驚異の大収納量!チェストベッド、4つのメリットと3つのデメリット

《チェストベッドとは》

チェストとはチェスト (家具) – 衣料などの収納に用いる蓋の付いた大きい箱をさした言葉ですが
ベッドがつくと収納する装備を有した寝台を指しています。

当ショップでは、便宜上、引出しが一段のものを収納ベッドと呼び
引出し4~5杯で二段になっていて、更にその反対側には、大型収納コンテナを有したものをチェストベッドと分けています。

チェストベッドはベッドの床下一面が収納部で、
引き出し部分の反対側に巨大な収納部を装備しているのが特徴です。

大変大きく、深さもたっぷりあるので、カーペットやスーツケース、
ゴルフバックなども充分に保管することができます。

収納場所がほしい方や、室内にものが溢れている方にはチェストベッドをお勧めします。
お部屋が綺麗に片付き広々とします。
チェストベッドはあなたのベッドルームに快適空間をお届けします。

チェストベッドと言っても、寝心地を決めるのはマットレス。
選べるマットレスは、スタンダードな厚みのタイプとベッドをいくらかでも低く抑えたい方のために
薄型マットレスもご用意しています。用途やお好みでお選び下さいね。

収納がほしい方には、大収納量で使い勝手が良いチェストベッドですが
使う方の条件によっては、メリットにもなればデメリットにもなる要素が幾つかあります。
そこで今日は、一般的に見たチェストベッドのメリットとデメリットを幾つか
書き出してみましょう。これからチェストベッドを選びたい方の参考になれば幸いです。

《チェストベッド、4つのメリットと3つのデメリット》

【チェストベッドのメリット】

1. 引き出しが多いので分類収納ができる。
2. モノが増え続ける子供部屋に最適!
3. 長尺物や大きなものも収納できる。
4. Box構造のチェストベッドは作りが頑丈

1. 引き出しが多いので分類収納ができる。
引出しが5杯もあるので小物やリネン類洋服など整理して収納することが出来ます。
引出しの反対側が収納ボックスになっているタイプは長尺物まで収納できる大容量クローゼットです。

2. モノが増え続ける子供部屋に最適!
あふれたものの収納に困っている方やどんどんモンが増えてゆく子供部屋に最適!
永く暮らしているとどんどん物が増えてゆくのが常。
かといって処分することも躊躇してしまう。
あれもこれも思い出が詰まっている。こんな方が多いのではないでしょうか?
そんな方や、どんどん物が増える散らかりがちな子供部屋にはチェストベッドの収納力はとても魅力的です。
チェストベッドの最大収納量は押入れ一個分にもなりますから使い勝手抜群です!
それでもチェストベッドの収納が満杯になったらどうする?
なんて疑問もわきますが、やはり処分できるものは処分して少しでも物を減らすことも大切ですね。

3. 長尺物や大きなものも収納できる。
収納に困るのが大きく嵩張るモノの収納です。 長尺収納部を備えたチェストベッドを選べば一挙解決!
かなり大柄のゴルフバックなども収納できてしまいますから驚きですね。
ベッド下全てのスペースを収納として広く使うことが出来るため、大きいモノ(布団、スーツケース、スポーツ用品など)を収納することに適しているので人気の収納ベッドです。

4. Box構造のチェストベッドは作りが丈夫
引き出し部分を完成型でお届けするボックス構造は、箪笥のように上部と左右、後部を板で囲った構造なので
引き出しの中にホコリが入りにくくなっています。

また、チェストベッドの引き出しのBox構造全体でベッド上部を支えるため、
Box構造のチェストベッドは、Box構造でないベッドより遥かに頑丈です。

そして、何より嬉しいのは、工場での完成品(引き出し部分のみ)での引き渡しとなるため、ベッドの組立てもものすごく簡単です。

さらにサイドフレームがないため、Box構造でないチェストベッドと比べてフレームの厚み分収納量が多くなっています。
大切な衣料などをきっちり収納して、いつまでもきれいに保管します。
ですからチェストベッドをお求めになる場合は「Box構造」と表示のあるベッドをお勧めしています。

《BOX構造5つのメリット》

BOX構造

BOX構造

BOX構造は引出しがしっかり板で囲われているのが特徴です。
完成品でしっかりした造りなので、頑丈で組立も簡単です。

■メリット1 高い収納効率
■メリット2 ほこり対策も万全
■メリット3 強度が増しています。
■メリット4  引き出しの出し入れがスムースです。
■メリット5 3ステップ 簡単組立

■メリット1 高い収納効率
BOX構造チェストベッド(収納ベッド)は一般的なベッドと違い、サイドフレームが不要です。
その為、フレームの厚さ部分がなく構造に無駄がなくなり、同じサイズのベッドに比べ収納力が増しています。

■メリット2 ほこり対策も万全
引出しの上部と裏側が板で密閉されているので、ほこりの侵入を防ぎます。
だからこそ、大事な荷物も安心   して収納できます。

■メリット3 強度が増しています。
Box構造でない収納ベッドは、フレームと筋交いだけで底板をさ支えていますが
Box構造は一体構造の引き出し部分が面でベッドの底板を支えているのでかなり丈夫です。

引き出しはスライドレールを滑って動くので出し入れがものすごくスムースです。
物を収納するとかなり重くなるのでこの機能は嬉しいですね。

■メリット5 3ステップ 簡単組立
実はチェストベッドの組み立ては引き出し部分がかなり面倒くさいのです。
BOX構造は、引き出し部分が完成品なので、ベッドの組立はものすごく簡単!組立時間はたったの10分です!

上記のように収納ベッド(チェストベッド)のBox構造は良いことだらけなのです。
ですから収納ベッド(チェストベッド)を選ぶときは「BOX構造」と表記のあるものをお勧めします。

【チェストベッドのデメリット】

1. 湿気がこもりやすい
2. 引き出すスペースが必要
3、寝る位置が高くなる(50cm~60cm)

1. 湿気がこもりやすい
収納物がカビたというお話を聴くことがあります。
ですがこれは、何もチェストベッドに限ることではありません。

クローゼットでもそうですし、タンスもそうです。
あまりにも湿気がこもると中の収納物がカビることがあります。

特に高温多湿の時期は換気や除湿をする事が必要です。お部屋の換気には気をつけたほうが良いです。
また時々引出しを引出して換気をし、その時についでにお掃除をすれば、収納物がカビてるかなど確認できるので一石二鳥です。

2. 引き出すスペースが必要
引出しで出し入れする チェストベッドは、引き出すスペースが必要です。
ベッドの配置によっては引き出しの開閉がしにくくなります。
チェストベッドを配置する際には引き出しの開閉を考慮した位置に設置しましょう。
そのようなお部屋にはリフトアップするタイプのガス圧跳ね上げ式収納ベッドをお勧めします。
ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは上下の開閉ですのでサイドのスペースは要りません。

3、寝る位置が高くなる(50cm~60cm)
チェスとベッドは2段引き出し付きのため、スタンダードなベッドよりかなり高い位置で寝ることになります。
なので、高い位置が苦手な方はチェストベッドより若干低くなる引き出しが一段の収納ベッドが良いです。
また、高さを抑えるため薄型マットレスを選ぶといくらか低くなります。

まとめ

ベッドは専有面積が一番大きい家具です。
ところが、スタンダードなベッドでは、その巨大なベッド下がデッドスペースになっているのですね。
そのデッドスペースを有効活用したベッドがチェストベッドです。

チェストベッドは、モノがあふれ、少しでも収納がほしい方には救世主のようベッドです。
成長するに従い、どんどん物が増える子供部屋に最も向いたベッドということもできるでしょう。

収納ベッドを検討する方に多い質問は「収納物がカビないか?」ということでしょうか。
確かに高温多湿の環境では、放っておくとカビることもあるでしょう。
湿気対策、カビ対策は、当ブログ
フロアベッド、収納ベッドのカビ対策について考える。」をご覧ください。


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up