「布団が干せるベッド」にしたら、花粉や長雨の時期にも布団が干せるんです♪

布団を干してふっくらした布団で寝ると、ホントに気持ち良いですよね。
天日にあてて干すと、湿気が無くなって軽くなり、紫外線により殺菌され、ダニやカビの心配も少なくなります。
干しあがった布団に包まると、お日様のほっこりする匂いがします。

ただ、お日様に当てると言っても、2月下旬から桜が終わるころまでは、花粉が非常に多いですから、外に布団を干すのはちょっと気が引けてしまいます。
家族に花粉症の方がいればなおさらです。

でも花粉の次期さえなくなれば、布団はたびたび干した方が気持ちが良いですよね。
でも干し方を間違えると、布団に悪影響もでるんです。

ここでは布団の正しい干し方と、花粉時期や長雨の時期にはどうやって干すのか検証して見ましょう。

布団の正しい干し方

  • ポイント1 午前10時~午後3時頃までに干し終わる。
  • ポイント2 干す時間や回数は?
  • ポイント3 途中で裏返して両面を干す
  • ポイント4 日焼け防止にはカバーやシーツはかけたまま!
  • ポイント5 布団を強くたたくのは厳禁!
  • ポイント6 ダニやカビ菌対策は?

布団はやみくもに天日で干せばいいというものではありません。
正しく干さないと、布団の寿命を縮めてしまうことに繋がります。

大切な布団をできるだけ長持ちさせるために、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

ポイント1 午前10時~午後3時頃までに干し終わる。

午後は、紫外線がかなり強くなるので、あまり長く干すと生地を痛めてしまいます。
ですから午後3時ころには取り込みたいものです。
そして、布団は湿気を吸いやすいため、早朝や夕方に干すと、かえって湿気を吸ってしまいます。
ですから、晴れた日であっても前日が雨であれば、湿気が多いので干すのは止めましょう。

ポイント2 干す時間や回数は?

布団の仕様は季節によって材質や厚さがが異なります。
材質が変われば干す時間も変わってきます。

干す時間の目安

  • 綿布団:2~4時間
  • 合繊布団:1.5~3時間
  • 羽毛布団:1時間ほどです。

また、季節によって日差しの強弱が違うため、干す時間の調整も必要です。
夏場は紫外線が最も強くなるため、時間は短めに、冬場は少々長くなってもかまいません。
干す回数は綿や合繊ならば月に3~4回でも構いませんが、羽毛の場合は直射日光に長時間晒すと傷みの原因になります。
ですから羽毛布団の場合は、普段は風通しの良い室内で陰干しをして、月に1回ほど2時間程度の天日干しで殺菌をします。室内干しには「布団を干せるベッド」が便利です。

ポイント3 途中で裏返して両面を干す

途中で裏返して両面を干しましょう
布団は厚いので日に当たったほうは湿気も飛び、殺菌もされています。
ですから、肌に触れる側を長めに干して、途中で裏返して両面をしっかり乾燥させるのがポイントです。
例えば午前10時に干したら、午後1時くらいにひっくり返して、3時くらいまで干します。

ポイント4 日焼け防止にはカバーやシーツはかけたまま!

日焼け防止には、カバーやシーツはかけたままで行うのがいいです。
直射日光が当たると、布団が紫外線にやられて傷んでしまうので、カバーやシーツはつけたまま干します。

※羽毛布団の場合は特に注意が必要です。
生地が傷むと空気の孕みが悪くなったり羽が飛び出ることもあります。

ポイント5 布団を強くたたくのは厳禁!

ホコリは、車用の羽ブラシで払うようにそっと横に払います。
良くパンパンと叩いているシーンを見ますが、あれは中の綿を砕いてほこりを出しているにすぎません。
中綿を痛めてしまいますし、生地も痛めてしまうので厳禁です。

ポイント6 ダニやカビ菌対策は?

ダニは50 度以上の熱でないと完全には死滅しません。
ですが、完全にダニがいなくならなくても、かなり減っているはずです。
もし心配ならば、黒い布やビニールシートで覆って干しましょう。
こうすることで、中の温度は50℃c以上になって死滅します。
取り込んだ後は、布団の表面に掃除機をかけると、ダニの死骸やホコリを取り除くことができるのでより安心です。

花粉や長雨などで布団が天日干しできない時の干し方。

花粉時や長雨時は、ホントに布団が干せないので気持ちも晴れないですよね。
こんな時はお部屋の中で布団を干します。

といっても室内では、竿や干すスペースがないことの方が多いです。

そこで布団が干せるベッドを使うことです。
ただし梅雨など長雨の時期は、室内も湿気が多いですから、除湿器を使って湿度は下げておきます。
扇風機を当てて、室内に風を回すのも結構効果があります。

布団が干せるベッド6選

  1. すのこベッド 布団が干せるひのきベッド
  2. 三つ折りすのこマット
  3. 天然木すのこベッド 引出し収納付 布団が干せる
  4. 折りたたみベッド 布団が干せる 木製 ラバ-ウッド
  5. 折りたたみベッド ハイタイプ すのこベッド
  6. 布団が干せる 棚付きすのこベッド

1.すのこベッド 布団が干せるひのきベッド

木製山折りすのこベッド。
フレームに天然の国産檜を100%使用した総檜すのこベッドです。
女性やお年寄りでも簡単にすのこを山折りできるため、室内で簡単に布団を干すことができ、溜まりがちな湿気を軽減できます。
スリムな奥行きのヘッドには小物を置くのに便利な棚付き。コンセントが2口備わっており、スマホ等の充電もバッチリです。

2.三つ折りすのこマット

三つ折り桐すのこマットです。
素材に天然の桐材を100%使用した総桐すのこマットです。
すのこ板1枚1枚にスリットの入ったすのこの通気性と天然桐ならではの調湿、耐熱効果で季節を問わず快適な睡眠が期待できます。
このすのこマットは三つ折りにできるだけでなく、さらに縦に二分割できるため、使わないときはコンパクトで省スペース。
山折り状態にすれば布団を干すことができます。

3.天然木すのこベッド 引出し収納付 布団が干せる

ラルーチェ La luce 木製スノコベッド 引出し収納2杯付き シングル 布団の室内干しができる M字スタンドすのこベッド
通気性の高いスノコ仕様で布団でもマットレスでも使えます。
棚・コンセント2口付 フレンチカントリーデザイン。 ベッド下収納 収納付きベッド 収納ベッド ベッドフレームのみ

4.折りたたみベッド 布団が干せる 木製 ラバ-ウッド

サイドの持ち手を掴んで垂直に持ち上げると、スプリングの力で布団を載せたままでも軽々と持ち上げることができ、そのまま布団が干せます。 床面を支えるフレームと床までの高さは30.5cmを確保していますので、量販店で販売されている高さ30cmの収納ケースまで対応可能です。

5.折りたたみベッド ハイタイプ すのこベッド


じめじめ湿気が気になる人におすすめの樹脂製すのこベッド「バインダル2」のセミダブルサイズのハイタイプは床面から約35cmの高さがあり、立ち座りもラクラク♪
樹脂製の折りたたみベッドタイプでセミダブルはなかなかありません!1人で使うと贅沢な広さに感動します。
■樹脂すのこ仕様
すのこ床板は通気性が良く、湿気がこもりにくいので日本の気候に最適。 樹脂製なので木製すのこと違い、変色やカビ・シミなどの心配がなく抗菌防カビ加工で安心清潔!水に濡れてもOK、丈夫で長持ちです。
■布団を乗せたまま折りたたみ可能
折りたたみタイプなので使わないときはコンパクトに収納可能。ワンルームのお部屋でも有効活用できます。また、布団を乗せて折りたたみができるのも嬉しいすのこベッドです。

6. 布団が干せる 棚付きすのこベッド


便利な機能がシンプルな設計のすのこベッド

すのこは2折りの山形になっており、布団が干せます。また、お好みで3段階高さ調節が出来るのでマットレスやお布団を敷いてお使いいただけます。
シンプルな棚とコンセント2口が付いたヘッドボード

ヘッドボードには、めざまし時計・スマートフォンなどが置ける奥行き8cmの薄型の棚と携帯が充電できるコンセント2口が付いています。
通気性が抜群のすのこ床板を採用

床板が通気性のいいすのこ仕様となっており、じめじめしたお布団の防止になります。季節を問わず、1年中爽やかな寝心地です。

※その他の布団が干せるベッドは、ショップ検索窓にて「 布団が干せる」と検索してみてくださいませ。

まとめ

  • 布団を干したいけど干す場所がない。
  • 花粉を避けて布団を干したい
  • 布団を取り込む時間までに帰ってこられない
  • 突然の雨が降ってきたら悲惨なことになる。

こんな心配を一挙に解決してくれるのが「布団が干せるベッド」です。
部屋干しだから、天気を気にする必要がまったくないことが最大のメリットなんです。
このベッドをつかえば、寝室が布団の干場になっちゃいます。

毎日、布団を干して仕事に行って、帰ってきたら気持ちの良い布団でお休みできるんです。
部屋の中にずっと干した状態でも、雨や風やホコリや花粉などの心配が全然ないのです。

確かに部屋の中ですから、直射日光には当てられませんが、日当たりの良いお部屋でしたら、ガラス越しで干せる可能性があります。

干しっぱなし全然OK!

夜露に濡れることもないし、夜の冷気に冷え冷えになることもないんです。
だから帰宅が夜遅くなっても問題ないですね。

また近年は「花粉症なので、春に布団を外に干すなんてとんでもない!」という方も多いです。
でも誰だってたまには布団を干したいですよね。
堪りかねて、布団乾燥機を使う方もいらっしゃることでしょう。

でも、布団を部屋干しできるなら、花粉を避けられます。
交通量の多い道路沿いの住宅でも、排ガス等のカーボン被害を避けることができます。
布団が干せるベッドは、すのこ仕様だから通気性も抜群で、カビやダニ知らずの快適な寝心地が得られます。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up