ベッドを選ぶ前に知っておきたいこと

ベッドの選び方

ベッドのフレームはマットレスと体を支える土台ですので、しっかりと安定感のある構造のものを選ぶのがポイントです。
ですから。信頼ある工場で生産されている物を選ぶことは必須です。

あまりにも安いベッドは、表面仕上げの塗装が脆くガムテープ等で剥がれるものもあるので要注意です。
ワタシの友人が、とある安売り家具店にベッドを買いにいったら、そこの女店員さんが
「あの~・・・ココで買うのは、・・・やめたほうが・・・」か細い声で恐る恐る耳打ち・・・
その友人90kgの巨体なんです。その家具屋さんのオリジナルでは、さすがに耐え切れないと思ったんでしょうね。

笑いばなしのようですが本当のお話です。
えっ!その家具屋さんですか?ちょいとお話出来ません、営業妨害になってしまうので、結構な有名処です。

さて、ベッドを選ぶときの基準は
・お部屋にはいるか?置けるか?搬入口のことも考えましょう。
・誰が使うのか・・・大きさ、夫婦、大人、子供、男性、女性など。
・インテリア性を考える。デザインやカラーなど。
・欲しい機能。棚、照明、コンセント、収納など。

また、ヘッドボードはベッドの顔となり、お部屋の印象を左右しますので、機能性だけでなくデザインも重要なポイントです。

通販で買うベッドは基本的に買った方が組み立てをします。
中には組み立てサービス付きのものもありますが、寝室へ他人を入れたくない方が多いのではないでしょうか。
組み立て図を見ながらやれば女性にもできる簡単な作業です。
一人でも出来ないことはないですが、ベッドは大きいため、部材を支えてもらうなどお二人でやったほうがかなり楽です。

ベッドは基本的に以下のパーツからできています。

1、ヘッドボード
頭側に取り付けるパーツ、宮ともいいます
デザインが豊富なパーツで多機能のものもあります。
2,フットボード
足元に取り付けるパーツ。
3,サイドフレーム(幕)
ベッドの左右に取り付ける細長いパーツ。
このパーツに桟がついていて、床板を載せるようになっている。
4,脚
ベッドを支えるパーツ。ベッドのサイズや形によって脚の形状や本数が違う。
5,床板
マットレスを直接載せるパーツ。通風に優れるスノコ形状が人気。

 

ベッドボードの(デザイン・機能)には様々な形があります。
1,パネルタイプ
シンプルな木製ベッドが数多くあるものがこのタイプ。
お部屋に馴染みやすいので、あえてシンプルなデザインを選び、寝具でお部屋をコーディネートするのもオススメです!

2,宮付きタイプ
棚やライトのついた機能性のあるタイプ。
枕元に小物を置きたい方、枕元に明かりが欲しい方におすすめです。デザインの種類は限られてくるため、素材や色味もしっかりチェックして選びましょう

3,クッションタイプ
布やレザーの生地に綿などをつめてクッション性をもたせたタイプ。
背もたれにできるので、ベッドで過ごすことの多い方にぴったりです。ただし、生地の張替えが難しいため、劣化防止の工夫が必要

ベッドは家具の中でも、部屋に占める割合が特に大きい家具。寝室のイメージを左右すると言ってもいいでしょう。
またベッドや寝具を替えることで気分転換にもなり生活が変わります。より良いベッドは暮らしに潤いをもたらすのです。
お部屋のイメージを演出するにはベッドルームの主役でもベッドの要素が大きいのです。さらにベッドカバーや照明などのアイテムでお部屋を演出すれば完璧です。

ベッドの種類

1,スタンダードベッド
シンプルな木製ベッドが多いのがこのタイプ。
お部屋の床や壁の色と合わせれば、シンプルなコーディネートができます。
木目に安らぎを感じ、落ち着いた寝室になります

2,収納ベッド・チェストベッド(引き出し付きベッド)
ベッド下に収納スペースを確保し、お部屋を広く使いたい方にお勧め。木製のベッドが多く、ベッドの下に引き出しや収納部があります。
ガス圧式昇降タイプはベッドした全てが収納になっていてその収納力は巨大で押入れ一個分にも相当します。
機能面だけでなく、デザイン性も併せ持った収納ベッドも多数登場しています
チェストベッドを探す>>
ガス圧跳ね上げ式収納ベッドを探す>>

3,フロアベッド/ローベッド
床に近い位置で使用するベッドがフロアベッド。
日本人に慣れ親しんだ和室にお布団を敷くより40cmほど高く、そのためホコリや虫などから遠ざかるので布団より健康的です。
床に直にスノコを置き、マットレスを乗せ、周囲をフレームで囲みます。
天井までの高さを確保できるので、お部屋を広く見せる効果があります。
フロアベッドを探す>>

4,天蓋付きベッド
木製・パイプ製などがあります。
王室のような優雅なイメージに憧れる人は、ぜひこのベッドで!存在感があり、レースでエアコンの風を和らげたり、
包まれて眠る安心感も感じられますが、かなり広いお部屋でないと良さが出無いタイプで一般的ではありません。

5,木製ベッド
種類が多く、スタンダードなタイプです。
木目の揺らぎには落ち着きを与え、快眠へと導きます。
シンプルなデザインが多いので、お部屋にも馴染みやすいです。

6,金属製ベッド(パイプベッド)
多種多様なデザインが揃い、存在感がるパイプベッド。
ヘッドボードの圧迫感がないので、スッキリ見えベッド下のスペースを高く取ったデザインが多いことも特長です
数量的には病院のベッドに多くが採用されています。                                      金属パイプベッドを探す>>

7,すのこベッド
マットレスを乗せる床板が、木製のスノコや、金属のメッシュでできたベッドです。
最近ではほとんどのベッドがこのすのこ使用となっています
風通しが良いので湿気が多い日本には最適なベッドです。
カビの発生を防ぎいつまでもクリーンに使うことができます。                             すのこベッドを探す>>

7,ウォーターベッド
ビニール製のマットレスの中に水を入れたベッド。
水の浮力で体を支え、耐圧を分散します。水の中には防腐剤をいれ、定期的に入れ替えが必要です
夏の暑気よけに使いますが難点は、尖ったものがにぶつかるとか、劣化すかすると水漏れすることがあり注意が必要です。

8,システムベッド
ロフトベッドとも言われ、ベッドの下にデスクや本棚が組み合わさったベッドです。
狭い空間を効率的に使えるので子供部屋やワンルームの方に最適

9,2段ベッド3段ベッド
木製やパイプ製が多く、2段や3段に重ねて使うベッドです。                           二段ベッドを探す>>

10)ソファベッド
縦に折れる構造で折り曲げるとソファになります。
ワンルームなどで夜はベッドとして、昼間はソファとしてマルチに活用します。
マットレスがないので完全な平ではないので寝心地は普通ベッドに劣ります。  ソファベッドを探す>>

11,畳ベッド
マットレスの代わりに畳のマットになっています。お布団を敷いて使用し。普段はチェストとして使用したりします。
和風がお好きな方に人気です。
畳収納ベッドを探す>>

12,パラマウントベッド
パラマウントベッドは、病院用ベッドの専業メーカーとしてスタートし、
その後、高齢化の 進展を背景として、高齢者施設や在宅介護分野にも事業領域を拡大しながら、さまざま な製品を開発しています。
近年では一般消費者向けのものも多くリリースしています。

13,ショート丈ベッド
ショートベッドとはショートベッドは丈が短いベッド・長さが短い小型ベッドの事です。
ベッドの「サイズ」と言えば、多くは「幅」を指します。シングルとかダブルとか。でも長さはほとんど210cm位が多いです。
ここで言うショートベッドとは「長さ=丈」でありマットレスの長さです。
ベッドの形状は色々ですが「マットレスの長さ+ヘッドボード」が全長になり、ショートベッドは「マットレスが短いベッド」と言い換えることができます。
ショート丈ベッドを探す>>

15,マットレスベッド
マットレスベッドはヘッドボードレスでその分コンパクトながら
大人がのびのび寝れる有効サイズを確保しています!
つまりマットレスの大きさがベッドの平面積です。ワンルームや小柄な女性には人気のベッドです。
マットレスベッドを探す>>

まとめ

私たちが毎日繰り返す就寝は、お布団かベッドでします。
ベッドの普及率は所帯別では約60%。人口比普及は約 45%。
ベッド生活者は、依然増えており、およそ6割の所帯がベッドを使用する時代となっています。
※平成17年度の調査より。

ベッドを一度使用してしまうとお布団へは戻りづらいです。
お布団のように毎日の片付けとお布団敷きの煩わしさがないのは爽快です。
特に腰痛持ちの方には寝起きが楽ですから今後もベッドの普及はますます進んでゆくことと思います。

今やベッドの種類も豊富で、スタンダードのベッドから収納などの機能を備えたベッドなど選択の幅が広がっています。
必要に応じて選ぶことが出来る良い時代になっています。

ベッド選びで一番難しいのはマットレス選びでしょう。
お布団の寝心地に近いボンネルコイルや体圧分散型のポケットコイルマットレスだけでも
ハードタイプやソフトタイプまであり何が何やらどれがいいのかわかりません。
全てのマットレスを一晩づつ寝比べるわけにも行きません。

出張や旅行で快適と感じたマットレスはタグなどを見て記録しておけば
ベッドを買う時やマットレスを替える時の参考になるでしょう

もっとも、ひどい腰痛などを抱えていなけれれば、どんなマットレスを選んでも使えないことはないです。
お布団の寝心地が好みならボンネルコイルマットレスを、その他はポケットコイルマットレスを選びましょう。
固めが好みならハードタイプを、反対ならソフトタイプを選びましょう。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up