けれど居心地が良い演出は毎日をリラックス空間に導きます。
まるで一枚の板をくり抜いたような美しい曲線が魅力的なヘッドボード部分は小物類が置ける棚になっているので、本や時計など枕元に置いておきたい物や、お気に入りのコレクションなどをディスプレイすることもできるので使い方次第でさまざまなコーディネイトをお楽しみいただけます。

ベッドの下には空間が空いているので、ロボットクリーナーが使えるのでいつでも清潔に保つことができます。
床板は湿気に強く防虫効果やリラックス効果がある桐すのこ仕様。
通気性も抜群で湿気の多い梅雨の時期や、汗をたくさんかいてしまう夏などでもカラリとしていて、1年を通して快適にお過ごしいただけます。
天然木である桐は木材の中でも最も軽く、狂いのない素材ですので、丈夫な作りになっていて安心して長くお使いいただけます。

※その他の桐製すのこベッドはショップ検索窓で「桐すのこベッド」で検索してみてくださいませ。

まとめ

ベッドの床板は湿気に強くカビの発生をできるだけ抑えることが重要ですね。
それには、ベッドの床材を桐材のすのこ仕様にすべきです。

桐は古来から建材や家具材として重用されてきました。
「桐」の持つ調湿作用や、、虫がつきにくい、耐朽性が強い、冬暖かく、夏涼しい。
燃えにくい、音の響きが良い、加工しやすい、非常に軽い、軽い割合に強度がある。
衝撃に対する安全性が高いなとうの特性がベッドにも有効だからです。

桐は古に、太閤秀吉が家紋に用いたほどの素晴らしい素材なのです。

追記


ところがこの良いとこだらけの桐も嫌う地域があります。

なんと、桐が「最も嫌われている植物」にリストされているんです。
生態系を脅かす侵入樹木となっているのです。それはアメリカです。

プリンセスツリー、エンプレスツリー、ロイヤルエンプレスツリーとして知られる桐の木は、侵略性が高く、メインからフロリダ、テキサス、太平洋北西部までの在来の生態系を破壊しています。

ほとんどすべてのガーデニングマガジンを開くと、この木を「驚くべき、成長の早い、陰樹」と記されています。

在来の生態系に非常に多くの問題を引き起こしているのは、この急速に成長している性質です。
1年で最大15フィートまで成長するこの侵入樹は、水や栄養分などの資源を求めて在来植物群落を覆い隠し打ち負かします。

それは荒れた土壌でも繁栄し、干ばつと汚染に耐性があり、水辺地帯でも育つからです。
毎年春に咲くと、近所を車で通り抜けるうちに、樹木が茂った小川に沿って足場を築いた木がいくつもあることにがっかりします。

それは非常に速く成長する種子または根の芽から繁殖することができます。
1本の木で毎年最大2,000万個の種子を生産でき、風や水によって簡単に分散します。
薄紫色の花はかなりきれいですが、農家や林業家には好ましくありません。

この植物の販売はコネチカットで禁止されており、自然地域に広がっている他のすべての州で禁止する必要があります。
この植物の継続的な販売は非常に無責任です。
あなたの地元の保育園がこの木を売っているなら、それが私たちの在来の生態系にどれほど侵略的で危険であるかを彼らに知らせてください。

となっていて、昔から桐を珍重し空いてきた日本人からすると驚きの光景ですね。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA