収納ベッドのカビ対策について考える

よく収納ベッドにカビが生えたということをお聞きします。
しかし、うちはカビなんか生えたことなんて「一遍もない」という方も結構多いのです。

どうしてこんなにも差があるのか考えてみると、こういうことは考えられないでしょうか?
カビる方は、ベッドを置いている環境の湿度が高いということです。

私の経験ですが、関東から東海地方に引っ越して、洋服ダンスをクローゼットの中に入れて使っていました。
数年は何事もなく過ぎ、ある記録的に蒸し暑い夏が過ぎて秋になって、クリーニングに出して仕舞ってあったスーツを着るとき、なんと!ところどころ白くカビていたんです!

思い起こせば、その年は本当に暑く、おまけにエアコンが故障していたものだから、とても寝苦しかったのを覚えています。
当然高温多湿の中にいた私も蒸れ蒸れ、夏の間はスーツも着ないし、洋服ダンスは締め切ったまま。
しかもクローゼットの中にあるから、洋服ダンスは、キャビネットの中の金庫状態だったんです。
吊るされたスーツも堪ったものじゃありませんよね。蒸れ蒸れだったに相違ありません。

これに懲りたわたしは翌年、少しみっともないですが、クローゼットの扉を半開きにし、さらに洋服箪笥の扉も半開き、通気性を確保しました。
そしたら、夏が通り過ぎてもカビは全く発生しませんでした。
このことから、収納ベッドがカビるという方のお部屋は湿度が高く高温であるということが考えられます。

ですから、収納ベッドをお使いになってカビが心配な方は、夏になったらカビ対策をしてみてください。簡単です。

洋服ダンスの中のスーツがカビた・・・

チェストベッドのカビ対策

❏カビる原因

カビの一番の原因は湿気です。
誰でも一番よくわかるのが、浴室のタイルの目地です。
湿気が籠る浴室はカビの温床なんです。
最初は真っ白だったタイルの目地がだんだん黒ずんでくるからよくわかります。

畳だって湿気があるお部屋ではカビるそうです。
昔寝たきりの方がいるご家庭では「畳が腐る」ということを聞いたことがあります。
お布団を敷きっぱなしにしていると通気性が遮断され、汗などの湿気がお布団を透過し畳にこもりカビるのだそうです。

そこで今日は、これから夏場に発生しわたしたちを困らせるカビについて簡単に考証してみましょう。

❏カビが発生するメカニズム

■カビが生育する4つの条件

1.適度な温度があること(10~35℃前後)
2.栄養分があること(有機物でホコリ、チリ、あかなど)
3.水分がある(湿気)
4.酸素があること(呼吸、発酵に必要)

住居の中で発生するカビは、一般的に10℃から35℃程度の温度で生育します。
その温度は人間が快適に暮らせる温度とも一致しており、そのため、
1番目の適度な温度という条件をコントロールすることはなかなかむつかしい問題です。

また、二番目の栄養分は、有機化合物と言われるいわば自然、人工のものを問わず、すべて物質が栄養素になると考えても良いです。
典型的な例はチリ、ホコリ、あか、石けん水の残りカスなど人間が使うほとんどすべての物質、さらに廃棄物も含めて栄養源になってしまいますから、
これらを厳密にコントロールすることもなかなか出来ません。

ただ、カビは菌糸という根を付着した物質に伸ばし生育する必要があるため、ツルツルした物質にはカビは付着しにくいです。
が、サッシにつくカビのように、サッシ自体が汚れ、ホコリなどが付着するとそこにカビ菌が付着してしまいます。
チェストベッドのカビが、塗装面より無塗装面に発生するのはこのためです。

そして、三番目の水分は、私たちが見えている水という形の固形物ではなく、空気中に含有する湿気が主な状態です。
ひとつの例を挙げれば、汗がどんどん出て滴る状態ではなく、しっとり汗ばんでいる・・といった状態の水分がカビ菌には非常に好まれます。

つまり、湿度70~99%の状態がもっとも生育しやすい環境と言えます。
ですから高温多湿の梅雨時から初秋にかけてがカビの大量発生時期と重なります。

またおかしなことに、結露が発生して、水分が水滴になってたっぷりついている部分(水の中)には付着しても生育することはありません。
カビ菌は、水の中では酸素を利用することが出来ないためです。(カビは空気に触れて呼吸しています)

また、カビは紫外線に弱く、直射日光が当たる場所ではうまく生育できません。
さらには高温50℃ではほぼ死滅します。
そのため、カビが発生する場所は日影やジメジメした北側に多く発生する、ということになります。

■カビの菌はどこにある?

端的に言ってしまえば、カビは空気中に常に存在しています。
カビは微生物の一種で真菌と呼ばれ、実は空気中に常に存在し、私たちの周りを漂っています。
ある研究データでは、空気中1m3当たり、80個前後のカビ菌が漂っているという測定結果があります。
そしてお部屋に観葉植物を置いている方のお部屋ではその数は数倍にもなるそうです。

種は空気中を漂っているのですね。
ですからカビが生育する4つの条件が満たされれば、カビはいつでも大量発生します。

■カビ対策をしたつもりが大発生!とは?

除湿器の内部が温床?

カビ対策に除湿器やエアコンを使ったが全然カビが減らない。
減らないどころか、むしろ増えてしまっような気がする・・・と思ったら、除湿器やエアコンを疑ってみましょう。

湿度を減らすことを目的に除湿器やエアコンを使う方も多いと思います。
ところがあまりにも古い除湿器やエアコンは危険が伴います。

というのは、家庭用除湿機には、デシカント式(ゼオライト式・コンデンス式)・コンプレッサー式・ハイブリッド式がありますが、ただ、方式が違っても内部で結露を発生させて除湿を行っているのは同じです。
内部に大きなアルミフィンがあります。
このアルミフィンは、エアコンの中に見えるアルミフィンと同じようなもので、簡単にお掃除が出来ません。

掃除がほぼ出来ない様な場所にあるのですが、結露を発生させているので常時湿った状態です。
その為にアルミフィンにカビが生えやすいのです。アルミフィンはカビの温床にもってこいなのです。

アルミフィンにカビが発生すると、フィンの間を通った空気が室内に放出されるので空気と一緒にカビの胞子も室内に放出されてしまう事になります。
ですから、外部の空気中のカビの量よりかえって増えてしまいます。
これは、エアコン(特に冷房)でも同じでことです。

ですからエアコンなどは数年に一回ぐらい、業者さんの徹底的なお掃除をすることをお勧めします。
また除湿器の使い始めに、カビ臭かったら要注意です。

タンク、フィルターはもとより、内部のファン、フィンがカビています。
内部はカバーを外しブラシ等でこそぎ落とす必要がありますが、素人ではなかなか難しいです。
自信のある方はあくまでも自己責任でやってくださいね。
漂白剤などでよく洗った後は、天日に当てて干しましょう。

このようにカビは、4つの条件が整えばどこでも発生し生育します。
カビはアレルギーの発生源でもあり、本当に撲滅したいものですね。

時には開け放して空気を入れる

チェストベッドや収納ベッドがカビる方は、この4つの条件を減らすことが肝要です。
日本は高温多湿の夏が必ず巡ってきます。
梅雨時に「洗濯物を部屋で干す」なんて言うのは絶対に厳禁です。

結論を言えば、カビ対策は徹底的な湿気対策が必要ということです。
お部屋の湿度を減らすには、エアコン、除湿器などを活用することになるわけですが、まず、お部屋に湿度計を設置することも、見える形で湿度を確認をすることができて良いです。

お家にいるときにはエアコンや除湿器で湿気対策をすることができますが、問題は一人暮らしなどで留守勝ちの場合です。
とうぜんエアコンを切っているわけですから、除湿もできないわけです。
こういう場合は通気性を確保するためにベッドの引き出しは開けておきましょう。

■収納ベッドのカビ対策

1、ときどき、収納ベッドの引き出しを開けて通気性を確保する。
2、ガス圧式跳ね上げ収納ベッドは、上蓋の下に厚みがある本などを挟んで通気性を確保する。
3、お家にいるときには、窓を開けてお部屋の換気をよくする。
4、エアコンや除湿器を使う。
5、引き出しの中に除湿シートを入れて時々入れ替える。

たったこれだけで収納ベッドのカビはかなり抑制できます。
しっかり湿気を減らしカビ対策をして、よりよいベッド収納を満喫してくださいね。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA