マットレスベッド、ブランドものと無印良品、どちらが高品位?

スッキリ見せるスマートなベッドの代表と言えばマットレスベッドですね。

マットレスベッドとは、フレームにマットを固定し足を付けたベッドを言います。
ヘッドボードレスなので、コンパクトだからニッチな部屋にもベッドが置けるなどメリットがあります。

寝心地だってマットの仕様を選べば、スタンダードなベッドと同じような快適な寝心地を得られることも人気の秘密ですね。

マットレスベッドの最大のメリットは、価格が安いということとコンパクトなことです。

デメリットはマットレスのみの交換ができない。
マットレスの種類が少ないということですね。

またヘッドボードレスなので、枕元にものが置けない分、サイドテーブルが必要になるかもしれません。
頭部を壁にくっつけるなどの設置をしないと枕が落ちたりすることもあるでしょう。

マットレスベッドは、有名家具店のものや無印良品などいろいろ出回っていますが、双方とも
一体タイプと分割タイプの二種類のタイプがあります。が、それぞれに特徴があります。

マットレスベッドは2タイプ

・分割タイプ
・一体タイプ

分割タイプ

分割タイプは、半分のものを連結して使うタイプで、搬入や搬出時に持ち運びが楽ですがやや寝心地に難があります。
つなぎ目の硬さが腰やお尻の位置になり、気になるなどマイナス点もあります。

これはマットレスの構造によるところが大きいのですね。
というのは、マットレスは形を維持するために、周囲に太くて丈夫な針金状の金属を使用しているからです。
分割タイプも周囲に硬い部分があります。その部分が合わせ目にあり影響するのですね。

これを解消するために、つなぎ部分の硬い針金状の金属をなくし、ポケットコイルのみにした分割式のマットレスベッドも販売されています。
が、わたくしの個人的見解ですが、形状維持の硬い部分がないとなれば、やや耐久性に劣るのではないでしょうか。
だから、長期に使うのであれば一体タイプのほうがおすすめです。

一体タイプ

一体タイプは合わせ目の硬さがないですから寝心地が断然良いでしょう。
欠点と言えば、搬入、搬出時の大きさではないでしょうか。
結構大きいですから一人では無理です。
そのことを除けば、やっぱり一枚モノのほうがセッティングもいらないし、面倒がないです。
私的には一枚モノのほうに軍配を上げたいと思います。

マットレスの種類

マットレスベッドのマットレスには
ボンネルコイルとポケットコイルの二種類あります。

ボンネルコイルマットレスの特徴

スプリング状のコイルを、そのままマットレスの全面に配置し連結したものです。
ポケットコイルと違い、点ではなく面で支える構造のため適度に固く弾力があります。
ベッドで寝てるというよりも、畳の上にお布団を敷いて寝ている感覚です。
欠点はボンネルコイルは、スプリングが連結されているため、横揺れをします。寝返りを打たれると、隣で寝ている人にも伝わってしまいます。
普通のベッドでは、ソフトな寝心地のレギュラータイプや、しっかりした寝心地のハードを選ぶことが出来ます。が、マットレスベッドの場合は各メーカーによってそれぞれです。

ポケットコイルマットレスの特徴

スプリングが一つ一つ不織布のポケットに包まれていて独立しているため、体圧分散に優れ、
体型や姿勢の凹凸に合わせてフィットし快適です。
ポケットコイルの方が、バネの数が多いです。
(一般的なマットレスのシングルで、ボンネルコイルのバネの数は約210本程度なのに対して、 ポケットコイルは約500本以上)
点で支える構造のため、腰や背骨の負荷をバランスよく分散し身体のラインに無理なくフィットするので理想的な寝姿勢を保ちます。
ポケットコイルは、コイルがひとつひとつ独立しているので、横揺れしません。
隣で寝返りを打たれても響かないのが特徴です。
レギュラータイプの特徴は、平行配列が多くソフトな寝心地です。
ハードタイプはバネ数を変えるために、交互配列にするなど工夫してあり詰め物も違います。
配列が変われば、バネ数が多くなりバネが多いほど硬くなって、より体をしっかりサポートしてくれるのです。

以外と高品位!無印良品

マットレスベッドは有名家具店などブランド物や無印良品など、様々なものが販売されています。
どこのものが良いかは一概には言えませんが「360. life」本格商品テストWebさんの分解検証によれば、無印良品、IKEA、ニトリ、山善の4メーカー5種類の脚付きマットレスに刃を入れて構造と内容物を検証したところ、なんと!圧倒的に無印良品の品質が高かったという結果が出ています。

もっともお値段は、無印のほうがニトリさんより大分高かったようです。
ということを鑑みると、とある家具屋さんのうたい文句「お値段以上」ではなく、お値段なりの品質ということができるでしょう。

マットレスベッド、選ぶ基準

(1)マットレスやリネンのカラーを選ぶ
(2)マットレスを選ぶ
(3)サイズを選ぶ(ショート丈もあります)
(4)脚の高さを選ぶ

まとめ

マットレスベッドは、シンプルなインテリアを目指す方には最適なベッドです。

比較的お値段が安いにもかかわらず、快適な寝心地が得られるのも特徴。

分割タイプは、搬入や搬出が楽ですから
初めての一人暮らしの方など、近未来に引っ越しを控えている方にはお勧めです。

マットレスベッドには、マットレスの張生地のカラーが多いものも特徴、ベッドからソファ使いにとアレンジするときなど使い勝手が良いですね。

また脚の高さが選べるものや、ボックスシースなどベッドリネン付きのものも売られています。
サイズもセミシングルからダブルまで選ぶことができるタイプもあります。

そしてショート丈のマットレスベッドもあり、こちらは長さがスタンダードなベッドより15cmも短くできているためニッチなお部屋にも置くことができます。
ただショート丈の場合は身長160cmくらいまでの方向けにできています。

参考・「360. life」本格商品テストWeb


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up