子供部屋を最大限に広く活用できるロフトベッドの選び方

 

ロフトベッドとは

賃貸アパートなどに「ロフト付きの物件」とかありますが、屋根裏部分が収納場所などに使えるようになっているものです。
ロフト(loft)とは「屋根裏」「中二階」などの意味になります。

なので「ロフトベッド」といえば、ベッド部分が高い位置にあり、その下が勉強机やソファ、ハンガースペースなどになっているベッドのことを指します。
ベッドに上がるためには梯子や階段などがついています。

ロフトベッドがリリースされた初期のころは、寝る位置が天井に近いものばっかりであり、デザインもそっけないものが多かったようですが、近頃は高さもいろいろで、二段ベッドの下を外したようなデザインもあります。
つまり寝台の下は、ユーザーが適当にソファを置いたり机を置いたり、ハンガーをかけるスペースとして活用していました。

ところが最近のロフトベッドはと云うと、ベッドの下にデスクや本棚などが端から組み合わさった、子供部屋用の機能的なベッドがリリースされています。
そのような機能的なロフトベッドは「システムベッド」と呼ばれています。

ロフトベッドの最大のメリットは、下に大量の物が置けるということです。
最大に置けるロフトベッド(ハイタイプ)は大型のクローゼットがベッドの下にあるようなものです。
ですからロフトベッドは部屋が狭くてクローゼットも少なく、モノの収納がほしいという方に向いています。

でもロフトベッドにはメリットもあればデメリットもあります。
そこのところをよく検討して選んでくださいね。

ロフトベッドのメリット

  • ベッドの下の有効活用
  • 部屋を広く使える
  • 冒険心
  • 冬場は暖かい

ベッドの下の有効活用

ベッドは専有面積が最大の家具です。
しかも普通のベッドはその下がデッドスペースとなり、ホコリの積もるに任せています。
ところが、リフトベッドはベッド下を可能な限り有効活用するように作られています。
しかもただの物置場ではなく、生活空間として活用できるんです。
机を置いて勉強したり。ソファを置いてるラックスと活利用法方は思いのまま。
ハイタイプなら机やら棚やらいろいろ収納の幅が広がり便利です。
またシステムベッドは、机やシェルフ、チェストなどが組み込まれているので、見た目も統一感があってクールです。

部屋を広く使える

普通のベッドを設置した時とロフトべッドを設置した時を比べると、お部屋に余裕が出るので便利さが増します。
ロフトべッドはベッド下が開いているので机やソファが置けるんです。
こんな芸当は通常のベッドでは決して得られないメリットです。

冒険心

昔の子供たちの頃は外で遊ぶことが多かったので、空き地に秘密基地なんかを作ったことがある方もおありでしょう。
ロフトベッドはそんな秘密基地気分を味わえる唯一のベッドです。
いまの子供たちはゲーム世代で部屋に閉じこもってスマホで遊んでいますが、ロフトベッドやシステムベッドを与えればそんな冒険心が養えるかも?ですね。

冬場は暖かい

冬場は暖かく寝ることができます。
暖かい空気は上部に溜まります。なので底冷えの時期でも温々です。

ロフトベッドのデメリット

  • ベッドメイクが大変
  • 落下すると危険!
  • 圧迫感
  • 夏場はとにかく暑い

ベッドメイクが大変

シーツ替えや布団を干した後など敷くのが大変です。
ベッドメイクは大概親がすることになります。
大人が上り下りするには耐荷重も足りていることが重要です。頑丈なロフトベッドを選びましょう。

落下すると危険!

とにかく高い位置に寝るため危険性があります。
夜中のトイレなど、寝ぼけてるとハシゴの上り下り蓮と危険です
また安全性が理解できない年齢(6歳以下)は使用不可です。
小さい頃は、兄弟や友達と悪ふざけすることも考えられます。
使用上の注意は保護者の義務です。ときには注意事項など張り紙してでも理解させましょう。

圧迫感

ロフトベッドは高さが高い分圧迫感が出ます。
ぎりぎりの狭い部屋などで使用するととても圧迫感が出ます。
が、圧迫感は出ますが狭い部屋を7有効活用するには優れたアイテムです。
多少の圧迫感はスルーしましょう。

夏場はとにかく暑い

冬場のメリットも夏場はデメリットに。暖かい空気が上に溜まるので夏場はとにかく暑いです。エアコンのない部屋では寝ていられないかもしれません。
ですからロフトベッドを使う部屋はエアコンの設置は必須の要素となります。

ロフトベッドの仲間たち

ロフトベッド、ハイベッド、システムベッド、二段ベッドに共通することは、どれも、ベッド(寝台)の下部を有効利用するベッドと云うことになります。

  • システムベッド
  • ハイベッド
  • 二段ベッド

システムベッド

ロフトベッドとシステムベッドの違いは、デスクやシェルフや階段などが組み込まれたいるものをシステムベッドと呼んでいます。
ベッド全体の高さはロフトベッドのほうがずいぶん高い構造です。

ハイベッド

もうひとつ、似たようなものに「ハイベッド」と呼ばれるものもあります。
ベッドの高さはシステムベッドと同じくらいで、通常、そのまま物置場の空間として使ったり、棚やソファなどの家具は別途購入して使うようです。

二段ベッド

ついでに言えば、二段ベッドは、古くから知られているように寝台が上と下に重なって二段になっているものです。
さらに、キャスターが付いた子ベッドが下段の下に収まる「三段ベッド」などもあります。

ロフトベッドの使用条件

さて、ロフトベッドは、高い位置で寝るということであり、自然使う方の年齢層や条件は決まってきます。
高い位置に寝るので、お年寄りや、反対に安全に使えない6歳以下の若年層や、身体が不自由な方には向いていません。
6歳以上から青年層までと云うことになります。

ロフトベッドは、ベッド下の巨大な空間を有効活用できるので、お子様の寝室のサイズを広く使える最適な方法です。
ゲーム用に床面積を利用したり、学習エリアを作成したり、収納場所を作る場合など、あらゆるニーズに対応できるロフトベッドが数多くあります。

ロフトベッドは、若い世代に非常に人気のあるベッドアイテムであり、それ自体で遊び場やデザイン機能としても使用できます。
また、ロフトベッドには先ほども申した通り、システムベッドなどさまざまなスタイルが用意されているため、使う方にとって最適なものを選択することができるでしょう。

ロフトベッドの材質

木製ロフトベッド

木製のロフトベッドはナチュラルで落ち着いた雰囲気を与えます。
明るいカラーは、お部屋に広がりを感じさせます。
また、木製のロフトベッドは、幅の広いはしご段や階段を備えていることが多く、昇り降りのとき足が痛くなりません。

金属製ロフトベッド

金属製のはしごは細いため、昇り降りの時足への負担があります。
見かけは細い足が少し頼りなく感じます。が、耐荷重はしっかりとっているので破損は少ないです。
ほとんどがグレーとブラック、ホワイトなど塗装ですこし味気ない感じもあります。
金属製のロフトベッドは使っているうちに、欠け、引っかき傷などがあると、そこから錆びる場合があるので、傷等が出来たら早めに塗装を施しましょう。

金属と木部のハイブリット

脚部に気を使ったアイアンのロフトベッドもリリースされています。
脚部が木製だと量感があるので安心感があります。
アイアンの冷たさも解消されるのでデザイン的にも高級に見えます。

ロフトベッドを安全に使うために

  • 使用年齢は6歳以上
  • ガードレール
  • エッジ&バリ
  • ロープ

使用年齢は6歳以上

安全上の理由から、5〜6歳未満の子供には標準のロフトベッドはお勧めしません。
なぜなら6歳未満では、安全に対する考え方がまだよく理解できない年齢だからです。
高い位置に上るため、暴れたり、ふざけたりは危険が伴います。

ガードレール

ロフトベッドには、転倒を防ぐために、ガードレールが必要です。
ガードレールにはしっかりと固定されている必要があります。

ガードレールの上部は、マットレスの上部から少なくとも13cm以上ある必要があります。
マットレスを設置した後、ベッドの端、頭、または足のいずれかで、子供がレールの間に挟まれるスペースがあってはなりません。

エッジ&バリ

ロフトベッドには鋭いエッジ&バリがあってはなりません。
ケガの恐れがあります。もし購入したベッドにわずかでもエッジ&バリがあった場合はサンドペーパーなどで研磨して使いましょう。

ロープ

階段や梯子にロープ状の物をかけないでください。
何かの拍子に手足、首に絡まる可能性はゼロにすべきです。
数えるほどですが、ガードレールとマットレスの隙間や梯子にかけたロープ状のものに首を挟まれる事故が起きています。

ロフトベッドの選び方

  • 梯子
  • シェルフ/机/チェスト

ロフトベッドは、寝るだけの構造ではありません。
次の機能を確認して、お子様に適したモデルを見つけてください。

梯子

ロフトベッドの大部分には、はしごが付いています。
はしごがお子様の年齢に適していることを常に確認してください。
パイプの梯子は細いので昇り降りの時足に食い込み少し痛いです。

それを避けスリッパ等を履いての昇り降りは危険が伴います。
年少の子供には、幅が広く平らな横木が付いた木製のはしごがお勧めです。

シェルフ/机/チェスト

ロフトベッドを買って下にシェルフや机を買い足す予定があるなら、それらが組み込まれたシステムベッドがお勧めです。
買い足しの場合だと組み合わせが痴愚は苦になったりしますが、あらかじめシステムとして設計されたものは統一感があり満足度も増します。
価格も別々で買うよりリーズナブルでしょう。

ロフトベッドの使い方

薄型のマットレスとお気に入りのお布団を組みあわせて使います。

地震・安全対策

当ショップで扱いのロフトベッドは、パイプ系(支柱)も太く、横揺れ防止にクロスバーを用いて安全対策もバッチリ!
高いので多少揺れますが、倒壊したりつぶれしたりはしません、安心してお使いいただけます。

よく震度7がきたらどうですか?と言われる方がいますが、
震度7ですと、ベッドよりお家の倒壊を心配してしまいます。とお応えしています。
またしっかりしたサイドガードがついているので落ちる心配はありません。

耐荷重

耐荷重は最低90kg~120kgは欲しいです。
親御さんが寝具のメンテなどで上る場合はそれを考慮します。

ですが、大人二人での使い方はお勧めしません。使い方によっては底板や底メッシュを破損します。

ロフトベッドをお勧めの方

・子供部屋を最大限広く使いたい方。
・高いところに寝ても大丈夫な方。
(高さが苦手な方向けに、高さが低いロータイプもあります。
その分ベッド下収納は少なくなります。)
・お部屋を基地のように使いたい冒険心がある少年。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up