ベッドサイドにもウィルトンラグが最高だね♪

ベッドサイドにラグマットを敷いている方も多かろうと思います。
ラグマットはベッドから降りた時に素足がひんやりすることもなくて気持ちがいいものです。インテリア的にも充実するのでおすすめです。

今日は少しラグマットなどカーペットについてお話をしましょう。
カーペットには製法によって、大きく分けて、段通、ウィルトンカーペット、タフテッドカーペットがあります。

その中で段通はひときわ際立つ存在です。随分前、敷物で質に入れられるものは段通だけと聞いたことがあります。段通で有名なのはペルシャ段通とか天津段通ですが、手織りで何年も掛かって作られる段通は、その柄の細かさや多様さでまさに芸術品と言えます。段通の雄はペルシャですが、昔のペルシャの王様が使っていたペルシャ絨毯がオークションに掛けられ、数百万から数千万円で取引されるということはざらにあります。多分こういう年代物は骨董の分類に入るのでしょうね。

さてペルシャ絨毯はなぜこんなにも高価なのでしょうか?
一つには僅か4畳半ぐらいのものを織り込むのに何年も掛かるということ。柄の素晴らしさと色の綺麗さに息を呑むほどのものが作られています。もう一つ大事なことは、ペルシャ段通は使えば使うほど酸素との化学反応が進み色が鮮やかになってくること。そんなことから古いものほど価値があるとも言えるのです。ペルシャ段通をリフォームする業者もいるほどです。

さて、このようにペルシャ絨毯に代表されるように織り込んで作られるカーペットをウィルトン織りカーペーットといいます。段通は手織りですが、ウィルトンカーペットは織機で生産されます。

カーペットの特徴

1、タフテットカーペット
2、ウイルトンカーペット
3、段通

1、タフテットカーペット
タフテッドカーペットは、第一基布に、ミシン針でパイル糸を刺しゅうのように刺し、 基布の裏をラテックスゴム(接着剤)で止めます。
従来の織りカーペットの30倍近い生産スピードでコストダウンし、今ではタフテッドカーペットはカーペットの主流となっています。
この時使用する機械がタフティングマシンと呼ばれているので、タフテッドカーペットと呼ばれているのです。
ただしタフトは、 裏面にラテックスを塗り、さらに化粧裏地を裏地を張付けてあるので通気性がとても悪くなります。
さらにラテックス(接着剤)の劣化が起こり、ブリキのように固くなり、更に進むと粉となって出て来る欠点があります。

2、ウイルトンカーペット
ウイルトン織りカーペットは、織物ですから、パイル糸を織り合わせてつくられています。
基礎になる下糸に、パイル糸を絡みあわせて、織り込んで作っていきます。
パイル糸が下糸に直接絡まっているから、丈夫で抜けないのです。
また、断面を見ると、カーペットの厚さ分のほとんどがパイル糸ですから、基布の上にラッテクスで植えつけるタフトカーペットとは決定的に違うところです。踏み心地も格段に上です。

3、段通
呼び名は、中国語「毯子(タンツ)」からきています。屋内敷物用織物のうち、手織りの高級品の称です。地糸に麻糸や綿糸を使い、羊毛などの毛を結びつけて立毛にし、さらに各種の色糸を織り込んで模様を表したもの。古くはペルシア(イラン)を中心とする中近東でつくられ、シルクロードを経て中国に伝わりました。
日本には毛氈(もうせん)とともに天保年間(1830~1844)に中国から伝えられ、鍋島(なべしま)緞通、堺(さかい)緞通などで知られています。

織りカーペットは、織物ですから、パイルと糸を織り合わせてつくるもの。 基礎になる縦糸と横糸に、パイル糸を絡みあわせて、織り込んで作っていきます。 パイル糸を織り糸で抜けないように締めて織り上げます。

またウイルトン織りの特徴はタフテットカーペットのように、ラッテクスでパイルを接着してないので固くなりません。故に使えば使うほどふみ心地に差が出てきます。古くなったカーペットの処分の時、ベニヤ板のようにペキペキ折れたらそれはタフテッドカーペットです。

ラグマットもカーペットですからウィルトンとタフテッドがあります。
タフテッドのラグも長く使っているとラテックスが硬化し固くなってしまいます。ですからラグマットもタフトよりはウィルトンラグのほうをおすすめします。使わない時丸巻きにして保管していても劣化が少ないのです。タフトは硬くなりますから巻きぐせがなかなか取れません。

フック段通はやはり織りカーペットですが、こちらは手織りではありません。1本針の電動フックガンを使って一針一針打ちつけていきます。段通が160段と言うのに対してフック段通は160針と言う表現をします。電動フックガンは手早く仕上げることが出来るので生産コストを抑えることが出来ます。

段通とフック段通の見分けは表からではよくわかりません。それほど精巧に仕上がっています。手触りは本段通のほうがかなり重量感もあり、しっかり感が伝わってきます。見分け方は裏を見れば分かります。フック段通は綿の裏張りが施されています。風合い的には手織り段通とほとんど変わらないのに、段通よりかなりお求め安いのでおすすめです。


国内最大級のベッド専門店 Bed Style は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は2,800点以上!

当店では、VISA、MASTER、JCB、AMEXのカードをお取り扱いしています。
全てのカードで一括払いが可能な他、リボ払い、分割払いを承っております

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up