有名ブランドベッドメーカーの概要と特徴

人気!ベッドブランド

ベッドを買うとき皆さんはどのような基準で選びますか?
お値段でしょうか?
デザインでしょうか?
機能でしょうか?
ブランドでしょうか?

ベッドメーカーが結構あり、メーカーによって特徴があります。
ここでは有名ベッドメーカーについて、概要と特徴を簡単に申し述べておきます。
今後のベッドの購入に際してご参考にしてください。

日本で売られている主なベッドブランド

  • フランスベッド
  • 日本ベッド
  • 東京西川
  • アイシンアスリープ(旧トヨタベッド)
  • 無印良品ベッド
  • シモンズ(Simmons)
  • シーリー(Sealy
  • テンピュール(TEMPUR)
  • (サータ)ドリームベッド
  • センベラ
  • スランバーランド
  • WATER WORLD(ウォーターワールド〕
  • パラマウントベッド
  • ニトリ

■フランスベッド

日本国内でも最も知名度があり、身近なベッドブランドです。
フランスベッドという名でフランスといわくがありそうですが、全然関係ありません。純然たる日本の老舗メーカーです。
1949年の創業以来、日本人の体形に合わせ、日本特有の気候や風土に合わせたマットレスを製造しています。
一般的なベッドだけに限らず、医療や介護・福祉用の商品も開発している点も安心ですよね。

フランスベッドは、従来のスプリングに比べ2.5倍の密度がある高密度連続スプリングを開発し効果的な耐圧分散を実現。
これにより、骨格がしっかりしている人や体重がある人が使用しても、歪み・変形・へたりが少なく長期間利用することができます。
生地にもこだわりがあり、高温多湿の日本の梅雨時期でもさらっと快適に使用することができます。これって重要です。

フランスベッドの低反発ウレタンを製造する技術には昔から定評があり、国内一流ホテルや官庁でも使用されています。
品質に関してはJIS規格よりも厳しい管理がなされている上、リーズナブルなものから高級ベッドまで幅広く取り扱われているため、マットレスをお探しの方にはぜひ一度ご覧いただきたいブランドです。

低価格~中価格帯が多く、気軽に手が届くマットレス・フレームは、ほぼ全てと言っていいほど国産です。
フレームは特に安くて質が高いもの安心できるメーカーといえる所以です。

■日本ベッド

日本で最初のベッドメーカー。1926年に創業された歴史あるベッドメーカーで、迎賓館や宮内庁などで御用達の信頼ある一流ブランドです。
同社のマットレスには通常のシングルサイズのポケットコイルの2倍にあたる約1200個のポケットコイルが使用されており、贅沢で安定感ある寝心地が得られます。
マットレスの価格は20万円代から、フレームとセットでの価格は40~50万円になり少し高価です。
が、通常使用で20年以上使用できるので安いベッドを頻繁に買い換えるよりリーズナブルでしょう。

老舗なりに、それまで研究してきたノウハウはピカイチ!かなり高価格帯ではあるが日本ベッドのシルキーシリーズは
日本を代表すると言っても過言ではないほどの快適性を持つでしょうね。

質を落とした低価格帯は販売せず、妥協しない作りが人気でファンも多いです。
また仕様素材のほぼ全てを国産でまかなっているところもいいじゃありませんか!

■東京西川

東京西川は創業1966年、設立1947年の歴史を持つ、ふとんや寝具メーカーです。
マットレス・エアー(AIR)など、多くのプロスポーツ選手に愛用されている人気商品も販売しています。
この高反発マットレスは、1860個の凹凸できめ細やかに体圧分散を行う為腰痛や肩が痛い人にも大変おすすめのマットレスです。

宙に浮くような柔らかな寝心地が好評なこちらのブランドですが、10万円弱で手に入れることができるため、とても良心的ですね。
1566年創業の「東京西川」。なんと、寝具ではかなり古くからの操業とか!?

ベッドだけでなく、掛け布団や枕など品質のよい寝具を扱っています。(むしろこちらが本業)
そんな中でもおすすめは、点で支えるマットレスのAIR。有名スポーツ選手が好んで使用していることでも有名ですよね。

■アイシンアスリープ(旧トヨタベッド)

いわずと知れたトヨタ自動車グループのアイシン精機が製造するメーカー。
こっと車のスプリング開発の秘術か詰め込んれているのでしょうね。

研究開発費が他のメーカーとは比べ物にならないほど潤沢なので、歴史は浅いものの、新製品の開発から技術力は国内でもトップクラスです。
自動車作りのノウハウをそのまま活かしているので中途半端なものは少ないといえましょう。
自動車は一歩間違えば生命にかかわりますもん!
マットレスは国内で生産しており、フレームは一部輸入しているようです。
きっとトヨタ関連社員さんだけでも商売として成り立っているのでしょうね。

■無印良品ベッド

無印の中には輸入品と国産があります。
無印輸入品においては、ベッドメーカーが現地に日本人技術者を常駐させて生産管理をしたものは問題がありません。
日本の安全基準を満たして作られているからです。
それ以外のものは安全基準が満たされていなかったり、耐久性や塗料の安全基準などに問題があるものもあるようです。これらは良品とは言えません。
また国産のものは、ブランドメーカーの下請けをしたりしているところも多いので何ら問題はないでしょう。通販で売られているベッドの多くが無印良品ベッドの部類に入ります。個人使用では、安全面、寝心地や耐久性にそれほど劣るところがなく、価格が抑えられているのが大きな特徴です。

■シモンズ(Simmons)

アメリカの老舗ブランドでもあるザルモン・シモンズによって1870年に創設された、高品質で高級なベッドを提供しているブランドです。
スプリングコイルを不燃布で包み身体を点で支える、というマットレス構造を作った、コイル内蔵マットレスのパイオニアでもあります。

通常のマットレスに使用されるコイルは連結されていますが、シモンズのポケットスプリングは一つ一つのコイルが独立した構造ですので、背中や腰などを点で支えます。
よって、体圧がかかる部分はコイルが深く沈み、圧迫がない部分は体の隙間を埋めるように沈まない、体の形状に合わせて変形するマットレスとなるのです。
それにより、肩や肘などへの圧迫が少なく、しびれを感じるようなことは一切ありません。

また、コイル同士の干渉がなく振動が伝わりにくいので、夫婦や親子で一緒に横になっても、寝返りによる振動で起こしてしまう心配がありません。
マットレスだけで20万円以上とお値段は張りますが、高価さに見合うしっかりしたブランドですので、一生もののベッドを探す方に大変おすすめです。

米国製ですが、フランスベッドに次ぐ知名度でしょうか?
高価格帯がメインで抜群に眠りの質が評判なメーカーなので
高級ホテルやリゾート地などのデラックス以上では採用率が高いと言われています。
ご予算に余裕があったらおすすめです。

■シーリー(Sealy)

全米シェアNO.1であるシーリーは、1881年にアメリカ・テキサス州シーリータウンで歴史をスタートさせています。
他メーカーで上述した”点で支える”ポケットコイルに対して、シーリーは連結コイルを使用しています。

荷重がかかるほどサポート力も大きくなり、反発力が変化することで身体のラインにフィットするマットレスです。
ここら辺が日本人よりはるかに体格が大きく重量が多いアメリカ人用ということも言えます。
ですから比較的大柄の方に向いているでしょうね。

熱処理を2回施したコイルは耐久性に優れ、荷重のかかる端部分は強力なコーナーガードでサポートしていますので、腰部の落ち込みもありません。
耐久性に優れるので一流ホテルでも多く利用されており、ふんわりと雲の上のような柔らかい寝心地が得られます。

■テンピュール(TEMPUR)

NASAがロケット打ち上げ時の宇宙飛行士にかかる重力を和らげるために、体圧吸収素材を開発したことから始まった「テンピュール」。
まさに近未来に通ずる寝心地のベッドです。
上質なサポート力と快適性で、現在では世界80カ国以上で愛用されており、顧客満足度が高いブランド。

テンピュールといえば、枕も定評があります。
ということで、枕とベッドをテンピュールで揃えて、快適な睡眠を体感してみてはいかがでしょうか。
マットレスや枕、ベッドメーカーの中でも顧客満足度が特に高いといわれるテンピュール。

枕が有名ですが、電動リクライニング付のベッドが充実しており、価格帯は10万円代後半から30万円程度となっているようです。

■(サータ)ドリームベッド

サータはシモンズやシーリーと並ぶ一流ブランドで業界の3Sとも言われているベッドメーカーです。サータの製造販売ライセンスを日本で唯一保有するのが、「ドリームベッド」というベッドメーカーです。
海外ではホテルのマットレスはサータ!と言われるくらいトップシェアを誇るメーカー。
全米ホテル売り上げNo.1の実績を誇ります。

サータのマットレスにはポケットコイル式と連結コイル式の2種類があり、ベッドをゾーン分けして体圧分散を行っています。
マットレスへのこだわりが強い方には、耐圧分散のタイプが選べるのは嬉しいですね。
20~40万円クラスが主流で、高級感あふれる重厚なデザインも広く愛されています。

眠り心地のよさは、折り紙つき。また、マットレスの火災に対する安全性基準を業界で初めてクリアしたサータ。
快適性だけでなく、安全性に対する追求にも余念のないベッドメーカーです。

■センベラ

センベラは1960年代にライナーグリツキーにより設立されました。ウッドスプリングベッドとしても有名です。
元々タイヤを製造していたSemperit社からその会社を買い受けたのが、センベラの歴史の始まりです。
1986年にライナーグリツキーは、sembella Liegekomfort社をドイツのエニゲロフに設立しました。
彼の兄弟であるアーノルドグリツキーがこの会社を任された後、アーノルドはまっ先にラバー製マットレスの製造を始めました。
センベラによりドイツのマーケットで販売された最初のマットレスは藁、ビート、麻とココヤシで作られたものでした。
フォームは天然ラバーフォームにおいて40年の歴史があるヨーロッパの工場で製造されました。
1992年に、センベラはベルギーのレクティセルグループに入り、ドイツにおけるナチュラルマットレスの プレミアムブランドとしてご愛用され続けています。

■スランバーランド

上質を選ぶ、世界が選ぶ、スランバーランド。
1919年、英国に創業、理想の眠りを追い続け、1940年代には英国王室御用達の栄誉を授かったスランバーランド。
「まどろみの国」と訳される名のとおり、そのベッドは多くを語りません。
英国の伝統を受け継ぎつつモダンテクノロジーを追求し、ただ静かに心安らぐひとときをお約束するのです。

■WATER WORLD(ウォーターワールド)

国内唯一のウォーターベッドブランド
25年以上の販売実績を誇る国内唯一のウォーターベッドブランド「WATER WORLD」
ウォーターベッドを全国規模で展開する唯一のブランドです。
ウォーターワールドは全国ネットで納めた全ての商品のデータが保持されています。
お客様の住所や納めた商品の型番はもちろん。設置した住居の状況まで瞬時に把握することが出来るのです。

■パラマウントベッド

先進の技術と優しさで快適なヘルスケア環境を創造し続けるパラマウントベッド。
これから高齢化社会になると益々普及する予感。ケアを必要とされる方には満足度の高い電動ベッド。

■ニトリ

お値段以上で有名な「ニトリ」。
新婚生活を始めるにあたって、いろいろ購入するものがありベッドにあまりお金をかけられない、という方も多いですよね。
そんな方におすすめしたいベッドの入門におすすめがニトリです。
が、お値段以上は少し言いすぎ、できればニトリオリジナルではなくブランド物をゲットしたほうが長く使えます。
ニトリの販売ですから、幾分お買い得かと?思いますけどね・・・ご健闘を!

さあ、いかがだったでしょうか?それぞれのベッドブランドの特徴を簡単に説明しました。
ベッドもお金を出せば有名ブランドも手にはいります。が、高かったからその人に合った良いベッドかというとそうとも言い切れません。
有名ブランドのふかふかのベッドを買ってとても合わず、長年親しんだお布団の寝心地に戻して、畳ベッドに変えた方だっています。
ベッド選びはとても難しいものですが、あなたのベッド選びの参考になれば幸いです。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up