タイプ別ベッド12選、それぞれの特徴と選び方

ベッドの普及率は、所帯別では60.1%。人口比普及は45.3%ということです(日本ベッド工業)これは平成17年の数字ですから、今では相当数パーセンテージが上がっていることでしょう。

和室で布団で寝るスタイルから、洋間で、あるいは和室でもベッドで就寝するというスタイルがますます増えているのです。
それはベッドの開発が進み、完成度が上がって万人に受け入れられたことと、ベッドのほうが生活するうえで利便性にすぐれ快適だからにほかなりません。病院やホテルを見ればそれがよく分かります。

ベッドの利点

・寝起きが楽
・虫やほこりの侵入が少ない
・床からの冷気を遮断できる
・介護が楽
・布団の上げ下ろしがないので不精ができる

ほかにも、ベッドの普及が上昇している理由は、人口比率が最も大きい世代、団塊の世代が、ベッドを必要とする年代になったということがあります。団塊の世代は、和室に布団の生活が長かったはずです。
ホームドラマ、サザエさんの風景です。

それが歳を経て、腰やひざを痛めてしまうと、布団の上げ下ろしや、低い位置での寝起きが、したくてもできない状態になったということでもあります。身体が不自由な方にとって、布団の上げ下げや低い位置からの寝起きは拷問です。

かくして、自然、ベッド生活が必要となるわけです。

また若い方のベッドの使用率も上がっています。この傾向は昭和中期からの生活環境の大きな変化です。住宅はほぼ洋風化しているので、こちらの世代はもう生まれたときからベッドという場合も少なくないでしょう。

ということで、今日は、販売されている様々なベッドのタイプごとに、そのベッドのメリット、デメリット、特徴、使い方、選び方などを簡単に解説してみましょう。

ベッドのタイプ

■脚付きベッド(ステーションタイプ)
■フロアベッド
■ローベッド
■収納ベッド
■チェストベッド
■ガス圧式跳ね上げ収納ベッド
■脚付きマットレスベッド
■ラグジュアリー系ベッド
■畳ベッド
■ロフトベッド
■ソファベッド
■折りたたみベッド

■脚付きベッド(ステーションタイプ)

最もスタンダードな脚つきベッドは、脚の長さがいろいろあります。
脚の高いベッドは、掃除機のノズルも入りやすく、モップも使えるのでベッド下をいつも清潔にできます。
また、ベッドの高さを調節できるタイプもあります。このタイプは一番高く設定すれば、ベッド下収納ができて便利です。

■メリット
・脚が長いため通気性は抜群です。
・ベッドとしてのバランスがとても良いです。
・床面の下の空間が高い為、掃除も簡単です。
・さらに、すのこ仕様のベッドは、通気性にとても優れるので、湿気の多い日本に最適なベッドです。
・ベッドの高さを調節できるタイプはベッド収納が可能です。

■デメリット
・このタイプはデメリットがほとんど見当たりません。
・あえて言えば、ベッド下に収納するとなると、見える収納になってしまいます。

■選び方
脚の長さにより使い勝手が違ってくるので、どのような使い方をどのような方がするのかよく検討しましょう。
ベッドのデザインやヘッドボードの機能も充実しているので好みのデザインを選びましょう。

■脚付きベッドはこんな方におすすめ
・奇をてらわず、スタンダードで落ち着いたベッドが欲しい方。
・通気性の良いすのこベッドが欲しい方。

■フロアベッド

フロアベッドは、ベッドに脚がなく、フレームが床ににぴったり付く低床ベッドを言います。
マットレスはフレームの中ほどに落とし込んで設置するので、本当に寝る面が低く抑えられています。
だから、高い位置で寝ることが苦手な方や、長い間和室に布団を敷いて寝ていた方がベッドに移行する時も、寝る位置が低いため、違和感が少ないベッドといえるでしょう。
ベッドは専有面積が非常に大きいので、高さがあればあるほど圧迫感が増します。
フロアベッドは、圧迫感が少ないので、部屋を広く見せる効果もあります。

■メリット
・低いため見通しが良くなり安定感がある。
・和室の布団スタイルから移行した方にも、低位置が安心感をもたらします。
・高さが抑えられているので、お部屋が広くなり圧迫感がすくない。
・フロアベッドは使っている部材が少ない(脚部がない)ので、比較的安価でおしゃれなベッドが多い。
・高さが低いので、小さな子供も安心して使える。
・どんなに厚いマットレスでも設置することができる。

■デメリット
・低い分、掛け布団が床に触れるため、お布団に埃などが付いてしまうことがあります。
・ベッド下空間がないため、ベッド下収納はできません。
・高さが無いぶん、ベッド自体の重厚感、高級感には乏しい。
・ベッド下の空間が狭いため、通気性は足つきベッドと比べて大分劣る。

■選び方
フロアベッドは低いため、存在感も低いです。
ですから、ヘッドボードは、存在感があるものにしたいものです。
ある意味、和室に布団を敷いた万年床のような印象になります。
存在感を増すには、棚やコンセント、照明など多機能付きを選びましょう。
加えて、枕元に必要な小物が置けるので、わざわざサイドテーブルを買う必要もありません。
また、ベッド下の通気性が少ないので、湿気が気になる方は、床板がすのこタイプのものを選びましょう。

■フロアベッドはこんな方におすすめ
・安くてもおしゃれなベッドを購入したい方。
・高いところで寝ることが苦手な方。
・連結タイプはファミリーベッドとしておすすめです。

■ローベッド

ローベッドはフロアベッドに準じて低く寝ることができるベッドです。
フレームに脚がついていますが、脚の高さは8cm程度です。
ベッド下に8cm程度の空間ができるため通気性は十分確保されています。
フロアベッドはぺったり床に設置しているため、存在感が薄いですが、ローベッドは脚があるため存在感が増しています。
フレーム下に若干隙間ができるため、ベッドに入るときなどつま先をぶつける心配もありません。

■メリット
・高さが低いためお部屋に開放感が生まれます。
・ベッド下空間があり通気性に優れる。
・短くても脚付きなので存在感があります。安っぽさを感じさせません。
・どんなに厚いマットレスでも設置することができる。

■デメリット
・脚付きですが高さがないので、ベッド下収を納スペースとして利用できません。
・脚の高さが8cm程度なので、お掃除ロボットも使えないことが多いです。

■選び方
厚みのあるマットレスを使うこともOKです。
北欧スタイル、ステージタイプのベッドは、マットレスのアレンジができる新しいタイプのベッドで人気です。

■ローベッドはこんな方におすすめ
・すっきりとした印象のベッドが欲しい方。
・お好みの厚みのあるマットレスを使いたい方。
・寝室に広がりと高級感を求める方。

■収納ベッド

収納ベッドはベッド下に引き出しがついているベッドです。
普通、片側に二敗の引き出しがついています。この引き出しは左右どちらにも設置可能です。
引き出しの反対側は空間になっていて、ここにも衣装ケースなどを用いて物を置くことができます。

■メリット
・収納ベッドはベッド下を収納スペースとして有効利用できます。
・引き出し収納だから、収納物をきちんと整理して大切に保管できます。
・ベッド下収納はものがすぐに取り出せて便利です。
・収納が引き出しなので見苦しくありません。

■デメリット
・収納スペースがある分ベッド高が高くなます。
・また引き出しが付く側は掃除がしにくいです。

■選び方
収納ベッドは、収納スペースの構造を良く確認しましょう。
キャスターで引き出しを出し入れをするタイプと、BOX構造といって箪笥のように組み立てた埃が入らない構造2タイプがあります。
BOX構造は、価格が少し高いですが、引き出し部が組み立て済み出荷なので、ベッドの組み立てはものすごく簡単、しかも頑丈で良いことずくめです。

■収納ベッドはこんな方におすすめ
・お部屋に収納スペースがほしい方。
・将来的に収納スペースが必要になる子供部屋におすすめ。

■チェストベッド

チェストベッドは収納ベッドの類ですが、引き出しは二段使いの薄型が2杯、深型1杯、さらに、引き出しの反対側は仕切りがないコンテナを装備、強大な収納量を誇るベッドです。
コンテナの方も周りが囲われていて底板もあるため、収納物をしっかり守ります。
仕切りがないため、ラグマットや布団、ゴルフバッグ、大型旅行バッグなど、大きくて置き場に困るものもキッチリ収納できます。

■メリット
・押し入れ一個分にも相当する大収納量のベッドです。
・BOX構造は埃が入りにくく、収納物を大切に保管します。
・引き出しが浅型・深型など、それぞれ複数装備で分類収納ができます。
・ベッド下収納だから、ほしいものがすぐに取り出せます。

■デメリット
・ベッドの高さがが非常に高くなります。
・圧倒的な存在感でお部屋に圧迫感を生じやすいです。
・ベッドの高さがあるため、あまり厚いマットレスはお勧めできません。

■選び方
収納ベッドでも申した通り、チェストタイプも収納部分がBOX構造タイプとキャスタータイプがあるのがポイントです。
チェストベッドは沢山の引き出しがある為、BOX構造タイプをおすすめします。
BOX構造タイプは、埃に強く、頑丈で、スライドレールで引き出しやすく、ベッドの組み立ても簡単です。

■チェストベッドはこんな方におすすめ
・とにかくたくさんの収納が欲しい方。
・多少寝る位置が高くても心配のない方。
・お部屋が狭く、あまり収納家具を置けない方。

■ガス圧式跳ね上げ収納ベッド

ガス圧式跳ね上げ収納ベッドは、ガス圧ダンバーで、マットレス毎軽々開け閉めできる収納ベッドです。
車のトランクにも用いれられているガスダンバーですから、力の弱い女性でも軽々使えて故障も少なく快適です。
収納はベッド下全面で仕切りがなく、深さはベッドのタイプにより3タイプあります。
縦開きと横開きがあり、部屋の使い勝手やお好みで選べます。

■メリット
・収納部はベッド下全面、深く巨大で、仕切りがなく収納するものを選びません。
・ガス圧ダンバーで力な弱い女性でも軽々開け閉めできます。
・上にはね上げるので、最小、自分が入るスペース以上に場所を必要としません。

■デメリット
・ベッドを跳ね上げる為のダンバーと構造が複雑な為、他のベッドより価格が高いです。
・仕切られていないため、小物等をを収納する場合は、収納ボックスなどご用意する必要があります。
・ダンパーにかかる荷重の関係で、指定マットレス以外使えないものが多いです。
・ 跳ね上げ部分の金具の設置など、他のベッドよりも組立が複雑になっているので組み立てが困難です。
(※組み立てが面倒な方向けに、組み立てサービス付きもあります)

■選び方
組立が複雑なので、組立設置サービス付き商品を選ぶことをおすすめします。
ベッドにより、跳ね上げ方向(開く方向)が異なるのでお部屋のレイアウトや使い勝手を良く検討して選んでください。

■ガス圧式跳ね上げベッドはこんな方におすすめ
・部屋が狭く、ベッドの設置スペースを有効活用したい方。
・旅行バッグやゴルフバッグ、布団など、季節ものなど大型収納物を頻繁に出し入れする方。

■脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッドは、フレームにマットレスが作り付けのシンプルなベッドです。
このタイプには、移動が楽な2分割できるタイプと、一枚物のタイプがあり、
2分割できるタイプは、移動やアレンジが容易な反面、マットレスのつなぎ面が固く違和感を感じる方もいます。
一枚タイプは、移動は不便ですがマットレスが自然なので寝心地が良いです。
といっても、マットレスが作り付けなので、種類もそんなに多くはありません。
なので、子供用、就学、就職、単身赴任とか、数年使いたいという短期的な使い方に向いています。

■メリット
・とにかくシンプルすっきりしたデザインでどんな部屋にも合わせやすいです。
・脚付きなので通気性に優れ、カビやダの発生を抑制します。
・安く簡易的なベッドでありながら寝心地のよいベッドです。
・マットレスとベッドフレームが一体化しているのでズレることがありません。
・組み立ては脚をネジ込むだけなのでとても楽です。

■デメリット
・フレームとマットレス一体型なので、マットレスの種類が少ないです。
・ヘッドレスなので、小物気が欲しい方はサイドテーブルなどが必要でしょう。
・マットレスがヘタった場合でもマットレスのみの交換ができません。
・分割型は腰部に合わせめが来るので、違和感を感じる方ももいらっしゃいます。

■選び方
ヘッドレスでコンパクトなので、引っ越しなどの運搬はしやすいです。
マットレスの種類も少なくマットレスのみの交換もできないため、長期に使いたい方には向いてないです。
脚の長さをチョイスできるものも沢山販売されているので、ベッド下を収納スペースとして活用することも可能です。

■脚付きマットレスベッドはこんな方におすすめ
・就学、就職、短期の転勤などの方。
・子供部屋などに
・少ない予算で、より寝心地の良いベッドがほしい方。

■ラグジュアリー系ベッド

レザーベッドはラグジュアリー系ベッドの代表です。
フレームやヘッドボードにウレタンを充填した、ふっくらしたクッション性抜群の、高級ソファのような造形は、まるで中世ヨーロッパの貴族を連想させるかもしれません。

■メリット
・プレミアム感はこのベッドがナンバーワン!
・レザーベッドは高級ソファのようなリラックス感とゴージャス感が味わえます。
・ベッドの上が一番居心地の良い場所に感じられます。

■デメリット
・ゴージャスすぎてどんな部屋にもマッチするとはかぎりません。
・ヘッドボードはウレタン充填で棚がないため枕元に物が置けません。

■選び方
・デザインも少ないため、それがかえって選びやすいとも言えます。
・マットレスは選択の幅が大きいので、気に入ったものを選びましょう。

■ラグジュアリー系ベッドはこんな方におすすめ
・とにかくプレミアム感があるベッドが欲しい方。
・お部屋に女性らしさを演出したい方。
・お姫様気分を味わいたい方。

■畳ベッド

畳ベッドは、マットレスの代わりに畳が設置されており、布団を敷いて使うベッドです。
それなら和室で布団を敷いて寝れば?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、畳ベッドと和室に布団では決定的な違いがあります。
それは寝る位置が高いということ。高ければ、寝起きが腰かけた状態からできるなので、腰痛がある方やお年寄りでも負担が少なく容易です。
そしてゴキブリなどの虫の侵入や、ほこりを吸う量も劇的に減って健康に寝ることができます。

■メリット
・今まで和室で布団で寝ていた方は同様の寝心地が得られます。
・寝る位置が高いので、和室で寝るより寝起きが楽です。
・寝る位置が高いと、埃を吸う量も劇的に減り、ゴキブリ等、虫の侵入も防げます。
・布団をか片づければ、小上がり的な使い方ができます。
・洋間で和のスペースが楽しめます。

■デメリット
・寝心地はお布団のグレードに左右されます。

■選び方
多くの畳ベッドが収納付きです。ブランドによって、使っている畳には天然イグサのものと化学繊維のものがあります。
収納機能は引き出しで、ヘッドボードレスや宮付きがあります。
宮付きは、棚・照明・コンセントなどあり、どのような機能が必要かご検討の上お選びください。

■畳ベッドはこんな方におすすめ
・今まで使っていたお布団をそのままご利用したい方。
・い草の香りが好きな方。
・小上がり的な使い方をしたい方

■ロフトベッド

少年の部屋の冒険スペース、隠れ家的なにおいがするロフトベッドは
少年少女がワクワクする遊び心満点の夢一杯のベッドです。

■メリット
・ロフトベッドは部屋の空間を最大限にに利用できるのが最大のメリットです。
・ベッド下がクローゼットになります。
・ベッド下の空間にソファーやデスクを置いたり、使い方はアイディア次第です。

■デメリット
・相当高い位置に寝るため高所が苦手な方は注意です。
・大きな地震では、相当揺れることが予想されます。
・部屋に圧迫感が生まれます。

■選び方
ロフト部分へは、はしごタイプか階段タイプがありますが、はしごタイプより階段タイプのほうが上り下りはしやすいです。
脚のかかるパイプや板は、太くあるいは幅が広いほうが足が痛くなりません。
寝心地が悪いからと言って、あまりにも厚めのマットレスを置くと、手すりの高さが減少して危険ですのでやめましょう。

■ロフトベッドはこんな方におすすめ
・高さが気にならない子供向けです。
・部屋が狭いのでベッド下空間を最大限に有効活用したい方。
・冒険心や遊び心があり、隠れ家的に子供部屋を使いたい方。

■ソファベッド

ソファベッドは、そんなの通りソファとベッドの一台二役ができるベッドです。
かつて日本でベッドがあまり普及していなかったころ、フランスベッドはこの一大二役を大いに宣伝してソファベッドを皮切りに販売して現代まで発展してきました。そんな日本でベッドの先駆者になった草分け的存在がソファベッドです。
部屋が一つしかなく多目的に使い方にはお勧めです。

■メリット
・1台2役、昼間はソファ、夜はベッドとして使える。
・部屋を多目的に使える。

■デメリット
・本格的ベッドと比べると寝心地が劣る。
・日々のベッドアレンジが面倒になる。

■選び方
ソファベッドはソファからベッドへの仕立て方法が2種類あります。
座面を引き出すタイプと背もたれを倒すタイプです。
ベッドの仕立て時に必要なスペースが、それぞれ異なるので、お部屋の配置を検討のうえお選びください。
倒すタイプは折れ面がわずかにへこみ、背中に違和感を生じる方もいます。
またソファベッドは、基本的に布団を敷いて使います。直寝すると寝汗等が付着するので、それを防ぐためです。

■ソファベッドはこんな方におすすめ
・部屋を多目的に使居たい方。
・お友達がかまに泊まりに来る方。
・部屋が狭くソファとベッドの両方を設置することができない方。

■折りたたみベッド

折り畳みベッドは、使うときは広げて、使わないときは畳んでしまえるので、お部屋を多目的に使いたい方には選ぶ価値があるベッドです。
また保管が省スペースなので、いざというときのお客様用エマンジシシー用としてご利用できます。

■メリット
・使わないときはたたんで格納
・省スペース
・エマンジーシー用として最適
・価格が安い

■デメリット
・簡易ベッドの為寝心地はかなり劣る。
・安っぽい
・いちいち畳んでしまうのが面倒

■選び方
折りたたみ方法をよく確認して簡単なものがいいです。
機能には、手動のリクライニング機能や、電動タイプがあるので用途に合わせてお選びください。

■折りたたみベッドはこんな方におすすめ
・リビングで、TVを見ながらチョイ寝をしたい方には最高です。
・オフィスや寮で簡易ベッドを必要とされている方。

まとめ

わたしたちの健康は、バランスの取れた食事と適正な運動、そして満たされた睡眠です。
なかでも睡眠は人生の1/3ほども時間を要する大切な要素ですね。

その睡眠は、できるだけ上質なものが求められます、
良い睡眠をを司るのは、環境であったり、ストレスであったり、生活リズムであったり色々ですが、最も簡単に揃えられるものがベッドです。

環境や生活リズムは、職業や住居など簡単には変えられない要素をいくつも含んでいます。
ところがベッドは、置く場所さえ確保できればいつでも導入することができます。

しかもベッドは家具メーカーにとっても売れている商材ですから、それだけに各メーカーはより良いベッドの開発に力を注ぐことでしょう。
ベッドメーカーの競争が強まれば、価格もこなれてくるでしょうし、使う側からすればそれはよいことです。

しかしベッドの種類は思いのほか多く、沢山すぎて、かえって選ぶのに迷うことも多いです。
ショールームをめぐって検討する方も多いかと思いますが、それで最適なベッドが買えるか?は、大いに疑問です。
ショールームのバイヤーは、当然ではありますが、売りたい商品をメインに熱っぽく語りますし、そのバイヤーの主観が強いです。

バイヤーの主観を信じて買う方も多いでしょう。

そしてショールーム巡りはうんざりするほど時間がかかります。

そういう意味では、ネットショップを大いに利用するということもありでしょう。
好きな時間に、好きなだけネットサーフィンができます。ショールームにあるよりはるかに多い種類のベッドを検討できます。
忙しい毎日を送っている買う側からすれば、これは望ましい傾向ではないでしょうか。


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up