ローベッド、4つのメリットと2つのデメリット。

ベッドにはデザインによっていろいろな種類があります。
機能によって分かれるスタイルと、高さによって分かれるスタイルがあります。

普通の高さのステーションタイプ(脚付きベッド)がスタンダードなら、それより高いベッドは、チェストベッドや収納ベッド、そして、より高いロフトベッドがあり、それより低いタイプはローベッドに分かれます。
ローベッドの中でも一番低いベッドはフレームがべったり床にくっついた形で、一般的にフロアベッドと呼ばれています。

そしてステーションタイプのベッドでも、足の高さを5cm~10cmくらいに抑えたベッドがローベッドの分野になっています。
きょうはこの足が短いローベッドについて少しお話ししましょう.

どんなベッドにもメリットとデメリットがあり、使い方と使う人によってはそれが正反対になったりします。
そこのところは多少あってもどうぞご了承ください。

 モダンデザインローベッド【Gil】ギル

モダンデザインローベッド【Gil】ギル

ローベッドのメリット

1、ローベッドはマットレスの選択肢が広がる。
2、ローベッドは安定感がある。
3、比較的お部屋に広がりが出る。
4、通気性に優れる。

❏ローベッドはマットレスの選択肢が広がる。
ベッドを買うときに、当然わたしたちは、どんなベッドを購入しようか?と考えるわけですが、その基準は様々です。
サイズから始まって、ヘッドボードの使い勝手や、ベッド下収納が必要か?とか、デザインが気に入ったとか、お好きなカラーだとかいろいろです。
当然予算だって考えなくてはなりませんよね。そして最後にマットレス選びになるわけですが、ここでベッドの種類や高さがかかわってきます。

モダンデザインローベッド【E-go】イーゴ

モダンデザインローベッド【E-go】イーゴ

良い寝心地のマットレスは当然厚さもあります。この時、比較的背の高いチェストベッドや、ロフトベッドになると、マットレスの選択肢が狭まってしまいます。
どうしてか言うと、チェストベッドは下に収納引き出しを装備していますから、厚いマットレスはさらにベッドの高さが上がり、高い場所が苦手な方や、背の低い方には使いずらくなってしまいます。
ロフトベッドならなおさらです。高い位置に重いマットレスを設置することも困難でしょう。ですからチェストベッドには薄型のマットレスも用意していますし、ロフトベッドも薄手のマットです。当然マットレスが薄くなれば寝心地に影響するのです。

それが、ローベッドならどうでしょうか?

もう、お判りでしょう。ローベッドはマットレスが厚くなっても全然平気です。何の心配もありません。
あのあこがれのダブルクッションマットレスだって使用可能なんです。
つまりローベッドならば、最高の寝心地が手に入るというわけです。

木製ローベッド【ベルモット-VERMOUTH】

木製ローベッド【ベルモット-VERMOUTH】

❏ローベッドは安定感がある。
ベッドは高いほど不安定になります。ロフトベッドなどはその最たるものです。
さすがに地震大国のわが国でも、たとえロフトベッドでも倒壊などという劣悪なベッドは売られていませんが、しかし、震度5とかになりますとかなり揺れるでしょう。
地震に弱い方なら卒倒モノですよね。そういう意味では不安が募ります。

ところがローベッドでしたらどうでしょう。フロアベッドほどでなくとも脚が短いだけ重心が低い分かなり安定しています。
地震などで、揺れると気持ちが悪くなる方もローベッドでしたら安心です。

❏比較的お部屋に広がりが出る。
ベッドは専有面積がかなり大きい家具です。
お部屋に据えると圧迫感が生まれます。この圧迫感はベッドの高さが上がるほど増します。
その最たるベッドはロフトベッドです。視覚が遮られると当然お部屋は狭く感じます。
同じ平面積でも、ベッドの高さが低くなると、お部屋に広がりが生まれます。
この精神的効果の影響は思う以上に大きいのです。お部屋が広く感じられれば、心にだって余裕が生まれゆったりリラックスできるのです。
寝室は今日の疲れを癒し、明日への活力を生み出すためのもの。お部屋の圧迫感を少しでも減らし快適なベッドルームにしましょう。

おしゃれなローベッド【Rolyalstage】ロイヤルステージ

おしゃれなローベッド【Rolyalstage】ロイヤルステージ

❏通気性に優れる。
同じ低いベッドの仲間でも、ローベッドとフロアベッドの決定的な違いはここにあります。
短くても足があり空間があるため通気性があります。
高温多湿の日本ではかなり重要な要素です。この時ベッドの底板はすのこ仕様が望ましいということは言うまでもありません。
カビやダニの発生を防ぐためにも通気性の確保は疎かにはできません。

次にローベッドのデメリットを考えてみましょう。

ローベッドのデメリット

1、ベッドの下の掃除がしにくい。
2、起き上がりにくい

❏ベッドの下の掃除がしにくい。
ローベッドはベッドの下の高さが足りないため、掃除機のノズルが入りにくいです。
ですからきれいに掃除をするには、ベッドをずらす必要があります。
ですが、足の高さが10cm位で、この頃評判のロボットクリーナ―を使っている方でしたら一挙にお悩み解消です。
クリーナーがちゃんとお掃除してくれます。
それよりもっと低い脚の場合は、ベッドをずらすか、薄手のモップを使用するなど少し面倒です。

❏起き上がりにくい
腰やひざを痛めた方には少しきついかもしれません。
フロアベッドより良いのかもしれませんが、通常の高さのベッドと比べたら起き上がりはしにくいです。
厚めのマットレスを使うか通常の高さのベッドをお勧めします。

棚・コンセント付きデザインフロアローベッド Makati マカティ

棚・コンセント付きデザインフロアローベッド Makati マカティ

まとめ

ローベッドやフロアベッドが作られた最大の要因は、お部屋が広く感じるというものでした。
その次に、和室でお布団の生活になじんでいる私たちが、低く寝るということに違和感を感じない。ということがミックスされています。
そして作られている部材が少なくてすむので、価格が幾分抑えられるということがあったと思います。
またデザインがごつくなく、スマートで実にファッショナブルです。ゆえに販売してみるとよく売れたのです。
わたしたちの住まい様式は和洋折衷ですが、土足で入らないだけでより洋風に近づき、お部屋はフローリングが主流です。
硬く冷たいフローリングにお布団はなじみませんよね。当然ベッドを使うことが自然になります。
そしてお部屋を広く使いたいということになれば、機能で、収納ベッド、チェストベッドになり、視覚的要素でローベッド、フロアベッドになるのです。
ローベッドの良い面悪い面をよくご検討していただき、あなたのベッド選びの参考にしていただければ幸いです。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up