ベッド購入前に知っておきたいこと③初めての部屋にベッド設置のポイント

 

ベッドは家具の中でも結構大きい部類です。
家具屋さんで見た時はさほどではない。と、感じるかもしれませんが、
家具屋さんは、ショールームがとても広いのでそう感じるのです。

またご自分のお部屋が広くても、他に大きな家具が設置されていればその分狭くなります。
ベッドを設置したら、洋服ダンスの扉が開け閉めできないとか、箪笥の引き出しが引き出せないなどないか検討しましょう。

まず搬入口が確かかどうかを検討しましょう
廊下や階段、などが狭いとフレームやマットレスなど通り向けないことのあり得ます。
ですからベッドを買う前にチェックをしておくことが大切です。

ベッドを購入前に気を付けたいこと

搬入口のチェック

先ずお住まいの搬入口を確認しましょう!

  • 玄関、ドアのサイズ。
  • エレベーターのサイズ。
  • 階段の横幅や踊り場などの広さ。

など、ぜひご確認くださいね。
特に二階以上に設置の場合、階段周りが狭いと最悪の場合、取り回しができない場合があります。

お部屋にべッドを置けるか確認しましょう

初めてベッドを買うとき、狭いお部屋などベッドを設置してスペース的に心配の時は、仮レイアウトしてみることをお勧めします。
床にマスキングテープで、実際にベッドを置きたい場所にベッドの大きさで四角に貼ってみるとよくわかります。

その時、壁際にぴったりつけたりしても、実際にベッドを使う段には、かけ布団が掛かるので一回り大きくなることを頭に入れてくださいね。
そうすればお部屋に入らないとかの失敗はなくなります。
ベッドを置いた後のスペースの確認もできます。

このとき、他にテーブルやチェスト、ソファなどの家具があれば同じようにテープで印を入れます。
入口やクローゼットのドアなどのオープンスペースなどもしっかり確認します。
ベランダなどへの出入りの動線もしっかり確認しますs。

もし賃貸などで、お部屋に入れないときは、図面があったら図面の縮尺に合わせて、ベッドを紙で切って置いてみることもずいぶん参考になります。
※図面の縮尺が100分の1なら、ベッドの実寸が100cm×200cmの場合は1cm×2cmの紙を使いますが、これでは少々小さいため、できれば50分の1くらいのものをいただくと良いでしょう。それならベッドの場合2cm×4cmで扱いやすいです。

そして、引き出し付ベッドを購入の場合は、引き出すスペースも確認します。
引き出すギリギリでも使えないことは無いですが、これだとご自身の身体が入るスペースがなくなるので結構苦労します。
そこのところも考慮してみてくださいね。

そして歩くスペースは、できれば最低でも50cm~60cm程はあるとよいですね。
出来れば75cm取れれば最高です。

このようにレイアウトをしてみると、大体の雰囲気をつかむことができます。
買ってしまってから「失敗だった!」ということは起こらないでしょう。

ベッドは良いものは結構高価です。やみくもにベッドを買ってから入らなかったではもったいないです。
ですから、お部屋が狭く微妙な時は、マスキングでテ―プや図面上でレイアウトしてみましょう。

ベッド設置のポイント

・ベッドの左右には、通路用に50~60センチは空けると良いです。
・片側を壁付けにする場合は、掛ふとんの垂れる分のスペースの10~20センチは空けましょう。
・たんすやクローゼットがある場合は、扉や引き出しの稼働スペースを考慮しましょう。

使い方に応じたお薦めベッドサイズを下記に示しています。参考にして下さい。

使い方に応じたベッドサイズ

サイズ 幅 (約)cm マットレスの長さ  概要
 ショート丈
セミシングル
シングル
82cm
98cm
 180cm  通常サイズのはベッドは、マットレスの長さ195cmです。
身長175cmくらいの方まで使える設計になっています。175cmの方が寝ると20cmの余裕が出来ます。
なので、ショートベッドは180cmですから、マイナス20cmで、160cmくらいまでの方なら充分に使える計算になります。
セミシングル (約)85cm  195cm お子様・小柄な方・寝相の良い方などでしたら特に問題ないサイズです。 お部屋が狭い方にもよろしいですね。
シングル (約)97cm  〃 もっとも一般的なサイズです。 子供から身長180cm未満の方が使えます。180cmを超える方はロングサイズがおすすめ。お部屋が狭い方にもよろしいですね。
セミダブル (約)120cm  〃 お一人でお休みになる際に余裕のあるサイズです。 体格の大きい方・寝相に自信のない方はこちらをどうぞ。
ダブル (約)140cm  〃 お二人で使えないこともないが、できればクイーンサイズがおすすめ。 贅沢にお一人でご使用になるのがご機嫌でいいですね。
クイーン (約)160cm  〃 お二人でお休みになるのに十分余裕のあるサイズです。 お部屋自体も8畳以上の広めの寝室に向いています。
キング (約)180cm  〃 お二人でも余裕をもってお休みになられる大きなサイズです。子供が小さいうちは川の字で寝てもOK。マットレスが2本仕様であればお互いの寝動きも気になりません。
 ロング丈
シングル~
ダブル
 
90~
140cm
  206cm  普通のベッドより少し長めの206cm。お子様がベッドから落ちないか不安な方や、普通のベッドでは狭い175cm以上の身長の方におススメ。10cmの違いでゆったりと眠れます。

お部屋別のベッドを設置した場合の空きスペースを平面図に表しています。
他に家具がある場合はその分狭くなるので注意が必要です。

部屋の大きさとベッドの関係

   
 
4.5帖(江戸間)261×261 6帖(江戸間)261×352
4.5帖にベッドを置く場合、シングルベッドとサイドテーブルが置けます。 6帖にベッドを置く場合、シングルベッドとサイドテーブルが置けます。
   
8帖(江戸間)352×352 10帖(江戸間)352×455
8帖にベッドを置く場合、左右スペースがギリギリですが、シングル2台+サイドテーブルも設置可能です。幅85cmのセミシングルサイズならもっと左右に余裕ができます。 10帖にベッドを置く場合、シングル2台+サイドテーブル2台設置可能です。1人1台サイドテーブルが使えるので便利です。

※お部屋にはベッドの他に色々家具がお有りだと思います。
お部屋を広く使うにはベッドのしたを有効活用した収納ベッド、チェストベッドがお勧めです。
衣類やリネンなどをきちんと整理できます。
また大収納量のチェストベッドは押し入れ一個分にも相当する量を収納できるので、お布団のスペアや、季節モノのカーペット、大型旅行かばん、ゴルフバッグ等も収納できるのでものすごく便利です。

 


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up