8畳間にべッドを置くとこうなる。サイズ別事例7選

八畳間にベッドを置きたい・・・
そう思っても、なかなかイメージがわかないですよね。
そこでここでは、八畳間にいろいろなサイズのベッドを置いたらこうなるを、机上プランニングした見ようと思います。

寝室にベッドを入れたらどうなるのか?
イメージが思い以下ばなかったら、お部屋の縮尺図を描いて、同じ縮尺でベッドの大きさを紙で切り出して、図面上に置いてみると大体のイメージがつかめるでしょう。

その時、他に家具があれば同じようにします。
空きスペースを測って実寸に換算すると実際のスペースが割り出せます。

 

机上プラン「8畳間に、いろいろなサイズのベッドを置いてみる」

8畳間は6畳間と比べるとものすごく使い勝手が良いですね。
僅か2畳でも、されど2畳というべきでしょうか。

もっとも2畳というスペースは、大人二人が寝れるスペースですから、少しの違いではありません。
ワンルームの一人暮らしでもそんなに不自由は感じないはずです。
2DK以上にお住まいで寝室が8畳取れれば、すごく贅沢な寝室が演出できます。

だってツインでベッドを置くことも可能だからです。
でもワンルームでしたら豪勢な寝室は演出できても、そこへ他人を招き入れることはできないでしょう。
ところがセミダブル一台位までは、小綺麗にベッドメイクすれば、ごく親しい友人ぐらいは招いて、おしゃべりやお茶などを親しんでもそんなに違和感は出ないのではないでしょうか?

さて、今日は、8畳間に色々なサイズのベッドを置いたら,一体どんな感じになるんでしょうか?今日も昨日のように図面を用いて少し考えてみましょう。

7つの机上プラン

  1. シングルベッドを置いてみる。
  2. セミダブルベッドを置いてみる。
  3. ダブルベッドを置いてみる。
  4. クイーンサイズベッドを置いてみる。
  5. キングサイズベッドを置いてみる。
  6. シングルベッドをツインで置いてみる。
  7. シングルベッドとセミダブルベッドをツインで置いてみる。

1.シングルベッドを置いてみる。

8畳間にシングルベッドの1つ置きは、かなり悠々できそうですね。
テレビは大型も全然いけるし、二人掛けのソファだって可能です。
センターテーブルも置けちゃうので、眠るまでのひと時をワインなどを飲んでくつろぐことも夢じゃありません。
ワンルームでもシングル一台くらいなら寝室じみてないでしょうし、親しい友人達とお茶や団らんもいいじゃない。

2.セミダブルベッドを置いてみる。

セミダブルベッドって結構悠々と寝れますよね。
8畳のスペースのワンルームでも、一人暮らしならセミダブルもありです。

実は私がこのスタイルです。もっとも家は戸建てなので、いくつか部屋があり、リビングもあります。が、自室としてずっと一人で使っていて過不足ありません。自分のものはみなこの部屋に収まっています。
えっ?嫁さんですか?ウチは長男が生まれてから、一つ屋根の下でここウン十年ずっと別居状態ですよ。

3.ダブルベッドを置いてみる。

ダブルベッドは実は二人で使うには少々狭いです。
ところが、少し大柄な方が一人で使うにはご機嫌でしょうね。
二人で使いたければ、クイーンサイズ以上がおすすめです。
でも小柄な方同士ならダブルでもOKかも・・・

4.クイーンサイズベッドを置いてみる。


さすがに8畳もあれば、クイーンサイズを置いてもいくつか家具も置けますね。クローゼットは観音開きでなくて、引き戸ならソファだって可能です。

それはそうと、日本家屋で多く採用されている引き戸は、本当に良くできた建具ですね。
ドアのように引き出すスペースを取らないので、お部屋が実に効率よく使える気がします。
だけどワンルームでこの部屋一間きりだと、さすがに他人を通すのは躊躇します。
ダブルもそうかもしれないけど、妙になまめかしく感じたりして・・・

5.キングサイズベッドを置いてみる。

キングサイズもすっぽり収まります。
使い勝手はクイーンサイズを置いた時とそう変わらないでしょうね。

6.シングルベッドをツインで置いてみる。

ご夫婦でもこのスタイルが一番おすすめです。
8畳あればそんなに窮屈じゃありません。

日本人の場合、くっついて寝るのは新婚時代だけだと思うけど、違います?皆さんはどうなんでしょうか?
ウチは結婚後数年間はツインスタイル通しましたが、今では部屋も別々です。
別に夫婦仲が冷えたわけではありません。仕事の関係で時間帯が一致しないからです。
欧米ではベッドが別だと離婚の対象になるって聞いたことがありますが、本当でしょうか?
そんなこと言えば、ウチみたいに部屋まで違って別居状態なら、一体どういうことになるんでしょうね。死刑!なんちゃってね・・・

7.シングルベッドとセミダブルベッドをツインで置いてみる。

このスタイルはうちが結婚した当初から採用したスタイルです。
結婚した時家具屋さんにいってベッドの相談をしたら、当時建てた家の寝室にへこんだ部分があり、どうにもそこにダブルベッドが収まらない。
なのでその凹みを使うのはやめて、堂々とツインルームにしたんです。
たまには一緒に寝ることも考えて、片方はセミダブルで、つかれたら私はシングルベッドにという具合の使い方です。

もっとも、子供が生まれてすぐに別室で寝るようになりましたが・・・

まとめ

8畳間にベッドを置いて見ると、ほとんどのサイズが見事に収まります。
ツインで置くことも可能です。
ですが、クイーンやツインで置くと、プライベートな部屋としか使えません。
お客様を招くなら、もう一部屋がほしくなります。
一人暮らしのワンルームでしたら、そんなに大きなベッドを置かないですし、寝室としての主張が強くならないので、親しい友人くらいは招くことも可能でしょう。
つまりダブル以上を置く場合は、寝室として使うことを前提にしたほうが良いかもしれません。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA