狭い部屋でもベッドが欲しい。 そんな希望を叶えてくれるショート丈のベッド。

ショート丈ベッドだからニッチな狭い部屋にもベッドが置ける♪

お部屋が狭いからと、ベッド導入を諦めている方って結構おられるでしょう?

例えば此処にベッドを起きたいけどドアが開かなくなるとか

後数センチベッドが短ければ置けるとか。

そんな時、ショート丈、コンパクトベッドを検討されてはいかがでしょうか。

ショート丈ベッドは、マットレス自体が180mと丈が短く設計されています。

通常のベッドのマットレスは195cmですから単純に15cmも短いのです。

ということは、身長が180cmとかの大柄な方には使えないということにもなるのですが

身長が165~165cm以下の方でしたら充分に使えるサイズです。

えっ!?166cmではどうか。ですって?

う~~ん。ギリギリセーフって言うことで。

そういう意味では、子供さんや女性には向いているベッドではないでしょうか。

マットレスが180cmでも、ここにヘッドボードがつけばその分大きくなります。

一番サイズが小さいベッドをお探しなら、ヘッドボードレスのベッドを選ぶことです。

ヘッドボードが無い分、使い勝手は幾分落ちますが、棚付きヘッドボードのように小物置きが必要なら、サイドテーブルを置けば良いことですし、使い勝手はアイディア次第でどうにでもなります。

ヘッドボードレスで一番困るのは枕元の止めが無いですから枕が落ちてしまうことも考えられます。

これを防ぐには、枕元を壁にピッタリつけて設置するとこの問題は解決します。

ショート丈ベッドは、種類が通常ベッドと比べると少ないですが、それでも最近は需要が伸びているので随分アイテムが増えてきました。

フレームにマットレスを載せただけのシンプルなタイプから、ベッド下を有効活用した収納ベッド(チェスト)など色々あります。

ショート丈ベッド売り場へ

ショート丈ベッドのメリットは?

  1. 省スペースです。
  2. 移動がしやすい。
  3. 圧迫感がない。
  4. 身長160cm未満の方には全く違和感がない。

メリット(1) 省スペースです。

最大の利点が省スペースであること。仮に30cm違えば、相当な差になります。
ドアが当たって開かない・部屋の柱が当たって置けない・ワンルームだから狭い…。などなど
ベッドは大きく場所をとってしまいますが、布団もしくはベッドのどちらかは絶対に必要で、さらにそのスペースも必ず用意しなければいけません。
それなら少しでも小さいベッドのほうがお部屋のスペースを有効に使えます。

メリット(2) 移動がしやすい。

掃除の時や模様替えなど、ベッドを動かしたい時ってたまにありますよね。
大きなベッドだと、女性一人ではほとんど動かせないほど重いものです。
でも丈が短いので重量も少なく移動も楽になり、配置を変えたりベッド下の掃除などもしやすくなります。

メリット(3) 圧迫感がない。

ショートベッドは見た目にも大きく影響します。特に狭いお部屋ではそれが顕著です。
小さなベッドはそれだけで圧迫感がなく、お部屋が広くなります。
さらにヘッドレスなら高さも抑えることができるので、より空間が空き、開放感が生まれます。
これがワンルームなどに一人お住まいの女性達には大人気となっています。

メリット(4) 身長165cm未満の方には全く違和感がない。

基準は微妙なところですが、感覚としては165cm以下の身長ならまったく違和感はないでしょう。
日本人の成人男性の平均身長は約170cm~175cmで一般的なマットレスサイズは195cm。
つまり25cmの差があれば全く違和感なく寝ることができるということです。

※身長が175cmを超えるあたりから一般的なベッドが短く感じることが多いので、
それをショートベッドで考えると「165cm以上」の人はやめたほうがいいです。レギュラーサイズのベッドをお求め下さい。

しかも、収納付きベッドは、狭いお部屋に最も向いたベッドではないでしょうか。

部屋が狭くても衣類や生活用品はそれなりに増えてゆくもの。

ましてや狭いお部屋にはクローゼットも少ないです。

ベッドの下を有効活用できれば、お部屋を広く使うことが出来ます。

ベッドはお布団での就寝より使い勝手に面倒が少ないのはもちろんですが、実は身体にも良いのです。

腰痛をお持ちの方にとってお布団の上げ下げは拷問ですし

他にも、埃を吸わないなど良い面があります。

私たちが歩きまわると結構埃が立っています。

これば暗闇にサーチライトのようにライトを当てると見ることが出来ます。

埃は床上20~30cmほどが一番ひどいことが見て取れます。

ベッドは床上高がありますので、かなり埃を吸わなくて済みます。

喘息などのアレルギー疾患がある方には、お布団よりベッドのほうをお勧めします。

まとめ




大は小を兼ねるは真理です。
お部屋がある程度広ければ、普通サイズのベッドでなんら問題はないです。

でもニッチな部屋で、あと10cm広かったらこの場所にベッドが置ける。
ということが少なからずあるのですね。

こんな場合、そのようなベッドがあり、しかも使う方の身長が165cm以下だったらショート丈ベッドがベストサイズです。
部屋が狭いということで、いままでベッドをあきらめていた方にとっては朗報ですよね。

たしかにショート丈のベッドにもメリットデメリットはいろいろあります。
ショート丈のベッドの種類によってもそれはあります。

皆さん個人の事情に合わせて、上手にショート丈ベッドを選んでいただきたいです。

ショート丈のベッドにすれば、お部屋にゆとりができて、お部屋が生き返ります。
そしてショート丈ベッドには、カワイイデザインが多いので、お部屋にかわいさをプラスできちゃいます。




国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up