スポンサーリンク

今日の疲れを癒し、明日への活力を生み出すための快適な睡眠とベッドについて考える

良い睡眠とは、今日の疲れを癒し明日への活力をもたらすもの。と定義することは簡単ですが、
子供のころのように、コロッと寝て、コロッと起きて、寝不足なんてどこにのある?
なんていう快適な睡眠を得られている大人は、いったいどこにいるんでしょうか?

えっ!?ここにいる・・・ですか?
そんな方は、どんな宝よりも素晴らしい宝を得ているようなもの、世界一の幸せ者、素晴らしいです!

なんのストレスも、心配事もなかった子供も、長じるにしたがって、やがて世のストレスや悩みを吸い込んでいきます。
このような社会の軋轢は、睡眠という私たちが健康で過ごすための大切な要素をどんどん蝕んでいきます。

かくしていつも寝不足、あぁ、前日の疲れが取れない・・・
枕を替えてみたり、寝室にアロマを使ったり・・・
色々試してみても、不眠はなかなか解消しないというのが実情ですネ。

ということで、ここでは、快適睡眠を得るためにとのテーマで考察してみましょう。

良き睡眠を妨げるものをできるだけ除去して、快適睡眠のための環境を整えましょう!

睡眠を妨げる要素について

☆ストレス
☆環境について
☆眠る前には

ストレス

ストレスが睡眠を妨げるということを前述しましたが、このストレスというものはとても厄介です。
なぜなら、私たちが社会生活していれば、否応なくストレスにされされるのが世の常だからです。

もっとも、このストレスも、各々各人によって受け方が違うもの事実です。
人にはもって生まれた性格や、生後の環境、習慣、教育、思想などでストレスに対しての抵抗力が全く違ってくるからです。

成人し、年を経れば減るほど、この抵抗力を強化することは困難です。
やはりこういったものは、子供のころからのスポーツや、武道など通して培われるものと考えます。

なので今お子様を育てている方は、受験勉強ばかりに力を注がず、精神強化につながるスポーツや武道にも注力することが必要ではないでしょうか。

大人であるあなたのストレスについては、各々の考え方や精神修行で少なくしていくことが求められます。

人生を過ごす中で試練や苦難は誰の身の上にももたらされます。
受験に対するおそれ、就職の悩み、就職すれば上司や仲間との軋轢、結婚、子育て・・・
数え上げればきりがありません。

でもどんな試練に見舞われようと乗り越えるすべはあります。
ようは考え方なのですね。

私的な考え方ですが、何か試練が訪れた時、まずはその試練を受け止めることが大切です。
逃れようとすればするほどがんじがらめになる。試練とはそういうものです。

そして「神は、その方に乗り超えられない試練は決してお与えにならない」ある哲学者の言葉ですが、私はこれを座右の銘にしています。

環境について

眠る環境を整えることも大切です。
もっとも、住居が騒音の吹き溜まりのような場所だったらそれはそれで困難ですが、といっても、どんな環境でも爆睡できる御仁もいらしゃるのも事実で、超神経過敏の私は、素直にそんな方がうらやましいです。

一般的には、眠る環境はできるだけ静かな方がいいです。
インテリアカラーは精神を沈めるブルー系やグリーン系が望ましく、興奮色である赤やオレンジのコーディネートは避けましょう。

そして、照明は、天井照明は避け、間接照明を用いたほのかに暗いほうがいいです。

温度と湿度は、空調があれば適正に整えましょう。

眠るまえには

眠る前には、テレビは控えめに、スマホやパソコンなどは持ってのほかです。
お風呂に入ってリラックスして静かに目をつむりましょう。
なんて聖人のようなことは、毎日となるとなかなかできませんよね。

私的には、習慣ですが本を読みます。
若いころは、ちっとも眠くならず、一冊読み終わるなんてことが良くありましたが、この頃は2~3ページで、いつの間には眠ってることが多く、今では強烈な睡眠剤のように手放せない存在です。

良き睡眠のためのベッド(寝具)について

ベッド(寝具)も良き睡眠のためにはとても重要な要素です。
冬場に寒くて目が覚めるようなお布団はまずいですし、反対に暑い夏にサウナのように汗ばんで眠れないような寝具もダメです。

あるいは、重すぎるかけ布団もダメです。
そして枕も自分に合った高さや硬さを選びましょう。
そしてベッドでは、マットレス選びが最も重要です。

良いマットレスとは

寝返りがしやすいこと
人は、無意識に一晩20~30回もの寝返りを打っていると言われています。
その寝返りを妨げない硬さがマットレスには求められます。

寝返りせずにずっと同じ姿勢でいると、マットレスと接触して圧力のかかっている部分の血液の循環が悪くなったり、重力のかかり方が一定であるため、身体の一定の部分に血液や体液が滞留しやすくなリます。
例えば寝たきりの方がに寝だこが出来たり、もっと重症化するとその部分が壊死することもあります。

それを避けるためには、睡眠中に無意識とは言え適正な寝返りを打っていることが大切です。
血液は全身を循環して、酸素などの必要な栄養を全身に供給し、二酸化炭素などの不要物を集める重要な役割があります。
この血液循環が滞ると、肩こりや腰痛の原因となる事があります。
睡眠中の適正な寝返りは健康維持には最も大切なことです。
ですからベッドのマットレス選びは慎重にしなければなりません。
硬すぎるマットレスは寝返り数が増えて熟睡出来ませんし、逆に軟か過ぎるマットレスは身体が沈み込んで寝返りがスムースに出来ないのです。

通気孔で温度調整
マットレスは寝返りにより空気の対流を生じさせ、自然とマットレスの中の温度や湿度を調節しています。マットレスの横に通気孔があるものがより通気性に優れます。
また、布団も寝返りによって中の空気が動くので温度の偏りを是正してくれるのです。
発汗には体温調節(気化熱により体温を下げる)という重要な機能がありますが、圧迫されている側の身体の発汗が抑制される“半側発汗”という性質があります。
このため、暑いときにマットレスと接触している部分は体温を下げることができないため、接触部分が蒸れ、温度が上昇します。
熱帯夜には寝返りが多い、という経験は誰にもあると思いますが、これは身体が体温調節を行っている現われなのです。
湿気が多く蒸し暑い夏がある日本で使うには、通気性の良いマットレスやすのこベッドがオススメです。

良いマットレスは良い睡眠リズムをもたらす。

睡眠のリズム
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、さらにノンレム睡眠が段階1~4に分類される睡眠段階というものがあります。
それは一時間半ごとに繰り返されると云われています。
一晩の睡眠は、この睡眠段階を繰り返すことで構成されていて、質の高い眠りには、このサイクルが重要と考えられています。
例えば深い眠りとされるノンレム睡眠の段階3や4が異常に長く続くような睡眠では良い睡眠とは言えません。
そして寝返りは、睡眠段階3あるいは4の終了時、レム睡眠に移行するノンレム睡眠期、レム睡眠の終了時に発生することから、睡眠段階を移行させるスイッチのような役割があると考えられています。

良い睡眠には枕も重要です。

枕については

当ブログ「良い枕選びのための基本的な4つのステップ」をご覧ください

まとめ

睡眠は、まだまだ医学的には分からないだらけですが、私たちは経験上、夢も覚えておらず、目覚めがスッキリし疲れがどこにもない、
子供の頃のような睡眠が健康的であることは経験上知っています。

そんな睡眠がお望みならば、私たちは一日のライフスタイルを整えるところからはじめなければいけません。
食事と適正な運動と規則正しいライフワークに生きがいが生まれれば心も充実します。

そして肝心の睡眠は、良い環境と、良いベッド、そして良いマットレスがもたらすというわけです。


ベッド専門通販モナミは種類が豊富です。選ぶ選択が広がります。あなた好みのベッドが必ず見つかります。 また最大のメリットは、メーカーからの直送だから販売管理コストが掛からない分とってもお買い得です。 個人情報などセキュリティ対策には万全を期し管理しています。安心してお買い物ができるショップです。 すのこベッド・・フロアベッド・・収納ベッド・・チェストベッド・・ショート丈ッド

あわせて読みたい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA