失敗しない寝室のカラーレイアウト(ナチュラル系、ホワイト系、ブラウン系、ブラック系)のベッドの印象について考える。

 

インテリアに於けるカラーレイアウトの基本

色はインテリアの中で大切な要素です。
インテリアに於けるカラーリングは、面積の大きい順にベースカラー、メインカラー、アクセントカラーとなります。

  1. ベースカラー(床、壁、天井の内装材など)
  2. メインカラー(建具、家具全般、カーテン、ラグマット等)
  3. アクセントカラー(クッション、ソファカバー、壁面装飾、オブジェ等)

1.ベースカラー

インテリアのベースとなる、もっとも広い面積を有する床や天井、壁の色を指します。
毎日見ても飽きの来ないベーシックな色。ホワイトやアイボリーのケースが多いです。
全体に占めるバランスは70%程度と部屋の中で一番広い部分です。

2.メインカラー

アソートカラーとも言います。カラーインテリアの主役になる色。
カーテンなどのウインドウトリートメントやベッド、ソファ、キャビネットなどの大きな家具の色がメインカラーです。
家具や建具の色(濃い・薄い)の選択によって、部屋の印象が大きく変化します。
面積は全体の20~30%程度のバランスでまとめます。

3.アクセントカラー

クッションやランプシェード、絵画など、小物類の色を指します。
部屋のテーマになる色となるので、好みの色を取り入れて雰囲気を変えたり、部分的にチェンジが可能です。
分量は全体の5%と小さめですが、インテリアのポイントとなり、空間の引き締め役になる色です。

上記のようにベッドはメインカラーにあたります。
メインカラーの決め方のコツは、ご自分のイメージに合ったお部屋の変化はここで決まるので、思いっきりお好きなカラーを導入してみましょう。
といっても、あまりにも数が多いとまとまりがなくなるので、 色味のある色は3種類くらいまでに抑えるのがコツ。
好きなカラーといっても、赤いベッドや黄色いベッドなどビビッドなものは皆無といってよいほど売られていませんよね。
やはり家具ですからベーシックなものが求められるわけです。冒険はカーテンやベッドカバーなどでコーデネートしてみましょう。

それではここらへんで、今日のメインテーマ「ベッドのカラー」について考えてみましょう。

ベッドのカラーリングの分類

ベッドのカラーリングは大きく分けて、ナチュラル系、ホワイト系、ブラウン系、ブラック系に分けられます。
更にブラウンになるとライトブラウン、ブラウン、ダークブラウンに仕分けされていることが多いですね。

  • ナチュラルカラー系のベッドの印象
  • ホワイト系ベッドの印象
  • ブラウン系のベッドの印象
  • ブラック系のベッドの印象

■ナチュラルカラー系のベッドの印象

自然色に近いナチュラルカラーのベッド。
ひのきや杉、パインなどの木質素材は、ナチュラルなティストいっぱいの素材です。
自然派志向の方にはとても根強い人気があります。

ナチュラルとは 自然であること。天然であること。飾り気や誇張のないこと。
また、そのさま。とあり「ナチュラルな素材」「ナチュラルな生き方」「ナチュラルメーク」などと使われています。

インテリアではナチュラルカラーといえば、無塗装の白木、あるいは薄いクリア塗装の家具などを中心にコーディネートするスタイルです。

それと同じように、ベッドもナチュラルカラーと言えば、ひのきや桐、パインなどの素材、あるいはそれを模した意匠であり、当然ナチュラルなティストいっぱいの雰囲気ですし、自然派志向の方にはとても根強い人気があります。

また、木質によっては、若干色が付いたものもあります。ですからナチュラルといえば白木というわけでもありません。

すこし色味があるけど、木質に近い色ならナチュラルに分類されていますし、色味も薄く、決してエナメルでつぶしたような濃さではなく、下地(木目)を現したカラーでクリア系が多いです。

そのような少し色の濃いカラーの場合、ブラウン系ならナチュラルブラウンなどと呼びます。
ウォ-ルナットは、ブラウン系ですが着色したものではなくナチュラルです。
ですから、ナチュラルといってもそんなに厳密ではなく、木目などを生かした自然を感じられるものはナチュラルの分類になっています。

■ナチュラル系のコーデネート

ベッドのカラーをナチュラル系にすると、あまり主張が強くないので、どんなお部屋に置いてもベッドだけが際立つことはありません。
素材を活かし自然なティストのイメージが広がるのでとても落ち着いた雰囲気になります。

また、ベッドはむき出しで使うものではなく、使うときには お布団がかかりますし、ベッドカバーで覆われたりします。
ナチュラルカラーは、主張し過ぎないので、そのようなファブリック類とよく調和するカラーです。

■ホワイト系ベッドの印象

かわいい女の子から、大人の女性まで清楚さや純粋さを演出する代表は、ホワイトカラーのベッドですね。
乙女チックなベッド、姫系ベッド、ロマンティックなベッドといえば、ホワイトカラーのベッドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

お部屋がパッと明るくなりますし、とっても清潔で純なイメージもします。
まさに女の子にピッタリのカラーリングですね。

ところでホワイトのイメージや特徴はどんなものでしょうか?
ここで少しホワイトカラーについて説明しましょう。

ホワイトは膨張色、進出色、柔軟色、軽量色のイメージ効果を持っています。
灰色や黒色と同じ無彩の色です。光を反射する最も明るいこの色は暗い色を引き立てます。
信頼感や清潔感といったクリーンなイメージを与えるので高い好感度があります。
光を透過する白は健康には一番良い色とされています。白の真っさらな状態は始まりや出発といったスタートを印象づけます。

■ホワイト系のコーデネート

スッキリとしたオフホワイトの木肘ソファをこげ茶色の雑貨で引き締めて。アクセントに一部黒を加えればメンズライクなかっこいい空間に。
ラグをグレーにすることでシックなイメージの。テレビラックなど大きい家具は黒くしていることでよりメリハリのある室内に。
真っ白のベッドの組み合わせは同色系でまとめると、少し殺風景な印象もありますが、そんな場合はクッションなどに暖色系のアクセントを入れればOK!

■ブラウン系のベッドの印象

ブラウン系は、最も安定している印象を与えるカラーです。
緊張を緩和し、堅実さや信頼感を与えるのでベッドに向いているカラーと言えます。

ブラウンは茶色(ちゃいろ)のこと、栗の実のような色です。黄と赤と黒の中間色でもあります。
ベッドの場合、ライトブラウン、ブラウン、ダークブラウンがあたりますが、その幅は思いのほか大きく、ライトブラウンとダークブラウンではかなり印象が違ってきます。

茶色は温暖色でもあり、重量色のイメージ効果をも持っています。
重厚なベッドといえばブラウンからダークブラウンになるでしょう。
ブラウンはお部屋になじむカラーなのでブラウン系のベッドは人気があり多く販売されています。

人は地球の大地に暮らしています。
ブラウン系は大地を思わせる「茶」落ち着きがあり、洋室から和室まで、どんな部屋にもしっくりと調和する色の一つです。
ブラウンは、気持ちを落ち着かせて安心感、安定感を与える色であり、堅実さや忍耐力、責任感をも刺激するといわれています。
また控えめな色なので他の色と合わせやすく、明るいオレンジやイエロー、ブルーなどと組み合わせれば、適度な明るさと変化を得ることができます。

ブラウンは、木や土、大地といった太古から私たちと密接な関係にあり、自然を感じさせるカラーで、温もりや居心地の良さといった安心感があります。
ですから、お部屋の空間の中に馴染み、さほど目立たず自然に調和しています。

茶色の心理的効果は。一番に安定している印象を与える事でしょう。
緊張を緩和し、堅実さや信頼感を与えるのでベッドには向いているカラー言えます。

ライトブラウンは、寒々しい季節でも温もりを感じさせますし、かといって暑い夏でも違和感を感じさせません。
また、ブラウン系は伝統や歴史を感じさせるカラーでもあります。
長きにわたり、家具やベッドに持ち入れられてきた理由もわかります。

■ブラウン系のコーデネート

薄い茶色の床に、床よりも少し濃いめ茶色のすのこベッドを置くとインテリアとしてのベッドの印象が強くなります。
デザインやフォルムを目立たせたい場合におすすめのコーディネートです
薄い茶色の床にライトブラウンのベッドを合わせると程よい温もりが生まれます。

ブラウン系は彩度が低いため強烈なイメージは皆無ですが、それがかえって自然です。
ダーク系のブラウンになるとさらに重厚感が増し、ライト系のブラウンは暖かくほのぼのとした雰囲気になります。

■ブラック系のベッドの印象

ブラックは、シックでモダン、結構主張が強いカラーです。
重厚で高級感があるベッドルームを演出します。

ブラックのベッドはシックで高級感があり、落ち着いた雰囲気があります。
ブラックは最も暗い色なので明るさはありませんが、最も目立つ色の一つででもあるんです。
ですから黒いベッドは比較的インテリアの中で主張が強い部類でしょう。

ただし「ブラック」という色のイメージとしては、高級感や威厳はあっても、軽やかさや華やかさは少ないです。
なので、ベッドスプレットやクッションなどを、ビビッドトーンで飾ると雰囲気が一気に華やかになります。
重厚感を増すなら、グレーのカーペットにブラウン系ラグでまとめても面白いですね。

■ブラック系のコーデネート

黒色は取り入れる面積の広い壁やカーテンなど視覚に大きく影響するところは厳禁です。
さらに床の色がナチュラル系(木目調や茶色など)だとコーディネートが難しくなります。
この場合はラグなどを利用して床の色も意識してくださいね。

ベッドをブラックにしたらラグは暖色系でも寒色系でもよろしいかと。
ほかのサイドテーブルや、TVキャビネットを黒で統一しても面白いです。

床の色は大概はフローリングなのでできるだけ明るい系のカラーのカーペットを。
薄い茶色の床に黒のベッドを合わせると、一気にモダンな印象になり重厚で高級感があるベッドルームを演出したい時におすすめです。

まとめ

ベッドルームのカラーリングは、大きく分けて3つの要素で成り立ちます。

一番広い面積はベースカラーで、壁や天井床に当たります。
壁や天井床は、たびたび替えることができませんが、ほとんどの場合ベーシックなホワイト系やベージュ系で収まっているでしょう。
どうしても気に入らない場合は張り替えなくてはなりませんが、、この場合はクロス張りの職人さんに頼むことになります。
床を張り替えることはなかなか難しいので、この場合はカーペットやラグで変化を出します。

次にメインカラーに当たる、カーテンやラグ、ベッドなど家具などを、できるだけ同一カラーでそろえるとまとまりの良いコーディネートになります。
この中で大きな効果があるのはカーテンやベッドスプレットで、広い面積を占有するのでセンスの良い色で決めましょう。
そしてカーテンは、昼間は開けて夜に閉める使い方になるので、昼と夜の印象ががらりと変わります。

クッションやアート照明器具などはアクセントカラーです。
こちらは少々冒険しても、射し色指としての効果が出るので、思い切ってビビッドなカラーを使っても良いでしょう。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up