欧州で主流のウッドスプリングベッドは、日本でも普及するのか?

欧州でウッドスプリングベッドが普及しているわけ

高級ドイツブランド【sembella】センべラは通気性に優れる、ウッドスプリング仕様。

日本では、ベッド用マットレスは、ポケット、ボンネルなど金属コイルマットレスが一般的です。
が、欧州ではラテックスマットレスが主流で80%以上の普及率と言われています。
ウッドスプリングベッドにラテックスマットレスの組み合わせです。

それはなぜか?

その理由は、欧州では金属スプリングマットレスが使われなくなったためと言われています。
金属スプリングを使わなければクッション性が損なわれます。寝心地が大きく損なわれます。
それを補うためにウッドスプリングが発達したものと思われます。

では、なぜ欧州では金属スプリングマットレスが衰退したのか?

金属スプリングマットレスは、廃棄したときリサイクルがしにくい。というのが主な理由です。
金属とウレタン、わた、生地など様々な素材からできている金属スプリングマットレスは、リサイクルがしにくくコストもかかります。

早くから環境に関心が集まっている欧州では、このために急速に脱金属スプリングマットレスになったものと思われます。
日本でも金属スプリングが破砕機の故障の原因になることから、今後処分が難しくなっていくのではないかという予想もあります。
が、表立った動きはいまだありません。

つまり欧州でラテックスマットレスが急速に浸透したのは、リサイクルの問題が大きく関わっているということですね。
ラテックスマットレスは、金属スプリングマットレスと比べてはるかに反発力に劣るため、ウッドスプリングが必要となったわけです。

また、比較的気候が涼しいヨーロッパでは、金属スプリングマットレスと比べて通気性に劣るラテックスマットレスが受け入れらる要素も大きかったと思われます。

日本でウッドスプリングと、ラテックスマットレスがさほど普及していないのは、欧州で叫ばれている環境問題に、まだ日欧の差があるのかもしれません。
ベッドの普及がほぼ100%の欧州と、いまだ45%程度の日本では、廃棄に絡むリサイクルもさほど問題になっていないのかもしれませんね。
今後ベッドの普及が進み、廃棄問題が大きくなれば、日本にもウッドスプリングと、ラテックスマットレスの時代が訪れるのかもしれません。

が、もしかしたら、ラテックスマットレスは、日本の気候に適さないのと、ラテックスの独特なニオイが、ニオイに敏感な日本人には果たして受け入れられるのか?との杞憂も浮かんだりします。
きつい体臭を香水でごまかす欧州人には、ゴムのクサさなど気にならないから、ラテックスマットレスが普及したとも考えられます。

さてその真意は別として、日本でもセンベラやカリモクのベッドではウッドスプリングが売られています。
それもベッドの中では結構な高級な位置づけです。いろいろ調べてみると、ウッドスプリングのベッドにコイルマットレスを使用している方もおられるようです。
これですと、将来起こるであろう環境問題になんの効果も得られない使い方ですので、単なる贅沢なダブルクッション的な使い方となってしまいます。

❏ウッドスプリングとすのこの違い

ウッドスプリングの構造

現在出回っているベッドの底板は大きく「板敷」「すのこ敷」「ウッドスプリング」と3つに分けられます。

最近では通気性を重視するために、すのこやウッドスプリングに注目が集まっていますが、すのこがたわみのない板で作られているのに対し、最も多く見ることのできるウッドスプリング(センベラ等)は、板を貼り合わせた合板でアーチ上に反っています。つまり板バネになっているのですね。
このそりと、板を支える両端のゴムブッシュによって、ウッドスプリングは体のカーブに添って体を支えることができるのです。
いわばダブルクッションの下のスプリングの役目を果たしています。

さらにウッドスプリングは、腰の部分が2重になっていて、硬さを調節するスライダーがついているのが一般です。
耐圧が腰部に集中するので強度を持たせるためです。ここのところは高級な金属スプリングマットと同じですが、体格によって調節できるところがウッドスプリングの良いところです。

スライダーは外へやると硬くなり、内へやると柔らかくなります。寝姿勢を考えるときに、もっともデリケートなのが体重の45%を支える腰部と言われています。
スライダーを調節して腰から臀部への硬さを、寝る人それぞれに合ったものにすることによって理想的な寝姿勢が得られるのと云うことです。

また、肩の部分にはスリットが入っていて、横になった時に肩の部分がより多くたわんで出っ張りを受け止めるようになっています。
腰痛など腰にトラブルをもっている人は、ウッドスプリングにすることにより、自分に合わせた腰の支え方を選ぶことができるのでおすすめです。

通気性についていえば、すのこより、ウッドスプリングの方が良好といえます。
すのこの板は巾が大きいこともあって、ウッドスプリングと比べたら通気性が少ないでしょうね。

また、ウッドスプリングに合わないのは、高反発や低反発などのウレタンマットレスやエアーマットレス系のものです。
厚さ15cm以上のスプリング系マットレスや専用のラテックスマットレスに向いています。
注意は、ウッドスプリングの上に厚みがない敷布団などを使用すると、柔らかく厚みが薄くなるために、一カ所に重さがかかってしまうので、ウッドスプリングが痛んだり、外れてしまう恐れが生じます。

❏どこのウッドスプリングベッドが良い?

高級ドイツブランド【sembella】センべラ【Demir】デミール(収納タイプ・すのこ仕様)

基本的には製造販売に先行しているドイツ製が良いです。
割かし低価格の物だとセンベラ社がおススメです。

ノンブランドの安いものの中には、単なる模倣品で、性能に劣るものも多いようです。
ウッドスプリングの強度やアフターがあるかどうか注意が必要です。

センベラ社は板バネはたまに折れる事もありますが、アフターも格安だしお勧めです!
ちなみにウッドスプリングは普通に使って10年、ブッシュなどのパーツを交換すれば30年以上は持ちます。

上質の良いものですと、カリモク家具で出しているものはお勧めです。
こちらも板バネはドイツ製。フルスター(ヒュルスター)社というヨーロッパでは最高級クラスの超高級メーカーの板バネを採用しています。
ウッドスプリングはクッション性があるので、体圧の分散に優れています。むしろ背中を痛めない仕様になっています。

❏ベッドのキシミ

木製のベッドを使用する上でキシミというのは、少なからず発生するものです。
湿気が溜まった部屋にずっと放置しておけば、木が伸び、乾燥すれば縮みます。
その時キシミが出やすくなります。
できるだけ湿気をためないように、部屋の換気をこまめにすれば問題ありません。
また、ゴムブッシュが劣化しても木同士がこすれ軋みが発生します。
この場合、メーカーでパーツを取り寄せ交換すれば解消します。

それにベッドは頻繁に買い換えるものではないので、長く使えるように開発されています。安心してご使用いただけます。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up