腰痛対策には、適正なストレッチ運動と寝具選びが大切なんです!

腰痛について

腰痛は病名ではなく体に表れる症状の名前です。
腰そのものに問題がある場合だけでなく、内臓や腰椎の疾患、職業、生活習慣、ストレスなどの要因が複雑に絡んでいるため、専門家によを診断が必要な場合もあります。
腰痛は病気やけがによる自覚症状の調査では、男性で1位、女性の場合は2位にカウントされる身近な症状です。

腰痛が起こる原因はさまざまで、複数の要因が絡んでいる場合が多いです。
多くは原因不明といってよく、そのなかで15%程度は原因を特定できる「特異的腰痛」となります。
原因となる代表的な病気としては椎間板ヘルニア、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症が挙げられます。
これらはいずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されて痛みが起こり、圧迫がひどいときには、脚の筋力低下やしびれを伴います。

ではなぜわたしたち人間に腰痛が起きるのでしょうか?

腰痛はおそらくは、ヒトが直立歩行し、四つ足の動物がしない動作ができるようになってから発症する厄介な疾病と言えましょう。
もし猿やゴリラ、チンパンジーのような体型と運動能力であったなら腰痛を引き起こすことはなかったと思われます。
身体骨格を見ると分かりますが、腰部の骨は腰椎一本で上半身と下半身の支点であり、何をするにもここをに大きな力が加わる場所です。
しかもお腹には太もものように大きな筋肉がついていません。
わたしたちは、直立することによって、腰部はものすごいプレッシャーがかかる箇所となったのですね。
ですから、何らかのはずみで筋肉への圧迫やねじれ、引き伸ばし等の力が加わると筋肉が炎症を引き起します。
これが腰痛となって症状に、現れます。

腰痛はちょっとしたことで発症し、その原因も治療法も様様で、治ったと見えても何かの拍子に再発する厄介な疾病です。
が、腰痛は命にかかわるような重篤な疾病ではありません。
ほとんどの腰痛はそっと安静にしていれば完治し、症状を緩和するための対策も講じることができます。
しかし症状が重くになると、病院や治療院で治療することになります。
そうなると、ある程度治るまで、仕事はもちろん日々の生活に支障をきたすことも多くなります。

ですから腰部に柔軟性と強靭さを維持するための腰痛防止のエクササイズをすることがお勧めす。
腰部が柔軟でないと、ちょっとした仕草で腰痛を発症する人も多くあります。
たとえば朝起きて顔を洗う、そして姿勢を絶たせようとしたときなど腰部「グギッ」とした激痛が走り、直後は腰をまっすぐ伸ばすこともおぼつきません。
よくいう ぎっくり腰です。また床上の軽い荷物を持ち下用としたときにも同じような症状に見舞われることもあります。
このような動作をするときは、チンパンジーやゴリラのように、膝を幾分曲げてすると予防できるようです。
ですからぎっくり腰も、わたしたち人間が直立したことによる悪影響といって良いでしょう。

腰痛の症状

腰痛は、筋肉の痛みから、灼熱感、刺すような感覚までさまざまです。
かがむと痛いとか 反ると痛いとかいろいろな姿勢で現れます。
いずれも加齢等によって筋肉の柔軟性が失われるにつれて多く発生するようです。

1.酷使腰痛

腰を酷使する職業についている人に多く発生します。
筋性腰痛は、筋肉の使いすぎによって起きるいわば「筋肉痛」で、酷使した場所に炎症が起きた状態です。
運送業など肉体労働が多い人、また、同じ姿勢を続けるデスクワークの人にも多く見られます。

痛い場所をピンポイントで特定できるのが特徴で、そこをほぐしてあげると軽快します。

2.前かがみ腰痛

前かがみ腰痛は、背骨の椎骨と椎骨の間にある「椎間板」に問題があり、物を拾うなど前かがみになったときに、椎間板が圧迫されて痛みが出ます。
背筋が弱い人に起きやすく、猫背や前かがみになりがちなデスクワークの人にも多いようです。
また顔を洗い起き上がる瞬間などにも発生します。

この腰痛は、揉みほぐしても良くならないのが特徴です。

3.反り返り腰痛

反り返り腰痛は、電車のつり革を持つようなときや、洗濯物を干すとき、赤ちゃんを抱っこするなど反り動作が伴う場合などで発生します。
背骨の後ろ側にある椎間関節が反り返り互いがぶつかることで痛みが生じます。
いずれも腹筋が弱く荷重を支えきれないために反り腰になってしまう人に起きやすく、女性に多く見られます。

この腰痛も、揉みほぐしても改善しませのでやたらにもんではいけません。

4.お尻付近の腰痛

お尻腰痛は、厳密に言うと腰ではなく、お尻近くにある仙骨のつけ根の歪みが原因で炎症が起こり発生します。
産後の女性に圧倒的に多い腰痛です。
妊娠中に分泌されるホルモンの作用で緩んだ仙腸関節の靭帯が、出産後に正常に戻らないことで起きるケースが多いようです。

骨盤矯正いすなどを使って、自宅で矯正する治療が行わています。

 

腰痛になった時の対処法

原因により対処法は大きく違います。
自己判断でやるとかえって症状を悪化させてしまう場合も多いです。
ゆえにひどい症状の場合は、素人判断せずに必ず医師や成体の専門家の診察を受けてください。

※ただ腰痛は筋肉やスジなどの原因ばかりではなく、ストレスや内臓疾患など他の病気が原因の場合も多いので、整形外科等を受診するとよいでしょう。
なので原因の違いにより内科や婦人科等、他科の受診が必要になる場合もあります。

症状が比較的軽い場合の初期の対処法

  1. 椅子に深く腰掛けて、背中をまっすぐにする。
  2. 足元を広くとり、自由に足を動かせるようにしておきます。
  3. 静かに前屈と起き上がりとうを繰り返してみる。
  4. 時々、立ち上がって腰を伸ばしたり、歩いたりする

運動するよりほぐす感じです。いずれもゆっくり静かに行いましょう。
ほとんどの腰痛は、通常は数週間以内にこのような在宅治療とセルフケアで徐々に改善します。
もしだんだん悪化するようなら病院に行き医師の診断を仰ぎましょう。

もし原因不明の体重減少等をともない発熱がある場合はすぐに病院んで治療を受けてください。
たんなる腰痛ではない場合もあります。

腰痛の原因

腰痛は、原因や症状が様々で、医師が検査や画像検査で特定できる原因なしに発症することがよくあります。
というよりはっきりしな方が多いのです。
一般的に腰痛に関連する状態は次のとおりです。

一番多いのは、スポーツや肉体を使う職業で、繰り返しの重い持ち上げや突然のぎこちない動きで、筋肉や脊椎靭帯に負担をかけた場合です。
あまりのも強い力が筋肉やスジ骨などに加わると、脊椎の骨(椎骨)の間のクッションを破壊します。
これが椎間板ヘルニアと呼ばれる現象です。

椎間板疾患は、他の理由で脊椎のX線写真を撮ったときに偶発的に発見されることがよくあります。
つまり時には椎間板に圧力や衝撃が強くかかってもその時には何でもなくても後で発症することも多いのです。

関節炎や変形性関節症が腰に影響を与える可能性もあります。
場合によっては、脊椎の関節炎が脊髄周囲の空間の狭小化につながる可能性があります。
これは脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。
骨粗鬆症で骨が脆くなると、脊椎の脊椎が痛みを伴う骨折を起こす可能性があります。

危険因子

年齢

子供や10代の若者でさえ、誰でも腰痛を発症する可能性があります。
ですがほとんどの場合、、30歳または40歳前後から、年をとるにつれてより一般的になります。

運動不足

運動不足は、背中や腹部の弱い未使用の筋肉を鍛えることができずちょっとした動作が痛みにつながる可能性があります。

過重と衝撃

過度の重労働やスポーツも、腰部に強負担が加わり腰痛につながる可能性があります。

太りすぎ

太りすぎも要注意です。体重が多すぎると、腰部にかなりのストレスが常にかかっているからです。

病気

一部の種類の関節炎やがんは、腰痛の一因となっている可能性があります。

心理的状態

うつ病や不安神経症になりやすい人は、腰痛のリスクが高いようです。

喫煙

喫煙者は腰痛の発生率が高くなっています。
これは、喫煙がより多くの咳を促し、椎間板ヘルニアにつながる可能性があるために発生すると言われています。
喫煙はまた、脊椎への血流を減少させ、骨粗鬆症のリスクを高める可能性があります。

腰痛を回避したり、再発を防ぐには

運動

定期的な低衝撃の有酸素運動(背中や腰強に負担をかけたり揺らしたりしない運動)は、背中や腰の筋力と持久力を高め、要数を防止することができます。
適正な運動は、筋力と柔軟性を構築します。
腹部と背中の筋肉のエクササイズは、コアを強化し、これらの筋肉をコンディショニングして、背中や腰部の自然なコルセットのように機能させることができます。
ウォーキングと水泳はとても良い選択です。

太り過ぎない

健康的な体重を維持しましょう。
太りすぎは背中や腰部の筋肉に負担をかけます。
太りすぎの場合は、カロリー制限と運動によるダイエットをすることで腰痛を防ぐことができます。

喫煙をやめる

喫煙は腰痛のリスクを高めます。
リスクは1日あたりの喫煙本数とともに増加するため、禁煙することでこのリスクを減らすことができます。
タバコは血流を妨げることが証明されています。血流が悪く成れば当然骨や肉にも秋影響を及ぼします。

不自然な姿勢を続けない

要は腰への負担が少ない姿勢をとることです。
膝を投げないで床上のものを持ち上げたりは腰の筋肉をこわらばせ柔軟性を欠きます。
また、長時間立つ必要がある場合は、片方の足を低いフットスツールに置いて、腰の負荷の一部を取り除きます。
交互の足を入れ替え背中や腰の筋肉へのストレスを減らしましょう。

椅子の座りかた

腰をしっかりサポートし、アームレストと回転台を備えた椅子がいいです。
畳んだタオルなどを腰部に置くと、通常の曲線を維持でき腰痛を防ぎます。
また、長く同じ姿勢を取らず、少なくとも30分ごとに頻繁にポジションを変更しましょう。
そしてできるだけ一人で、必要以上重い物を持ち上げるのは避けましょう。

どうしても重いものを持ち上げる必要がある場合は、腰で持たず足に任せてください。
背中をまっすぐに保ち(ねじれないようにします)、膝を曲げます。それから荷物を体に近づけて持ち上げましょう。

腰痛防止、治療のベッド(マットレス)選び

不規則な夜の睡眠の後、体が痛み始めると感じることがよくあります。
寝姿勢は脊椎が不自然な形になりあまりにも体調や体形に合っていないと腰痛を悪化させたり発生する可能性があります。

背中や腰の痛みは、あなたの体調や体型にあっていないマットレスで寝ることによって引き起こされる可能性があります。
ここでは腰痛の緩和に最適なマットレスを選ぶ方法に関するいくつかのヒントについて考察してみましょう。

マットレスについて

マットレスの耐久性

マットレスを選ぶとき注意すべきことはその耐久性です。
なぜなら、ば耐久性が劣るマットレスは劣化が早く、使っているうちに少しづつですが確実にあなたの腰部に負担をかけているからです。
買ってから数年しか使ってないのに、耐え難いほどの腰痛を感じ始めたら、もうそれは身体も痛いですが財布も痛くなります。
ですから、マットレスは買ってからできるだけ長くしっかりしている必要があります。
またマットレスの価格は品質に連動しています。ブランド品の場合、価格が高い方が性能が優れすのは真実です。
そして腰痛予防にはあまりにも廉価なマットレスは買わない方が分万です。

マットレスの硬さ

マットレスの硬さも注意が必要です。
柔らかすぎて腰が沈み込むようなマットレスは腰への負担がかなりなものになります。
そして、マットレスの硬さは使う方の体重によってものすごく性能が変わります。
体重が極端に軽い方はマットレ鵜の硬さがミディアムでも硬く感じることがあるでしょう。
反対に体重がかなり重ければたとえハードのマットレスでも柔らかく感じるでしょう。

なので、マットレスの硬さは使う方の体重に合ったものを選んでください。

マットレスの選び方

マットレスは寝たときに、立っている時の姿勢、つまり脊椎が、自然なS字カーブを描くのが良いとされています。
最適な寝姿勢は、自然に立った時の姿勢 が最良だと云われています。
また硬すぎるマットレスも、仰向けに寝た場合、身体の自然なS字カーブに隙間ができこれも腰に負担がかかります。
これは仰向きに寝る時の状態で、横向きに寝る時はストレートに近くなります。
また枕の高さが影響する場合もあるので、実際に枕を置いて寝てみて確かめてみましょう。

・仰向けの時は軽くS字を描いているような睡眠姿勢 。
・横向きの時は背骨が真っすぐになっているような睡眠姿勢が正しいとされています。

ですから丁度良い硬さの体圧分散型のポケットコイルマットレスが良いでしょう
ちょうどよい硬さとは、各自の体質、体重によって大きく異なるので注意が必要です。
同じ硬さのマットレスでも、体重が軽い方は沈み込みが少なく、体重が重い方は大きく沈み込みます。

腰痛防止マットレスを選ぶ時の5つポイント

  1. 良い睡眠姿勢を保てる硬さと反発力があること。
  2. 通気性の良い素材な望ましい。
  3. 自分に適した硬さであること。
  4. 日干しなどメンテナンスが容易であること。
  5. カビやダニの発生がなく安心であること。

ベッドの高さ

マットレスが決まったら次はベッドの高さです。
腰痛になるとベッドの高さがとても重要になってきます。
お布団では寝起きが苦痛です。それと同じように、フロアベッドやローベッドは腰痛のある方には不向きです。
腰掛けて楽に寝起きできる高さのベッドを選びましょう。

腰痛になったら・・・

腰を痛める原因はゴマンとあります。
仕事で重いものを持った。
スポーツでひねってしまった。なんて自覚がある場合と、朝起きたらもう痛くて・・・・
何にもした覚えがないのに痛み出したなど症状が出て慌てるなんてこともあります。

いずれにしても痛いのは現実であり、症状が悪化しひどくなるともう寝ることさえおぼつかないものです。

最悪の場合、重篤な椎間板ヘルニアなどになると手術が必要になる場合もあります。
が、脊椎などを損傷してると、思うような手術が難しいのです。

なぜなら脊椎には私たちの身体を正常たらしめる大本の神経が集中している場所だからです。

故にたかが腰痛では済まされません。
症状が軽いうちに、否、できれば症状が出る前に、腰を痛める前に腰痛になりにくい体質を作ることが肝心なのです。

長いあいだ屈んだ仕事などに従事し、腰痛が持病にのようになって、そんなに重篤でなくとも、痛いのは自分持ちですし、医者に行っても痛み止めをくれるばかり。
鎮痛剤は神経を麻痺させるものですから、これが身体に良いわけがありません。
下手をすれば、他に副作用が出てきます。

腰痛によいストレッチ運動

そこで私たちは、腰を普段から鍛えていかなければなりません。

軽い運動で良いのです。腰に合ったストレッチ運動をオススメします。
ユーチューブを検索すれば驚くほどその手の動画が出てまいります。

やたらな運動は屁にもなりません。ヘタをしたら悪影響だって無いとも限りません。
ご自分の年齢や体調にあったものを弁別する能力は必要です。

信頼のある専門のインストラクター指導のものがいいです。
人によって原因も症状も違いますからこのへんは専門医の診断を参考にするのもよろしいかと。

病院も万全じゃない

しかし医者の治療って云ったって万能ではありません。
医者はほとんどが痛み止めしか出しません。
後はリハビリと称して擦るようなおざなりリハビリが待っているだけの病院も多いです。

そしてお金がどんどん出てゆきます。
ワタシはかつて一ヶ月間週3回通い、待ち時間数時間の挙句、リハビリ10分でお仕舞い。
医師の治療という治療ものを受けた覚えが全くしなかったことを思い出します。医者は薬とリハビリで儲けるのです。
ですから腰の痛い時に無理はいけません。益々症状を悪化させます。
ちゃんとした寝具で休み、無理を謹んで安静を心がけていれば回復します。

腰痛の症状が治まってきたら、徐々にゆっくりと簡単なストレッチから始めましょう。
そしていろいろ試して、自分にあったストレッチを発見したらしめたものです。
人任せはいけません。何言も研究が必要なのです。

自分にあったストレッチ運動を我がものにしてしまいましょう!
毎日、朝昼晩と3回ぐらい何クールかを実践してみましょう。
一ヶ月もすれば、あれ?腰の調子が馬鹿にいいじゃないの!?の現実がきっと訪れるでしょう!

魔法の治療法ストレッチ運動が、一日のライフスタイルになったらしめたもの。しかもタダです!

寝具選び

そして実は腰通持ちには寝具選びも大切です。

マットレスやお布団、そして枕があっていないと障害が出てまいります。
なぜならひとは、おぎゃ~と生まれてから死ぬまで、人生の1/3ほどもベッドで過ごと言われているからです。

寝姿勢が悪いと背骨が歪みます。
枕があっていないと首に負担がかかり寝違えるばかりか、それによって全身運動の抑制につながり他へ影響します。

ふかふかすぎるマットレスやお布団は、身体をうっ血から守り、血行を正常にしている整理運動、寝返り運動を妨げてしまいます。
あるいは硬すぎるマットレスはうっ血が早まり、そのため身体が無意識に反応して寝返りをしすぎることもあります。
この場合は睡眠が浅く寝た気がしません。

自然治癒力を高める

自分にあった寝具は、正しい寝姿勢と適正な寝返りに導き、睡眠は深くなり疲れを癒やします。
適正な寝返りは血行を正常に保つことによる自然治癒力を高めるのです。

人は偉大な力を自身の内に有しています。自然治癒力と言います。
それを阻害しない生活は大切なのです。
適正な運動とバランスのとれた食事、そして間違いのない寝具選びと快適睡眠、これができれば人生100歳まで元気!間違いなしです。

ところで、あるスポーツ選手が、外国遠征のときベニヤ板を持参したということを聞いたことがあります。
その選手には外国のベッドがあっていなかったのです。
笑い話ではありません。ホントの話です。
寝具選びはかくも健康や身体の安定には欠かせない大切なことだったんですね。

腰痛から開放される秘訣は、普段からのストレッチと寝具選びから始めましょう。
でも先に申したとおり、腰痛の症状も原因も人によって違いますから一回でOKとはなかなかまいりません。

じっくり研究して是非ご自分に合ったストレッチ運動と寝具を発見しくださいね。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up