ベッドサイズの選び方

ベッドサイズは、ショートベッド、セミシングル、シングル、セミダブル、ダブルからスーパーキングサイズまでといろいろあります。
皆さんがベッドを選ぶ時、どのベッドサイズが自分、あるいはご夫婦、ご家族、に合ってるのかわからない?
と迷う方もおられるんじゃないでしょうか?

もっとも一回りや二回り大きいベッドでも、大は小を兼ねると言いますから一向にかまわないのですが、それにはそれ相当のお部屋の広さは必要になります。
お布団だって大きなものが必要でしょう。キングサイズにシングルサイズの掛け布団ではベッドを覆うことができなくてアンバランスです。

やはりベッドには使い方によって適正サイズというものがあります。
必要以上に大きなベッドは、無駄以外の何ものでもないということは真理ですが、逆に小さすぎるベッドでは窮屈で、足が出てしまったり、寝返りもままならほどでは寝疲れすること請け合いです。

またこんな使い方もあるかもしれません。
普段は一人で使うが、時にはお二人で使うこともある。と言うような方は、その時のことを考えて大きなベッドを用意することも必要でしょう。

ですからベッドを買う前に

引っ越し先の部屋にベッドが入るのか?
一人で使うのか?あるいは二人で使うのか?
将来は子供と一緒に寝ることもあるのか?

などなど、使用するシチュエーションも考慮しなければなりませんね。

ということで、今日はベッドのサイズについて考察してみましょう。
これからベッドを買う方の参考になれば幸いです。

ベッドのサイズとお薦めサイズ

ベッドのサイズとお薦めサイズ
サイズ 幅 約cm マットレス
の長さ
要概
 ショート丈
セミシングル
シングル
82cm
98cm
180cm 通常サイズのはベッドは、マットレスの長さ195cmです。
身長175cmくらいの方まで使える設計になっています。175cmの方が寝ると20cmの余裕が出来ます。
なので、ショートベッドは180cmですから、マイナス20cmで、160cmくらいまでの方なら充分に使える計算になります。
セミシングル (約)85cm 195cm お子様・小柄な方・寝相の良い方などでしたら特に問題ないサイズです。 お部屋が狭い方にもよろしいですね。
シングル (約)97cm 195cm もっとも一般的なサイズです。 子供から身長180cm未満の方が使えます。180cmを超える方はロングサイズがおすすめ。お部屋が狭い方にもよろしいですね。
セミダブル (約)120cm 195cm お一人でお休みになる際に余裕のあるサイズです。 体格の大きい方・寝相に自信のない方はこちらをどうぞ。
ダブル (約)140cm 195cm お二人で使えないこともないが、できればクイーンサイズがおすすめ。 贅沢にお一人でご使用になるのがご機嫌でいいですね。
クイーン (約)160cm 195cm お二人でお休みになるのに十分余裕のあるサイズです。 お部屋自体も8畳以上の広めの寝室に向いています。
キング (約)180cm 195cm お二人でも余裕をもってお休みになられる大きなサイズです。子供が小さいうちは川の字で寝てもOK。マットレスが2本仕様であればお互いの寝動きも気になりません。
ロング丈
シングル~
ダブル
90~
140cm
206cm 普通のベッドより少し長めの206cm。お子様がベッドから落ちないか不安な方や、普通のベッドでは狭い175cm以上の身長の方におススメ。10cmの違いでゆったりと眠れます。

ベッドとお部屋の関係をチェックしましょう

ベッド購入前に、ベッドとお部屋の関係を知るには、まずお部屋の縮尺図を書きます。
そして、ベッドも同じ縮尺で紙を切り抜きます。
他に家具があったら、同じように切り抜いて図面の上に置いてみましょう。

ドアや、押し入れ、窓の位置も正確に記入しましょう。
それらの前は、ドアの開く寸法に応じてオープンスぺースを取ります。

そうしないと、実際にベッドを置いたらドアが開かないなどの支障が生じてしまいます。
そして動線の幅は最低60cmはとりましょう。
またベッドの大きさは、布団をかけると更に広くなることを考慮します。
30Cmや40cmオープンスペースがあっても、ベッドに布団をかぶせると、実際はほとんどなくなってしまいます。

このように、あらかじめ図面上でレイアウトをして準備すると、その時になって、ベッドや家具をあっちこちへ移動しなくても済みます。

ベッドのサイズ別特徴とお勧めサイズ

ショート丈サイズ(シングル幅100×180cm/セミシングル幅85×180cm)

通常より長さや幅の小さなベッドを探している方に向けてはショート丈ベッドがあります。
こちらはマットレスサイズが一まわりコンパクトです。

ショート丈というのはマットレスサイズが通常サイズのベッドと比べて短いベッドの事を言います。
レギュラーサイズより15cm程度短くなっていて、ベッドボード部分を入れても全長200cm以下であることがほとんどです。
通常のベッドより一回りコンパクトなので、この差でドアや物入れの扉が開け閉めできるかが変わる場合があります。

宮付きのほかに、ヘッドボードレスのコンパクトなベッドはもっともコンパクトなベッドと言えましょう。
ただし使う方の身長がおよそ165cm未満の方向けということになります。

気を付けなければいけないのは子供桟のために買った場合です。
子供の成長は早いですから、あっという間に使えないサイズになってしまうことも考えられるのでそこのところは大いに検討しましょう。

ショート丈サイズがおすすめの方。(身長が165cm未満)

  • 小柄な方。
  • ワンルームなどであまり大きなベッドが置けない方。
  • 子供部屋にベッドを置きたいけどレギュラー丈だと支障がある方。
    このような方はショート丈のベッドをご検討ください。

セミシングルサイズ:(約 80-90cm×195cm)

また長さは普通サイズ(195cm)で、幅を詰めたセミシングルサイズもあります。

一人暮らしのワンルームや子供用ベッド・2台を並べて使うのに最適なサイズです。
省スペースな為、お部屋に対してのベッドの占める範囲は少なくなるというメリットはありますが、横幅が狭い為、大柄な方は寝返りがしづらいかもしれません。
中央に寝た場合は。横に15cm程度の幅しかありません。体が大きな方はこの幅で足りるかご確認くださいね。
セミシングルサイズのベッドは。商品により幅80cmの物と幅90cmの物がありますのでご注意ください。

セミシングルサイズがおすすめの方。

  • 体の小さな方や華奢な女性の方におすすめのサイズです。
  • セミシングルサイズは、2台並べての使用が主流になっています。
    2台並べての使用イメージは、幅80cmの場合はクイーンサイズ(160cm)になります。
    幅90cmの場合はキングサイズ(幅180cm)になりますのでご確認ください。

シングルサイズ:(約 100cm×195cm)

シングルサイズは最も一般的なサイズです。
日本人の平均的な体格の方なら充分に快適なサイズです。

大は小を兼ねるということは真理で、小学生位の子供さんでも違和感がありません。
子供はすぐに成長するので、お部屋が極端に狭くなければ、とりあえずシングルサイズを買っておけば末永くお使いただけます。
6畳のお部屋の4分の1から3分の1を占めるサイズとなっています。

ただし、引き出し付きの収納ベッドの場合は、引き出すスペースも必要になるため、他の家具とのバランスはよく検討してくださいね。
収納付きがご希望で、引き出すスペースが確保できないような場合は、上下に開け閉めするガス圧式跳ね上げ式収納ベッドをご検討ください。

  • 初めてのベッド購入や一人暮らし用のベッドからお子様部屋のベッドまで幅広くお使いいただけます。
  • 日本の住居で最も一般的な6畳のお部屋にぴったりのサイズがこのシングルサイズベッドです。
  • 2台置きしてワイドキングサイズベッドとして使いたい方。(※8畳以上のお部屋でないと扉やクローゼットの開け閉めが厳しいでしょう。)

シングルサイズがおすすめの方。

  • 平均的な体格の方

セミダブルサイズ:(約 120cm×195cm)

ゆとりをもって就寝したい方におすすめのサイズがセミダブル。
シングルとセミダブルを合わせて、スーパーワイドキングサイズとしてカップルで使う方にもおすすめです。

シングルサイズよりちょっと大きくなったこのサイズは、左右に30cmずつの空きスペースができます。
大柄な方でも余裕で寝返りが打てるので快適な睡眠が得られます。

高級なビジネスホテルなどはシングルサイズではなくセミダブルサイズが採用されています。
もっとも、ホテルは不特定多数の方が利用されるので、大きなガタイの方にも対応しているのですね。

セミダブルサイズがおすすめの方。

  • ゆったり眠れて、寝室に贅沢を求める方、寝相が悪い方におすすめのベストサイズです。
  • シングルとセミダブルを合わせてカップリングベッドとしても人気です。
  • シングルとセミダブルは、お子様ができて家族で使い、時には別々にして寝たい時など離して使えるので便利です。

ダブルサイズ:(約 120cm×195cm)

カップリングベッドといったらダブルベッドと勘違いしやすいサイズです。
お二人で使った場合、空きスペース がほとんどなくなりお互いの脇に10cmしかありません。
寝返りはしずらいし、お互いが干渉しあって熟睡するには向いてないです。

ですからダブルベッドは、二人で寝ることはできるベッドですが、二人で寝るには若干狭いサイズです。(平均的な体格のカップル)
シングルベッドに一人で寝る時と比べても狭く、どうしてもという方以外はお二人用としてはお勧めできません。
その場合は、耐圧分散型のポケットコイルマットレスのご使用をお勧めします。

ダブルサイズがおすすめの方。

  • 大柄な方。
  • 高級ホテルのような贅沢な寝心地を得たい方。
  • お部屋が広く余裕がある方。

海外のホテルなどではダブルベッドは一人用になっていて、部屋に二台入れてツインルームという形が一般的です。
もっとも西洋人は、日本人よりかなり体格が大きいことも確かですが・・・

クイーンサイズ:(約 160cm×195cm)

カップルでゆったり寝るためのベッドサイズです。
新婚さんやカップルはもちろん親子でのご使用もおすすめです。

ゆとりとサイズのバランスが取れたサイズがこのクイーンベッドサイズですが
それでも、一人でシングルで寝るよりは空きスペースは狭く窮屈になっています。が、空きスペースが15から20cmあれば許容範囲です。

日本住居のスペースから、これ以上の大きさのベッドを置くと結構大変ですよね。
通販においてはクイーンサイズ以上のマットレスは2枚タイプの物が多くなっています。
※中には一枚タイプを販売してる場合もありますので商品スペックを確認してくださいね。

また最近の主流は、セミシングル×2台の2フレームを連結してクイーンサイズを実現してる連結ベッドも人気となっています。
連結ベッドは使うシチュエーションが変わった場合、離してシングルとして使えるのでとても便利です。

クイーンサイズがおすすめの方。

  • お二人で休まれる方
  • 親子3人で川の字で休みたい方

キングサイズ:<約 180cm×195cm>

その大きさがお部屋の雰囲気を高めます。
ホテルのスイートルームなどにも使用されているサイズです。

これほど大きなものですと搬入できる部屋も少なく、需要もあまりないといったところが現実です。
ですから最近は、通販においては、セミシングル2台を連結してキングサイズとしているのが一般的です。
が、クイーンサイズと同様にマットレス2枚となるため、間の隙間が気になる方は厚めのベッドパットや後乗せピロートップなどをお使いいただくことをお勧めします。
でもこのサイズでもシングルで一人寝より窮屈です。
だから、シングルベッドを一人で使うことがどれほど快適かがお分かりいただけることと思います。

クイーンベッドがおすすめの方。

  • お二人で休まれる方
  • 親子3人で川の字で休みたい方

スーパーワイドサイズ(最大280cm×195cm)

ご家族で就寝することを前提に開発されたベッドです。
お子様と添い寝することが一般的な日本の文化に合っているベッドです。

親子、夫婦のスキンシップは、幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を促進することが証明されており、特に幼児期のスキンシップはその子の一生に渡って影響するといいますから、親子で入浴したり就寝して、スキンシップを多くとることが、幼児教育、情操教育には最も良いと奨励されています。

そのため、このスーパーワイドサイズベッドは、小さなお子さまが落ちてもケガのないようにフロアタイプが多いです。
ジョイントパーツで連結して安全に使え、将来は分割してシングルとしても使えるので末永くお使いいただけます。

スーパーワイドサイズがおすすめの方。

  • お二人で休まれる方
  • 3~4人家族で休みたい方
  • 将来は分割して使いたい方
  • 親子でスキンシップをしたい方

まとめ

いかがだったでしょうか?
ベッドは、選ぶとき、サイズ、デザイン、機能、マットレス、そして価格など選択することの要素が大変多いものです。

ベッドサイズと使い方の関係は人それぞれですが、ベッドはサイズが大きい分お部屋との関係も生まれます。
この中から、ご自分に合ったベッドを選択することは大変エネルギーが必要です。

ですが、人生の3分の1ほどはベッドで過ごすともいわれる大切なアイテムです。
どうかよくよく検討して、あなたのベッドライフがさらに豊かになりますように、ベッド選びは慎重にしてくださいね。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up