チェストベッド(収納ベッド)購入前に知っておきたいこと(よくある質問)

永く暮らしていると、だんだん物が増えてしまい、仕舞う場所に困ることはありませんか?
押し入れや、クローゼットはもはや満杯。
仕舞いには、溢れた物がお部屋の中に広がりだして、歩くことさえおぼつかない・・・
最悪の場合、こういうことが起こりかねませんよね。

そこでおすすめは、ベッド下に収納場所を有したチェストベッドを使うことです。

ベッドは家具の中で一番広く専有面積を要します。
しかも、その巨大な専有面積のベッドの下は、通常のベッドの場合デッドスペースになっています。
つまり、何の役にも立っていないのですね。

そのデッドスペースを有効活用するベッドがチェストベッドなんです。
ベッド下の有効活用というと、他にもベッド下収納に向いているベッドが幾つかあります。

高さが何段階かに変えられるベッドやロフトベッドです。

ロフトベッドは、ベッド下にクローゼットや机などを置くということができる最大にスペース活用できるベッドですが
このタイプは、天井に近い位置に寝るということになるので、使える方が限られてしまいます。
若い方ならいざ知らず、歳を経た方には、毎日の階段の上り下りは苦痛であり危険でさえあります。

それに、ロフトベッドは、空間が、ベッドや下に設えたクローゼットなどで埋まってしまい、生半可な圧迫感ではありません。
物置のような部屋の谷間で暮らすということになりかねません。

そこで、それほど高さを専有しないべッド下収納と云うことになれば
手っ取り早いのが、ベッドの下に引き出しを装備したチェストベッド(収納ベッド)ということになります。

チェストベッドは、ベッド下に引き出しを複数有していますから、収納したいものをきっちり整理して仕舞うことができ、
取り出しも容易にでき、しかも箪笥のように密閉していますから収納物を大切に保管できます。

そこで今日は、チェストベッドに焦点を当てて
初めてチェストベッドを使いたいという方々の素朴な質問にお応えしてみたいと思います。

■チェストベッド(収納ベッド)よくある質問

Q-1.ベッドを選ぶときに注意点は?  
Q-2.どんなサイズがいいですか? 
Q-3.チェストベッドって高くはないですか?
Q-4.マットレスを長持ちさせるコツはありますか? 
Q-5.ベッドの耐用年数はどれくらいですか?
Q-6.蓋の裏側に少しカビが生えていました。
Q-7.主人と2人で寝る予定なのですが、強度はどうなのでしょうか?
Q-8.収納付きベッドの引き出しって奥行きがあんまりないよね。

Q-1.ベッドを選ぶときに注意点は?


収納付きベッドは、引き出しを開けるスペースを確保しないと使えないんですか?
となると、家具配置に制限が出そうな気がしますが、どうなんでしょうか?


A:確かに収納ベッドは引出しを引き出すスペースが必要ですが、引出しは左右どちらにも設置可能です。
組み立ての時にレイアウトを考えて組み立てて下さい。
また、引き出すスペースを必要としない収納ベッドもあります。マットレスごと開け閉めできる
ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは、車のトランクと同じガスシリンダーで開閉するので、女性でも軽々開け閉めできます。

Q-2.どんなサイズがいいですか?


部屋が狭いので、できるだけ小さいベッドを探しています。
チェストベッド(収納ベッド)にはどんなサイズがありますか?


A:使う方の身長が165cm未満でしたらショート丈のチェストベッドをお勧めします。
ショート丈でヘッドレスでしたら、ベッドの丈が185cmに収まるので、通常のヘッドレスのベッドと比べると10cm短くなります。
また、ショート丈ベッドはたとえ宮付きでも薄型の棚を採用しているが多いのでかなりコンパクトです。

 

Q-3.チェストベッドって高くはないですか?


来月引っ越しをします。
今まで畳に布団だったのですが、洋室になるのでベッドを買う予定です。
収納力の無い家なので、収納付きベッドを買おうと思い探しら
セミダブルベッド 三つ折りポケットコイルマットレス付 の国産収納ベッド。
【収納部有効】
長物収納・浅型収納(4杯)・深型収納(1杯)
送料無料
価格:約64,000円です。「これって、高すぎませんか!?」


A:国産品であり、収納部の多いところからチェストベッドと推察します。
セミダブルということですので、妥当な価格であると思われます。
あまり安いものははっきり言ってどこか作りが悪いです。
フレームがプリント紙の印刷モノであったり。マットレスが安物であったりします。
もし心配なら商品名があると思われるので、検索してみると良いです。
国産で、セミダブルで、マットレスもポケットコイルを選ばれているようですしまぁ適正価格ではないでしょうか。

Q-4.マットレスを長持ちさせるコツはありますか?


チェストベッドのマットレスは薄型が多いっように思います。
マットレスを長持ちさせるコツみたいなものはありますか?


A:まずマットレスの上で飛び跳ねたりしないことです。
過度な衝撃を加えると、スプリングが変形してしまいます。

また、マットレスを長持ちさせるには両面まんべんなく使うことが大切です。(マットレスのローテーション)

ベッドのマットレスは、定期的に前・後・裏・表などローテーションするとより長持ちします。
一般家庭では3ヶ月~4か月毎で良いでしょう。

☆マットレスローテーション(両面仕様のもの)
1回目、前と後ろを入れ替える。
2回目、裏返しにする
3回目、前と後ろを入れ替える。これを3~4か月ごとに繰り返します。
片面仕様のものは前と後ろの入れ替えを繰り返します。
また、マットレスをいつも快適な状態に保つには、ベッドパッドとベッドシーツを必ず使用することも大切です。

 

Q-5.ベッドの耐用年数はどれくらいですか?


ベッドって買うときは結構高いと思いますが、どれくらい持つの?


A:使い方によって異なりますが、一応10年は平気で持ちます。
上手に使えば20年以上も可能です。

ただし、一番傷むのはマットレスです。ヘタって寝心地が悪くなっってきたら交換すれば、それからまた10年・20年はいけます。
ベッド本体が壊れることは殆ど無いので、買い替えは「古くなっかから・・・」みたいなものでしょうね。

Q-6.蓋の裏側に少しカビが生えていました。


1年ほど前からチェストベッドを使いっています。昨夜、久しぶり(冬に羽毛布団を出した以来)に収納を開けました。
そしたら、蓋の裏側に少しカビが生えていました。白く浮いた感じです。
このようなカビの除去方法を教えてください。
また、オススメな除湿剤がありましたら教えてください。
ベッドの下には、圧縮した布団、各ケースに入れた洋服、キャリーケース等を収納していて、ベッドの脇から風が通るような隙間はたくさんあります。


A:硬く絞った雑巾できれいに拭き取ってください。
キッチンハイターなどで除菌しておくともっといいと思います。そして良く乾かしてくださいね。

カビは通風がなく高温で多湿だと発生します。カビの胞子は空気中どこにもいて生育できる環境を探しているのです。
収納ベッドがカビるような場合、多分、閉めきった洋服ダンスの中もカビの発生があると思います。
カビは湿気と高温が大好きです。お部屋の湿度と温度を下げなくては、蓋裏のカビを綺麗に拭き取ったとしても生育条件が整えばまた発生を見るでしょう。
高温多湿の季節は時々蓋を上げて通風を確保し、除湿機、エアコン等でお部屋全体の湿度を下げることが必要です。
除湿シートなどを使うことも良いでしょう。

Q-7.主人と2人で寝る予定なのですが、強度はどうなのでしょうか?


収納ベッドのダブルベッドの購入しようかと思っています。
ギシギシと音がしたり、床が抜けてしまうなんて事はないでしょうか?
妊娠中の子供が大きくなって飛び跳ねたりしても大丈夫でしょうか?
収納ベッドお使いの方、使いごごちや収納量、差し支えないなければお値段、使用年数など教えてください。


A:耐荷重500kgや600kgのチェストベッド(収納ベッド)もあります。
心配なら仕様書をよく調べて確認して購入しましょう。

ですが、引き出しのあるタイプなら、底の部材が多い分通常のベッドよりも強度が高いです。
たとえば一般的なベッドの場合、ダブルサイズの耐荷重の目安は150kgほどだと思いますが、よくあるこちらの引き出し付きベッドの耐荷重は200kgです。

BOX構造であればタンスのように引き出し部を板で囲ってあるので更に強度があります。
引き出しがスライドレールであり、引き出し奥のスペースにも底板がついているものが多いので完璧です。

耐用年数については選ぶベッドによりますね。お値段なりということです。
耐用年数や強度を心配されるなら、国産のベッドのほうが格段に品質が高くオススメです。
お子さんの飛び跳ねはいかなるベッドでも厳禁です!保証の対象外です。マットレスのスプリングを痛めてしまいます。

Q-8.収納付きベッドの引き出しって奥行きがあんまりないよね。


もっと長ければたくさん収納できるのにと思いますが・・・


A:だめです。なぜ奥行きが短いかというと、これは奥行きがありすぎると使いにくいことが理由です。
(1)引出しの奥行きがありすぎると、重くなって引き出しにくいのです。下手をしたら引き出せません。
(2)それとベッドを置いた時に引き出すスペースが必要なんです。

例えばベッドの幅の奥行きだとすると、ベッド幅と同じ余裕が無いと引出しを全部引き出せなくなってしまいます。
実際は身体を置くスペースも必要なので、それ以上ですね。というわけで収納ベッドの引出しは適正な引出しの奥行きになっているのです。
収納部がいっぱい欲しければ、引出しは多く、ロングコンテナを備えた、チェストベッドやガス圧リフトアップ式収納ベッドをお使 い下さい。
このタイプだとベッド下全てが収納部でたっぷり収納できますよ。

まとめ


チェストベッドは、普段はデッドスペースになっているベッド下を有効活用し、狭い部屋を広く使える機能ベッドです。
通常ベッドと比べて、寝る位置が少々高くなり、それを抑えるために薄型のマットレスを採用しているチェストベッドが多いです。
極上な寝心地は、ダブルマットレスなどののベッドと比べると若干落ちますし、また、湿度が高い状態で使っているとカビの問題もあります。
しかし、狭い部屋で使うことや、育つ盛りでものがどんどん増えるお子様用にはとっても便利なベッドです。
マイナス面も確かにありますが、それらをよく考えて対策し使ってくださいね。


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up