ベッドフレームの分類

ベッドフレームは、ヘッドボード(ヘッドボードレスもあり)、フッドボード、サイドフレーム、床板の4つのパーツで構成されています。

材質は、一般的には木製、パイプベッド等のスチール製、フレームを包んだタイプ(レザー(合成皮革)製、ファブリック(布張り)製、アバカ製)など多種多様です。
一般的に一番多く販売されている木製のものは、とてもナチュラルで自然にインテリアに溶け込み、木の温かみ・柔らかさ、和みを感じます。

レザー製は高級感があり、お部屋を大人っぽくインテリアしたい方におすすめ。
ファブリック製は柔らかい質感と優しい雰囲気が魅力です。
また、アジアンリゾート風のアバカ製は、南国ビーチリゾート気分に浸れることでしょう。

ヘッドボードは、宮無し(ヘッドボードレス)のシンプルなものや、
宮付き(ヘッド付き)(照明・引出し収納・コンセント付きなど様々な機能がついているもの)があります。

宮無しのシンプルなタイプは、宮がない分コンパクトで、比較的狭い部屋にも対応でき、お部屋をシンプル仕上げたい方におすすめです。
宮付きはベッドのまわりにスマホや時計、お化粧の小物などを置くことができるので実用的です。

眠るまでのひと時を、ネイルに親しんだり、本を読んだり、音楽を聴いたり、
時には枕もとにワインを置いて嗜むこともよいですね。

畳ベッドのヘッドボードがないヘッドレスタイプは
小上がりとして使うこともできるので、お華やお茶など趣味のおありの方にとても人気があります。

ベッドの様々なモデルについて

  • ノーマルタイプ(引出し無しタイプ)
  • ノーマルタイプ(引出し収納付きタイプ)
  • ステーションタイプ(脚付きタイプ)
  • ダブルクッションタイプ
  • ウッドスプリングベッド

〇ノーマルタイプ(引出し無しタイプ)


脚がなくフレームが床ににぴったりついたタイプで
一般的にはフロアベッド/ローベッドと呼ばれています。

フレームが床についていて通気性はいささか劣ります。
湿気の多い部屋で使うにはカビの問題も浮上するでしょう。
その場合は、底板の上に除湿シートを敷いたり、あるいはマットレスとベッドパッドの間に除湿シートを使うと湿気対策になるでしょう。

除湿シートは乾かせばまた使えるタイプが経済的です。
このタイプは、湿気を吸うと色が変わって知らせてくれるのでメンテナンスも楽です。

またベッドを使用しないときに、フレームの下やマットレスの下に、厚手の本など挟み、通気性を確保することも湿気対策には効果を発揮します。

〇ノーマルタイプ(引出し収納付きタイプ)


引出しは、一般的に2杯付きのものが多いです。が
引き出しが二段になって、反対側に長尺収納も備えたチェストベッドも人気のアイテムです。
こちらの収納量は巨大で、なんと!押し入れ一戸分にも相当します。
嵩張るお布団のスペアや大型旅行かばん、ゴルフバッグ、かーぺと等大物も容易に収納できます。

双方とも引出しは、ベッドの置き方により左右どちらでも組み立てることができます。
このタイプも通気性にはいささか欠けるので、室内の換気やエアコンの使用で適正空調を心がけ、カビの発生には気を付けましょう。

フロアベッド/ローベッドと同等に、除湿シートを使うこともよいでしょう。
またお出かけ前に、マットレスの下に厚手の本などを挟み、終日通気性を確保することも湿気対策には効果を発揮します。

〇ステーションタイプ(脚付きタイプ)


ステーションタイプは、脚があるため通気性に優れます。
日本は高温多湿な夏が巡り、その時期の空調管理を怠ると、カビやダニの発生に悩まされることもあります。
ベッドに於いては、脚のない収納ベッドや、フロアベッドに比べてステーションタイプはベッドの床板の下に空間があるので湿気対策には最も適したタイプです。

脚の長さはロータイプからハイタイプまで色々あり、
ロータイプはベッドと天井との空間が大きくなり圧迫は少なくなりますが
掃除機のノズルが入りにくいものもあり、お掃除が大変です。
もっとも最近は、お掃除ロボットも普及が進んでおりロボットならロータイプのベッドでもお掃除が行き届くでしょう。

〇ダブルクッションタイプ


このタイプは、日本では使われる方は少数ですが、海外では人気があるようです。

ボトムマットの上にマットレスを重ねて使用するタイプでとてもゴージャスで寝心地を高めています。
マットレスの寿命を永く保つ利点のあるダブルクッションタイプは、世界の一流ホテルで数多く採用されています。

ダブルクッションのメリットは体圧分散に優れており、より身体の線にマットレスがフィットします。
また適度な弾力性、通気性、マットレスにかかる耐久性などに優れています。
当然価格的には高価なものになります。
もっともニトリではシモンズの10%~30%~のお値段で超驚きですが・・・

〇ウッドスプリングベッド


ヨーロッパで一般的なウッドスプリングタイプは、すのこ状のウッドスプリングと
ラテックスマットレスの組み合わせです。

床板にウッドスプリングを用いているのでシングルマットレスを使用しても
ダブルクッション効果があります。

このタイプがヨーロッパで主流なのは、環境問題が絡んでいるようです。
ヨーロッパでもかつてコイルスプリングが一般的でしたが、現在ではラテックスマットレスの使用が一般的です。
そのわけは、マットレスの廃棄がコイルでは高コストであり、またコイルの電磁波問題もかかわっているようです。

ラテックスマットレスは、コイルマットに比べてクッション性と通気性に劣りますが、そのマイナス面をウッドスプリングで代用したのでしょう。

ラテックスマットレスは、ゴムを使っているので通気性が悪そうですが、
湿気が日本より少ないヨーロッパで問題にならないのもウッドスプリングが主流となった要因であるようです。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up