組み立てはちょっと大変!だけど、出来上がったら大満足♪ロングユースに使えるシステムベッド

こんなベッドが欲しかった!
大人だってワクワクしちゃうんですから、まして子供なら…

組み立てはちょっと大変です。
一人でやったら、もしか、一日かかるかも知れません。
でも、出来上がったらビックリするくらい豪勢じゃありませんか!

このシステムベッド、レイアウトが自由自在なんです。
ベッド、デスク、キャビネット、シェルフをベッドの下にセッティングすれば、一番コンパクトになり、狭いお部屋にも設置できます。
あるいは、広い部屋でしたら、単体でレイアウトしてもバッチリ!

そんな使い勝手が良いシステムベッドとは、いったいどのようなものなんでしょうか?
ここではシステムベッドについて検証してみましょう。

システムベッドとは

システムベッドは、ロフトベッドから派生した商品で、デスクやキャビネット、シェルフなどを統一感を持たせて組み合わせたベッドです。
と言っても、システムベッドに決まった定義はなく、ロフトベッドといっても差し支えはありません。
云うなれば、二段ベッドの下に、統一されたデザインのデスクやキャビネット、シェルフなどが組み込まれたようなものですね。

ロフトベッドはロフト(屋根裏)というように、ベッドの脚部がかなり長く、寝る場所が結構高い位置にあるベッドです。
二段ベッドの上段だけのようなデザインですが、それよりも更に高い位置に寝床があります。
ゆえに、 広く空いたベッド下のスペースは広大で、ソファやデスクを置いてそのままの状態で使えます。
そのほか、洋服掛けやチェスト、キャビネットなどを置いたり、収納スペースにできたりと、自由に使えるのが魅力です。
近年はその自慢の高さもだんだん下がってきて、下に収められた家具がシステム化されたがために、これがシステムベッドと言われるようになった所以と思われます。

云わば、流しとコンロだけだった昔のキッチンが、ビルトインされた食洗器やコンロ、引き出しやキャビネットがぴったりと組み込まれたようなものですね。

そして二段ベッドは、シングルベットを上下に積んだ形にしたもので、上段を利用するためのハシゴが付属しています。
1人分のスペースに、2人分のベッドが確保できるため、子ども部屋のほか、寄宿舎や寮など、限られたスペースを有効活用するために採用されます。

システムベッドは、上記の両者の良いとこ取りをして発展させた、使い勝手が良い魅力的なベッドです。
ロフトベッド(ハイタイプ)のような高さがないので、視覚的にも安定感があります。
日本は2011.3.11の東日本大地震以降、地震が多発しています。
ロフトベッドより高さがないシステムベッドは、安心して使うことができます。

システムベッドの魅力

  • 魅力① ロングユースで使える。
  • 魅力② 狭いお部屋を効果的に使えます。
  • 魅力③ 家具を一つずつ買いそろえる必要がない。
  • 魅力④ 統一感が出て、部屋がおしゃれになる。
  • 魅力⑤ お部屋の状態や子供の成長に合わせて、レイアウトが変えられる

魅力① ロングユースで使える。

システムベッドは、ベッドやデスク、キャビネット、シェルフなどが単体として完全に機能するので、レイアウト自由自在なんです。
ベッド下に組み込めば一番コンパクトに使えます。
しかも、子供の成長やお部屋の状態によって、自由にレイアウトできるので、ロングユースで使えるのが最大の魅力です。

魅力② 狭いお部屋を効果的に使えます。

ベッドの下を余す所なく活用するよう設計されているので、他の家具はいらなくなります。
ベッド下を有効活用する究極的なベッドがシステムベッドなんです。

魅力③ 家具を一つずつ買いそろえる必要がない。

デスクやキャビネット、シェルフがセットされているので、他に家具をそろえる必要がありません。
もしベッドと他の家具を別々で買うなら、大変なコストが掛かります。
システムベッドなら、かなり割安でそろうのでリーズナブルです。
※ほしいものを選べるオプション設定のシステムベッドもあります。

魅力④ 統一感が出て、部屋がおしゃれになる。

ベッド、デスク、キャビネット、シェルフなどをトータルで設計しているので統一感があります。
他のベッドではこういう芸当はできません。ベッドとの調和が取れる似よりを探すもの大変です。
こんなところがシステムベッドの面目躍如といったところでしょうか。

魅力⑤ お部屋の状態や子供の成長に合わせて、レイアウトが変えられる。


ベッドやその他の家具は、単体でも完全に機能し存在感があります。
置き場所を選ばないので、子供の成長やお部屋の状態に合わせて、自由にレイアウトが変えられるもの大きな魅力です。

※ただし組み換え可能なものにがぎります。

システムベッドの選び方

  1. 年齢と成熟度
  2. ベッドに使用されてる材料を検討する
  3. マットレスの厚みと手すりの関係
  4. 使用ニーズ
  5. 部屋の大きさとベッドのサイズ

①年齢と成熟度

システムベッドは、狭いスペースを広く活用するのに最適なベッドですが、すべての子供に適しているわけではありません。
高い所への昇り降りが発生するので、安全性を確保するため、6歳未満の子供がシステムベッドを使うことはお勧めできません。
また、成熟度も重要です。6歳以上のすべての子供がシステムベッドを安全に使用できるわけではありません。
ですから、使用される子供さんが、寝床は睡眠と読書専用であることを理解する必要があります。
小さい頃にやった、通常のベッドでふざけるような行為や、飛び跳ねたりしないことを理解する必要があります。
ですから親御さんは、子供たちが安全であるのに十分成熟しているかどうかを判断して決定してくださいね。

②ベッドに使用されてる材料を検討する

システムベッドの一般的な材料には、木材、アイアン(鉄)、あるいは双方のハイブリッドがあります。
丈夫さはベッドの作りによって違うので一概には言えません。仕様書で確認してください。
丈夫さは耐荷重に現れています。当然ですが耐荷重が大きいほど強度があります。
しかし一般的には、木製ベースのシステムベッドのほうが耐久性に優れるようです。
木製とアイアン製で最も違うところは、梯子の足をのせる部分の太さです。
アイアンはかなり細いので足が痛いです。
また見た目には、アイアンはクールで都会的ですが冷たいイメージがあります。
木製は昔からなじみがあり、ナチュラルですから落ち着きと温みが感じられどっしりして見えます。

③マットレスの厚みと手すりの関係

システムベッドを使うときに、自分の好みのマットレスを使う方もおられます。
ですが、もし、厚いマットレスを使うのであるなら、手すりの高さを確認する必要があります。
ある程度手すりが高くないと、寝相が悪いなどで、時には落下の危険が発生します。
もし手すりの高さが足りないなら、後付けの手すり(ガードレール)を購入して嵩を上げてください。

④使用ニーズ

ロフトベッドの下のスペースを最大限に活用するのは机です。
使うお子様のニーズに合っているか、その机の設置情報と使い勝手などをよく確認して選びましょう。
そして次は寝床です。毎日昇り降りが発生するので、梯子の作りには注目してください。
アイアン製のものは部材が細く結構足が痛いです。
木製のほうが若干太いので楽ですが、一番いいのは階段式です。踏板が広いので痛くありません。

⑤部屋の大きさとベッドのサイズ


システムベッドは比較的小さな部屋に最適です。
狭い部屋が広く使えて、しかもセットの机やキャビネット、シェルフが付属しますから、他の家具を買う必要がなくリーズナブルです。
が、いくらそうであっても、システムベッドは組み立てると結構大きくなります。
システムベッドの全体的なサイズも考慮する必要があります。
そのとき部屋の縮尺図面を描いて、同縮尺のベッドを紙などで切り抜いて置いてみます。
余白を測って、実寸に直すと実際の空きスペースを確認できます。

魅力的なシステムベッド5選

  1. システムベッド デスク付き 子供 ロータイプ
  2. システムベッド デスク付き・収納×2の4点セット
  3. システムベッド Ivey (アイビー) 高さ176cm
  4. システムベッド デスク付き

①システムベッド デスク付き 子供 ロータイプ

この1台でお部屋が完成。木製システムベッド Amber (アンバー) 。ベッド、デスク、シェルフ、ブックシェルフ、キャビネット
シンプルなデザインとシックなカラーは、お子様はもちろんから大人のお部屋にもお使い頂けます。
ロフトベッドは組換えて、シングルベッドとしても使用可能。シェルフなどの収納家具も単独使用ができるので、成長やライフスタイルの変化によるインテリアのレイアウト変更時にもレイアウトの幅が広がります。
一人暮らし 子供部屋から大人のお部屋まで。 木製システムベッド ロフトベッド+収納家具+デスク

②システムベッド デスク付き・収納×2の4点セット

木製システムベッド ALTAIR シングル 棚付きロフトベッド+デスク+シェルフ&チェスト+オープンシェルフ 4点セット 木製ベッド、収納家具、デスク。
統一感あるデザインで、お部屋の基本アイテムが揃います。
レイアウトの自由度も高くそれぞれ単体でも使用が可能です。
収納は、オープンシェルフ&引出し収納付きキャビネットシェルフ。
見せる収納と見せない収納を上手に使って効率的な収納を。
幅90cmの引出し収納付きのデスク(椅子は付いておりません)は、必要な時に移動しやすい取っ手とキャスター付き。ロフトベッドの下にセットアイテムがすべてピッタリ収まるすっきりとしたシンプルなデザイン シックでシンプルなデザインはお子様はもちろん、大人の方にもお使い頂けるシステムベッドです。

③システムベッド Ivey (アイビー) 高さ176cm

システムベッド Ivey (アイビー) 高さ176cm ロフトベッド+デスクセット 棚収納付きベッド ベッド下有効活用 シングル
棚収納がたっぷり。収納力充実のロフトベッドにデスクがセットのシステムベッド
高さのあるベッドでベッド下スペースを有効に活用できます。昇降時に安心。安定感のある持ち手付き階段仕様。ハシゴタイプに比べ場所をとってしますイメージですが、オープンラック棚も兼ねておりスペースを無駄にしません。
引出し収納2杯付きのデスクは学習机やちょっとした作業机としてお使い頂けます。キャスター付きなので移動もラクラク。単品でも使用ができます。
子供部屋はもちろんシンプルでスマートなデザインは大人のお部屋にも馴染みます。

④システムベッド デスク付き

この1台でお部屋が完成。木製システムベッド Baum(バウム) 。ベッド、デスク、シェルフ、キャビネット
シンプルなデザインと明るくナチュラルなカラーは、高さのあるロフトベッドにありがちなお部屋への圧迫感を軽く、雰囲気も明るく。お子様はもちろん。大人になっても使い頂けます。
ハイタイプのシステムベッドは組換えて、シングルベッドとしても使用可能。シェルフなどの収納家具も単独使用ができるので、成長やライフスタイルの変化によるインテリアのレイアウト変更時にもレイアウトの幅が広がります。
一人暮らし 子供部屋から大人のお部屋まで。 木製システムベッド ハイタイプ ロフトベッド+収納家具+デスク

⑤ステムベッド ミドルタイプ アイアンベッド


エディス システムベッド ミドルタイプ アイアンベッド ロフトベット+学習机キャスター付+シェルフ 作業デスク 棚収納 棚コンセント付 大人用 子供部屋 ロフトシステムベッド ビンテージ風

※その他のシステムベッドは、ショップカテゴリー「システムベッド」でご確認ください。

まとめ

ご存知のように、システムベッドは優れた省スペースを発揮します。
ですが結構嵩張るセットになります。
とくに通販で購入の場合は、自分で組み立てることになります。

組み立ての経験がなく、しかも一人で組み立てるなら、一日中掛かるかもしれません。
ですから、出来るだけ二人でやったほうが楽です。

けれど、出来上がったら感動ものです。
大人が感動するのですから、買ってもらったお子様は想像を絶しますよね。
大変なご褒美なのですから、お勉強も頑張れるのかもしれません。

狭い部屋でも効率よく使え、しかもデスクからキャビネット、シェルフなどがセットになったシステムベッドなら、家具を別々に買うよりかなりリーズナブルです。
システムベッドは、今、最も注目されているベッドの一つであり人気も上昇中です。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up