新婚さんのベッド選び、一緒に寝る?それともツイン? ここから始めましょう!


新婚さんや、近い将来、結婚予定がある人は、新生活に向けて
ベッドを新調したいと考えている人も多いでしょう。

ところが、いざ、ベッド選びということになると意外と難しいものです。
ダブルベッドがいいか、シングルのツインがいいのか、寝室が狭いとか
わりと広いとか、ご主人の帰りが深夜になることもあるとか、
お二人のお好みやライフスタイルが各々人によって違いますから
新婚さんならやっぱりダブルベッドでしょ!とはいかないわけです。

そこで、ここでは、新婚さんが失敗しないベッド選びについて考えて見ようと思います。

お二人が一緒に寝るのか、離れて就寝するのか?

どちらにするのかで、ベッドのスタイルが決まります。

■お二人一緒に寝る場合
■お二人が別々のベッドで離れて就寝する場合
■赤ちゃんが生まれた場合
■子供と川の字になって寝る
■親子で寝るメリット

■お二人一緒に寝る場合。

一緒に寝たい場合は簡単です。大きなベッドを一台買えばよいわけですから。
しかし、ここで考えたいことは、サイズの問題です。

新婚さんならダブルベッド、と考えることはいささか早急すぎます。
考えてみて下さい。一人で使うベッドがシングルだった場合、両サイドに15cmの余裕があり、
これがセミダブルになると両サイドに25cm程度の余裕が生まれます。

それが、ダブルベッドにお二人で寝る場合だと、お二人の間にわずか10cm程度の隙間しか生じません。
もっともこれは、一般的標準体格のご夫婦の場合です。
小柄なご夫婦だったら、もしかしたら、ダブルベッドでも十分に使えるサイズかもしれません。
ベッドの余裕が少ないと、寝返りされるたびに目が覚めたり、おそらくは熟睡できないでしょう。

ですから、お二人が一緒におやすみしたいなら、クイーンサイズ以上の大きさがベストです。

■お二人が別々のベッドで離れて就寝する場合

欧米では、結婚したら、一つベッドで一緒に寝るのが一般的です。
もし、結婚したてで「別々に寝たい・・・」なんて言い出せば「愛情がない」理由になり
離婚にまで発展するかもしれません。

しかしここは日本です。古来より、日本の夫婦の生活習慣は、
和室にシングルのお布団を並べて敷いて寝ることが一般的でした。
ダブルの布団もありますが、毎日の上げ下げの作業や、干す時のしやすさを考えると、シングルサイズのほうが一般的です。

その習慣から、たとえ夫婦であっても、一つ部屋にシングルベッドやセミダブルベッドを入れて
ツインとして使うことも違和感がありません。
しかし、この場合は、お部屋の広さもある程度は考慮しなくてはななりません。

ツインで使うシングルベッドやセミダブルも、並べてワイドキングサイズのベッドとして使うことも可能です。
ただし、この場合、並べた時、ピッタリ合わさって隙間ができない作りのベッドを選ぶ必要があります。
新婚当初は、ワイドキングベッドとして使い、赤ちゃんが生まれた後は離してツインベッドとして使えます。

■赤ちゃんが生まれた場合

幼児期の子育ては本当に大変です。
母親は、夜中、昼中、区別なく,絶え間なく世話をしなくてはなりません。
このころになると、ご主人の仕事も第一線での中心的役割を果たす年齢に差し掛かります。
自然、帰宅時間も延び勝ち、時には深夜になる可能性も考慮しなければなりません。

こんな時、赤ちゃんの泣き声などで睡眠を妨げられますと、
翌日の仕事に悪影響が出ることは伺い知れるところです。

ゆえに、このような時期には、母親と子供は同室で、ご主人は別室でお休みいなるというご家庭も少なくありません。
もっともこれは、お部屋が足りているということが大前提ですが・・・

和室がある場合は、母親と赤ちゃんはお布団を並べて敷いておやすみになる
と言うこともおススメです。

いずれにしても、この時期の母親の子育ては大変です。
こうなると、ベッドはやはり別々のほうが使いやすいかと思います。

■子供と川の字になって寝る。

赤ちゃんが成長し幼児期になると夜泣きも減り、家族が一緒に寝ることも吝かではありません。
実際、昔から。親子が川に字になって寝ることが多かったでしょう。

真ん中に子供、両側が両親です。
ベッドでも、ファミリーベッドでこんな就寝をすることができます。
シングルサイズやセミダブルサイズを連結して使う方法です。

■親子で寝るメリット

幼児期の幼児期のスキンシップは、その子の将来を幸福に導く要素だと云われています。

それは子どもの中に”幸せの根っこ”をつくってくれるからです。
子どもと優しく触れ合う事によって「人に対する安心感が刷り込まれます」「人への信頼感が育つ」のです。
愛情あふれた親子のスキンシップは、その子の未来に安心をもたらすものとなるでしょう。

「オキシトシン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
「オキシトシン」は脳内物質の一種で愛情ホルモンとも呼ばれ、主に人と親密な関係を深める、
愛情や絆を深める、安らぎや幸福感を高めるなどの働きがあります。

この「オキシトシン」がもっともよく出るのが、好きな人との愛情のこもったコミュニケーション。
親子のスキンシップは一番の方法です。

これは親子ばかりでなく、ペットとのスキンシップ、夫婦、恋人とのスキンシップでも同じことです。
わたしたちが、お互いに触れ合うことによって幸福感に満たされるのはこのためです。

オキシトシンは、子供ばかりでなく、大人にも作用しているのです。

■まとめ

お部屋が狭い場合、あるいは短期で使う場合は、ダブルベッドでも可。
しかしこの場合、お二人の間に余裕がないため少々寝疲れます。

ダブルベッドは、お二人で使うには余裕があまりないのです。
ですから、二人で使うならクイーンサイズ以上がおすすめです。

もっともよいのは、シングルサイズ2台、あるいはシングルとセミダブルを2台を並べて使う方法。
これなら、将来、離してツインとして使えますしベストな使い方です。

子供がすぐに欲しいのなら、連結して使えるファミリベッドもおススメ。
もちろん、赤ちゃんが小さいときはベビーベッドに寝かせるのが安全です

ファミリベッドは、将来子供が成長したら、離して、シングルベッド、セミダブルベッドとしてつかえます。
親用や、子供用に、新たに買う必要がないので経済的です。


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up