通気性抜群のJKプラン デザインアイアンベッド。

JKプラン 天然木脚ジョイントベッド は、通気性がすこぶる良いので、高温多湿の日本の夏には抜群のベッドです。
人は就寝中に、一晩でコップ一杯もの発汗をすると云われています。

故に昔から日本では布団干しは日常でした。干し終わって取り入れ時になると、布団たたきでホコリを叩き落とす音が、近所のオタクからも当たり前に聞こえてきたものです。

では、昨今はどうでしょうか?
郊外の一戸建てでは布団干しも容易でしょうが、街中のワンルームマンションの一人暮らしではすこし事情が違ってまいります。

お布団を干すスペースもないですし、忙しい一人暮らしでは干す手間もなかなか取れませんよね。
ましてやベッド生活になると、万年床の方も多いんじゃないでしょうか?
えっ!?ウチは空調がきいているから、汗なんかかきませんですと?・・・

そんなことはありません。
ワタシの実体験をちょっぴりお話ししましょうね。
ワタシがカーテン縫製工場を立ち上げた時のことです。
時は1月、新築がなった工場の設備導入に携わった1ヶ月、そこは街中から遠く離れていたため近所に泊まる場所もありません。

仕方なく工場の食堂の片隅に布団を敷いて、3~4日就寝して布団をあげたら、びっくり仰天ですよ!。
あの分厚い羊毛敷き布団を突き抜けて、お布団の裏側がおねしょをした時のようにびっしょり濡れて世界地図。
オマエがホンマにおねしょしたんじゃね?なんて思わないでくださいね。

お布団の寝る側(内側)は、触っても少しも濡れていないのに裏側がびっしょりですよ。
つまり汗が突き抜けて床の冷たさに触れて結露したんですね。
汗は滴って下に滲みるんじゃないんです。

水蒸気状態で透過するんですね。当然上にも行ってると思うんですけど、上は直接冷たい面に触れないから水滴にならないんです。
でも水蒸気はこもっていたと思いますよ。

で、ワタシの反省は布団はフローリングや畳に敷きっぱなしにしなないこと。
一晩寝たら上げて、押入れに仕舞うほうがいいです。そのときにお布団の中の空気が入れ替わるから結露なんて大層なことには至らないんじゃないかと・・・

一番いいのは、お布団を直に敷いてる無精の万年床の方は、すのこを敷いて下さい!
わずかでも空気が入る隙間があれば結露はしません。
結露の時期の空気は最大の断熱材なんです。

あっ!そうそう、今日は通気性が良いすのこベッドを凌ぐ通気性がある「JKプラン デザインアイアンベッド」という床板がメッシュになった超通気性が良いベッドを見つけたのでそのお話です。

JKプランのアイアンベッド」は通常の形状のベッドと、ベッド下を有効に利用できるロフトベッドがあり、肝心の床板はアイアンのメッシュ構造で通気性が抜群です!メッシュと言っても耐荷重120kg以下を実現した安心設計ですから安心してお使いいただけます。このベッドはお布団派でもマットレス派でもお好きなものを使うことが出来ます。通気性が良いので万年床でも結露の心配はありません。湿気の多い夏場でも汗がこもらず健康的な睡眠を得ることが出来ますよ。デザインだって秀逸、すこぶる価値ある逸品です。


国内最大級のベッド通販専門店 neruco は、おしゃれなベッド満載!
ベッド、マットレス、布団セットなど、取り扱い商品は8,000点以上!
▼取扱メーカー
フランスベッド、ドリームベッド、パラマウントベッド、ASLEEP、東京ベッド、sealy、 serta、東京スプリング工業、ウォーターワールド、Platz、東京西川、昭和西川、京都西川、 他

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up