私は布団派、僕はベッド派、一体どっちがいいの?それぞれのメリット・デメリット。

 

布団派?ベッド派?

ベッドの普及率は今や、所帯別では60.1%。人口比普及は45.3%に上っています。
※全日本ベッド工業会(BMAJ)・平成17年度の調査より

明治以来の洋風化とともに導入されたベッドも、使ってみて具合が良いからこそ普及が進んでいるのですね。

でも未だお布団を愛用している方も少なくなく、どちらが寝具として優れているのか?などと問うても、布団で寝ている方、ベッドを使っている方それぞれ言い分があるでしょう。

ご承知の通り、ベッドは家具の中でも最大級の専有面積を有する家具です。
ですからベッドを置くと、お部屋の広さによっては、お部屋がひどく狭苦しくなってしまいます。

お部屋が狭くても広く使う方法は、寝るときにお布団を敷いて、起きたら片づける、というのがベストでしょう。
そのような方法が、日本にベッドが普及する前まではごく一般的でしたでしょうね。

畳のお部屋にお布団を敷いて就寝する。
朝が来たら布団は押し入れに、ちゃぶ台を出すとお茶の間と言いますか、今でいうリビングになります。
リビングは時には食事をする場所となり、お客様を招く応接室でもあります。

いわゆる畳を敷いた日本間というのは、まこと使い勝手が良いものです。

ところでお布団を使っているのは、何もお家が狭い方ばかりではありません。
いくつもお部屋があるような大邸宅でも、大いに使われているのですね。
こんなお宅でも、朝になればお布団は片づけられ、広々とした空間が広がります。

それが、ベッドが普及し一般庶民が使うようになると様相は一変します。
というより、なぜ日本の就寝の仕方が洋風に様変わりしたのでしょうか?
それはベッドがもたらす利便性が、大いに日本人に受け入れられてきたからに他なりません。

ベッドを使うと、とにかく楽なんです。
日々の布団の上げ下ろしがいかに負担であるのか?
若い時分は良いのですけれど、年を取ったらベッドしか選択できません。そんな方は実際に多いのですね。
加齢による足腰への負担に耐え切れなくなったり、体力の限界で布団の上げ下ろしが出来ないからです。

若い方々にとっては、布団の上げ下げはそんなに苦ではないでしょう。
が、洋風化した住宅事情の変化が、床に布団を敷くということを躊躇させます。
畳敷きならいざ知らず、フローリングの床にお布団は、いささか廊下に寝てるようで引いてしまいます。

ベッドは一度使ってみると、こんなにも身体が楽だったのか!ということのほかいろいろ長所があります。布団にもお部屋の多目的使用ができるなど替え難いメリットがあります。今日はその辺のところをそれぞれ考察してみましょう。

インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】
ベッド通販専門店「ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-」

ベッドを使うメリット

1. 毎日の布団の上げ下げをしなくていい。
2.寝床の湿気対策になる。
3.睡眠中のホコリ対策になる。
4.ゴキブリなど虫避け対策になる。
5.寝起きするのがとても楽です。
6.様々な機能の便利なベッドがある。

1.毎日の布団の上げ下げをしなくていい♪
ワタシにしたって、ベッドにしてからつくづく感じるのが毎日の布団の上げ下げをしなくて良い点です。
皆さんもそうでしょう?朝晩毎日布団を出してシーツをしいて、なんて面倒なことこの上ありません。
それに病院がベッドでなくお布団だったら大変です。
病院ですから、当然患者さんは寝っぱなしです。そんなことになったら不衛生極まりないでしょうね。
時には、看護師さんが強引に患者さんを押しのけて布団干しもしなくちゃなりません。数が多ければ布団を干すことだって大変です。
ですから、明治以後の病院が、ベッド導入が早かったのもうなづけますね。

2.寝床の湿気対策になる。
布団を敷きっぱなしにすると、布団の裏にカビが生えることもありとても不衛生です。
昔、長患いの病人がいるご家庭の畳が腐ると言われていたこともあります。
ですから布団は、毎日上げ下げして通気性を確保する必要があるんです、時には布団を天日に当てて干したものです。
それに引き換え、ベッドの場合、床からの高さもあり通気性が確保されています。
コイルマットレスは中の空洞部分が多く、人が寝起きするたびに沈んだり伸びたりして通気性が確保されています。
床と直接接地していないためカビにくく、布団のように毎日の上げ下げをする必要がありません。

3.睡眠中のホコリ対策になる。
埃は布団や衣類から発生し、いつも舞ったり積もったりしています。
それに、布団を敷いた場合がすごくほこりが出ます。それは暗闇でサーチライトで照らすと確認できる量です。

部屋に舞った多くの埃はやがて床に積もり、歩いたり、エアコンなどの風を受けるたびに舞い上がっています。
舞い上がった埃は床上30cmまでが一番濃度があるのです。

床から30cmの高さとはお布団に寝て、枕を使うとちょうど顔の位置にあたります。
つまり、床に布団を敷いて寝るということは、一番ホコリが多い高さで呼吸しているということです。

毎日たくさんのホコリを吸い込んでしまうと、呼吸器系の疾病につながります。
喘息などアレルギーの原因にもなってしまいます。

それに引き換え、ベッドの場合、床から30cm以上の高さがあるものが一般的ですので、ホコリが少ない高さで睡眠を取ることが出来ます。
ベッドの方が健康的だということが言えます。

4. ゴキブリなど虫避け対策になる。
おぞましい話ですがゴキブリなどが出没するお宅だって結構あると思うんです。
ワタシ事ですが、昔安アパートで暮らしていたころ、布団で就寝中に3cmもあるゴッキーに添い寝されて悲鳴を上げたことがあります。
それに懲りてすぐにソファベッドを買った記憶があります。さすがにそれ以後はゴッキーに添い寝されることはなくなりました。
床に布団を敷いて寝るということはこのような恐怖を味わうこともあります。


5.寝起きするのがとても楽です。

ベッドの場合、ある程度の高さがあるため、腰掛けた状態から寝起きができるためものすごく楽です。
特に腰や膝の悪い方が布団を使うと、寝起きは苦痛ばかりで、まるで拷問でしょう。
この辺からも、日本で、病院がベッドを採用したのがもっとも早かった理由がうかがえます。

6.様々な機能の便利なベッドがある。
お布団はどんなに高価なものでもインテリアでさほど主張しません。
基本の形はほぼ一定です。機能だって敷いて寝るだけです。
ところがベッドはデザインから機能までかなり幅が広いのです。
たくさんの種類のベッドがリリースされています。マットレスの種類も豊富で寝心地だって自由に選べます。
機能では、ベッド下に収納が付いているタイプ、ヘッドボードに棚付きのもの、折りたためるタイプ。介護に使えるタイプなど必要やお部屋の間取り好みに合わせて選ぶことが出来るのは布団にはまったく無い優れた利点です。

また、ベッドはオシャレなベッドがたくさんあるので、お部屋のインテリアの主役として活用することが出来ます。

2.布団を使うメリット

1.お部屋を多用途に使うことが出来る。
2.お部屋の掃除が簡単にできる。
3.寝相が悪い人でもお布団から落ちても大丈夫。
4.天気のいい日に布団干しが出来る

1.お部屋を多用途に使うことが出来る。
布団を使うことで得られる最大の利点は、お部屋を多用途多目的に使うことが出来る点ではないでしょうか。
ベッドの場合、自由に動かすことが難しいため、主に寝室として使わなければなりません。
ワンルームでのベッドの使用は、もしお友達を招き入れるとなると、寝室へ通すようなものです、

ですが、布団の場合、朝起きたら押入れに片付けることでスペースを自由に使うことが出来ます!
特に居住スペースと寝室が一緒の場合は、布団にしてお部屋を多目的に使いたいですよね。

また、布団は自分の好みの場所に敷くことが出来るので、夏は風の通る窓際や、冬はこたつに足を入れて寝ることが出来るのも布団の利点です。

2.お部屋の掃除が簡単にできる。
布団を片付けてしまえば広いスペースが広がるだけです。
整理整頓やお掃除が簡単です。
ベッドの下のお掃除はかなり面倒です。

3.寝相が悪い人でも布団から落ちても大丈夫。
みなさんはベッドから落ちたことありますか?ワタシはないですけど、落ちる方もたまには居るそうです。
特に寝相が悪い小さいお子様でしたら心配ですね。※そんな方はサイドガード付きのベッドを使いましょう。

床に布団ならば、多少寝相が悪くても全然心配なし!ベッドのように落ちる心配は一切ありませんので安心して眠れます!
どうしても寝相が悪い人はベッドではなく、敢えて布団にするという選択肢もアリではないでしょうか?

4.天気のいい日に布団干しが出来る
ワタシの布団時代で最大の良かった思い出は、干した後の布団の寝心地です。
ふかふかで暖かくて、どこかお日様の薫りがしたような気がします。お日さまのニオイがあるとは思えませんが。
布団は天気の良い日に天日干しをすることが出来ます!天日干しした布団で眠ることはとても気持ちがいいですよね!

天日干しすると殺虫、殺菌ができるので衛生的ですよね。
ベッドだと、特にマットレスは天日に干すことがなかなかできないので、そういう意味ではお布団の勝ち!でしょうか?

以上ベッド、お布団、それぞれのメリットを申し上げましたが、メリットがあればデメリットがあるもの実情ですよね。
以下それぞれのデメリットです。

わたしは布団派、僕はベッド派、一体どっちがいいの?それぞれのメリットデメリット。

ベッドを使うデメリット

1.ベッド下は掃除がしにくい
2.古くなるとベッドのきしみ音が出ることがある
3.部屋が狭くなる。部屋の多目的な使い方ができない
4.不要になったベッドの処分が大変

1.ベッド下は掃除がしにくい
ベッドは、ベッド下の隙間が際限なくあるわけではないので、正直ベッド下の掃除はしにくいです。
ベッド下にホコリが長い間溜ると、カビやダニの発生の原因となります。
ですからベッドを買うときはその辺をよく考えて、ベッド下に掃除機のノズルが入るかどうかとか検討しましょう。
収納ベッドや、フロアベッドはベッド下が全然空いていませんから掃除はとても厄介です。
もっとも隙間がない分、埃はたまりずらい面もあるのですが、面倒でも年に数回程度はマットレスをはがして床板や引き出しを外して掃除をしましょうね。

2.古くなるとベッドのきしみ音が出ることがある
ベッドも車と同じで、使い込んでゆくとあちこちからきしみ音が出てきます。
ベッドのきしみ音は案外気になってしまうものです。特に夫婦生活においては親との同居などの時は随分気になるでしょうね。
安価なベッドは特にきしみ音が出やすいようです。
ベッドのメンテナンスはマットレスのローテーションばかりではなく、時にはベッドの節度部のネジの増し締めや点検を行いましょう。
床が平たんでない場合も、異音が発生しやすいのでその辺も点検します。
マットレスのキシミは中のコイルばねの軋みなので、その時はマットレスの買い替えの時期でしょうね。

3.部屋が狭くなる。部屋の多目的な使い方ができない
ベッドの最大のデメリットが部屋が狭くなる。部屋の多目的な使い方ができないことです。
一部屋しかなくていろいろ活用したい方は、やっぱりお布団が良いでしょう。
が、べッドの良さはそれを補って余りあることも事実です。人と会うときは外でという風に割り切れば、それはそれでベッドもありですよ。
4.不要になったベッドの処分が大変
最近は粗大ごみの処分も大変です。やたらゴミステーションに出せません。
自治体によっては有料なことも多いです。家具屋さんで新たにベッドを買えば処分してもらえますが、通販で新しいべ度を購入した時とか、引っ越しなどで不要となったものは自分で処分することになります。
リサイクル全盛の時代ですが、ベビーベッドなど特定のベッドでない限り、ベッドがリサイクルショップで引き取ってくれないのが実情です。

インターネット最大級【アイテム数10,000点以上】
ベッド通販専門店「ベッドコンシュルジュネルコ-neruco-」

布団をつかうデメリット

1.床に近く寝るので埃を吸う量が多い。
2. 毎日の布団の上げ下げが面倒です。
3.布団の収納場所(押し入れなど)が必要です。

1.床に近く寝るので埃を数量が多い
床から30cmまでの高さは部屋の中で一番ホコリが多い高さです。
空気中を漂う埃は、やがて床に積もり歩くたびに舞い上がるのです。
床に布団を敷いた時の頭の位置がちょうど埃の舞ってる高さになります。

昔の人は鼻毛が伸びるスピードが速かったと、どこかの本で読んだことがありますが、布団で寝てたせいかも?と最近思います。
睡眠中にホコリをたくさん吸い込むと、鼻炎などアレルギーの原因となるので鼻炎や喘息をお持ちの方は、ホコリ対策のためにもベッドをおすすめします。

2. 毎日の布団の上げ下げが面倒です。
何事においても面倒と言っていてはものぐさ太郎のようですが、でも実際にとても面倒です。
寝るときに出して、起きたら押入れに片付ける。なかには身体のの運動になってよいという方もいるようですが、そういう方はお布団で寝ればよいですし、その時間があればもっとほかのことが出来るということもアリで、何より身体が楽です。特に腰痛や肘痛を抱えた方においてはベッドの方が地獄に仏ではないでしょうか?
ベッドの普及率は今や、所帯別では60.1%。人口比普及は45.3%です。使ってよいからこそ普及が進んでいるのですね。
※全日本ベッド工業会(BMAJ)・平成17年度の調査より

3.布団の収納場所(押し入れなど)が必要です。
昨今はワンルームなど収納が極端に少ないところも多いようです。
布団は朝起きると畳んでしまう場所が必要です。片づけられて、お部屋が多目的に使えるからこそお布団を使うメリットが出てくることを思えば、部屋の片隅であっても眼に付くところにあるという事であれば失格ですよね。見栄えが悪いですし、そんな環境ではかえってベッドの方が落ち着きます。

さぁ、いかがだったでしょうか。
布団派、ベッド派、どちらにも言い分があり、良いところも悪いところもあります。
ところで、人は人生の3分の1ほども寝ているとも言われています。
睡眠は今日の疲れを癒し、明日への活力を生み出すための大切なもの。
私たちが健康で人生を送るための大切な要素です。
そんな睡眠を快適にするのはお布団であるのか、ベッドなのか?人それぞれですが、ベッドの普及率を見ると、やがてベッドの方が明らかな優位に立つのではないでしょうか?


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up