ベッドメイクの基本ベッドスプレットについて考える

ベッドを買ったら、次はベッドスプレッドを揃えましょう。
ベッドスプレッドはベッドの装飾用のカバーの事です。

家人以外の他人(訪問客など)に生活感のある布団や枕を見せないための、ディスプレイ用のカバーと考えたらいいと思います。
ホテルに使ってあることが多いの機会があったらよく観察してみましょう。

ブランケット(毛布)や掛ふとんには装飾デザインがほとんど無いため、カバーを掛けて部屋のコーディネートを整えるために使います。
そして、これで、ベッドの回りとか、足なども隠します。 とってもおしゃれな寝室になります。
また、普通は、その同じ柄のpillowcase(枕カバー)がセットになって、別売りされていたり、枕ごとかぶせるタイプがあります。

ベッドスプレッドの多くは通販で売られていますので、検索すれば、たくさんでてくると思います。

とにかく、種類の柄、素材(一枚のシーツ状のものから、羽毛の入ったブランケットのような物まで)がたくさんあります。
最近は写真付きで紹介されていますから、言葉で説明するより、カタログを見たほうが分かり易いかもしれませんね。

ただベッドスプレッドを掛けたままで就寝すると結構重さが気になります。
そんな時は、足元へずらして使うことになりますが、これって結構面倒くさいです。

ですからフリルなどのスカートを着けたベッドスプレッドより、一枚物のほうがワタシは好きです。
でも少しぐらいの重さは観念して、就寝事もかけておくと、寒い時はブランケットの良さを実感しますよ。
羽毛布団は毛布を上にかけるほうが暖かいにでベッドスプレッドがこれの代わりになります。

ワタシ的には、シンプルで、できるだけ軽い素材のベッドスプレッドがお勧めです。
(※ワタシは生地メーカーで仕事をしていた関係上、気にった生地、柄で自作してました)

最も最近は、掛け布団の縁にフリルをつけたベッドスプレッド一体型のお布団もありますよね。
これなら軽いし、面倒臭さもありません。
欠点は羽毛の場合なかなか気軽に洗えないこともあるので汚れが心配ですね。

《いろいろなベッドスプレッド》
・ ベッドスプレッドタイプ ホテルのベッドカバー
(スカート部分はボックスタイプ、フリル仕様、箱ヒダ仕様、プレーンなタイプも有ります)
(ベッド本体カバー + 枕部分カバー)羽毛インナーがないカバーです。

・シーツタイプ(簡単なので、自作がおすすめです)
布を縫い合わせて幅を広くした一枚物のカバーです。気に入った柄の生地を見つけたら自作してみましょう。

自作する場合生地幅が1m幅の場合、2幅✕2.5mをはぎ合わせ2.0×2.5にします。実に簡単です。
真ん中のはぎ合わせだと、中心にはぎが来るので、気になる方は一枚を半分にカットして
それを垂れ下がるスカート部分に矧ぎ合わせれば、ベッドに掛けたときおしゃれです。

もちろん四方は三巻始末がのぞましいです。これだったらクリーニングしてもほつれる心配なし。
なお生地幅はベッドの幅+垂れる高さで決まります。丈の方もそうです。
ですからベッドや使っているお布団で違ってきます。

また生地幅も入ろいろですから計算して作りましょう。
どの場合でも、中心にハギが来ないように作ることがおしゃれに作る秘訣です。


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up