ベッド購入の際には、耐荷重をちゃんとチェックしましょう。2021年、高耐荷重ベッド5選


今回はベッドを安全に長く使うために、ベッドの「耐久性」「耐荷重」について検証してみたいと思います。

ベッドの耐荷重とは?

ベッドには耐荷重という指標があります。
読んで字のごとく、どれ位の荷重に耐えられるかということですね。

例えば耐荷重100kgのベッドなら、フレーム上に置いた荷重が100kgまでは耐えられるということです。
体重100kgまでの人が使えるという意味ではありません。

耐荷重とは、ベッドメーカーが設定した、ベッドフレームに載せることができる重量の目安のことなんです。
さらに、耐荷重とは「静止耐荷重」のことですから、寝返りや起き上がりの際に加わる衝撃荷重が加わることについては十分に考慮する必要があります。

そういう意味では、耐荷重100kgのベッドは、使う人の体重+マットレスや布団の重さ+衝撃荷重ですね。


ちなみに硬いフローリングの床に、質量60kgの鉄球が、高さ1メートルから落下すると1.5トンにもなるそうです。
もっとも人間にはクッション性もあり、ベッドも衝撃を吸収しますから、一概にそうはならないのですけれど、それでも体重の何割か増しになります。

耐荷重は比較的余裕をもって設計されているケースがほとんどで、耐荷重を超えたからといって、すぐにベッドが破損するようなケースはおそらく稀でしょう。
とはいえ、毎日欠かさず使用するベッドだからこそ、日々の負担の積み重ねが、深刻なダメージにつながることも考えられます。

ですから、自身の体重に対して、比較的余裕のある耐荷重のベッドを選択することが大切です。
ベッドの耐荷重は、大きいほど安心できるということは言えるでしょう。

また耐荷重の大きなベッドは、それなりに頑丈な作りになっていますから長持ちすることにもつながります。

耐荷重の目安とは?


ベッドの耐荷重の目安は、そのサイズによっても変わってきます。
一般的な目安は、以下のとおりです。

セミシングル・シングルベッド……最低80キロ~150キロ
セミダブル・ダブルベッド……200キロ程度あれば安心でしょう。

注意しなくてはならないのは、耐荷重の表示がないものですね。
耐荷重の表示は、義務付けられているわけではありませんので、なかにはスルーしちゃうところもあるという訳です。

でも耐荷重の表示が無くても、フランスベッドなどの、いわゆるメーカー品ならば気にするすることはありませんね。
フランスベッドならば、2年の保証が付いていますから、耐久性に自信があるのでしょう。無印ベッドだと一年保証がせいぜいです。

とはいえ、二段ベッドなんかになると、もし使用中に破損!なんてことになると、人命にかかわることもありますから、ちゃんとしたベッドメーカーなら耐荷重表示があって当然ですね。
ベッド購入に際しては、安全基準の要である耐荷重の確認も忘れてはならない大切なポイントではないでしょうか。

ベッドトラブルの実例

nob********さんの質問

Q:ベッドの寿命ってどのくらいでしょうか?
わたしのベッドは、まだ購入して2年しか経ってないのに、も~のすごく軋みます!
シングルで、確かマットレス付きで5万円くらいでした。
家具屋さんで購入し、組み立ててもらいました。
軋みの原因を探そうと底の板を外してみたら、脚(高さ20cmくらい)が内側に傾いてました…!
ジツは、1年ほど前から彼氏と一緒に住んでいて、そのベッドで寝ています。
シングルベッドで2人で寝るのはやっぱりまずいのでしょうか?
このまま寝てたら危ないですかね?

A:上記の質問には、シングルを二人で使うことはまずい、とお応えします。
一人用の耐荷重しか見積もってないベッドに、二人で寝て、しかも衝撃荷重が加わるんですから、ベッドもたまったものじゃないです。
といっても、耐荷重が200kg~300kgとかで設計したシングルベッドなら平気でしょう。
質問者さんのベッドは、80kgとか100kgとかじゃなかったのではないでしょうか。
要は使い方が間違っていたということになります。しかし、買って2年で破損では笑ってはいられませんよね。

耐久性が低いことによるベッドのトラブルは、このほかにも意外にあります。
お気に入りのベッドを長く使いたければ、絶対、耐久性(耐荷重)の高いベッドを選ぶことですね。
ベッドは長く使うものですし、そう簡単に買い替えするものでもありません。

ですから、ベッド選びの際は、ベッドを使うシーンを想定して選びましょう。
先の質問者さんの例のように、最初は一人使いでも、途中から二人で使うなんてことは、若い頃にはよくあることじゃありません?

また夫婦で二人暮らしの頃は良かったが、子供ができて三人とか四人で使う場面だってあり得る話です。
まして、子供が成長するにしたがって、ベッド上で飛んだり跳ねたりすれば、マットレスのコイルだって変形しかねませんし、フレームや底板だって破損の恐れがあります。

ということで、ベッドは耐荷重に優れたもののほうが安全ですし安心です。
買うときに、少々高いと言っても、長持ちすれば結局リーズナブルと云うことになります。

ここまで、ベッド選びの際の耐荷重チェックの重要性をお話してきました。
次に、2段ベッドの場合の耐荷重チェックについてお話ししましょう。

2段ベッドの場合

2段ベッドは、狭いスペースを有効に活用できる人気のベッドです。
子供部屋に使用したり、あるいは会社の寮や学校の寄宿舎などに選ばれます。

2段ベッドは、シングルベッドを重ねて使用する設計になっています。
ですから、もし、上段のベッドが強度不足などで破損すれば、下段の使用者の上に落下する危険性があります。
なので、耐荷重のチェックは怠れません。それと同じように接合部のチェックも安全確認の要です。

二段ベッドは原則的に一人用です。
しかし、子どもが幼い時期に、時には一緒に寝たいときもあるでしょう。
あるいは、マットレスや布団のメンテナンス、リネン類の交換のため、大人が上段に上がる場合もあります。
このようなことを考慮すれば、耐荷重は1段につき最低150kg以上の二段ベッドを選びましょう。

高耐荷重のベッド5選

  1. 収納ベッドシングル 組立簡単 耐荷重400kg ヘッドレス
  2. 収納ベッド シングル 木製 組立簡単 耐荷重400kg 棚付き
  3. すのこベッド シングル 耐荷重500kg 棚付き ひのきベッド
  4. 檜すのこベッド ヘッドレス 静止耐荷重 約300kg
  5. デザインベッドシリーズ ボヌールCT LG 約300kg

①収納ベッドシングル 組立簡単 耐荷重400kg ヘッドレス


組立がとても簡単であるにもかわわらず、すのこベッドよりも頑丈で大容量収納も可能な組立式木製ベッドです。
一般的なベッドの組立時間は、モノにもよりますが大体大人2人で約60分ほど。ですが本製品は1人でも約10分ほどで簡単に作れちゃいます。
※本製品はベッドフレームのみの販売です。

②収納ベッド シングル 木製 組立簡単 耐荷重400kg 棚付き


組立がとても簡単であるにもかわわらず、すのこベッドよりも頑丈で大容量収納も可能な組立式木製ベッドに、照明、扉収納、コンセントの付いたヘッドを組み合わせたタイプです。

③すのこベッド シングル 耐荷重500kg 棚付き ひのきベッド

島根県産高知四万十産頑丈ひのきすのこベッド
お客様の「強度をアップしてほしい」という声に応えて、構造を考え直し、センターフレームを追加した他、全体の強度をアップ。耐久性試験にて1tの重みに耐えた実績があるので、強度には自信があります。
簡単に変更可能な高さ調節二段階
フレームをひっかけるネジ位置を変えるだけで、二段階の高さ調節が可能。
布団を使用するなら一段目、マットレスを使用するなら二段目に高さを設定。
一段目に設定すると、床下を収納スペースにできます。
通気性のよいすのこ仕様
通気性のよいすのこ仕様なので、床下にたまりがちな湿気をしっかり換気することができ、安心して快適な睡眠を確保することができます。

④檜すのこベッド ヘッドレス 静止耐荷重 約300kg


ひのきすのこベッド シングル マットレスでも布団でも使いやすい丈夫なベッド
お部屋に圧迫感を与えないシンプルなヘッドレスベッドです。
お子様から大人までお使いいただけるシンプルで飽きのこないデザイン。湿気を上手ににがすのこ床板仕様。
すのこ床板部には国産の檜材を使用。リラックス効果があるといわれる、ひのきの香りを楽しめます。

⑤デザインベッドシリーズ ボヌールCT LG 約300kg


通気性が良く、見た目もオシャレな脚付きデザインの、ボヌールシリーズ。
ベッド下のほこりもきれいにお掃除が出来る、モダンな脚付きデザインのベッド。ベッド下には雑誌やスリッパなど、収納も可能です。
シンプルモダンなパネル型デザイン、12灯LED照明が優しく照らしてくれます。
飽きの来ない木製パネル型の、圧迫感の無いデザインのヘッドフレームの「ボヌール」シリーズ。2台並べて置いてもホテルの様な、モダンな仕上がりです。
落ち着いた木製カラーと、温もりで存在感バツグンの、飽きの来ない木製ベッド。
シックで大人カッコいい雰囲気のお部屋にも、お子様や一人暮らしにも人気な木製カラー。別売りのマットレスでオリジナルの寝心地も選べます。

※耐荷重はショップ検索窓にて「耐荷重150とか200」と、任意の重さで検索してみてくださいね。

まとめ

ベッドの耐荷重は大きいに越したことはありません。
しかし必要以上の耐荷重も無駄と云えば無駄です。
耐荷重は丈夫さに反映し、価格にも反映しているものです。

そして、わたしたちのライフスタイルは、日々一刻変化していて、一人住まいも、やがて二人で暮らし始める。
更に時がたてば子供が生まれ、3人家族や4人家族になります。

それは長い人生の中ではあっという間です!
ベッドの購入の際には、ある程度近未来のシーンを予想し、耐荷重に余裕のあるベッドを選ぶことがベストでしょう。

まして、ベッドというものは、そう頻繁に買い換えるものでもありません。
ならば少々高くても、耐久性に優れるベッドを購入すれば、結局長く使えて、しかも安心感も伴えば、こちらのほうがリーズナブルということではないでしょうか。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up