夫婦になると一緒のベッドで寝るのが普通ですか?それともツインでもいいですか?

欧米の映画やドラマで見るように、欧米では夫婦になれば同じベッドで寝るのが一般的なようです。
でもほんとうにそうなんでしょうか?実際は、年を経たら別々になるんじゃないの?
ちょっと疑問が湧いたので調べてみました。

北欧の方と結婚して暮らしてる方のコメント。

北欧在住です。
1人で寝るほうがよく眠れるのでシングル2つで寝たい(というかほんとは自分の部屋がほしい・・)
とダンナに言うのですが、別々のベッドで寝る=愛情がない、という意味だ!と反対されます。
彼の両親ももちろんダブルベッドです。
こちらの友達も「えー、別々に寝たいなんて信じられない!!」といいます。

旅行会社勤務なのですが、確かに日本の団体は「ツイン(2つのベッド)マスト、ダブル不可」のリクエストが多いのですが
こちらのホテルは、ツインの部屋が極端に少なくて選択の幅が狭いです。

わたしたちは、夫婦が別に寝ても極々普通に思ってしまいますが、あちらでは「いいえ、どちらかが死ぬまで」と言いますから
欧米人の夫婦のベッドライフはかなり徹底したもので、ほんとに、共白髪のことわざ通りで、まさに日本人から見ると命がけですね。

欧米ではベッドや寝室を別にすると、離婚に発展するということも確かなようです。

ところが、欧米から見たら信じられない光景でしょうが、わたしたち日本人の夫婦のベッドライフは、かなり違っているのではないでしょうか?
ベッドや寝室を別にしているのに、円満な夫婦が大勢いるのがわたしたち日本人です。

さて、この違いはどこからきているんでしょうか?
それは、もしかしたら、日本人の古来からの生活様式、和室にお布団を敷いて寝る。ということから習慣付いたものかもしれません。
和室に夫婦で寝る場合、シングルサイズを二組並べて使うのが普通です。

子づくり等の夫婦生活は、お互いが行き来したことでしょう。
ことが終われば、欧米の男女のように至近距離で眠るより、自分の布団に戻って眠ったほうが休まるに決まっています。

これが洋風化した住居とともに、ベッドが導入されても、眠る文化はやはり日本人なのですね。
だから、日本人は、ベッドを別にしても離婚の心配が少ないのです。

それに、いびきや寝相が災いして芯から休まらない夫婦だって大勢存在します。
こんなかたは、ベッドを別にしないと離婚よりまえに、寝不足で、体調を崩してしまいます。

欧米の実情を知ったなら「あぁ、日本人でよかった~・・・」が実感ですよね。

で、今日は夫婦のベッドについて考えてみましょう。

わたしたち日本人は、欧米人と違って、気分的にツインでもいいわけですからベッドの選択肢が広がりますよね。
無理してダブルやクイーン、キングでなくともよいわけです。

が、もっと自由に考えるなら、新婚期、子育て期、熟年期とベッドスタイルが変化してもいいわけです。
というより、もうすでにそうしているご夫婦も多いのではないでしょうか?
 

インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】
ベッド通販専門店「ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-」

 

夫婦のベッドについて考えてみる

・新婚期
・子育て期~壮年期
・熟年期

新婚期

新婚当初は熱々ですから、ダブルやクイーンベッドもよいでしょう。
しかし、子供ができるとやはり同じベッドでは子育てが大変です。
子供の夜泣き、授乳、おむつ替え、等々でママは大忙し、おちおち寝てなんかいられません。

そんな時期はパパも同じベッドでは、仕事にも差し支えます。
自然別々に就寝することになりますよね。

そんなことを考えると、最初からツインにしておくことも考えられます。
それなら、くっつけても離しても使えて便利です。
その時、シングル2台でもいいですが、片方をセミダブルにしておくと更に夫婦生活に余裕が出てきていいですね。

【おすすめベッド】
☆ベッドスタイルはオールラウンド
・ダブルやクイーンベッドで一緒に寝る
・シングル2台を並べて寝る
・シングルとセミダブル2台を並べて寝る

子育て期~壮年期

子育て期は、幼児から小学校高学年ころまででしょうか。
それ以上は、子供部屋を使い、親離れするご家庭も多いことと思います。

問題はそれ以前です。
幼児期のお子様とのスキンシップは、お子様の豊かな感情を育み、情操教育に大いに役に立ちます。
スキンシップは、愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌を促進し、その子の将来を幸せに導くと云われています。
それには、親子で寝ることを前提に設計されたファミリ―ベッドが最適です。
子供は成長したら、切り離してシングルとして使いまわしできるので経済的です。

脚付きのものと足無しのフロアベッドがあります。
子供の落下が心配な方は、フロアタイプを選ぶと良いでしょう。

【おすすめベッド】
☆フロアベッド/ロ―ベッド
・クイーンサイズベッド
・ファミリーベッド(低床のローベッド/フロアベッドがおすすめ)

熟年期

この年齢になると、別々でお休みになる方も多いことでしょう。
趣味が違う、寝る時間が異なる。などの場合は、お部屋を違える夫婦もいらっしゃいます。

当然ベッドはシングルサイズで間に合いますが、一人でもゆったり眠りたければセミダブルを使うことも良いですね。

えっ「私たちはずっと愛し合ってる、だから今まで通りクイーンベッドをつかいたい」ですか?
えぇ、もちろん欧米ではこれが一般的ですから、一向にかまいません。

ベッドの高さは、腰かけた格好から寝起きするのが楽なので、ステーションタイプがいいですね。
高さがほしいからといって、チェストベッドでは幾分高すぎるかもしれません。

ベッド下収納がほしいなら、引き出しが一段のスタンダードな収納ベッドで薄型マットレスを使うと良いでしょう。
フロアベッドなど低床タイプは「どっこいしょ!」となるので腰や膝に負担がかかります。

【おすすめベッド】
ステーションタイプ
・シングル
・セミダブル
・従来通りクイーンでも可

まとめ

欧米文化が浸透して早150年。
寝室も欧米化が進んでベッドを使う方も多くなりました。

新婚だから同じベッドで一緒で眠りたい・・・ということも確かでしょう。
ですが、睡眠は、今日の疲れを癒し、明日への活力を生み出すための大切なもの。

新婚だから…夫婦だから…一緒のベッドで寝るのが普通だ。
なんてことは、日本人の全ての人には当てはまらないのではないでしょうか?

ですから欧米の習慣にとらわれることなく、お部屋がベッドを置くのに状況的に可能でしたら、シングルを2つ置かれたら良いと思います。
このスタイルは、くっつけてワイドキングサイズとしても使えますし、離せばツインとして使えます。

だけど、若いうちは、夫婦の部屋を別にするのだけは避けたいものです。
夫婦のきずなの深さは、やはり距離が影響します。
あまりにも遠い距離に置くことは、なにかとうまくいかない感じがします。

なぜなら、親子のスキンシップが、幸せホルモン「オキシトシン」を分泌すると書きましたが、実は、幸せホルモンは、夫婦のスキンシップやペットとのスキンシップで、大人にも強く影響しているからです。


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up